メインメニュー
2012-07-06

乞巧奠(きっこうでん)

乞巧奠(きっこうでん)とは
中国では3〜6世紀頃から7月7日に乞巧奠という行事がおこなわれていました。
織物や裁縫が上手になるように、明の時代になると書が上達するように
星に祈る行事で、五色の布を笹竹の間に渡して、
その前に五色の糸を通した針や糸巻などを飾りました。
五色の布が五色の短冊になりました。
江戸時代に七夕が年中行事のひとつと定められると、
寺子屋などで手習いの上達を願う行事として広まりました  
                          (葩通信)
          

Posted at 2012年07月06日 11時42分48秒  /  コメント( 0 )