メインメニュー

端午の節句 その2

菖蒲
菖蒲は邪気を払ったり疫病を除いたり、
へびや虫の毒を避けるのに効果があるとされ
古くから用いられた植物です。
端午には野山に出て菖蒲やよもぎを摘み、
乾燥させて座敷や軒先に薬玉(くすだま)にしてつるし
一年分の薬としました。
殺菌作用や血行がよくなるといわれ
今日でも菖蒲湯をたてる家もあります
                   葩通信

Posted at 2012年04月26日 13時44分28秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*