メインメニュー

古典素問陰陽応象大論篇第五

こんばんは
肩こり・腰痛治療の三村鍼灸指圧院・三村整骨院です

雪の降った後日の差さないところが凍って危険です
転ばないようにこころに銘じています。凍った場所に
自転車を置いているのでスコップで叩いたのですが全然歯が立ちません
太陽には勝てません。(ううーん残念)

天有四時五行以生長収蔵以生寒暑燥湿風
自然法則としての四時(春、夏、秋、冬)と
五行=(木、火、土、金、水)の五運の運行とがあります。
春は生じ、夏は長じ、秋には収め、冬には蔵するという
萬物がおのおのの季節に合うように運営し
木は風、火は夏、土は湿、金は燥、水は寒の五運を巡らしています。

人有五臓化五気以生喜怒悲憂恐
人にも五臓があって、五の精神的な働き即ち
肝は怒り、心は喜、脾は憂、肺は悲、腎は恐れの感情を生じます。

続きます

Posted at 2012年01月29日 22時54分30秒