メインメニュー

座骨神経痛

症状は臀部からももの後ろ側、ふくらはぎの外側への

痛み、

痛みも、なんとなく感じるものや、キリキリする激しいもの等であり

病院では、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、脊椎分離症、脊椎すべり症等と診断されます。

何らかの原因で、座骨神経に刺激を与えていることで痛みになります。


当院での対応

椎間板(脊柱管)の変形そのものの治療はできませんが、変形の原因が筋肉の緊張からきて

いるものであれば、筋肉のバランスを整えることでも効果はでてきますし、筋肉を整える

ことで脊柱の形が整うことで効果がでることもありますし、からだ全体の体液の流れが

よくなることでも効果がでます。

どれが効果的なのかは、その原因の部位にもよります。

Posted at 2012年05月14日 09時00分00秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*