英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー
学習法

今日から英検1級

今日から英検一級

○リスニング編

1級のリスニングには4つのパートがあります。

二つ目のパートでは、まとまった長文が読まれて、その後、質問が二つ流れます。

内容が、割と科学的な論文で合ったりします。

たとえば、最新の問題では、こんなものが出ました。

気象変動とマスコミ、というテーマです。

まず、アメリカのマスコミでは、客観的な報道が求められる。

したがって、アメリカのジャーナリストたちは、自分の意見を抑えて、事実を客観的に述べようとする。

ある問題に二つの解釈がある場合には、双方の解釈に対して同じように時間をかけようとする。

ここで一つの弊害が生じる。

気象変動に関しては、98%の科学者の間では、人間に責任がある、という結論が共有されている。

ところが、のこりの数パーセントの意見も、対等の時間をかけて報じる。

そこで、アメリカ人の多くの人は、異常気象について、人類に責任がある、という考え方が、多くの科学者の間で認められていることについて、知らない人が多い。

と、論旨がそこまで進んだところで、

だから、マスコミは、もっと現実を反映した報道の仕方をすべきだ。

という結論に落とし込んでいくわけです。

そして、これに関する2つの質問。

アメリカ人の多くが持っている、異常気象に対する考え方は?

そして、マスコミとしてはどのように対応すべきか?

選択肢の問題なので、取りつきやすいとはいえ、これだけの内容の英文を、きっちり聞いて、性格に回答するのは、なかなか難しいものがあります。

このレベルの英文を聞き慣れる必要があります。

おそらく、一番、よい教材は、1級のリスニング問題です。

ですから、同じ教材でも何度も聞いて、意味を頭の中で整理する必要があります。

できるだけ、頭の中で訳をするのではなく、そのまま、英文を聞いて、理解していくことが大切です。

Posted at 2018年09月14日 18時29分45秒  /  コメント( 0 )

今日から英検1級

今日から英検1級

○リスニング編

基本的なやり方としては、ボキャブラリーとおなじです。

まず、実際の状況に近い中で、問題を解いてみます。

問題は4種類あります。

パート1は、おなじみの英会話を聞いて、質問に答える形式です。

ここでは、注意点は二つ。

ひとつは、イディオムを理解すること。

英会話の解答のポイントになるのが、状況にふさわしいイディオムです。

このイディオムの意味がわかるかどうかで、正解に到達できるかどうかが決まります。

もちろん、問題の最後に出てくることもありますが、問題文の途中に出てきたものが、最後に影響を及ぼす場合もあります。

おそらく、それ以外の流れを追うことで、直接イディオムの意味が取れなくても推察できることはあります。

ですから、繰り返し問題文を聞いて、聞き慣れて、このレベルの文は、全て性格に聞き取る耳を作らなくてはなりません。

そのためには、一文一文、ディクテーション、つまり、聞いて書き取る練習が必要です。

ディクテーション。

これが二つ目のポイントになります。

数ある問題で、全文を書き取ることは、無駄な努力のように思われるかもしれません。

何となく、聞いてわかればいいでしょ、という感じに流されがちです。

でも、ここでみっちり聞く練習をしておくと、パート2以降の問題を解いていくときに、とても役に立ちます。

というわけで、パート1では、まず、イディオムのストックを増やして、それを確かに聞き取る技術を磨くことが大切です。

Posted at 2018年09月13日 18時29分29秒  /  コメント( 0 )

questions

questions

21. custom; what a group of people have always done (tr )

22. one of the hard, white things in the mouth, which bites and chew (to )

23. the part inside the mouth that moves when you talk, eat, lick, etc. (to )

24. shot, thick finger on the inside of the hand. (th )

25. small piece of card or paper that shows you have paid to travel on a train, bus, etc. or go to a cinema or theater (ti )

26. game for two or four players, with rackets and balls (te )

27. car, with a driver, that you can hire for short journeys (t )

28. instrument that you hold to talk to and listen to someone in another place (te )

29. very long, sharp knife for fighting (s )

21. (tradition) = 伝統
22. (tooth) = 歯
23. (tongue) = 舌
24. (thumb) = 親指
25. (ticket) = 切符
26. (tennis) = テニス
27. (taxi) = タクシー
28. (telephone) = 電話
29. (sword)= 剣

Posted at 2018年09月08日 18時01分40秒  /  コメント( 0 )

questions

questions

おなじみ英英辞典のクイズです。

Questions

1.big, wild animal like a horse with stripes. (z )

2. musical instrument that you hit with small wooden hammers. (xy )

3. wild animal like a big dog, which hunts and kill other animals. (w )

4. woman who uses magic to do bad things. (w )

5. building with sails that the wind blows round so that the machinery inside will grind flour, etc. (win )

6. opening, usually covered with glass, in a wall (wi )

7. with the color of snow or milk/ with a skin that is not black or brown (wh )

8. the biggest sea-animal (wh )

9. man who brings food to a table in a restaurant, etc. (wa )

10. dance for a man and woman together (wa )

1. (zebra)= シマウマ
2. (xylophone)木琴
3. (wolf)=オオカミ
4. (witch) = 魔女
5. (windmill) = 風車
6. (window) = 窓
7. (white) 白
8. (whale) = クジラ
9. (waiter) = ウェイター
10. (waltz) = ワルツ

Posted at 2018年09月06日 17時55分22秒  /  コメント( 0 )

9月24日の準1級セミナー

9月24日 英検準1級セミナーのご案内

2018年10月7日に予定されている英検に備えて、エブリ・イングリッシュ・サービスでは、9月24日に直前セミナーを実施します。毎年、合格者を輩出しているエブリのセミナーにぜひご参加ください。定員は、それぞれのレッスンごとに3名まで。お早くお申し込みください。

9月24日(月曜・祝日)
午前10時―12時 価格7560円(税込)

内容:準1級レベルの長文を読み、単語の学習をします。そのあと、長文の内容に即したスピーチを作成する練習です。教材、単語テストは過去問題ではありません。
パート1のボキャブラリー、パート3の長文読解、そしてパート4のテーマ英作文に沿った学習となっています。


お問い合わせ、お申し込みは、エブリ・イングリッシュ・サービス(tel: 052-934-1030, ホームページ http://www.every-es.jp/ まで。定員になり次第、締め切ります。

Posted at 2018年09月04日 11時12分28秒  /  コメント( 0 )

9月24日の1級セミナー

9月24日英検1級セミナーのご案内

2018年10月7日に予定されている英検に備えて、エブリ・イングリッシュ・サービスでは、9月24日に直前セミナーを実施します。毎年、合格者を輩出しているエブリのセミナーにぜひご参加ください。定員は、それぞれのレッスンごとに3名まで。お早くお申し込みください。

9月24日(月曜・祝日)
仝畍1時―3時 価格8640円(税込)
午後5時―7時 価格8640円(税込)
内容:1級レベルの長文を読み、単語の学習をします。そのあと、長文の内容に即したスピーチを作成する練習です。
パート1のボキャブラリー、パート3の長文読解、そしてパート4のテーマ英作文に沿った学習となっています。
 ↓△呂修譴召譟∧未瞭睛討任后

お問い合わせ、お申し込みは、エブリ・イングリッシュ・サービス(tel: 052-934-1030, ホームページ http://www.every-es.jp/ まで。定員になり次第、締め切ります。

Posted at 2018年09月04日 11時10分39秒  /  コメント( 0 )

健康食品ブーム

健康食品ブーム

Recently, people have been more and more concerned about healthy eating.

最近、わたしたちは、健康的な食事について、ますます心がけるようになっています。

In fact, the number of organic foods on sale is steadily growing.

実際、販売されている有機食材の数は着実に増加しています。

Some farmers are producing fruits and vegetables without using chemicals.

農家の中には、化学肥料などを使わずに、果実や野菜を生産している人たちもいる。

Food suppliers as well try to offer many kinds of organic products.

また販売業者も、より多くの有機食材を提供しようとしている。

But it is hard to prove that farming chemicals have harmful effects.

しかし、化学肥料が有害であると証明することは難しい。

The governments and scientists examined these pesticides and chemicals carefully and finally decided to allow farmers to use them.

政府も科学者たちも、こうした化学肥料や殺虫剤を注意深く検査して、使用許可を出しているはずだ。

With pesticides and herbicides, farmers can save significant amount of labor.

殺虫剤や除草剤により、農家の人たちは、労力をかなり減らすことができる。

The less labor they need, the more inexpensive their products will be.

労力が少なく済めば、作物の価格も安くできる。

以上の文は、英検の準2級の「文で覚える英単語」のテキストを参考にして書いてみたものです。

Posted at 2018年08月27日 09時46分36秒  /  コメント( 0 )

英語で表現してみよう!

英語で表現してみよう!

I like reading detective stories.

This is one of the mystery stories I have ever read.

One day, a man was killed. His name was begun with A.

Then the next day, a woman was killed. Her name was begun with B.

People began to be aware of this murderer, call him "ABC murder."

Some expected that the next victim would be Mr. or Miss or Mrs. C.

They were right.

A man whose name began with C was killed.

Then, another man was killed but his name was not D...

The murderer made a mistake?

Not at all.

It was his trick.

このような感じで、ご自分の読まれた小説や、ドラマを、自由に英語で書いて(言って)みます。

間違いは気にしない。

誰も読んでいないですから。

ここでは、ネタバレになってしまうといけないので、終わりまで書いていません。

でも、個人的に書いているのであれば、犯人の立場に立って書いてもいいですし、探偵の立場で書いてみてもいい。

言いにくい表現があれば、事件の起きた場所を変えてみたりするのも、あり、です。

こんな風に書いてみると、英語で表現するのも案外面白くなったりします。

Posted at 2018年07月22日 20時08分22秒  /  コメント( 0 )

是か非か;Gay Marriage

是か非か;Gay Marriage

Pros and Cons という本があります。

わたしたちには苦手な、ディベートを行うためのエッセイ集で、こうしたトピックひとつひとつに賛成論と否定論がのせてあります。

英検1級対策講座の一環として、とりあげました。

参考までに、英語で書いた、主張を取り上げてみます。

Gay Marriage should be legalized.

I believe gay marriage should be legalized for the following reasons.

First, our constitution guarantees equal rights of individual citizens.

Each of us should be treated equally regardless of religion, political thoughts and attitude.

It means that even if one of us has some unique inclination of sex, we should not be discriminated.

Gay marriage is a unique inclination.

Second, ;the aim of marriage is not only reproduction but other family values.

Homosexual marriage means having no children.

Nobody, however, has the right to criticize homosexual couple because of this.

I strongly claim that homosexual marriage should be legalized for the reasons mentioned above.

大変大雑把なものですが、こうした形で、自分の立場を主張することができるようにする、というものです。

Posted at 2018年07月19日 18時59分14秒  /  コメント( 0 )

単語クイズ(a ではじまる8単語)

英語クイズ

A ではじまる8単語。

英英辞典の a の項目から、8つ単語を選んで、定義を書きました。

ヒントとして、a とその次の文字を入れてあります。

挑戦してみてください

1. (ab.....) = a main part of the body in animals, between the chest and legs.

2. (ab.......) = a member of a group, tribe, etc.that has lived in a place from the earliest times, especially in Australia

3. (ab....) = to or in another country.
ex. He lived (ab....) for many years.

4. (ac......) = something, especially, something unpleasant, undesirable, or damaging, that happens unexpectedly or by chance.

ex. I had an (ac......) in the kitchen and broke all the glasses.

5. (ad......) = dependent on; unable to stop having, taking etc.
ex. The children are (ad......) to television.

6. (ad......) = to speak in favor of ; support
ex. The opposition party (ad......s) an immediate reduction in transport costs.

7. (al...) = a foreigner who has not become a citizen of the country where he is living.

8. (al....) = a condition of being unusually sensitive to something eaten, breathed in,
or touched, ina way that causes pain or suffering.

Posted at 2018年07月18日 09時07分16秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  4  5  6  7  8  9  | 次へ