メインメニュー
2012-09

足のむくみと痺れ

60代男性。腰痛とのことで来院されましたが、足のむくみ、ふくらはぎの張りと足裏の

しびれがありました。

背中の筋肉の張りが強く、骨盤が大きく前傾していました。

仕事の都合で週1回の施術になりましたので、毎日のストレッチをお願いしました。

3回の施術でほぼしびれはなくなり、むくみも施術前日まででなくなりました。

5回の施術前には不調箇所はほとんどありませんでした。

指導したストレッチは欠かさず実行しているとのことです。

ご本人の毎日の努力が改善を早くしました。

仕事も快調とのことで、ほんとうに良かったです。

Posted at 2012年09月04日 10時04分29秒  /  コメント( 0 )

山王林道自転車ツーリング

このルートを選んだ理由は、鬼怒川から戦場ヶ原まで走ることでした。

以前、青森から鬼怒川駅まで走ってましたし、福井から高山、安房峠そして沼田から金精峠を

越えて東部日光駅までは、何回かに分けて走破していたので、鬼怒川から戦場ヶ原まで走れば

私なりに、青森から福井まで自転車走破で繋がるのです。

スタートは川治湯元駅、朝5時20分四街道駅で、9時ちょっと前に川治湯本駅に着きました。



ここで自転車を組み立て(タイヤを取り付ける)ます。荷物、今回は2泊予定と山の中の走行なので、自転車に備え付ける水筒の他、ペットボトル2本と非常食準備、工具等でナップザックも
ふくらんでます。



この日は川俣温泉まで、標高差500m程。

川俣ダム展望台。



宿の近くにあった平家塚。




2日目8時30分 出発。宿から本道までが急坂。参りました。



山王林道入り口。ここに間欠泉があります。が、待って観るにはちょっと残念。



金山跡を楽しみに登ったのですが、わかりませんでした。山王峠の前に、日光市との境界。
ここが、峠だと思い写真を撮りましたが、山王峠(1750m)はちょっと先にありました。



後ろを振り返る



ここからは下り、戦場ヶ原まで一気です。時間も体力も余裕を残して、2日目は終わり。

宿の近くの湯滝。



3日目 7時50分 出発。 泊まったのは ガーデンハウス ですが



湯ノ湖から見た金精峠方向



途中から湯ノ湖を



湯ノ湖の標高1,475m。金精峠が1,850m。約400m上の登りだけど約1時間で
峠のトンネル着。朝で元気があったのか。ただ、この格好での下りはさすがに寒かった。



トンネルの先は下り坂。



沼田まで65km。下りで簡単かなと思っていたが、休憩なしで2時間30分。片品を過ぎてからは、結構上りもありました。




ちなみに、20歳から44年間で走破した図

Posted at 2012年09月02日 10時00分00秒  /  コメント( 0 )