メインメニュー

今年のテーマ

昨日1月21日のNHK「ためしてガッテン」は天気と痛みの関係についてでした。

「天気痛」については

天気痛とは、頭痛や肩こり、首や腰の痛み、神経痛といった「持病」や、
骨折、ケガ、手術後のキズなどの「古傷」が、
天気の影響で痛みが発生する現象をいい、
日本人の3人に1人は天気痛を経験しているとのこと。

そして
天気痛は耳の機関である内耳が引き起こす脳の混乱が原因。

内耳には、リンパ液がたまっていて、体が傾いたときなどに流れが生じることで、
脳がそれを感知してバランスをとっている。

気圧が変化すると、内耳にある気圧センサーが興奮し始める。
すると、リンパ液は体が傾いていないのに流れ(乱れ)を生じさせる。
その結果、目からの情報と内耳からの情報に食い違いが起きるため、
脳は混乱する。混乱は脳へのストレスとなる。
このストレスが、交感神経を興奮させて、結果、痛み神経を興奮させるので、
いろいろな痛み出してまうとのこと。

普通の人ではなんともない気圧の変化でも、天気痛の人は敏感に感じてしまうとも。

ヨーロッパ各国やアメリカでは、天候の変化から「天気痛」の発生を予測する「天気痛予報」が、公共サービスとして放送されているとのこと。
週間天気予報をチェックして、「天気がよくなれば痛みがラクになる」と考えるだけでも、
ストレスを減らし、痛みをおさえることになる。
また天気痛は、乗りもの酔い止め薬を痛む前の予兆を感じたときに飲むことで
予防することができる。

「痛みについて」

あらゆる痛みを鎮める方法についての説明です。

痛みに対して、私たちの体は、モルヒネの何倍もの効果のある「脳内麻薬」という物質で
対処します。

脳には、側坐核(そくざかく)と呼ばれる痛みに対処する場所がり、痛みが脳に伝わると、
側坐核が活性化して痛みをおさえる脳内麻薬を大量に出して痛みを鎮めます。

ところが、ストレスは側坐核の働きも悪くするため、脳内麻薬の出る量が減ってしまいます。
すると、ささいな刺激も大きな痛みとして感じるようになったり、
痛みが長引いたりするのです。

ストレスを軽減することが、鎮痛効果が高まると言っています。

以上が放送の内容でした。



ストレスの軽減は、日常の生活の中で行なうことになります。

笑い・悲しみ等の感情への刺激や

前向きな考えも ストレス軽減につながります。

今年は、健康に生活することが一番の願です。

ストレスをコントロールして健康に心がけたいと思います。

Posted at 2015年01月22日 13時00分00秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*