愛知県名古屋を拠点に美しさを追求しています。フェイシャルを通じて、全身の細胞が変わっていき、本来の美しさを蘇らせます。
メインメニュー

瑞穂先生の開運メイク体験談

ベネフィットで自分の肌が白くなっていき、キメが滑らかになっていくうちに、苦手な・・・というより興味のなかったメイクにも気持ちがいくようになり、「美」というものを極めていきたいなと思い「開運メイク」を受けることにしました。


まず、そんな気持ちにまでなれるなんて、ベネフィットを知る1年前では想像もつかないことでした。


はじめに「自分の顔で好きなところってどこ?」という質問に、「う〜ん・・・」と、一瞬悩みましたが、ここは抵抗なく「目です」と答えました。その時、「目以外を自信もって好きです」と言えないんだなあと少し寂しく感じました。


そして、メイクが始まりました。瑞穂先生の優しい言葉でポイントを説明して頂きながら、メイクをして頂いていると、何とも言えない心地良さを感じました。ちょうど、ベースを塗り、ファンデーションを塗り終わった頃だったか、先生が私の顔を包むように、両手を添えられました。


「おっ!何かが始まる!感じよう!感じよう!」と、意識を集中させていると、体感覚として頬がリフトアップしていくのを感じました。


先生が、「鏡を見てごらん」と言われ、鏡を見ると・・・「目が大きくなっている!」大きくなっているだけでなく、キラキラと少女漫画に出てくるような目に。


「目が好きだと思っているから、そこがさらにフォーカスされたんだよ」

目が好きという「思い」「意識」を引き出す先生の誘導により、さらに良くなろうと細胞が皮膚が動いたんだ!


すごい。暫くその感動の余韻に浸っていました。


メイクが終わり。照れくさいのですが・・・「きれい!」っと思いました。


「本来の私(魂)の美しさが出たんだよ」と言われ、はじめは照れくさいと思いましたが、素直に受け入れよう、認めようと思いました。そう感じることがとても大事なんだなと、時間が経つにつれわかりました。


で、感動はここで終わらず。メイクを終え、せっかく美しくしてもらったのだから、どこかに出かけなきゃ!と、思い神社好きの私は伊勢神宮に足を運ぶことにしました。外宮に行き、内宮に行き、その日は、参拝客でいっぱいでした。なんかいっぱいでいい感じと思いながら、本宮もいっぱいだったので、短めに参拝を終わらせ、別宮の荒祭宮に行きました。参拝する時は、誰もいなかったので、集中して祈ろうと思い「器の大きい自分になれますように」と祈り終えて振りかえると、2人の外人さんが・・・。


「あっ!ハワイ!そうだ!私はハワイに行きたかったんだ」。なんかそう思えただけでワクワクが発動し始め、そう思うと「おっ!このメイク・・・ハワイに行っても見劣りしないぞ」「いや、このメイクをしてハワイにいる自分が想像出来る」


急に、買ったまま放置していた英語(を習得するため)の本が読みたくなり、読むと、難しいと思っていた説明文がスルスルと頭に入り・・・。


ミラクルです。メイクでここまで意識を変容することが出来るなんて。

ふと、好きと思えなかった鼻、口、頬を、ひとつずつ「かわいいなあ」「素敵だな」と穏やかに賞賛してみました。すると、不思議なことに、なんか自分の顔が好きに思えるようになりました。そう思ってあげるだけで顔は変わるみたいです。


本当に開運メイクです。また受けます。ありがとうございました。




(愛媛県/40代 A.Y様)

Posted at 2013年03月13日 14時56分13秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*