メインメニュー
2012-09 の記事

五臓生成篇第十 医は...

こんばんは(9月28日)

腰痛・肩こり治療の三村鍼灸指圧院・三村整骨院です

故人臥 血帰於肝
凡そ人が夜になって床に入ると多くの血は肝に入ってしまうものです。亦目覚めているときは
肝受血而能視、目は血の精気によってみるという働きができる。

足受血而能歩、足は血の精気によって歩くという働きができる。

掌受血受能握、掌は血の精気によって握るという働きができる。

指受血受能掴、指は血の精気によって掴むという働きができる。

このように人体のあらゆる部分の働きはすべて血の精気によるものです。

医は食なり

中華料理は漢方的な研究が含まれるというだけでなくバランスの良い栄養豊富です。

ビタミンやミネラルが豊富です。肉や野菜を使ったメニュウがたくさんあってそのうえ

美味しいです肉がメインとなる1品、豆類化卵を1品、海のものが1品、野菜料理が

くわわります、肉がメインといっても必ず野菜が入ります。

121−0813東京都足立区竹ノ塚6―9―7オークビル201
三村鍼灸指圧院・三村整骨院 ☎03−3859−5653

Posted at 2012年09月29日 00時56分54秒

五臓生成篇第十 医は...

こんばんは(9月27日)

腰痛・肩こり治療の三村鍼灸指圧院・三村整骨院です

昨夜は涼しくて布団をかけて寝ました1週間前と比べて段違いです

諸髄者皆属於脳 すべての髄は皆脳に属しています

諸筋者皆属於節 すべての筋は皆関節に属しています

諸血者皆属於心 すべての血は皆心に属しています

諸気者皆属於肺 すべての気は皆肺に属しています 

医は食なり(新井裕久著)

食養とは毎日の食生活を通して病気を防ぎ健康を守るということです。

より長生きするために中国の皇帝は長寿につながる食物を探していました。

山海の珍味や珍しい動物まで口に運んでいました。熊の手や、鶴、ふかひれ、

燕の巣など数えきれないほどの宮廷料理があります。民間では漢方的な薬草や

山菜を栄養のある料理と組み合わせたり、動物の内臓、足、手まで食べていました。

121−0813東京都足立区竹ノ塚6―9―7オークビル201
三村鍼灸指圧院・三村整骨院 ☎03−3859−5653

Posted at 2012年09月28日 00時31分23秒

五臓生成篇第十 医は...

こんばんは(9月26日)

腰痛・肩こり治療の三村鍼灸指圧院・三村整骨院です

涼しくなって今日は寝違いの方が来院されました。冷えが原因です

諸脈者皆属於目 
すべての経脈は上って目に属しています。

医は食なり(新井裕久著)

十全大補湯は気血両虚の人に良い漢方薬、当参(トウジン)肉桂、当帰といった生薬が十種

類も含まれ、これを煎じて飲む場合もあれば美味しく料理して薬膳としても摂ることもあり

ます。

121−0813東京都足立区竹ノ塚6―9―7オークビル201
三村鍼灸指圧院・三村整骨院 ☎03−3859−5653

Posted at 2012年09月27日 00時27分08秒

五臓生成篇第十 医は...

こんばんは(9月25日)

腰痛・肩こり治療の三村鍼灸指圧院・三村整骨院です。

寒いような涼しい日でした

白当皮 白は皮にあたる。 赤当脈 赤は脈にあたる。
青当筋 青は筋にあたる。 黄当肉 黄は肉にあたる
黒当骨 黒は骨にあたる。


医は食なり(新井裕久著)

十全大補蕩は代表的な虚証に良いものの1つで、特に気血両虚の人によく効く。

気血両虚になると精神疲労、息切れ、食欲不振、顔色が悪い、激しい動悸、めまい、耳鳴り

などが起こる。

このような症状が起こりやすい病気は、各種の貧血症、慢性腸炎、慢性胃炎、糖尿病、冠動

脈性心疾患、、腫瘍などがあります。

121−0813東京都足立区竹ノ塚6―9―7オークビル201
三村鍼灸指圧院・三村整骨院 ☎03−3859−5653

Posted at 2012年09月26日 00時28分07秒

五臓生成篇第十 医は...

こんばんは(腰痛・肩こり治療の三村鍼灸指圧院・三村整骨院です

昨日は田舎に行っておりまして土砂降りに遭いました。(前が見えないくらいでした)。

今日は天気が良かったのですがにわか雨もありました。

色味当五臓
白当肺辛 白は肺と辛味に当たる。
赤当心苦 赤は心と苦味に当たる
青当肝酸 青は肝と酸味に当たる
黄当脾甘 黄は脾と甘味に当たる
黒当腎鹹 黒は腎と鹹味にあたる

医は食なり(新井裕久著)
からだの弱い人(虚弱体質)病気の人、病気上がりの人、お年寄り
更に進んで老化防止を望む人に対しては日常、栄養のバランスのとれた食事の中で

保養薬(補益薬)を使います。一般にこのように呼ばれる薬は虚証の人に用いられます。

虚証の発生原因としては\菘慧な体質虚弱、∨性疾患に伴う体力消耗、

2疆戮硫疣、飢餓、性生活の不摂生、そ亰譟激しい発汗、急激な嘔吐や下痢に伴う

物質的消耗、ダ鎖静なストレスによる体力消耗、

ι村戮凌入による病理的反応で生じた機能的、物質的な消耗、などが考えられます。

虚証に対する対策は高麗ニンジン、山薬(山芋)鹿茸(鹿の袋角)、

当帰、枸杞子(くこ)、胡麻、百合などが用いられます

121−0813東京都足立区竹ノ塚6―9―7オークビル201
三村鍼灸指圧院・三村整骨院 ☎03−3859−5653

Posted at 2012年09月24日 23時16分19秒

五臓生成篇第十

こんばんは(9月22日)

腰痛・肩こり治療の三村鍼灸指圧院・三村整骨院です

暑さ寒さも彼岸までのコトワザ道理涼しくなって参りました。

生於心、如以縞裏朱
健康人の顔色に心の精気が現れるときは、白絹を朱で包んだ時の色沢です、(薄いピンク色がよいのですね)
正於肺、如以縞裏紅
肺の精気が現れるときは、白絹で紅を包んだ時の色沢です(少し赤い紅色ですね)

正於肝、如以縞裏紺
肝の精気が現れるときは、白絹で紺を包んだ時の色沢です(少し青く見えますね)

生於脾、如以縞裏栝勞樓實
脾の精気が現れるときは、白絹で熟したカラスウリの果実を包んだ時の色沢です
(薄い黄色です)

生於腎、如以縞裏紫
腎の精気が現れるときは、白絹で紫を包んだ時の色沢です(うす紫でしょうか)

以上が五臓の精気が正常に表れるときの色沢です。
顔色で健康が診断できます!
121−0813東京都足立区竹ノ塚6―9―7オークビル201
三村鍼灸指圧院・三村整骨院 ☎03−3859−5653

Posted at 2012年09月22日 23時52分46秒

五臓生成篇第十 医は...

こんばんは(9月21日)

腰痛・肩こり治療の三村鍼灸指圧院・三村整骨院です

昼間スコールのような雨が降りました大変でした

洗濯物が濡れてしまいました

黒如烏羽者生
烏の濡れ羽色のような光沢のある黒色を現すときは生きる症です。

医は食なり (新井裕久著)

桂皮(けいひ)、山椒(さんしょ)、ニクズク、丁香(ちょうこう)、
砂仁(さしじん)、陳皮ちんぴ)、茴香(ういきょう)、八角(はっかく)

これらは香りもよく食品の癖をとって味を良くする働きがある、

さらに消化液の分泌を促進しますので食欲を増進し消化吸収を高めます、

ほかにもいろいろな薬効があります。

虚弱者に向く十全大補湯、清補涼などは上記の生薬が入っています。

食物のくさみを取り味、香りをよくしますので活用してください。

121−0813東京都足立区竹ノ塚6―9―7オークビル201
三村鍼灸指圧院・三村整骨院 ☎03−3859−5653

Posted at 2012年09月22日 01時54分28秒

五臓生成篇第十 医は...

こんばんは(9月20日)

腰痛・肩こり治療の三村鍼灸指圧院・三村整骨院です

快晴で暑い日になりました。

気候は変化しています。日の入りが早くなっていますね!

白如豚膏者生 
豚の脂身のような光沢のある白色を現すときは生きる生です。

香辛料は漢方薬
七味唐辛子やカレー粉は日常使われる調味料ですが、

これらは薬効力があります、一般的な働きは食欲亢進、

消化吸収を高める働きがあります。

桂皮や丁香(丁子)などを混ぜた五香粉は餃子の中身や鶏のから揚げ

、煮物などに加えますと香りがよく味もグ〜ンとよくなります。
(新井裕久著、医は食なり)

121−0813東京都足立区竹ノ塚6―9―7オークビル201
三村鍼灸指圧院・三村整骨院 ☎03−3859−5653

Posted at 2012年09月20日 23時28分18秒

五臓生成篇第十 医は...

こんばんは(9月19日)

腰痛・肩こり治療の三村鍼灸指圧院・三村整骨院です

不安定な天気でした。

黄如蟹腹者生
蟹の卵を抱いた腹のように光沢のある黄色を現すときは、生きる生です。

生姜は日常は料理に使われる材料ですが、健胃、保温、解毒の作用があります。

料理に生姜の細切りや、かけらを入れます。

風邪をひいて気分が冴えないときは生姜を薄切りにして、黒砂糖を入れ煮る。

そして熱いうちに飲みます。汗をだすと全身が軽くなって、やがてすっきりします。
(新井裕久著 医は食なり)

121−0813東京都足立区竹ノ塚6―9―7オークビル201
三村鍼灸指圧院・三村整骨院 ☎03−3859−5653

Posted at 2012年09月20日 00時08分06秒

五臓生成篇第十 医は...

こんばんは(9月18日)

腰痛・肩こり治療の三村鍼灸指圧院・三村整骨院です

不順な天気になりました。今雨が強烈に降っています

赤如鶏冠者生

雄鶏のトサカのように光沢のある赤色を現すときは生きる症です。

何首烏のいわれは、元来は人の名前です。

中国唐代の生まれで幼少のころから体が弱くある日、山野に寝転んでいると、

ふと、つるどくだみ、が、二株あって苗つるが交わっているのを見ました。

山中に住む老人のすすめでその根を掘り出し酒に浸して、一日10gを

服用すると、みるみるうちに体が丈夫となり髪がつやつやして若々しくなった。

村人もまねて飲んでみたたら同じ効果が現れました。

そこでこの薬を何首烏と呼ぶようになりました。

現在では中年以上でこの薬を病気の予防、老化防止に愛用する向きの人が多いです

日に9〜12gをぬるいお湯に浸してお茶代わりに飲む、あるいは酒に浸して

毎日コップ一杯飲んだりすると白髪が黒くなり、皮膚の変化を防止する効果があります。(新井裕久著、医は食なりより)

121−0813東京都足立区竹ノ塚6―9―7オークビル201
三村鍼灸指圧院・三村整骨院 ☎03−3859−5653

Posted at 2012年09月19日 00時31分16秒

 1  2  3  | 次へ