メインメニュー

仲秋の名月

十五夜 今年は9月30日
旧暦8月はとりわけ月が美しく見える月です。
日本では醍醐天皇の時代909年8月15日に初めて宮中で月見の宴が催されました。
江戸時代には庶民の間に普及し、ススキやおだんごを供えてお月見をしました。
月の満ち欠けで月日を知り、農耕作業の目安としていた時代には豊作を祈って秋の収穫物、
とくに里芋を供えていたことから、芋名月とも呼ばれます。
ススキは稲の穂、おだんごは里芋にあたります
                      葩通信

Posted at 2012年09月27日 13時47分25秒

 
この記事へのコメント



モンクレール エヴァー

今日は〜^^またブログ覗かせていただきました。よろしくお願いします。
Posted by モンクレール エヴァー at 2012/10/15 13:29:39

コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*