メインメニュー
2013-01 の記事

医は食にあり

こんばんは(2月1日)
むち打ち症、腰痛、肩こりの三村鍼灸指圧院・三村整骨院です

きょうから二月ですね、如月(きさらぎ)

如月は、寒さで着物を更に重ねて着ることから、「着更着(きさらぎ)」

とする説が有力と される。 その他、気候が陽気になる季節で「気更来(きさらぎ)」

「息更来(きさらぎ)」と する説。 草木が生えはじめる月で「生更木(きさらぎ)」

とする説。 草木の芽が張り出す月 で「 ...

陰暦2月の異称。「衣更着」とも書くが、これは平安末期の歌人藤原清輔(きよすけ)が

その歌論書『奥儀抄(おうぎしょう)』に、「正月のどかなりしを、此月さえかへりて、

更にきぬを着れば、きぬさらぎといふをあや ...-日本大百科全書(小学館)

(このように書かれていますね。きざらぎという名前だけ知っていましたが内容に

ついては知りませんでした)

医は食にあり[新井裕久著]

魚介類はタウリンという硫黄を含むアミノ酸がたくさん含まれこれは血圧を

下げる働きがあるほか、血中コレステロールを減らす作用があることも突き

止められました。さらに急性肝炎にたいしても、その治療によい効果を上げ

ています。タウリンは魚ばかりでなく貝やいか、たこ、えび、などにも多く

含まれています

〒121‐0813 東京都足立区竹ノ塚6−9―7オークビル201

三村整骨院・三村鍼灸指圧院 ☎03−3859−5653

mmrnto@khc.biglobe.ne.jp

Posted at 2013年01月31日 23時58分41秒

診要経終論篇第十六

こんばんは(1月31日)
むち打ち症、腰痛、肩こりの三村鍼灸指圧院・三村整骨院です

診要経終論篇第十六

故春刺散兪、及与文理、血出而止、甚者伝気、間者環也


春には経脈から散行する絡脈と皮膚上の肉の割れ目の部分とを浅く刺して

出血したならば止めます。(少しくらい出血しても良い)病勢のひどい者

には七伝、即ち相克関係に病邪を伝え、病勢の弱い者には間臓、即ち相生

関係に病邪を伝えるのであります。

医は食にあり(新井裕久著)

魚介類はコレステロールを下げる。


エイコサペンタエン酸(EPA)とよばれる不飽和脂肪酸です。

これは魚介類の油の中にふくまれ、血液中のコレステロールの上昇を

防いだり、中性脂肪を下げる働きがあります。心筋梗塞や脳卒中を起こし

やすい日とは一般に凝固しやすく、これが血栓になって血管につまり、

循環器の病気になりやすいです。EPAを常時とっていると血液の凝固を

防ぎ、これらの病気を予防することが分かってきました

〒121‐0813 東京都足立区竹ノ塚6−9―7オークビル201

三村整骨院・三村鍼灸指圧院 ☎03−3859−5653

mmrnto@khc.biglobe.ne.jp

Posted at 2013年01月31日 01時12分17秒

診要経終論篇第十六

こんにちは(1月28日)

交通事故のむちうち、腰痛・肩こり治療の三村整骨院・三村整骨院です

今日は曇っていて成田では雪が積もっているとのことです。が、

足立区では昼間は快晴でした

診要経終論篇第十六 診要如何

診察と治療の要はなんでしょうか

正月二月、天気始方、地気始発。人気在肝

正月と二月とは、天の陽気が広がり始め、地の陽気が萌(も)し始めるときです、

人の陽気は肝臓にあります

三月四月、天気正方、地気定発、人気在脾

三月と四月とは天の気が充分に広がり、地の陽気も整う時です、

人の陽気は脾にあります。

五月六月 天気盛、地気高、人気在頭

五月と六月は天の陽気が盛り上がり、地の陽気ももっとも高まっている時です

、人の陽気は頭に上がっています。

七月八月、陰気始殺、人気在肺

七月と八月は天に陰気が生じてきて、だんだんと粛殺の気が萌し始める時であります、

人の陽気は肺にあります。

九月十月、陰気始冰、地気始閉、人気在心

陰気が強くなって水が凍り地の陽気はしばらく潜む時です。人の陽気は心にあります

十一月十二月、冰復、地気合、人気在腎
陰気は強烈ですから氷が重なって厚くなり、地の気が閉鎖して陽気は完全に

潜んでしまう時です、人の陽気は体の中で一番しての腎にあります

〒121‐0813 東京都足立区竹ノ塚6−9―7オークビル201
三村整骨院・三村鍼灸指圧院 ☎03−3859−5653
mmrnto@khc.biglobe.ne.jp

Posted at 2013年01月28日 23時12分49秒

玉版論要篇第十五

こんばんは(1月26日)

腰痛・関節痛・肩こり治療の三村鍼灸指圧院・三村整骨院です
今日は曇りがちで夕方は風が強く寒い日でした

八風四時之勝、終而復始、逆行一過、不復可数、論要畢矣

八方向から吹いてくる季節の風で四時の移り変わりによって生じる五行の旺気は

春の木、夏の火、土用の土、秋の金、冬の水、と順を追って互いに位を交替し

その主となった季節の間、人体に影響を与えては季節とともに終わり、又季節

が巡ってくると再び始まるというように繰り返してゆくものです。

そして人体の場合も同様に、もしひとたび順序が逆転するような気候異変を生じますと

それが萬物に与える影響は、数限りなく多大なものとなります、このことを、

よく心得てなければ正確な診断を期することはできません。

医は食にあり(新井裕久著) カキやエビはコレステロールが少ない

魚介類、海藻といった海産物には、脳卒中や心臓病を予防する成分がたくさん

含まれています。魚介類というと魚以外にえび、かに、たこ、いか、かき、あさり、

などが含まれます、この種のものはコレステロールが多いということが常識になって

常食することがいけないといわれていましたが最近の研究によりますと血液中の

コレステロールが下がるということが分かってきました。

「また会いたい!」といわれる女(ひと)の気くばりのルール里岡美津奈著 明日香出版社

より「まず自分が明るくなろう」


あいさつのバリエーションを多く持ち、自分から声をかけるようにしましょう

挨拶は目下から目上に積極的に行う行為とされています、

(このことはよく知りませんでした目下から目上に対しての挨拶は積極的にする

行為ですね、、明日から取り入れましょう、すぐにできそうで分から積極的にですね、

知らないことをまた教えられました、里岡美津奈先生有難うございます、)

〒121‐0813 東京都足立区竹ノ塚6−9―7オークビル201

三村整骨院・三村鍼灸指圧院 ☎03−3859−5653

mmrnto@khc.biglobe.ne.jp

Posted at 2013年01月27日 00時34分46秒

玉版論要篇第十五

こんばんは(1月25日)

腰痛・関節痛・肩こり治療の三村鍼灸指圧院・三村整骨院です
今日は寒いという声を聞きましたが皆さんは如何ですか

寝違いの患者さんが来院しました寒いということは体調を悪くしますね。

行所不勝曰逆、逆則死

五行の相克の場合におきましても、勝てない方向に現れるのは逆です。

たとえば木に金が現れるような場合は死病です。

行所勝曰逆、従則勝

これに反して勝てる方向に現れるのは順ですので、たとえば木に土が

現れるような場合には、死病というほどではありません。

医は食にあり(新井裕久著) 長寿者はよく魚を食べます。

寿命の長さは健康が保持されてはじめて有意義なわけですので、沖縄及び

その周辺の島々の人々は実に理想的な老年生活を過ごしていることになります。

この地域は台湾から260キロmしか離れていませんので食事内容は中国の

食文化が相当入り込んでいるようです。たとえば中国料理に似たチャンプル

(炒め物の一種)やラフテエ(こう肉に似た豚肉を軟らかく煮こんだもの)

をよく作ります。酒類は泡盛は白酒に似ています。沖縄の長寿者のひとたちは

内地に比較して肉類(とくに豚肉)と油脂の摂取量が多いです。竹富島の長寿者の

ひとたちは食塩を好む人たちが少なく、緑黄色野菜をふんだんに摂っています。

循環器系疾患を中心とする成人病が少ない。長寿者の人たちは新鮮な海産物を

十分に摂っています。イワシ、サバなどといった大衆魚を多く摂っています

〒121‐0813 東京都足立区竹ノ塚6−9―7オークビル201

三村整骨院・三村鍼灸指圧院 ☎03−3859−5653

mmrnto@khc.biglobe.ne.jp

Posted at 2013年01月25日 00時06分25秒

玉版論要篇第十五

こんばんは(1月24日)
腰痛・関節痛・肩こり治療の三村鍼灸指圧院・三村整骨院です

行所恒之法、以太陰始

臓腑あるいは経脈の病でも、奇恒あるいは絡のやまいでもその診断の

出発点は、太陰経の寸口脈を検査することです。といいますのは臓腑

あるいは経脈のやまいはもちろんですが、奇経あるいは絡の病でも、

陰陽十二経脈に異常があればこそ、奇経)に入ったり、絡に入ったり

するのでありますから、やはり寸口脈を診断の基準にすべきです。

医は食にあり(新井裕久著) 長寿者はよく魚を食べます。

沖縄及びその周辺の島々では長寿者が多いです。この地域に住む長寿者は

元気な人が多く、日常活動性が高くて、織物や農業などのお軽労働に従事

している人も少なくありません。竹富島や大宜味村では寝たきり老人は見

られなかったといいます。寿命の長さは健康が保持されてはじめて有意義

なわけでありますので、沖縄およびその周辺のしまじまの人々は、実に理

想的な老年生活をすごしているといえます。
〒121‐0813 東京都足立区竹ノ塚6−9―7オークビル201

三村整骨院・三村鍼灸指圧院 ☎03−3859−5653

mmrnto@khc.biglobe.ne.jp

Posted at 2013年01月23日 23時59分16秒

玉版論要篇第十五

こんばんは(1月23日)

腰痛・関節痛・肩こり治療の三村鍼灸指圧院・三村整骨院です

今日は雨が降り残っていた雪が少し解けましたが滑るのでこまりますね

自転車で転んでしまいました。打撲です、痛い!

博脈痺躄、寒熱之交

脈が強く博つのは手足の不随を起こすもので、寒と熱とが打ち合う脈状です。

脈弧為消気、虚泄為奪血 

寸口だけに脈が打っているのは、陰気が消尽しているときの脈状でありまして、

尺中だけの時は陽気がなくなったものですこれらはともに弧脈といいます。

弧為逆、虚為従

脈が弦であってもその上大芤脈、すなわち葱にさわったようにうわべは堅い

ようであるが、ちょっと圧せばぺしゃんとなくなる中空の脈は亡血の脈です。

これらは皆注意すべき危険な脈状ですが、そのなかでも弧脈の方がたちが悪く、

亡血の脈は処置の仕方いかんではまあまあというところです。

医は食にあり(新井裕久著) 精進料理は長寿食

一般に精進料理では禅寺の山門に「不許入山門葷酒」(葷酒山門に入るを許さず)

と書かれていますように酒類やニラ、ニンニク、ねぎなどの、なまぐさものは

摂ってはならないという厳しい戒律があります。酒は中枢神経を麻痺させる

はたらきがあり、またニラ、ニンニク、などはスタミナ食品ですのでともに

修行の妨げになります。そこでこれらのものは料理には使われません。

「また会いたい!」といわれる女(ひと)の気くばりのルール里岡美津奈著 明日香出版社より 相手が求めるキャラクターを考えよう

相手の価値基準を先回りして把握しておいて、適切な意見を述べる可能性が

高くなりますので相手からの信用も増します。

自分の意見を直接言うのではなくこうお考えになるのではないでしょうか

(いつでも頭をクリアにしてすべて参考にになりますねまた教えられました、

美津奈先生、すごい)

〒121‐0813 東京都足立区竹ノ塚6−9―7オークビル201

三村整骨院・三村鍼灸指圧院 ☎03−3859−5653

mmrnto@khc.biglobe.ne.jp

Posted at 2013年01月23日 00時40分52秒

玉版論要篇第十五

こんばんは(1月21日)

腰痛・関節痛・肩こり治療の三村鍼灸指圧院・三村整骨院です
雪が固くなり空気が冷えています、寒いです、今雨が降ってきました

陰陽反他、

陰陽の作用が、生命を維持して行くために必要な調和に背反して

いる時に病が起こるのであります。

治在權衝相奪

臓腑あるいは経脈の病であろうと、奇経あるいは経の病であろうと、

とにかく治療法の原則は陰陽の均衡を得る為に補寫を行うことです。

奇恒事也、揆度事也

ですから奇恒と揆度とに述べられていることが、若干の食い違いが

あるように見えましても、結局原則そのものは同じであると申せます。

医は食にあり(新井裕久著) 精進料理は長寿食

精進料理を摂っていますといつまでも若々しく、健康長寿できると

いわれていますがそれは中国の精進料理で使用されている材料を

みますと納得できます。

精進料理の主な材料はすべて植物性の食品です、その中でたんぱく質食品は

大豆及びその加工品、それと小麦のたんぱく質(グルテン)がよく使用されます。

糖質食品としては各種穀類、ジャガイモのようなイモ類、小豆のような豆類、

砂糖、蜂蜜など。脂肪食品としては植物油、ごま、くるみ、落花生のような種実類。

ビタミン、ミネラル食品としては、野菜、きのこ、海藻、果物などが使われます。

〒121‐0813 東京都足立区竹ノ塚6−9―7オークビル201

三村整骨院・三村鍼灸指圧院 ☎03−3859−5653

mmrnto@khc.biglobe.ne.jp

Posted at 2013年01月22日 00時11分33秒

玉版論要篇第十五

こんばんは(1月19日)

腰痛・関節痛・肩こり治療の三村鍼灸指圧院・三村整骨院です
雪が解けずにアイスバーンになっているところにバイクですべって転んでしまいました。

バイクだけが倒れただけで済みましたが危ない危ない。

色見上下左右、各在其要、上為逆、下為従

さて顔面の発色の部位は上下左右というようにそれぞれ定まった点があります。

然し発色の進行方向が上方に上がっているのは、その病が逆と呼ばれる状態で

あってたちの悪い病であることを現しています。

女子右為逆、左為従

女子では右方向に進むのを逆とし、左方向に進むのを従とします。

男子左為逆、右為従

男子では左方向に進むのを逆とし、右方向に進むのを従とします。

易、重陽死、重陰死

それは男子におきましてはもともと男子が陽であるのに病が陽で左の方に

進行して現れますと陽に陽が重なって死症となります。

女子におきましては、もともと女子は陰であるのに病が陰である右の方向に

進行して現れますと、陰に陰が重なって死症となるというわけです。

医は食にあり(新井裕久著) 精進料理は長寿食

日本の多くの禅寺では、修行の為、禁欲の為、食は粗末であることを第一で

あることに対して、中国では日本と同様に戒律の厳しい禅寺もありますが、

一般には苦行を助けるために、食事くらいは楽しくさせたいという気持ちが

働いて、いろいろと料理を工夫しています。

「また会いたい!」といわれる女(ひと)の気くばりのルール里岡美津奈著 明日香出版社より 日本特有の察する文化を取り入れよう

「日本人のおもてなしのベースには相手の気持ちを察する文化が根づいています。

お客様が 言葉にする前にこちらから先回りをして行動する、注文されたことだけ

ではなくプラスアルファを加えて対応する、言外の意味をくみ取って半歩先のこと

をして差し上げる、これらのことをして気が利くといわれます」

このようにすればよいですがこれは本当に大変ですね (う〜んプロはすごい)です

〒121‐0813 東京都足立区竹ノ塚6−9―7オークビル201

三村整骨院・三村鍼灸指圧院 ☎03−3859−5653

Posted at 2013年01月20日 01時11分31秒

玉版論要篇第十五

こんばんは(1月17日)

腰痛・関節痛・肩こり治療の三村鍼灸指圧院・三村整骨院です
寒い日が続きますね、晴れて安定しているので良いですが

其見大深者、醪酒主治、百日己

その色沢が大いに深い部位に発現している時には、濁り酒などの薬用酒で

治療しますと、百日ぐらいで治るでしょう。

色夭面脱、不治、百日盡

もし色沢に異常があって精気が抜け去ってしまったような生気のない

顔色をしている患者は治りません、百日ぐらいで命が尽きることがあります。

脈短気絶、死

脈の博ち方が短かくて軟らかみのない場合は死症ですし

病温虚甚、死

発熱してのどが渇き、悪寒がしないという温病で、脈の博ち方がうつろに

なった時もやはり死症ですから気を付けないといけません。

医は食にあり(新井裕久著) 精進料理は長寿食

前菜から始まり最後の菓子に至るまで普通の中華料理と味、香り、姿が

まったく同じでありながら、材料としては肉、魚、などの動物性の食品は

使いません、中国の精進料理は粗食どころか大変豪華です。

精進料理だからと言って材料のままの味や姿であったのなら、

すぐに飽きてしまいます。僧侶といえども毎日一定の量は

食べなければ体を維持できなくなります。食欲が出るように

いろいろと料理を研究し、味、色どり、盛り付けにも十分に

気を使います。量よりも質を考えて、美味しくバランスの

とれた医食同源の食事になっています。

〒121‐0813 東京都足立区竹ノ塚6−9―7オークビル201

三村整骨院・三村鍼灸指圧院 ☎03−3859−5653

mmrnto@khc.biglobe.ne.jp

Posted at 2013年01月18日 23時39分11秒

 1  2  3  | 次へ