メインメニュー
WHAT'S NEW

養生訓

こんばんは 三村鍼灸指圧院・三村整骨院です

養生訓(貝原益軒原著、松宮光伸約注、日本評論社より引用)


人としてこの世に生を受けてからひたすら父母、天地に鉱をつくし

人としてただしいい道を歩み、できることなら幸せに長生きして

喜びや楽しみを得ることはまことに人が各々願うことである、

このようになりたいと願うのであれば、まず先に挙げた教えを

よく考え、養生の術を学び自分のからだを保つべきである。

これは人生第一の大事である。人の体は尊く重いものであって、

何もにも代えがたいものである。それにもかかわらず、

これを養う術を知らずに、欲望のままに行動し、

身を滅ぼすし命を失うのでは、愚かなことの極みである。

命と欲とどちらかが大切かをよく考え、一日一日を慎み、

欲望の危険さを恐れることが、あたかも深い川の淵を

目の前にするように、あるいは薄氷を踏むようであれば、

命は長らえ、災いはないでしょう。

どうして人生を楽しまないことがあろうか。

命短ければ天下の富を得ても役には立たない、

財宝の山を積んでも使い道はない。

そうであれば教えに従って身を保ち、

長命を得るほど大いなる幸せはない。

ゆえに尚書(=五経のひとつ)に

長寿は五福の一番目に挙げられている。

長寿は幸福の根本なのである。



養生訓に第一番目にこのように書かれています

耳が痛いことですね。反省しています

皆様はどうでしょうか

〒121-0813
東京都足立区竹ノ塚6-9-7オークビル201
三村鍼灸指圧院・三村整骨院
☎03-3859-5653
 

Posted at 2016年09月24日 01時51分39秒

養生訓

こんばんは

三村鍼灸指圧院です


やっとブログを継続して書ける題材を見つけましたので

書き込みします。

養生訓(原著=貝原益軒、訳注=松宮光伸)より)

この養生訓は皆様基礎知識としてご存知のことですが

自分の勉強のため記します)

1、身体髪膚これを父母に受く、あえて毀傷せざるは孝の始めなり

養生訓に出てくる有名な言葉ですが、人の体は父母がもとであり

さらにさかのぼれば天地をはじめとしている。

天地父母の恵みを受けて生まれ、そして養われているわが身であれば、

自分の体は自分だけのものではない。天地が下さったものであり、

父母が残された身体なのだから、慎んでよく養い、弱らせたり、

損なったりせず、天寿を全うしなければならない。

これが天地、父母にお仕えする孝の基本である。身体がなくなっては、

お仕えすることもできない。自分の体は皮膚一片、髪一本さえも父母に

もらったものであり、みだりに傷つけることは不幸の始めである。

まして、大切な命を自分だけのものと考えて慎むこともせず、

食欲や色欲を欲望のままにし、元気を損なって病気にかかり授かった天寿を

短くし早くに命を失ってしまうことは天地や父母への不孝の極みであり

愚かなことである。 次回へ続きます

〒121-0813
東京都足立区竹ノ塚6-9-7オークビル201
三村整骨院・三村鍼灸指圧院
☎ 03-3859-5653
 

Posted at 2016年09月09日 01時22分45秒

バナナの効果

こんにちは 三村鍼灸指圧院です。

ー蠢瓩しっかりと栄養補給ができる

バナナには栄養素が豊富に含まれていることに合わせて消化・吸収も
 早いので手軽に栄養補給することが可能です。特にバナナはエネルギー
 となる糖質が複数含まれています。バナナに含まれている糖質には
 ブドウ糖、果糖、ショ糖、でんぷんがあります。

 バナナは食べてわずか20分で消化が完了し、そこから栄養素の吸収が
 始まります。目安としてはだいたい食べて30分ぐらいで、ブドウ糖や
 果糖、ショ糖が吸収され始めます。また、でんぷんに関しては2時間
 ほどかけてエネルギーに代わってくれます。

 このことからバナナは短期的なエネルギー補給にも優れていますし
 長期的なエネルギー補給と考えても非常に効果があると考えられて
 います。

 ただし、表面にシュガースポットと呼ばれる黒い斑点が出ておらず
 まだ熟れていないバナナは通常のバナナに比べても消化に時間が
 かかると言われているので注意が必要です。手早く栄養補給したい
 場合はシュガースポットが出てきておりなるべく熟してきている
 バナナを食べるようにしていきましょう。
 
 ⊃瓦鬟螢薀奪スさせてくれる
 バナナにはトリプトファンと呼ばれる物質が含まれていますがこれは
 セロトニンと呼ばれるものの材料になります。セロトニンは脳を落ち
 着かせてリラックスさせてくれたり、ストレスに対抗してくれる働き
 があると言われています。

 
三村鍼灸指圧院・三村整骨院
121-0813 東京都足立区竹ノ塚6-9-7オークビル201
☎03-3859-5653
 

Posted at 2016年09月02日 13時00分13秒

バナナの効果

こんにちは
三村鍼灸指圧院です


WEBにバナナの効果について記されて広めて下さいとありましたので投稿することにしました。


バナナの効果を徹底解説!美容・健康に良い5つの理由と効果的な食べ方

バナナといえば美容や健康に効果があると言われることが多いです。

今回はバナナが具体的にどのように健康や美容に効果があるのかについて

お伝えします。

また、バナナの効果を最大限に発揮する方法や美容にオススメの

レシピなどもお伝えします。


目次
• バナナはこんなに栄養がたっぷり!
• バナナがもたらしてくれる5つの健康効果
• バナナがもたらしてくれる5つの美容効果
• バナナの効果を高める6つの方法
• バナナを食べる上での注意点
• バナナの効果を高めるオススメレシピ
• バナナの種類について

バナナには食物繊維や多くの栄養素が含まれおり美容や健康にも

良い効果があります。

また、味も甘くて美味しく手軽に栄養補給ができるため子供から大人、

中にはアスリートで競技前にバナナを食べられるという方もいらっしゃいます。

今回はそんなバナナの様々な効果やオススメの食べ方についてまとめて

いきたいと思います。

次回に続きます

121-0813
東京都足立区竹ノ塚6-9-7オークビル201
三村鍼灸指圧院・三村整骨院
03-3859-5653
 

Posted at 2016年08月31日 17時02分27秒

食事療法

こんばんは
三村整骨院・三村鍼灸指圧院です


ジョコビッチの生まれ変わる食事より(ノバクジョコビッチ著、三五館出版より)

内臓の修理の順番

▼ 肺は午前3時〜5時。

喫煙者ではなく日々体に気を使っている人でも目覚めの際に

咳をするのは、就寝中に肺が体内のゴミの処理をしているか

らなのだという。悪い食事をしていると肺の負担がさらに重

くなるという。

(おきてからずっと咳をしている人は肺に問題があるかも)

▼ 大腸は午前5時〜7時。

起きてすぐに水を飲むことが大切です。この時間帯に大腸は

体内の毒素を排出しようとするからである。

水はこのプロセスの補助になる。

▼ 胃は午前7時〜9時

 
 この時間がが一番活発に動いている時間帯である。  
 
 朝食をとるには最高の時間帯である。

▼ 脾臓は午前9時〜11時

▼ 心臓は午前11時〜午後1時

▼ 小腸は午後1時〜3時。

  もし間違った食物を与えたとしたら、この時間帯から

  体から一番強いシグナルが発せられる。この時間帯に

  消化不良や何らかの痛み、膨満感を覚えたら、つい
  
  さっき食べたものの何かにたいして体が過敏に反応

  しており食事内容を見直すという必要がありという証拠です。

▼ 腎臓と膀胱は午後3時〜7時。
  
  慢性的にこの時間帯に疲れを感じたら、何か体が過敏に反応

  する食物をとりすぎなのだという意味です。午後遅い時間は

  もっと活力あふれる時間帯であるべきなので。

  昼寝をする時間ではない。

▼ 膵臓は午後7時〜9時
  
  膵臓は血液内の糖分をコントロールするホルモンのインシュリンを

  作り出す。インシュリンは血中の糖分を制御している。

  食事に問題があると、この時間帯にやたら糖分・スイ−ツを
  
  欲しがるようになる。

  (甘いものは別腹よ!などといっている人は要注意です。

   自分も経験上本当にこの時間帯は糖分を探したことがあります)

▼ 動脈と静脈 午後9時〜11時

▼ 肝臓と胆嚢は午後11〜午前1時


   睡眠に問題があるとすれば、食べ物に問題がある可能性が

   あると言う意味です。もしこの時間帯に寝付けないとすれば、

   肝臓が体内の毒素を排除するためにフルに稼動していると考えられます。

このように各臓器が厳密なスケジュールに沿って機能しているということが

考えられますが、私たちが柔軟な心でさまざまな手法で試みて、

体が送ってくれるシグナルに耳を傾けることが大切とジョコビッチ氏は

述べています。

ぜひ参考にしましょう。

121−0813
東京都足立区竹ノ塚6−9−7オークビル201
三村鍼灸指圧院・三村整骨院
☎03-3859-5653
Email mmrnto@gmail.com
 

Posted at 2016年06月04日 00時57分04秒

食事療法

こんばんは
三村鍼灸指圧院・三村整骨院です

しばらく多忙にて書けませんでした。

元筑波技術大学学長西条一止先生推薦のジョコビッチ選手の書籍から


ジョコビッチの生まれ変わる食事(ノバクジョコビッチ著、出版三五館)より

臓器の修理の順番

東洋医学では体内時計の概念が参考になったとある、

アスリートは毎日のスケジュウルがあり、

それぞれの臓器が休息する時間帯があるという考え方である。

この中国伝統の知恵によると、体内のそれぞれの臓器は

次のような順番で修復していくのだという。

▼ 肺は午前3時〜5時。

▼ 大腸は午前5時〜7時。

▼ 胃は午前7時〜9時

▼ 脾臓は午前9時〜11時

▼ 心臓は午前11時〜午後1時

-▼ 小腸は午後1時〜3時。

▼ 腎臓と膀胱は午後3時〜7時。

▼ 膵臓は午後7時〜9時


▼ 動脈と静脈 午後9時〜11時

▼ 肝臓と胆嚢は午後11〜午前1時


次回はこの内容について書きます

121−0813
東京都足立区竹ノ塚6−9−7オークビル201

三村整骨院・三村鍼灸指圧院

☎03−3859−5653

mmrnto@gmail.com
 

Posted at 2016年06月02日 18時18分56秒

薬膳で治す

こんばんは

三村整骨院・三村鍼灸指圧院です ☎03-3859-5653

生姜ドリンク(新井裕久氏、時事通信社薬膳で治すより引用)

材料(1回分)

生姜皮付き(10グラム)黒砂糖大さじ1、熱湯カップ1

作り方

生姜は千切りにしておきます。茶碗はあらかじめ熱湯を入れて温めておきます。

,硫垢瓩臣穗劼棒胡と黒砂糖を大さじ1を入れ、熱湯カップ1を加え、冷めないように
    5分間くらい蓋をしておきます。
アツアツをのみ、できるだけ早く床に入ると発汗して風邪が良くなります。

解説

黒砂糖は=味は甘、性は温、帰経は、脾、胃、肝経。

効能は温裏袪寒、活血、補気、応用として腹が冷えて痛い。

下痢、生理痛、産後、悪露が、でないなどに。

生姜=味は辛い、性は=温、帰経は肺、脾、胃経。

効能は解表、温裏袪寒、理気。

応用として風邪(風寒タイプ)、嘔吐、胃痛、腹痛、下痢などに。

葱(ねぎ)と生姜の粥

材料(1人前)

米20グラム、水250ml、生姜皮付き10グラム、ねぎ(白いところ)。1本、

作り方

米は研いで水けを切っておきます。生姜は千切りにしておきます。
    
     ねぎは5cmに細切りにしておきます。

なべに,諒討反紕横娃娃蹌譟∪胡、ねぎを加え、火にかけて、
    
    煮立ったら弱火にして粥を炊きます。

あつあつの粥を寝る前に食べます。

解説

ねぎはー味は辛い、性は温、帰経は肺・胃経。

効能は解表、温裏袪寒、理気、利水滲湿、

応用として風邪(風寒タイプ)冷えによる、腹痛、下痢、胸痛、リウマチ、など。

121-0813
東京都足立区竹ノ塚6-9-7オークビル201
三村整骨院・三村鍼灸指圧院
☎03-3859-5653
 

Posted at 2016年02月10日 23時39分22秒

薬膳で治す

こんにちは三村鍼灸指圧院です

薬膳で治す

薬膳で治す(時事通信社、新井裕久、中山祐子、ニーシャオ著より引用)

風邪に効く薬膳

漢方医学では同病異治、といって、同じ病気でもその人の

体質や症状によって治療法が全く異なることがあります。

たとえば風邪を例にとれば、寒の症状が比較的強く表れる、

風寒タイプと、熱の症状が比較的強く表れる、

風熱タイプでは、これに与える漢方薬も薬膳も異なります。

風熱タイプはの風邪は一般に春に多く、

風寒タイプの風邪は一般に冬に多くみられます。

風熱タイプの特徴        

熱っぽい、黄色あるいは、粘りのある鼻汁や痰が出る。

体の節々は痛まない。のどが痛い・赤い、のどが渇く、

冷たいものを好むなどの症状が出ます。

自覚症状として熱感のあるのが特徴ですが、

体温計で計って熱がも寒気があるようであれば、

風熱ではなく風寒のタイプに入ります。

風寒タイプの特徴

寒気がする、水っぽい透明な鼻汁や痰が出る、

体の節々が痛む、あまり喉は痛くない、赤くない、

あまり喉は渇かない、温かいものを好む症状が出ます。
121-0813
東京都足立区竹ノ塚6-9-7オークビル201
三村整骨院・三村鍼灸指圧院 ☎03-3859-5653
 

Posted at 2016年02月10日 17時02分01秒

薬膳で治す

2016年(平成28年)1月14日

足立区竹ノ塚の三村鍼灸指圧院です

新年おめでとうございます。1か月以上休みました。すみません

(薬膳で治す=新井裕久、睨曉、中山祐子共著より引用)

冬の薬膳でよく用いられる薬

補陽には(寒がりの方)補陽薬を、袪寒にはかぜ(主に風寒タイプ)の

予防・治療には辛温解毒表をまた冷え症、リウマチなどを取り除くには

温裏袪寒薬を用います。ほかに補気薬、補血薬、健胃薬、適宜加えます。

(1) 補陽薬

よく用いられものは、鹿茸、蛤蚧(ごうかい)冬虫夏草、

肉蓰蓉(にくじゅよう)鎖陽(さよう)、淫羊カク、杜仲、

トシシ、紫河車(シカシャ)海狗腎(カイクジン)海馬などです。

これらのくすりは全て腎経に入り、

強壮、強心、循環促進、中枢神経興奮などの働きの強いものです。

(2) 辛温解表薬

よく用いられるものは、紫蘇葉、生姜、白葱(ソウハク)などです。

これらの薬は、悪寒、軽度の発熱、頭痛、身体痛、など、

風寒、による症状を発汗、解熱してとる除く働きがあります。

一般に、味は辛、性質は温、帰経は肺経に入ります

(3) 温裏袪寒薬

よく用いられるものは、附子=ぶし(劇薬に指定されています、毒性が 

強いので要注意で使用のこと)

肉桂=につけい、高良姜=こうりょうきょう、などです。

これらの薬は全身や、局所の冷えや寒さを取り除く働きがあります、

また強心作用や鎮痛、健胃作用などの働きがあります。

(4) 補気薬

よく用いられるものは、人参、党参=とうじん、黄耆=おうぎ、

炙甘草=しゃかんぞう、これらの薬は体の各器官の生理的機能を促進し

体力などを増強する働きがあります。

(5) 補血薬

よく用いられるものは、熟地黄=じゅくじおう、何首烏=かしゅう、

当帰=とうき、枸杞子=くこし、などです。これらの薬は滋養強壮、

全身の栄養状態の改善、神経機能の改善などの作用を通じて間接的に

造血機能を促進します。

(6) 健脾薬

乾燥性を持つ茯苓(ぶくりょう)、薏苡仁=よくいにん 

芡実=けんじつ、白扁豆(はくへんず)などです。

消化吸収を促進する働きがあります。

121−0813
東京都足立区竹ノ塚6−9−7オークビル201
三村鍼灸指圧院 電話03−3859−5653
 

Posted at 2016年01月15日 00時13分51秒

薬膳で治す

2015年12月6日こんばんは

薬膳で治す 三村鍼灸指圧院・三村整骨院


冬の食事

対策

補陽袪寒を主とし、これに補気、補血、健脾、を適宜行います。

冬は体の機能が冬眠状態となり、同化作用やエネルギー代謝の

低下が起こり、その結果、腎陽虚が起こりやすくなります。

そこで冷え症が強くなったり、性機能減退を起こしたりしま

す。その対策としては、補陽薬を十分摂ることが必要です。

また、冬の自然状態である寒に対しては、袪寒を行います。

そうすることによって、冬起こりやすい風邪

(主に風寒タイプ=風が寒さで増悪)、冷え症、リウマチ、

などを予防します。

中国では冬令進補、開春打虎、と言いまして冬のなると冬になると、

補気薬や補血薬のような補陽薬を摂ることを勧めています。

そうすると春から一年を通じて虎をうちのめすくらいの元気が出る

ことを言っています。

なお補陽薬を長く使うと胃腸障害を起こすことがあるので、

健脾薬も適宜使うとよいです。

〒121-0813 東京都足立区竹ノ塚6−9−7オークビル201
三村鍼灸指圧院・三村整骨院 ☎03−3859−5653

(薬膳で治す時事通信社新居裕久・倪曉・中山裕子著より引用)
 

Posted at 2015年12月07日 12時34分49秒