メインメニュー
2013-08 の記事

 医は食にあり

こんにちは(平成25年8月31日)

むち打ち症・腰痛治療の三村整骨院・三村鍼灸指圧院です

今日はすこし蒸し暑くなりました

医は食にあり[新井裕久著]香辛料の薬効

香辛料は体内へ入ると腸管からほとんど吸収されず、

大部分が便として排泄されます、吸収されて血行に入り。

腎臓、肝臓に行くのはごく少量です。そのため腎臓、肝臓

に障害のある人、高血圧の人、いずれも大量でなければ辛い

ものが悪影響を及ぼすことはあまりありません。実験結果に

出ています。しかし、胃や腸に炎症のある人、潰瘍のある人、

痔のある人、それと皮膚病のある人は香辛料の刺激によって

悪化させることがありますので、摂り方に十分気を付けて下さい


〒121−0813東京都足立区竹ノ塚6−9−7オークビル201
三村整骨院・三村鍼灸指圧院  ☎03−3859−5653

Posted at 2013年08月30日 23時51分17秒

 医は食にあり

こんばんは(平成25年8月30日)

腰痛・むち打ち治療の三村整骨院・三村鍼灸指圧院です。

昨夜は涼しかったのですが、今夜は暑そうですね。

医は食にあり[新井裕久著]香辛料の薬理

香辛料はスパイスとしての働き以外にいろいろの

薬効を持つものが多いです。

一般に辛味の強い物は血行を良くする働きのあることから、

寒い時期には体を温める辛いカレーを食べると汗がカーと

出てくるのはまさにこの働きによります。桂皮には健胃作用

以外に血液循環をよくする働きや発汗作用があります。

また生姜、ねぎ、といったものも健胃、発汗、解熱作用を

もっています。あつあつのラーメンにおろした生姜、

みじん切りのねぎをたっぷり入れて、食べます、

床に就くと軽い風邪ならこれで治ってしまうこともしばしばあります。

香辛料は刺激が多いので摂りすぎはいけませんが、

適度に摂れば健康な人はもちろんのこと、

病人がとっても差し支えありません(適度にですよ)

食欲を増進させ食べることによって体力を増強させて

くれますので上手に使って下さい。

〒121−0813東京都足立区竹ノ塚6−9−7オークビル201
三村整骨院・三村鍼灸指圧院  ☎03−3859−5653

Posted at 2013年08月29日 23時49分59秒

 医は食にあり

こんにちは8月28日

腰痛・むち打ち治療の三村整骨院・三村鍼灸指圧院です

今日も涼しく感じました湿度が少ないということは楽ですね

医は食にあり[新井裕久著]香辛料の薬理

香辛料の中で殺菌力が強いとされているものは、こしょう、

からし、しょうが、わさび、大根おろし、などで辛味の強い

ものほど良いといいます、しかしとうがらしは例外です。

辛味は強いが殺菌力はそれほど強くありません。

また、丁子、にんにく、といったものは辛味はそれほど

強くありませんが抗菌力があり赤痢菌や、ブドウ状球菌などの

最近の繁殖力を強力に抑制するといいます、

またこの丁子、ニンニクはインフルエンザウィルスの増殖を抑えるといいます。

〒121−0813東京都足立区竹ノ塚6−9−7オークビル201
三村整骨院・三村鍼灸指圧院  ☎03−3859−5653

Posted at 2013年08月28日 12時51分06秒

 医は食にあり

こんばんは(8月27日)

腰痛・むち打ち治療の三村整骨院・三村鍼灸指圧院です

今日は涼しく過ごしやすい日でした

医は食にあり[新井裕久著]香辛料の薬理

香辛料は防腐、殺菌作用があります。香辛料は紀元前の時代より

気候、地域、人種の差別なく、すべての人類によって使用されて

きました。そして世界各地で栽培されています、とくにヨーロッパ

では古くから香辛料が珍重されてきましたそれは肉類やもつ類が

料理の中心であったからです。そして現在のように

冷蔵庫の普及がなかったから相当古くなって悪臭の強いものを

食べていました。そこでこの悪臭を消し、おいしく食べられる

ために種々の香辛料が使われました。と同時に、これらの香辛料

には防腐作用や抗菌作用(殺菌作用など)のあることがわかり、

食品の貯蔵にまた食中毒の予防に使われるようになりました。

〒121−0813東京都足立区竹ノ塚6−9−7オークビル201
三村整骨院・三村鍼灸指圧院  ☎03−3859−5653

Posted at 2013年08月26日 23時31分08秒

医は食にあり

こんばんは(8月25日)

腰痛・むち打ち治療の三村鍼灸指圧院・三村整骨院です

医は食にあり(新井裕久著)香辛料は漢方薬

香辛料の薬理

香辛料は料理の味を良くするばかりでなく、いわゆる薬効

そのものの働きも持っています。まず第一に健胃薬として

の働きです。香辛料の持つ香りや、味が、味覚や、嗅覚、

といったものを刺激して神経を介して反射的に消化液の分泌

を促したり、胃腸の働きを促したりしますその結果食欲を

増進させ、また消化吸収を高めます。たとえばカレーの

匂いを嗅ぐだけでよだれが出てきたりします。

また、食べた時のあの刺激的な辛みはより消化液の分泌を

促進し、食欲を高進させます。これは誰でも経験してますよね!

〒121-0813東京都足立区竹ノ塚6−9−7オークビル201
三村整骨院・三村鍼灸指圧院 ☎03−3859−5653

Posted at 2013年08月25日 22時58分59秒

 医は食にあり

こんばんは(8月25日)

腰痛・むち打ち治療の三村整骨院・三村鍼灸指圧院です。

今日は曇り空ですがやはり暑いですがここ2、3日夕立ちで少し

気温が下がっていますが、33℃ですので暑いです

医は食にあり[新井裕久著]香辛料は漢方薬

中国食品の中で七味唐辛子にたとえられるものに、

五香粉(ウーシアンフェン)というものがあります。

名の通り五種の香辛料を混合して作る中国の代表的

混合香辛料です。粉状で褐色を呈する。混合に使われる

スパイスは必ずしも決まっているわけではないですが、

それでも主材料になるものは桂皮、丁子、山椒、小茴香、

陳皮などが使用されます。五香粉の使い道は料理の下味や、

漬物などに良く用いられます。また揚げ物を食べる場合に

花椒塩(山椒の粉と塩を混ぜて作る)をつけるとおいしく

いただけるそうです。

〒121−0813東京都足立区竹ノ塚6−9−7オークビル201
三村整骨院・三村鍼灸指圧院  ☎03−3859−5653

Posted at 2013年08月24日 20時29分15秒

 医は食にあり

こんばんは(8月24日)

腰痛・むち打ち治療の三村整骨院・三村鍼灸指圧院です。

風邪が治らず咳が出るため昨日は午後休診してしまいました。

医は食にあり[新井裕久著]更新弔牢訴薬

各種スパイス類は調合することによってよりその効果を高めます。

例えば四川料理の場合は多くに料理に、ニンニク、ねぎ、しょうが、

とうがらし、が利用されます、この際しょうゆ、塩、砂糖、酢と

いった調味料によって味付けされます。こうすることによって

五味の調和がよく取れます。あまい、酸っぱい、苦い、辛い、

塩辛い、といった五つの味です。この五つの味がつかわれさらに

その調和がとれれば、とれるほどその料理の味がよくなります。

麻婆豆腐、干焼大蝦(カンシャターシア大正えびのチリソース炒め)

などがあります。

〒121−0813東京都足立区竹ノ塚6−9−7オークビル201
三村整骨院・三村鍼灸指圧院  ☎03−3859−5653

Posted at 2013年08月24日 00時00分41秒

 医は食にあり

こんばんは(8月21日)

腰痛・むち打ち治療の三村整骨院・三村鍼灸指圧院です。

今日も暑い日でした。風邪ひきの私にとってエアコンは大敵です。

医は食にあり[新井裕久著]香辛料は漢方薬

一般的に香辛料の目的は食べ物の味、香り、を整えるために使います。

さらに色を与えるものもあります。これらの働きをもとにして、

そのままでは癖が強くて食べにくい物、たとえば羊肉、もつるい、

川魚、といったものの癖を取り除き、味をよくしておいしくたべさせる。

「臭いものには臭いもので蓋をしろ」ということわざがありますが、

においの強いものほど食品の持つ癖をとります。ニンニクはその良い例です。

121−0813
東京都足立区竹ノ塚6−9−7オークビル201
三村整骨院・三村鍼灸指圧院 ☎03−3859−5653

Posted at 2013年08月20日 23時34分37秒

 医は食にあり

こんばんは(8月20日)

腰痛・むち打ち治療の三村整骨院・三村鍼灸指圧院

暑い日が続き夜中扇風機に当たりすぎて風邪をひいてしまいました。

自分にはある程度汗をかきながら眠るのもよいのかも?

医は食にあり[新井裕久著]香辛料は漢方薬

香辛料は五味(酸、苦、甘、辛、鹹)の調和に役立つ

香辛料は一般的に植物の種子、果実、根茎、葉茎、花蕾、樹皮、

を材料とし、味覚とか嗅覚にたいして刺激性の香味を持ち、

飲食物に風味を与え、食欲を増進させるものをいう。その形には

材料の植物が原形のままのもの、かんそうしたもの、粉末のもの、

あるいはそれらの調合されたものがあります。

121−0813
京都足立区竹ノ塚6-9-7オークビル201
三村整骨院・三村鍼灸指圧院 ☎03−3859−5653

Posted at 2013年08月19日 23時51分57秒

 医は食にあり

こんばんは(8月18日)今日も暑い日でした

腰痛・むち打ち治療の三村整骨院・三村鍼灸指圧院です

医は食にあり[新井裕久著]香辛料は漢方薬

広東では新鮮な材料は入りやすいですが“食は広州にあり

といわれていますように何でも食べてしまいます。

ゲテモノと考えられる、へび、ねこ、いぬ、ハクビシン、

などの野味類を好んで食べますがこれらのものは独特の

嫌な臭いがします。このにおいをけし美味しく食べるために

それぞれにあった香辛料が使用されます。また海外との交易が

頻繁なので、外来の香辛料がよく使用されます。カレー粉、

ナツメグ、こしょう、レモンなどです。広州は医食同源の考え方が

強くそのため日常の食生活の中でしばしば漢方薬をあたかも料理の

材料のごとく気軽に利用しています。よく利用されるものとしては、

当帰、高麗人参以外に党参、山薬(やまいも)枸杞此、黄耆などが

スープの材料などに使われる。

香辛料の働きと薬効を期待して使用しています。

121−0813
東京都足立区竹ノ塚6-9-7オークビル201
三村整骨院・三村鍼灸指圧院 ☎03−3859−5653

Posted at 2013年08月18日 01時16分07秒

 1  2  3  | 次へ