メインメニュー

ウイルス

ウイルスは生物にはならないのだとか、物なのだ

大きさは、人間の細胞の100から1000分の1

自分では増殖できないので、生物の細胞内に入り、その細胞の機能を利用して増える

生物ではないのに、なぜ増えて子孫存続を計るのか?

ウイルスは細胞に入り、一度分解してしまう、自分を消してしまう 忍者!!

細胞の機能で、再び復活する、1個のウイルスがどれくらいになっているのか、細菌であれば

1が2になり2が4になりと増えるのに、

増え方は、細胞の手作業レベルと違い、大量生産の大工場だ

大量に増えた、否、増やしてもらったウイルスは細胞を破壊してしまう

そして、それぞれが他の細胞へ

発症しても、病原菌(生物です)ではないので光学顕微鏡では見えない、

電子顕微鏡でも見つけるのは簡単ではない

こんなウイルスと人類は長く付き合っているのだから、タクマシイ!

Posted at 2015年01月06日 11時20分44秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*