メインメニュー

薬膳で治す

2016年(平成28年)1月14日

足立区竹ノ塚の三村鍼灸指圧院です

新年おめでとうございます。1か月以上休みました。すみません

(薬膳で治す=新井裕久、睨曉、中山祐子共著より引用)

冬の薬膳でよく用いられる薬

補陽には(寒がりの方)補陽薬を、袪寒にはかぜ(主に風寒タイプ)の

予防・治療には辛温解毒表をまた冷え症、リウマチなどを取り除くには

温裏袪寒薬を用います。ほかに補気薬、補血薬、健胃薬、適宜加えます。

(1) 補陽薬

よく用いられものは、鹿茸、蛤蚧(ごうかい)冬虫夏草、

肉蓰蓉(にくじゅよう)鎖陽(さよう)、淫羊カク、杜仲、

トシシ、紫河車(シカシャ)海狗腎(カイクジン)海馬などです。

これらのくすりは全て腎経に入り、

強壮、強心、循環促進、中枢神経興奮などの働きの強いものです。

(2) 辛温解表薬

よく用いられるものは、紫蘇葉、生姜、白葱(ソウハク)などです。

これらの薬は、悪寒、軽度の発熱、頭痛、身体痛、など、

風寒、による症状を発汗、解熱してとる除く働きがあります。

一般に、味は辛、性質は温、帰経は肺経に入ります

(3) 温裏袪寒薬

よく用いられるものは、附子=ぶし(劇薬に指定されています、毒性が 

強いので要注意で使用のこと)

肉桂=につけい、高良姜=こうりょうきょう、などです。

これらの薬は全身や、局所の冷えや寒さを取り除く働きがあります、

また強心作用や鎮痛、健胃作用などの働きがあります。

(4) 補気薬

よく用いられるものは、人参、党参=とうじん、黄耆=おうぎ、

炙甘草=しゃかんぞう、これらの薬は体の各器官の生理的機能を促進し

体力などを増強する働きがあります。

(5) 補血薬

よく用いられるものは、熟地黄=じゅくじおう、何首烏=かしゅう、

当帰=とうき、枸杞子=くこし、などです。これらの薬は滋養強壮、

全身の栄養状態の改善、神経機能の改善などの作用を通じて間接的に

造血機能を促進します。

(6) 健脾薬

乾燥性を持つ茯苓(ぶくりょう)、薏苡仁=よくいにん 

芡実=けんじつ、白扁豆(はくへんず)などです。

消化吸収を促進する働きがあります。

121−0813
東京都足立区竹ノ塚6−9−7オークビル201
三村鍼灸指圧院 電話03−3859−5653

Posted at 2016年01月15日 00時13分51秒