メインメニュー
健康管理のページ

水分補給

私たちの体の約60%は水分でできています。水分は体そのものを構成しているだけではなく、栄養分の運搬や老廃物の排泄、体温調整など、大切な働きをしています。普通に生活していても、毎日汗や尿などで成人の平均で約2.0〜2.6リットルもの水分が失われるといいます。そうなると1日2.0〜2.6リットルもの水を飲まなければいけないかというとそうではなく、水分は食事からもとれるし、食べ物の代謝のときにも体の中で作られる水分もあるので、バランスのよい食事をしていれば、平均で1日1.3〜1.5リットル程度の水を飲めばよいのだそうです。ただ一度に大量の水分を飲んでも体は水分を貯めておくことができないので、汗や尿で失った水分はコップ一杯程度の量をこまめに補給することが重要です。体重の2%の水分を失うと軽い脱水症状になります。水分を十分にとることは、脱水症状だけでなく、さまざまな体の不調を防ぐことにつながります。体内の水分が不足して血液が濃くなると、のどの渇きを感じる脳の中枢が刺激されます。のどの渇きを感じたときが水分補給のタイミングです。飲む水は、水でも麦茶でも緑茶でも何でも良く自分がおいしいと感じるものを少量ずつ、こまめに飲みましょう。

Posted at 2013年06月30日 10時46分56秒  /  コメント( 0 )

熱中症の症状

熱中症の症状は、軽度、中度、重度の3つに分けられます。

軽度の症状

立ちくらみや軽いめまい、ふくらはぎの筋肉のけいれん、こむら返り 等

中度の症状

頭痛や吐き気又はおう吐、強い疲労感や倦怠感、下痢や体温の若干の上昇 等
重度の症状へ移行する状態です。決して無理せず救急処置を行ってください。

重度の症状

38度以上の体温や、ふらふらして立てない、意識障害がある 等
軽度、中度を経ることなく一気に重度になる場合もある。

重度では脳機能の生涯だけでなく、肝臓や腎臓などの臓器障害と血液凝固系の
障害が生じていることも多く、死亡の確率も高くなります。


以上のとおり、重症になると意識障害も出るので、周りにいる人が気づくこと
が必要です。

また、一気に重度の症状になるのではなく、家の中で普通に生活していて、
微熱、頭痛、食欲不振を熱中症と思わないでいて、
1週間も経過してわるくなるようなこともあります。

Posted at 2013年06月30日 09時00分00秒  /  コメント( 0 )

消化と吸収

先日ラジオで高橋久仁子先生が「フードファデイズム」をわかりやすく説明していたのを聞き、先生の書いた本を読みました。ちなみに「フードファデイズム」とは、「食物の栄養が健康や
病気に与える影響を過大に信じたり評価すること」を意味するとのことですが、

この本の説明の中で、なるほどと思ったのは、にんげんが食べ物を食べ、消化吸収する仕組み
のことです。

”食べ物の栄養である糖質、タンパク質、脂肪は食べた時は複雑な構造なので、そのままでは
体内に吸収されません。唾液、胃液、膵液から出る各種の消化酵素と混合されて、科学的に
簡単な構造になって初めて体内に入る(吸収)のです。”

納得です。

”食べる・飲むだけでは、そこに含まれる成分がすべて吸収されたことにはなりません。
直接血管に注入するのとでは全く異なることです。注射と異なり食べる・飲むことからでは
複雑な消化の作業を経なければ体内に入れないのです。

口から入り消化器官を通過している間はまだ体外なのです。また人間は、分解吸収できない物質もあるのです。食べて・飲んだことがイコール体内に吸収されたことにならないことをしっかりと認識する必要があります。”

とも説明されてます。あたりまえと言えばあたりまえのことですが、納得です。

先日来院者からこんな質問をされました。
質問の内容は『今飲んでいるサプリメントを続けた方がいいかどうか』

「問題が無く、いいと思っているのなら続けたら良いのではないですか」
と説明しましたが、これからはこの消化吸収の仕組みも合わせて説明しようかと思います。

高橋久仁子先生はこうも言っています。

”食生活の条件として最も基本的なことは、からだに必要な栄養である炭水化物、脂肪、タンパク質、ビタミン、無機質を過不足なくとることです。ただ1種類の食品ですべての栄養素を含んでいるのはありません。従って種類の異なる食品群から幅広くとることで、栄養素をバランスよく摂取できるのです。”

心掛けたいと思います。

Posted at 2012年12月10日 13時33分17秒  /  コメント( 0 )

夏バテ

暑い日が続きます。夏バテだ!

この夏バテですが、

本当に暑い時の夏バテと

秋以降に出る夏バテがあります。

暑い時の夏バテ

疲れる、だるい、食欲がない

暑いと、人間は体の表面からしか体温を下げられない

冷えた血液を体内に循環して冷やそうと心臓が頑張る

何もしなくても、心臓に負担がかかり疲れるのはしょうがないのかも

どうしても食欲は落ちてくる

厚い時の夏バテ防止は

体を冷やす為の水分はこまめにとる、汗をいやがらない

3回の食事はきちんと食べる

良い睡眠。寝る前にお風呂に入ると、気温が下がった感じになり寝やすい

秋以降の夏バテ防止は

暑い時の過し方

暑い時は、きちんと汗を出す

冷房を強くしない

ですが。

Posted at 2012年08月04日 19時16分42秒  /  コメント( 0 )

放射能汚染

四街道市文化センターで開催された

放射能汚染 に関する

講師は独立行政法人 放射線医学総合研究所の
小野田上席研究員 小野田 先生

の講演を聞きに行ってきました。

現在受けている被曝量は、管理されているので、

問題になる量ではないとの、分かりやすい講演内容でした。

また、放射能汚染については無関心ではいけないとも。

講演の中で、エックス線によるDNAのダメージが急速に

無くなる写真の説明がありました。

細胞内で行われる人間の持つ働きに驚きです。

免疫力を高めることは、放射線からの防御にとても大切のようです。

Posted at 2012年02月20日 11時57分32秒  /  コメント( 0 )

冬の加湿効果

冬の乾燥は火災が一番心配ですが、私たちの生活の場での乾燥、つまり室内の湿度は健康にも大きく影響します。私たちが乾燥を感じるのは、肌がカサカサする、喉が乾燥する、鼻が乾燥する、そして皮膚からの水分の蒸発も多くなり、気温より寒く感じること等です。人間には良く感じない乾燥ですが、風邪のウイルス等は乾燥を好みます。逆に風邪ウイルスは湿気には弱く湿度50%温度20℃程で10時間も保つとほとんど死滅するそうです。室内を暖かくして適度な湿度を保つことが効果的な風邪対策になっているのです。
また、花粉対策、特に室内に入り浮遊している花粉対策としての湿度管理も重要です。空気中の水分を吸収した花粉は重たくなり、乾燥した花粉より速く床に落ちます。床に落ちてしまえば吸い込むことも少なくなりますし、掃除機で吸い込めば除去することも簡単です。
ただ湿度も高くなるとダニ、カビ等は元気になるので適度な湿度が望まれます。湿度は40%〜60%の間が良いそうです。加湿器で管理出来れば良いのですが濡れたタオルを室内に干すことでも効果はあります。

Posted at 2012年02月01日 14時48分00秒  /  コメント( 0 )

今年も前向きで

トップ

新薬の効果を確認する方法に、比較試験をするそうです。

新薬を使用しての効果と、新薬だと言って効果のない物を使用しての効果を比べる。

人は、新薬だと信じて効果のない物を使用しても効果が出てしまう。

効果の結果に大きな差が出なければ、新薬の効果に疑問符がつく。

人の精神的な働きが肉体に及ぼす作用、信じて良くなる場合もあるし、

信じて悪くなる場合もある。

からだが悪くなればやりたいこともできなくなります。

健康なからだで1年を乗り切る為にも、からだを良くする精神状態、

即ち、明るく、希望を持って、前向きに生きたい。

Posted at 2012年01月07日 10時50分02秒  /  コメント( 0 )

未病と姿勢

トップ


未病という言葉は、中国最古の医学書『黄帝内経』で初めて使用され、

病気は体内にあるのに、症状が体表面に出ていない、

しかし治療しなければ早晩発症が必須となる状態とのこと。

病気ではない(自覚症状はない)が、健康でもない状態のことになります。

腰痛・膝痛・肩こり(頭痛)になる多くの人は姿勢が悪いです。

病気になれば治療します。

未病も治療が必要です。

姿勢が悪いと、早晩腰痛・膝痛・肩こり(頭痛)を発症します。未病状態です。

治療をしましょう。

背骨の生理湾曲を正しく維持(正しい姿勢)にするため、

背骨の筋肉(インナーマッスル)を鍛えましょう。治療の第一歩です。

Posted at 2012年01月07日 10時48分11秒  /  コメント( 0 )

リラックスする


『リラックスする』とはどんな状態のことをいうのでしょうか。一般的に『リラックスする』とは緊張状態でないくつろいだ状態になることなのですが、副交感神経が優位になると『リラックス状態になる』ともいいます。人間は昼間活発に行動する為に交感神経が優位になりますし、夜間はからだを休める為、副交感神経が優位になります。リラックスしていないと眠れないし、寝ている時はたしかにリラックスしています。このように副交感神経が優位な状態になることだけが『リラックスする』なのでしょうか。昼間昼寝をしなければ『リラックスする』にならないのでしょうか。昼間寝ること以外でも『リラックスする』方法はいろいろあります。気分転換するのも『リラックスする』一つの方法です。好きなことに集中し、他のことを忘れている時がその状態です。
一方、『リラックスする』のリラックスに必要な緊張ですが、人は昼夜の交感神経の働きによる緊張の他、日々の生活の中、仕事の中からくるいろいろな緊張(ストレス)を持っています。問題になるのは、毎日毎日の緊張(ストレス)を上手く解消させないと緊張(ストレス)が積み重なり、重大な緊張(ストレス)になることです。緊張(ストレス)を大きくしないために早めに緊張(ストレス)を和らげることが必要です。緊張を和らげる、『リラックスする』です。簡単な緊張は簡単に取れるし、大きくなった緊張(ストレス)は簡単には解消できません。その為に、楽しく、簡単に集中してできる趣味を持っておき、日頃から日常の生活習慣の中で簡単に好きなことに集中する状態になること(『リラックスする』)です。それも毎日出来る簡単なものから、週一回、月一回、年一回とかいろいろあるといいと思います。
今はやる気のでる楽しいこと、集中できること等持ってない方は、楽しいことを考えることから始めましょう。そして簡単なことから実現して始めましょう。

Posted at 2012年01月07日 10時40分28秒  /  コメント( 0 )

冬の水分管理

トップ

からだの約60%を占めている水分。そして、その量が2%でも少なく変化すると体調がおかしくなってしまうという大切なからだの水分ですが、寒い冬の季節、冷たいものをそんなに飲む気にもなりませんし、夏ほど喉の渇きを感じなくなり、水分を補給することが少なくなりがちです。冬も水分不足をおこしやすい季節なのです。夏のように冷たい飲み物で水分をとることはあまりしないので、暖かいお茶等で水分を補給することになりますが、食事に暖かい吸い物や鍋料理等水分たっぷりの料理を多くする方法も水分補給に有効です。また、冬はからだの水分管理と同時に室内の水分の管理、湿度の管理も大切です。風邪ウイルスは湿気には弱く湿度50%温度20℃程で10時間も保つとほとんど死滅するそうです。室内を暖かくして適度な湿度を保つことが効果的な風邪対策になるのです。また湿度が上がればからだからの表面から水分の蒸発がおさえられ、寒さ対策にもなります。

Posted at 2012年01月07日 08時47分00秒  /  コメント( 0 )

 1  2  | 次へ