メインメニュー

ひなまつり その3

ひなまつりは女の子の健やかな成長と幸せを願って
ひな人形を飾り、菱餅や桃の花を供えて白酒で祝う行事です
江戸時代初期の人形は紙製でしたが、人形の製作技術が向上して
元禄の頃には布製の公家の正装をして座った人形が登場しました
これは内裏雛、御所雛と呼ばれ、ひな人形という名称は
この頃つけられました。
ちなみに最初に座り雛を作ったのは 東福門院和子で
後に天皇となった娘の為だったといわれています

(葩通信)

Posted at 2012年02月29日 13時14分39秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*