メインメニュー
2013-08 の記事

 医は食にあり

こんばんは(8月1日)

むち打ち治療・腰痛治療の三村整骨院・三村鍼灸指圧院です。

今日は少し暑さが和らぎました、しかし暑いですね

医は食にあり[新井裕久著]
酒の効用


中国人は酒飲み方がうまいから酔わない。

「食を終りて酒を命ず」という言葉が古い文献にしばしば

出てくるそうです。昔中国では酒は食事の後で飲んでいたそうです。

といっても酒ばかり飲んでいたのではなくて、やはり何かをつまんで

飲んだのでしょう。現在の中国人も酒をすきっ腹で飲むということは

まずありません。食事と一緒にそれもタンパク質、高脂肪のものを酒

の肴として取ります、例を上げると宴席料理のまず最初出てくる前菜

を考えればよい。地域によっては一皿盛ではなく、一つ一つ別々の皿

に入れて出てきます。その内容は肉類、魚介類、野菜類などです。

例えば叉焼チャーシュー(焼き豚)、

ルーツアイ(内臓類や卵といったものを各種のスパイスを加えて煮込んだもの)

エビの炒め物、クラゲや豆の和え物、といった油を使ったどちらかというと

高タンパク質のものが多いです

121−0813
東京都足立区竹ノ塚6-9-7オークビル201
三村整骨院・三村鍼灸指圧院 ☎03−3859−5653

Posted at 2013年08月01日 22時14分41秒

前へ |  1  2  3