メインメニュー
研修生の声

鬼頭 哲也



日本理学整体学会 講師
鬼頭健康院 院長
〒480-1172 愛知県長久手市宮脇308
TEL : 0561-63-4499
http://www.kitou-kenkouin.com

【 プロフィール 】
S45生まれ
[ 出身地 ] 愛知県愛知郡長久手町
高校を卒業後、カイロプラクティックの専門学校に入学。
在学中に恩師である酒井和彦先生と出会い、H4.10弟子入りする。(酒井健康院:岐阜県各務原市)
H7.11/東京・銀座にも酒井健康院を開院。副院長として岐阜・銀座を往復するようになる。
H15.7/10年間の内弟子修行を終え、名古屋市・大曽根に鬼頭健康院を開院する。
H22.11/大曽根から長久手町に移転。
日本理学整体本部主催の研修会(東京・名古屋・大阪開催)にて総師範 酒井和彦先生と共に講師として指導を行う。


私は、高校を卒業してカイロプラクティックの学校に入学。
21歳の時に酒井先生に弟子入りし、10年修業した後、開業し今年で10年経ちました。
日本理学整体学会では、講師として研修会で指導しています。

カイロプラクティックの学校で習った治療の方法は、全身治療をおこなうのが基本でした。

1.低周波を肩や腰などにおこなう。
2.ホットパックで温熱(急性期は冷やす)
3.全身を揉んで、筋肉をほぐす。(コレは矯正をしやすくするため)
4.アジャスト(矯正)を頚椎・胸椎・腰椎すべてにおこなう。

本当は「矯正は、悪い箇所だけ」でいいはずなのだが、背骨を上から下まで右にねじって
左にねじって、いっぱい「ボキッ」と鳴らせる人が上手な人という感じでした。

当時、整体というとこんな感じの治療が多かったと思います。
悪い所を見つけて、そこを治すという感じではない。
全身治療・全身調整するのが整体だから、とりあえず全身を施術するという感じでした。
私も「理学整体」を知らなければ、このような治療みたいな事をしていたと思います。

授業で脊柱の触診などやりましたが、実際にはそれを生かすことはなく、どこがどう悪いのか詳しく調べるわけでもなく、何でも鳴らせば正常になると思ってやっている感じでした。
しかし、「ボキッ」と鳴る=「治る」ではないのです・・・・・。

それに反して、理学整体は、
・「カラダの形と動き」の異常をしらべる。
(姿勢と関節の可動を検査する)
⇒その異常の原因である筋肉の伸縮異常を把握する。
客観的に確認できるため、施術者だけでなく、患者さん本人や付添いの人も「何が悪いのか、何を治さなければならないのか」がわかる。

・刺激の軽い操作で筋肉の伸縮異常を正常にする。
⇒「治療=痛みを伴う」という常識が覆されます。
痛みを伴わないので患者さんへの負担が少ない。

・術後の効果が「カラダの形と動き」で確認できるため客観的に効果を確認できる。
⇒自覚症状にとらわれた対照療法でなく、「体を治す」ための原因療法である。


理学整体は、カイロプラクティックの学校でやっていた事とぜんぜん違います。
学校で習ったことは「整体で治す」というより「整体で気持ちよくする」だったのです。

でも、コレが一般的な腰痛治療なのです・・・・。

学校の先輩が、卒業してもここのやり方ではダメだと言っていたのがよくわかりました。
なので、学校の卒業生は、柔道整復師の資格を取る為に、また学校に通い、接骨院をやっている人が多い・・・・。実費治療でやっていけないから、保険治療でやっていくのだが、保険診療では、腰痛患者は救えない・・・・・・。何をしたいのだろうかと私は思う。

私は、酒井先生と出会い、本当のカラダの診かた・治し方を教わりました。

理学整体は「気持ちがいい」のは関係ありません。

「癒し系」ではなく「治し系」の整体法です。
「カラダの形・動き」に異常があるまま生活して、痛みが出ているので「カラダの形・動き」を正常にすれば痛みはなくなる。簡単明瞭な理論です。

でも、何をどう治したらよいのか解っていない医者・理学療法士・柔道整復師・整体師が多く、とりあえず、痛いところを揉んだり・温めたりしている所が多い。だから、治らない・・・・・。

なぜ治らないか?
自覚症状だけしか見ていないから。応急処置で終わっているからです。

整形外科学会では、腰痛の80%が原因不明、そして、その多くはストレスのせいだと言っています。そんな所へ腰痛の治療に行って治ると思いますか?治し方がわからないと言っているのに通って治ると思いますか?整形のリハビリも接骨院も基本的には同じ治療をするので、どちらに通っても結果は同じでしょう・・・・・。

理学整体は、カラダの見かた・治し方・理論が今までの常識とはまったく違います。
・客観的に異常を見つけることができる検査法。
⇒この検査法により整体前後の効果を確認できる。
・やさしい操作で、結果を出せる整体法。
・自律系と運動系の相関関係を解明し、どちらの異常にも対応できる理論。


これを習得すれば、今までの治療現場で、技術的に限界を感じていた治療師の方の力になると思います。

Posted at 2013年11月14日 18時30分36秒  /  コメント( 0 )

福盛 修司



日本理学整体学会 講師
福盛健康院 院長
〒812-0054 福岡県福岡市東区馬出1-4-1松田屋ビル4F
TEL : 092-515-2425
http://fukumori.jp

【 プロフィール 】
H10.9/酒井健康院 内弟子入り
H14.9/酒井健康院 副院長として就任
H20.7/日本理学整体学会 講師任命
H23.8/福盛健康院 開院(福岡市)

■ 理学整体の技術を学んでみて

私が理学整体を学ぶきっかけとなったのは、平成9年、まだ私が大学4年の夏に、父がガンを患い他界したことでした。
それを知った酒井会長のお父様が、私に声をかけて下さり、酒井会長とお電話ですが、お話をさせていただける時間を作っていただきました。
当時、私はボランティア活動を積極的にやっていたのですが、私の心を揺さぶった酒井会長のある一言が自分の人生を大きく変えたのかもしれません。
その言葉とは、「誰でもできるボランティアも大事な人助けだが、自分にしかできない人助けもある。本当に困っている人を自分の手で助け、それで生活する道もあるんだ。」と言う言葉でした。
それまで、そういう考えは一切無かった私でしたが、その言葉に心を揺さぶられ、実際自分の目でその技術を見てみたいと思い岐阜の酒井健康院に見学に行きました。
それまで、体の不調など一切無かったので、整体にかかるという事がありませんでしたから、「整体?一体どんなことするんだ??」という不安でいっぱいでした。
しかし、実際に酒井会長の整体の技術を目の当たりにした私は、あまり患者さんの体を触ってもないのに、患者さんが口々に「あぁ、楽になった!」と笑顔で次々に帰っていく姿に驚愕し、これは何かわからないが、スゴイぞ!と思い、その場で弟子入りを決意しました。
その時から約15年、今、この理学整体を地元福岡で独立・開業し、一人でも多くの患者さんの笑顔を見たいという一心で日々頑張っていますが、治すという技術の奥深さに「もっともっと技術を磨かないと!」と切磋琢磨していますので、毎月の理学整体学会の研修会は欠かせません。
これからも、もっと多くの患者さんの笑顔を見れるよう頑張っていきたいと思います。

Posted at 2013年11月14日 18時25分50秒  /  コメント( 0 )

吉田 州宏



治門けんこう院 院長
日本理学整体学会 助講師
〒530-0022 大阪府大阪市北区浪花町13−38 千代田ビル北館2階
TEL : 06-6373-7014
http://www.geocities.jp/jimonkenkouin

【 プロフィール 】
前建築設計士と勤務
H12.9/理学整体学会 研修生として入会
H16.4/理学整体学会 認可生認可
H16.5/治門けんこう院 大阪にて開業
H20.7/助講師任命
現在に至る

■ 畑違いの私でも!

私は大学で建築設計を学び、卒業後はそのまま自分の好きな建築関係の仕事をしておりました。
数年後、私の母がヘルペスを患い祖父から聞いていた鍼灸院に私が付き添って治療に行きました。
そのことが私のその後の人生に大きな変化をもたらせたのです。

その鍼灸院は大阪市内にありながら昔ながらの茅葺の民家で、中に入ると襖がすべて外されており完全にオープンスペースで,手前の畳の間が待合スペースになっており置き火鉢が数個置いてあり患者さんどうしがお話しをしていました。
奥の間に治療台が3台置いてあり院長先生が患者さんと世間話をしながら治療を行っていました。
そして患者さんが帰る時に「先生ありがとうございました!」と言って帰られる風景を見て私がやりたい仕事はこんな仕事なんだ!と初めて思ったのです。
その後すぐに鍼灸やカイロ、マッサージ、整体等の本を色々買って読みましたが、どの治療が良いのか分からず模索したまま時が過ぎました。

数年たったある日、母が友人の運転する車に乗っている時に後ろから別の車に追突されて酷いムチ打ち症になりました。
テレビや本でも有名な整形外科や整体、カイロなどにも行って診てもらったのですが一向に良くならず、母は仕事どころか家事すらできなくなりこのままではダメだと思い私はとりあえず自分が務めている会社の社長に母の病気のこと を伝えて、家業を継ぐという名目で会社に辞表を出しました。
すると会社の社長が「わしがお前のお母さんの病気を治してやる」と言ってくださり翌週に社長宅に行くことになりました。
社長宅には往診で整体師が来られていて、どうも木槌で全身をポンポン叩くような整体だったそうです。
社長には効く治療だったのかも知れませんが、私の母にはどうも良く無く、数回お世話になったのですが余計に悪化しました。

すると今度は社長の奥様が「私が良い整体院を教えてあげる」と言ってくださり、その整体に行きました。

その治療が理学整体だったのです。

最初は社長の奥様に連れて行ってもらいました。
治療から帰ってきた母に「どうだった?」と伺うと「んんん・・ ・・手と足を軽く動かすだけだけど、体が軽くなったような気がする・・・・・ちょっとだけ通ってみるわ・・・・」と曖昧な返事だったのです。

しかし数日が経ち母を見ていると明らかに以前に比べて母の症状が軽くなっているのが第三者の私でも気付きました。
そして私が会社を退社してからは、私が母の治療の送り迎えをするようになりました。
治療院で他の患者さんの治療を見学させてもらってるうちに私は、この治療は凄いと思ったのです。

患者の手と足を軽く操作するだけで、正座の出来なかった患者さんが直ぐにできるようになったり、付き添の肩を借りないと歩けなかった患者さんが一人で歩けるようになったりするのを目の当たりにして鳥肌が立ちました!

自分がこの技を習得すれば母の体を治せれるし本業としてもやっていけると確信を持ちました。
また簡単に手と足を操作するだけで、できるのだから汗かきの私には持って来い!って思ったりもしました。

直ぐに研修会に参加して勉強を始めたのですが・・・・撃沈されました!
簡単に手と足を動かせば魔法のように治ると思っていたがとんでも無い!
最初は講師の真似をして手足を動かしても治るどころかどんどんと歪みを酷くしてました。
この技は手足を動かす可動域はもちろんのこと、手足を持つこと等、何もかもが思っていた以上に凄く繊細なのです。

しかし根気よく練習をすれば数十回に一回は歪みを取ることが出来るようになり楽しくてたまらなくなりました。
それから は研修生の体だけでは無くこの整体を知らない方の体を施術をしたくなり、友達にお願いして体を貸してもらって施術をするうちに「楽になったよっ!」て言ってもらえるようになり少しづつ自信も付いてきました。

勉強を始めて3年後には認可試験に合格し、その半年後に自分の治療院(治門けんこう院)を開業しました。
早いものであと半年もすれば開業して10年になります。
今では毎日沢山の患者さんと世間話もしながら施術を行う日々・・・
そう!最初に母を連れて行った治療院の風景を実践した日々を送っています。

これからも、もっともっと酷い重症患者を改善させれるように研修会で勉強を続けて行きたいと思っています。

[ H25.9.13 ]

Posted at 2013年11月14日 18時24分15秒  /  コメント( 0 )

高岡 剛

あかね台整骨院 院長
〒227-0066 神奈川県横浜市青葉区あかね台1-18-6
TEL : 045-984-3775

【 プロフィール 】
S39.6.27生
柔道整復師 取得
あかね台接骨院開業
H10.10.25/理学整体学会 研修生として参加
H16.4.1/理学整体学会 認可生 取得
H21.4.1/理学整体学会 助講師 任命
現在に至る

■ 入会日 : H10.9

理学整体に出会うまで保険の中の局所の対処の治療を続けて、その中で結果がでる患者さんも多少いましたが、多数の患者さんは長期の施術をしながらも満足な結果が出ていなかったのが日々でした。

初めて研修会に東京に行き、足関節の操作で本当になんだか解らないまま一日が過ぎたのを昨日の事のように記憶しています。
理学整体は理論と実技がしっかりとしていて自分の使い方、表現しだいで患者さんにも客観的に伝える事ができる治療法だと思っています。
まだその両方が連動して満足できる所まで自分ができていないのも事実です。
ただ、そのうちの一つでも出来て結果が現場で出た時のうれしいこと!!
でもまだまだです。

先日の小島先生の講義にもあったように理学整体の基礎理論に基ずく施術で、まだまだ苦しんでいる患者さんが日常生活を過ごすことができます。
その為に自分自身に足りない事の向上に努めなければと日々考え施術に向っていきます。

すばらしい先生や仲間に恵まれて、なおかつ勉強できる事がうれしく楽しみです。
のんびりと構えていてはいけないのですが・・・
精進します!!

[ 25.9.16 ]

Posted at 2013年11月14日 18時21分33秒  /  コメント( 0 )

米田 知弘



こめだ健康院 院長
〒558-0004 大阪市住吉区長居東4-6-3 阪下ビル3F
TEL : 06-6606-8877
http://komeda-kenkouin.com

【 プロフィール 】
大阪桐蔭高等学校卒業後、行徳柔道整復専門学校入学
卒業後、整骨院、整形外科に勤務。
その間、整体、カイロプラクティック、AKA他様々な研修会の参加。
理学整体学会 研修生として参加
H12.9/酒井健康院 内弟子となる。
H22.9/日本理学整体学会 助講師就任。
H22.11/酒井健康院副院長 就任
H23.8/現在の「こめだ健康院」開業
現在も日本理学整体学会 研修会 助講師として指導。

■ 入会日 : H12.9

自分は元々“柔道整復師”として最初は東大阪市の接骨院に勤務していましたが、来院される腰痛患者を『治してる』という実感はありませんでした。

本来ならば、施術する側が患者の体の状態を把握し適宜対応できれば良いのですが、治すべき“基準”もなく患者が施術後「今日は楽になった」と言っても術者の側からすれば客観的にどう変わって良くなったのか判断できず、患者の側が“感想”でしか状態を知り得ない事が常々おかしいと思い又、何を基準に治せば良いのかさえ分からなかったのです。

実際、患者は自分の主観で『症状』を訴えますが、それが何由来なのか、或いは“ヘルニア”や“狭窄症”といった画像上の異常が症状の由来であったとしても寝ている時は症状が消失するなど、理屈に合わない事が多く、またそれを勉強してもわからない事だらけでした。

その状態は整形外科のリハビリ室に在籍してからも続き数多くのMRI画像やレントゲン画像を診て症状が画像上の異常と必ず一致する訳ではない事を確認するに至る一方で余計に何を基準に施術すれば良いのかわからなくなりました。

そんな中、酒井会長が出版した本を読み理論に納得し研修会に行って、あるヘルニアの患者が、SLRテスト(ラセーグテスト)で最初、足が30°位までしか挙がらなかったのが酒井会長が肩と脇付近を触っただけでアッサリと90°近くまだ挙がり、それを見て今まで整形外科のリハビリ室で股関節のROM(関節可動域)を改善するためにAKA(仙腸関節のモビクゼーション)やハムストリングのストレッチをしていたのは何だったのかと思う反面、これが『正しい治療なんだ』と確信しました。

キチンと治す為には、行為に対する確固たる「理論」と「客観性」が必要で、それが無ければ「検証」することも出来ません。
そういう医療体制が一般的になる様『理学整体』を通じて世の中の意識を変えて行ければ良いなと思います。

[ H25.10 ]

Posted at 2013年11月14日 18時20分57秒  /  コメント( 0 )

安田 賢司



やすだ健康院 院長
〒654-0021 兵庫県神戸市須磨区平田町2丁目3-9 パルプラザ新板宿ビル601
TEL : 078-737-0778
http://yasuda-kenkouin.jp

【 プロフィール 】
S51.12.31生
関西学院大学卒業
兵庫鍼灸専門学校卒業・関西メディカルスポーツ学院卒業
H12.1.23/理学整体学会 研修生として参加
H15.9/理学整体学会 「認可生」取得
H23.9.1/助講師に任命 現在に至る

理学整体に出会ったのは、大学生の時でした。
阪神淡路大震災の時に痛めた腰痛が理学整体によってよくなったのです。
半年後には私の母が「OPEをしなさい」と整形外科医に言われ座薬も効かない激しい痛みに悩まされていました。
そんな状態でも理学整体によって痛みが治まったのです。
私の身体と私の母の身体も理学整体によって救われたのです。
そして、理学整体の道を進むことを決意したのです。

理学整体の施術は見ためは簡単そうにみえるのですが、実は非常に奥が深いのです。
簡単そうにみえるが、効果はすごいということは、その簡単そうな操作の中にいくつもの注意すべき点があるのです。
まさに「匠の技」です。
理学整体を学んで13年が経ちますが、まだまだ学ぶことはたくさんあります。
これからも成長できることが楽しみであります。

他の手技療法は1週間や1カ月程で免許皆伝するところが多いです。
人の体はそんなに容易く学んだだけで治すことは出来ません。
理学整体学めば学ぶ程、奥深さを知り、むずかしい手技ではありますが習得していけば私や私の母といった、どこへ行っても治らないような患者さんを救えることができる技なのです。

これからも神の手と言われた酒井先生に少しでも近づけるよう精進し、困っている患者さんの救いになれる先生になりたいと思っています。

[ 平成25年9月16日 ]

Posted at 2013年11月14日 18時14分44秒  /  コメント( 0 )