メインメニュー
2012-12 の記事

黄帝内経素問四気調神...

こんばんは(12月30日)
腰痛・肩こり治療の三村整骨院・三村鍼灸指圧院です

今日は雨となってしまいました、カレンダーを配りましたので寒くて大変でした。

此得天地之和、高下之宜、故能至完、伐取得時、故能至堅也

稲というものは春に発芽し、夏に成長し、秋に収穫し、冬の間、貯蔵するものですから、

天地の四時の気に和しています、また炎天のなか水の中に根を張って育ちますので、

水火の気が調和したものです。このようなことで米は五味の中心である甘味を備えて

いますので栄養は十分です。稲わらは秋の収斂の時に刈り取ったものですから、

時期に叶っています、堅いのです(古典素問)

医は食にあり[新井裕久著]

緑黄野菜は他の食品たとえば肉や魚貝類などと一緒に炒めたり煮たり醤油や塩、

味噌で味付けします。たとえばレバニラ炒めとか牛肉とピーマンの炒め物といった

ように、一品で栄養のバランスがとりやすくなります、それと必ず調理に油脂を

つかいます、料理にコクとうま味を与え減塩しても味濃くおいしくとることができます。

炒め物は強火で短時間に仕上げます。これはビタミンのロス減らします。

「また会いたい!」といわれる女の気くばりのルール里岡美津奈著 明日香出版社より
心地よいオーラでさりげなく、最初はやりすぎないことは何より重要です。


(我々も最初の治療はやりすぎないことにつながりますね折角ご来院して下さったので

十分に満足していただこうと気負いがちですが、やはりやりすぎは却ってマイナスに

働きことがあります、腹八分ということわざのように、過剰刺激(オーバードーゼ)に

ならないように注意します)

〒121‐0813 東京都足立区竹ノ塚6−9―7オークビル201

三村整骨院・三村鍼灸指圧院 ☎03−3859−5653

mmrnto@khc.biglobe.ne.jp

Posted at 2012年12月30日 23時03分00秒

湯液醪醴論篇第十四+...

こんばんは(12月29日)

今日は晴れましたが午後曇ってきました明日は大丈夫かな

神経痛・腰痛治療の三村整骨院・三村鍼灸指圧院です
湯液醪醴論篇第十四
為五穀湯液及醪醴奈何


麻、麦、米、黍、大豆の五穀をもって、薬用の濁酒を作るのはどうせればよいでしょうか

必以稲米、炊之稲薪、稲米者完、稲薪者堅

それらの薬用のものを作ります時は、米は必ずうるち米でもって作り、その燃料には

稲のわらを用います。うるち米はその味は甘で栄養が完全であります。また稲わらは

堅いので燃料としては適切だからです。(古典素問)

医は食にあり[新井裕久著]

緑黄野菜は150g必要です。加えてイモ類は100g摂ります。このくらいの野菜を

他の食品と一緒に摂りますと一日に必要なビタミン、ミネラル、食物繊維の所要量

がほぼ補われます、栄養のバランスが取れ健康維持、成人病予防につながります。

野菜300gというと、ほうれんそう、大きなもの一把ぐらいの量ですので是非毎日とり

ましょう

「また会いたい!」といわれる女の気くばりのルール里岡美津奈著 明日香出版社より
感情は湖面のように静かに


不愉快な言動をする人や気分のムラが激しい人緊張感を与える人は人を憂欝にさせます、

感情の波を感じさせないことは相手への気くばりです。適度な運動は気分をリフレッシュ

させてくれるとのことです。喜怒哀楽をコントロールしましょう。にこやかに振る舞いた

いですね、反省しています。

〒121‐0813 東京都足立区竹ノ塚6−9―7オークビル201

三村整骨院・三村鍼灸指圧院 ☎03−3859−5653

mmrnto@khc.biglobe.ne.jp

Posted at 2012年12月29日 20時28分01秒

移精変気論篇第十三・...

こんばんは(12月28日)
腰痛、肩こり治療の三村鍼灸指圧院・三村整骨院です

今日は午後から雨となってしまいました

閉戸塞牖、繋之病者、数問其情、以従其意、得神者昌、失神者亡
古典素問(患者の神気の有無を見極めるには)


戸を閉め静かにしまして、その中で術者の精神を統一して患者に向い、

いろいろと精神的、肉体的な病状を診察するものです。この時、術者の

推理に従って直観的に患者の神気を認めることができますとこの患者は

回生の能力があります、もし患者が神気を認められないときは死病である

と判断するのです。

医は食にあり[新井裕久著]野菜は成人病を防ぎます

野菜のなかのカリウムはナトリウムを排泄を促し高血圧を防ぎます。

βカロチン、ビタミンC、食物繊維は各種の癌を予防します。

そのほか一般に低カロリーなので糖尿病や肥満を防ぎます。

一日の野菜は300gくらい摂りましょう。

〒121‐0813 東京都足立区竹ノ塚6−9―7オークビル201

三村整骨院・三村鍼灸指圧院 ☎03−3859−5653

mmrnto@khc.biglobe.ne.jp

また会いたい!言われる女の気くばりのルール(里岡美津奈著)アスカ出版より 
ウェルカムの雰囲気はまず笑顔から


私の仕事でも笑顔は大切ですね。患者さんという事であまり笑顔でお迎え

していませんでした。やはり笑顔でお迎えしましょう。穏やかな気持ちに

するのも笑顔ですか。微笑んでいれば心は後からついてきます

(う〜ん里岡先生はすごい、微笑みましょう)

お客様をお迎えできる喜びと感謝の気持ちが自然とわいてきます

(ほほえみはすごい力ですね)身に着けるように努力します

Posted at 2012年12月29日 00時20分50秒

移精変気論篇第十三・...

こんばんは(12月27日)

腰痛・肩こり治療の三村鍼灸指圧院・三村整骨院です

年賀状を作成していてブログをかけませんでした。(言い訳です)

昨日から寒くなっていますね。霜柱や氷が張っていました、寒―い

其要於夫子矣、夫子井言不難、色脈、此余之所知也、

病人の死と生との診断法の要領は教えていただいた、その要領は色と脈の

関係において言われたが、そのことは知っていますので単的に教えて下さい。

治之極於一 

要約して言いますと一つの事柄につきます。

一者因得之 

患者の神気を見極めることです。

医は食にあり[新井裕久著]

野菜は成人病を防ぎます


緑黄野菜が不足すると成人病が起こりやすくなるのであろうか。

緑黄野菜には葉緑素、ビタミンC、食物繊維など血液中のコレステロールの

増加を防ぐ働きがあり、動脈硬化を防ぎ、心臓病や脳卒中を予防します。

〒121‐0813 東京都足立区竹ノ塚6−9―7オークビル201

三村整骨院・三村鍼灸指圧院 ☎03−3859−5653

mmrnto@khc.biglobe.ne.jp

Posted at 2012年12月28日 00時47分41秒

移精変気論篇第十三・...

こんばんは(12月24日)

腰痛・肩こり治療の三村鍼灸指圧院・三村整骨院です
今日は朝から寒い日でした

逆従到行、標本不得、亡神失国、去故就新、乃得真人(古典素問)

この大法にそむき、医療が病根に一致しないときは、病人の神気を消耗させる

ばかりで病は治らず、ついには肉体も滅びてしまいます。

もしこのような医療をしているのなら早急にキッパリと捨ててしまうことです。

色と脈との診察法を会得しなければなりません。

そうすれば真人となることができます

(皆さまも顔色と手首で脈を診てください。顔色は紅、青、黄、白、黒 

 の色が強く出ているときはその色に関する内蔵に異変があるときが多い

 です。薄いピンク色が正常といわれています、また脈も速すぎたり遅すぎ

 たりするときは何かありますので専門医に相談してください。
 
 ついでながら脈は一分間に60〜90ぐらいが正常です
 
 ただしあまり神経質にならないで参考にしてください)

〒121‐0813 東京都足立区竹ノ塚6−9―7オークビル201

三村整骨院・三村鍼灸指圧院 ☎03−3859−5653

mmrnto@khc.biglobe.ne.jp

Posted at 2012年12月25日 00時42分27秒

移精変気論篇第十三・...

こんばんは(12月23日)

腰痛・肩こり治療の三村鍼灸指圧院・三村整骨院です

私事ですが昨日は高校時代の忘年会(クラス会)がありまして何十年ぶりの

人もいまして顔だけではわからず名前を聞いて思い出すしまつでした。歳月

の流れを感じずにはいられませんでした。

願聞要道、治療の要点をお聞かせください

治之要極、無失色脈、用之不惑、治之大則、

治療法の要点を煎じつめていいますと、顔白をみる望診と、

脈に関する脈診とによりますと異常を察知し、病根を推測

して調和を図ることにあります。遅疑逡巡することなく、

このように行うことができますならば、それが治療の大原則です。

医は食にあり(新井裕久著)

ファーストフードはすなわちハンバーグとソフトドリンク型の食事が

いけないといわれています。動物性蛋白質、動物性脂肪、砂糖の過剰

摂取に陥り、一方において野菜が不足しているアンバランスな食事の

弊害を指摘している。特にカロチンに代表されるビタミンやミネラル

を豊富に含んだ緑黄野菜の不足が成人病の急増につながっています。

〒121‐0813 東京都足立区竹ノ塚6−9―7オークビル201

三村整骨院・三村鍼灸指圧院 ☎03−3859−5653

mmrnto@khc.biglobe.ne.jp

Posted at 2012年12月24日 00時44分46秒

移精変気論篇第十三・...

こんにちは(12月21日)

腰痛・肩こり治療の三村鍼灸指圧院・三村整骨院です

医は食にあり[新井裕久著]

漬物の食塩の含有量は問題ですが料理に使いますと食塩が他の材料によって

薄められるので減塩されます。この際油脂と一緒に摂りますとビタミンAの

ような脂溶性ビタミンの吸収率が2倍以上に増えます、長く漬けますとビタ

ミンB1,B2といったものは肉や魚などのたんぱく質食品にもビタミンが

含まれているから一緒に摂ることで、その損失分が補うことができます。

〒121‐0813 東京都足立区竹ノ塚6−9―7オークビル201

三村整骨院・三村鍼灸指圧院 ☎03−3859−5653

mmrnto@khc.biglobe.ne.jp

Posted at 2012年12月21日 01時02分44秒

移精変気論篇第十三・...

こんばんは(12月20日)

今日は寒さが少し和らぎました

暮世之治病也、則不然、治不本四時、不知日月、不審逆従、病形己成、及欲微鍼治其外、湯液治其内、粗工兇兇、以為可攻、故病未己
新病復起(古典素問)


更に時代が下って、上古の聖世から遠ざかりますと末世の治病は簡単には行きません。

治療法がはっきりしません。春夏秋冬の四時の変化に基づくことなく、日月の陰陽の

消長の影響を理解せず、また至急治療を施さなければならない病と、急いで手を下し

てはいけない病との区別も審らかにしないで、病状が完全に備わって初めてきずき、

何が何でも豪鍼で外邪を、湯液で内邪を治そうとします。もっと粗雑な医者になりま

すともっとひどいのでありまして、施術が奏効しませんのでむやみとやたらに無茶な

刺鍼や激しい薬を使用して病を攻撃しますので、者と病気が治らないばかりか、これ

らの誤治で新しい病まで引き起こし、どうにもならなくなってしまうのです。

〒121‐0813 東京都足立区竹ノ塚6−9―7オークビル201

三村整骨院・三村鍼灸指圧院 ☎03−3859−5653

mmrnto@khc.biglobe.ne.jp

Posted at 2012年12月21日 00時57分32秒

移精変気論篇第十三・...

こんばんは(12月17日)

今日は雨で昨日とは打って変わった天気でした。

所以遠死而近生、生道以長、命日聖王

自然の理に叶い、神明に通じていると人々を死から遠ざけ、天寿を全う

させることができますのでこれを聖なる術と申します。

(根本となるとはどういうことかといいますと正常な人間の顔色は、

春夏秋冬によって青・赤・白・黒と変化します、また春夏秋冬には

それぞれ特有の弦・鉤・毛・石と呼ぶ脈状を現します。この原則を

熟知していますと、これに異常のある時を見たときは、まだはっきり

とした病とはなっていなくても、やがて病となるであろうことを推測

して未然に予防の法を講じることをできます。)

医は食にあり[新井裕久著]
椎茸の効用
.灰譽好謄蹇璽襪僚萢や排泄を促進し、血中コレステロールや中性脂肪の量を減少

椎茸に含まれる多糖体、その他の成分はインフルエンザや肝炎などのウィルスの増殖

を阻止する作用や、ウィルスの感染を予防する作用をもっています。

D蚤の多糖体はがんなどの腫瘍を抑制する作用を持っています。

また動脈硬化や胆石症を予防することが知られています。

〒121‐0813 東京都足立区竹ノ塚6−9―7オークビル201

三村整骨院・三村鍼灸指圧院 ☎03−3859−5653

mmrnto@khc.biglobe.ne.jp

Posted at 2012年12月17日 23時30分05秒

移精変気論篇第十三・...

こんばんは(12月16日)

腰痛、肩こり治療の三村鍼灸指圧院・三村整骨院です

今日は風が強く晴れました天気がよかったです。

色以応曰、脈以応月、常求其要、則其要也(古典素問)

色のことは顔色のことです、それは青、赤、黄、白、黒の五色にそれぞれの光沢、

清濁がありますから併せて10種類に分類できます、従って十干に応じています、

色の現れる顔面は陽ですから日に当たります。

脈は手と足の三陰三陽で十二經脈に分類できます、したがって十二支に応じています、

脈を診る寸口部は陰ですから月にあたります、この二つの診察法の要妙を見出せば、

患者が死ぬか生きるかの区別を診断する要領をあたかも日月のごとく明らかにすると

いうわけです。

医は食にあり[新井裕久著]

野菜を調理する場合いろいろの薬味や調味料が使われます。ニンニク、ねぎ、

しょうが、とうがらし、といったものです。調味料としては醤油、味噌、酢、

ラー油、などがあります。

たとえば青梗菜(ちんげんさい)は炒め物、おひたし、和え物、汁物、煮物、

なべ物などに良く合います。しいたけは不老長寿食品として珍重されます。

精進料理には干しシイタケからとるスープには欠かせません、

うま味成分はグアニル酸、アミノ酸です、グアニル酸は干ししいたけを水で

戻して煮るとより多く生成されるという面白い性質があります。

〒121‐0813 東京都足立区竹ノ塚6−9―7オークビル201

三村整骨院・三村鍼灸指圧院 ☎03−3859−5653

mmrnto@khc.biglobe.ne.jp

Posted at 2012年12月17日 00時40分12秒

 1  2  3  | 次へ