英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー
英作文

英検1級の英作文(クローン)

昨年末のセミナーでは、「死刑廃止」の作文を書いていただいて、2016年3回の英検1級で、同じ問題が出ました。

そんな快挙は続かないとは思いますが、今回はクローンを取り上げてみました。

英検1級の文単に、Generating New Organs and Body Parts という、再生医療のエッセイが載っています。

趣旨としては、米軍と大学、バイオテクノロジー企業が協力して、さまざまな体の臓器や身体部位を創り出すのに成功している、という内容。

切断手術を受けた人、事故などで手足を失った人、麻痺などに悩む人、こうした方たちにとっては福音である、という論調で、再生医学をたたえる、というもの。

そこで、今回は、反対論で書いてみました。

I don't think we should work further in the field of regenerative medicine for the following three reasons; ethics, the gap between the rich and the poor, and military use.

For one thing, the matter of regenerative medicine is closely related with ethical problems, because it controls longevity and clone humans.

This enables us to make organs to replace problematic ones.

It means that the one with new organs can live longer.

And some want to have "stocks" of organs, which means cloned human.

We have to think about this matter ethically.

臓器移植で利用することは、自分の臓器のストックを作っておきたい、という人たちを生み出すだろう。ストックとは、つまりクローン人間だ。

Secondly, the cost of creating organs is high. Only the rich can make use of it and live longer. The gap between the haves and the have-nots will get bigger.

臓器を作るだめには費用がかかり、裕福な人だけがその利益を受けることができる。したがって、貧富の格差は拡大する。

Finally, we have to think about alternative use. For instance, cloned humans can be used as solders. When a nation developed a skill of clone technology, the country can make a lot of copy humans, then it will send the solders to the battlefield. In this way, that rogue nations can invade other countries.

また、クローン人間は兵士などに応用がきく。たくさん作って、戦場に送り出せば、効率的に他国を侵略できる。

As we mentioned above, I strongly feel that development of regenerative medicine is risky. I conclude that we should think twice before going further.

リスクが多いので、クローン人間の研究を進める前に考え直すべきだ。

このような形で、1級の作文の構成について考えてみました。

セミナー、コースのお問い合わせは→エブリ・イングリッシュ・サービスtel 052-934-1030 まで!

Posted at 2017年03月28日 15時10分38秒  /  コメント( 0 )

人はスマホ中毒になってしまうのか?

Do People Get Hooked on Smartphones?

Psychologists debate how to treat a new type of "addiction"

In a commuter train, you see around and find most of the passengers using smartphones.

Some play games, others read the latest news.

Or maybe some e-mail with their friends.

Even during working hours, some workers can hardly be apart from their smartphones.

Young mothers do not look at their babies but look at the bright screen of the phones.

Like their mothers and fathers, brothers and sisters, students too concentrate on the small screen.

Why do otherwise normal men and women do such a thing?

Their desire to look at the screen sometimes destroy their family ties, friendship, and relationship on business.

Are they addicted to smartphones?

The notion that people suffer from smartphone addiction has become one of the most hotly debated matters in psychology.

In fact, in South Korea, young people drafted cannot endure the training without their smartphones.

They have to wear a helmet-like hat covering their whole head above their necks to prevent them from communicating with smartphones.

Still, it takes more than a month to rehabilitate the youth.

Maybe, most of youngsters cannot survive without the gadget.

Smartphones are useful.

We still keep in mind that its usefulness is together with addiction.

Nobody knows what happens to us in the future.

Interestingly, many students will say, "I will be happy with my smartphone even I have to go to and stay in a no-man's island alone."

Don't forget, kids! Who are you going to talk with while you are in an isolated, remote island?

これは、以前のタイムの記事を参考にして、少し似たような文を使って書いてみました。

→こんな形で、英作文に取り組むと、オリジナルなものを書くより楽に、英文を組み立てることができます。こうした挑戦も、名古屋英語クラブでは実施しています。ご興味をお持ちの方は、ぜひご参加ください。

Posted at 2017年01月10日 23時01分45秒  /  コメント( 0 )

検閲否定論

あわせて、否定の立場に立つ論を掲載します。

(Introduction)
Under any political form, censorship is wrong in principle. However harmful, violently, and sexually, we should not take the freedom of expression.
For this principle, I would like to claim against censorship in any form.

(The first reason)
Advocates of censorship often point out the link between sex, violence and crime on screen and real life.
I would like to point out the fact that only those who originally have tendencies to violence will enjoy watching excessive violent movies or reading that kind of books.
Each individual's taste and personality is formed first.

(The second reason)
No evidence has proved that the relation between playing violent games and being violent in real life. What people see, enjoy does not turn out to be their reality. Many people accept that two-hour mystery dramas are healthy stress release for citizens.

(The third reason)
The fact is that censorship does not change the number of people who use pornography. It is not pornographic films, DVDs, and pictures that turn people into criminals but not well-balanced people's minds. Domestic violence, unstable family condition, and poverty will be the cause of crimes.

(Conclusion)
The laws dealing with self-control and self-regulation will keep the society safer and stable. State censorship is not the expected way.

(序論)
いかなる政治形態であっても、検閲は認められない。 たとえ、暴力的であれ、性的であれ、わたしたちは他の人の表現の自由に干渉すべきではない。したがって、国家による検閲には反対する。

(第1の理由)
検閲に賛成する人たちは、見たものの影響が行動に及びとしている。しかし、ポルノを買うのは、もともとそうしたものを愛好する人たちであり、暴力的な映画など好むのは、もともとそうした傾向を持っている人たちだ。検閲によって、そうした人たちの好みが変わることはない。

(第2の理由)
暴力シーンの多いゲームをしていることと、暴力を好む人間になることとの間の関連を実証する証拠はない。むしろ、犯罪を扱うことの多い2時間ドラマが、視聴者にとってはストレス解消になっているのは、多くの人が認めるところだ。

(第3の理由)
性犯罪や暴力を生み出すのは、メディアではなく、個人の嗜好である。むしろ家庭内暴力や、貧困、不安定な家族関係が生み出すのだ。

(結論)
自己コントロールや、自制心をもつことが犯罪などが起こらない社会を作る。大切なのは、検閲ではなく、きちんとした生活を自重して送ることだ。

ここでの意見は、英作文の練習として書かれたもので、個人の考え方にかかわるものではありません。

→自分の意見をはっきり、明確な英語で述べられるようになることに興味のある皆さん。ぜひ、エブリ・イングリッシュ・サービスのレッスンにご参加ください。

Posted at 2016年12月30日 09時33分18秒  /  コメント( 0 )

検閲肯定論

セミナーで実施させていただいたトピックで、最後のものがCensorship つまり「検閲」です。

例によって、教材リスニング、文章教材の解釈のあと、ディスカッションをして、最後にスピーチでまとめていただきました。

Censorship is necessary

(Introduction)
In democratic nations, censorship is wrong in principle. However, there are cases we can permit censorship to protect innocent children. I would like to discuss this matter because of the following three reasons.

(The first reason)
Freedom of speech is never an absolute right. It is right unless it causes harm to others.
We often see young children playing games where people are killed just for fun. For kids, I think they are harmful. The government should decide which is good and which is not.

(The second reason)
Children below a certain age should not be exposed to inappropriate scenes of sex, violence or crimes. Pornographic magazines, for instance, should not be available to kids under 18.

(The third reason)
Also, we need censorship in the case of excessive pornography, violence scenes, and brutal crime scenes as well. The government should have a duty that citizens should be protected from the seedy, unhealthy and disturbing attitudes to women.

(Conclusion)
The government's censorship is needed to protect innocent children, ordinary citizens, and sensitive generations. These types of censorship are acceptable and necessary.

検閲は必要である。

(序論)
民主主義国家において、原則としては検閲は禁止されるべきである。しかし、無垢な子供たちを対象とする場合には、必要とされる場合がある。

(第1の理由)
言論の自由は絶対的に認められるべきではない。他人に対して害を及ぼさない範囲でのみ認められる。
わたしたちは、人間が楽しみのために殺害されるようなゲームを、 年少者が行っているのを見かける。政府はそんなゲームは検閲すべきだ。

(第2の理由)
ある年齢に達するまで、児童(少年)は、ふさわしくない内容の出版物や、メディアに接するべきではない。ポルノ雑誌なども、そうした少年には手に入らないように規制すべきだ。

(第3の理由)
過剰なセックス、暴力、犯罪場面なども規制すべきだ。女性に対する、害悪の多い、過剰な性的描写なども検閲されるべきだ。

(結論)
政府による検閲は、いたいけな子供や、良識ある市民、影響を受けやすい世代の人たちを守るために存在すべきだ。

以上は、英語作文技術の向上のためのもので、個人の考え方を反映したものではありません。

→このような、タイムリーな話題についての記事を読み、ディスカッションを行い、最終的にスピーチまたは英作文を実施するクラスを企画しています。ご興味をお持ちの方は、エブリまでご連絡ください。

Posted at 2016年12月30日 09時08分06秒  /  コメント( 0 )

検閲肯定論

セミナーで実施させていただいたトピックで、最後のものがCensorship つまり「検閲」です。

例によって、教材リスニング、文章教材の解釈のあと、ディスカッションをして、最後にスピーチでまとめていただきました。

Censorship is necessary

(Introduction)
In democratic nations, censorship is wrong in principle. However, there are cases we can permit censorship to protect innocent children. I would like to discuss this matter because of the following three reasons.

(The first reason)
Freedom of speech is never an absolute right. It is right unless it causes harm to others.
We often see young children playing games where people are killed just for fun. For kids, I think they are harmful. The government should decide which is good and which is not.

(The second reason)
Children below a certain age should not be exposed to inappropriate scenes of sex, violence or crimes. Pornographic magazines, for instance, should not be available to kids under 18.

(The third reason)
Also, we need censorship in the case of excessive pornography, violence scenes, and brutal crime scenes as well. The government should have a duty that citizens should be protected from the seedy, unhealthy and disturbing attitudes to women.

(Conclusion)
The government's censorship is needed to protect innocent children, ordinary citizens, and sensitive generations. These types of censorship are acceptable and necessary.

検閲は必要である。

(序論)
民主主義国家において、原則としては検閲は禁止されるべきである。しかし、無垢な子供たちを対象とする場合には、必要とされる場合がある。

(第1の理由)
言論の自由は絶対的に認められるべきではない。他人に対して害を及ぼさない範囲でのみ認められる。
わたしたちは、人間が楽しみのために殺害されるようなゲームを、 年少者が行っているのを見かける。政府はそんなゲームは検閲すべきだ。

(第2の理由)
ある年齢に達するまで、児童(少年)は、ふさわしくない内容の出版物や、メディアに接するべきではない。ポルノ雑誌なども、そうした少年には手に入らないように規制すべきだ。

(第3の理由)
過剰なセックス、暴力、犯罪場面なども規制すべきだ。女性に対する、害悪の多い、過剰な性的描写なども検閲されるべきだ。

(結論)
政府による検閲は、いたいけな子供や、良識ある市民、影響を受けやすい世代の人たちを守るために存在すべきだ。

以上は、英語作文技術の向上のためのもので、個人の考え方を反映したものではありません。

→このような、タイムリーな話題についての記事を読み、ディスカッションを行い、最終的にスピーチまたは英作文を実施するクラスを企画しています。ご興味をお持ちの方は、エブリまでご連絡ください。

Posted at 2016年12月30日 09時08分01秒  /  コメント( 0 )

人工知能は人間にとって代わるか

この冬のセミナーの課題の英作文のご紹介をしています。

今回は「人工知能」です。

果たして、人工知能は人間にとって代わるのでしょうか?

(Introduction)
Recently, CNN reported the mechanic device called "Watson" created a trailer for a movie, a dress for supermodels, and published a cookbook.

Basically, artificial intelligence was developed to help and assist human beings. But will it take the place of them?

Well, I am rather pessimistic about our future. Yes. AI will do almost everything we are doing now.

(Reason 1)
AIs can do a lot of things for us. Taking care of handicapped people, the old, and the sick people. AI will teach, drive, plan. We can hardly find jobs.

(Reason 2)
AIs can do things quickly. Calculation, making things, playing chess. AIs outperform almost everything under the sun. Many people will lose their jobs.

(Reason 3)
AIs can do many things at the same time. Drivers would have accidents if they were playing Pokemon Go while driving. On the contrary, AIs can easily control these two things or more.

(Conclusion)
For the reasons I mentioned above, I am rather pessimistic about our future. Rich people use AIs while poor people will have difficulty finding jobs. Still I think AIs will take the place of human beings simply because they are safer, more speedy, and accurate.

(序論)
ワトソンという人工知能が映画の予告編を作り、ドレスをデザインし、本を書きました。
人工知能は、人間を助けるために作られましたが、実際には、人間より優れているので、近い将来、人間にとって代わるでしょう。

(理由1)
AIは多くのことができます。人は仕事を失うでしょう。

(理由2)
AIは、多くのことを素早くできます。人間はかないません。

(理由3)
AIは、同時に多くのことができます。人間であれば、ポケモンGOをしながら運転すれば、事故を起こしてしまうでしょう。

(結論)
将来については悲観的にならざるをえません。財産のある人はAIを利用し、貧しい人は職を失ってしまうでしょう。

(以上の作文は、作文執筆の練習として書かれたもので、個人の意見や考え方を反映したものではありません)

→ぜひ、こんなクラスにチャレンジしてみませんか?ご連絡はメールまたは電話(052−934−1030)まで!

Posted at 2016年12月29日 09時07分59秒  /  コメント( 0 )

死刑反対論

死刑賛成論に続き、反対論をご紹介します。

(Introduction)
What is the purpose of punishment? To teach and retrain a criminal not to commit crimes again. It means the punishment is not killing but rehabilitation.


(The First Reason)
The government strictly forbidden murder by individual. It is illogical for the state to kill person.

(The Second Reason)
The real victim is not criminal but workers in prison. In fact, they will kill the criminal. They have to endure the bitterness and pain of killing a person.

(The Third Reason)
Human makes mistakes. DNA examinations have revealed that innocent people had been sent to gallows. Once a person supported to have committed a crime was executed, there is nothing we can do for him.

(Conclusion)
We should do away with capital punishment. Instead, we should introduce a lifelong imprisonment.

(要約)
刑の目的は殺害ではなく、更生である。

殺人を法律で禁じている国家が、個人を殺害するのは論理的ではない。

本当の被害者は、死刑を執行させられる刑務所の職員だ。望んでもいない、人殺し体験を強制される。

人間は間違いを犯す。DNA検査でも、今までに無実の人が処刑台に送られてしまったことを示している。処刑されてしまったら、私たちには、冤罪を受けた人に対して何もすることができない。

結論として、死刑は廃止すべきである。

(英語の作文の練習として実施したもので、個人の考え、意見とは全く関係ありません)

Posted at 2016年12月28日 09時16分49秒  /  コメント( 0 )

死刑賛成論

今回、実施させていただいている英検対策セミナーで、取り上げたテーマの一つが死刑制度肯定・否定論でした。

まず、基本的な、肯定、否定の立場に立つ文章に目を通していただいて、英語で要約、次は、同じテーマによるリスニング。

そのあと、英語でのディスカッションをしたうえで、今まで見てきた内容、表現を生かしつつ、英文を書いていただく、というレッスンです。

賛成論では、こうした作文になりました。

Capital Punishment is necessary

(Introduction)
In a democracy and any other systems, the government should punish those who committed some wrongdoings.

Especially, killing or murder is the most terrible crime.

Therefore, the government should decide how to punish these people.

The basic idea of Capital Punishment is: Those who take life from others, they should compensate it with their own lives.

(The First Reason)
Capital Punishment prevent criminals from committing crime again, because they are no longer alive.

(The Second Reason)
Capital Punishment is financially solid, because the cost is limited and the government has to pay just once and all.

(The Final Reason)
Capital Punishment fulfills the emptiness of victimized people. The government cannot permit revenge by individuals. Instead, the government itself has to something for these people.

(Conclusion)
Capital Punishment is necessary. I support this system.

(要約)
死刑は必要だ。他人の命を奪ったものは、自分の命で償うべき。

死刑は、再犯を防ぐ。犯罪者は、この世からいなくなってしまうのだから。

死刑は経済的にも安く上がる。必要な経費は一度しかかからない。

死刑は被害者親族の空虚感をうめることができる。個人の復習を認めないのであれば、政府が何らかの処置をすべき。

死刑を支持する。

(これは、英語作文能力を身に着けるための練習で、個人の思想とは全く関係ありません)

Posted at 2016年12月28日 08時59分49秒  /  コメント( 0 )

Get Wise! でよむ「英語の書き方」

Get Wise! がおもしろいです。

パラグラフの書き方で、トピックセンテンスの後、どのようなタイプの文を続けていくか、ということで、

さらに追加をする、and, next, too, also

物理的な動きを表す、above, below, around the corner

例証をあげる、for example, specifically

比較をする、also, likewise

逆、対照を書く、but, however, on the other hand, even though

まとめるための、in summary, therefore

時をしめす、finally, first, meanwhile

原因や結果を表す、for this reason, as a result, therefore

といった表現を出して、使うように言っています。

もちろん、実際にでている参考例は、内容そのものが面白く、上記のような表現がなくても十分楽しめるものなのですが。

The first time I age a jalapeno pepper, I though my mouth would explode. I knew the pepper would be hot, but I didn't expect the heat to linger for so long. Beads of perspiration formed on my forehead, trickled down my temples, and soaked the collar of my shirt. Even though I drank three glasses of water, it took a good five minutes before I was able to cool down. Despite the discomfort I experienced from that first pepper, I couldn't help but eat a second.

という具合で、多少わからない語があっても、躍動感があるので、一気に読めてしまいます。

私たちの書く文章は、意外性があまりなく、例も、どちらかというと、説明的なので、読んでいてエキサイティングではないですね。

やさしく、ぴったりの動詞を使って、読んでいるうちにわくわくしてしまうような、文を書けるようになりたいものです。

→冬のセミナーのお知らせ!
 2016年12月26日より、英文でテーマのある文を読み、ディスカッションして、さらに同一テーマでのエッセイを書く形式の、準1級、1級対策セミナーを開催します。
 やさしい語を使い、生き生きとしたエッセイの書き方を指導します。
 ぜひ、ご参加ください。

Posted at 2016年12月05日 21時14分53秒  /  コメント( 0 )

Get Wise! でよむ「英語の書き方」

Get Wise! がおもしろいです。

パラグラフの書き方で、トピックセンテンスの後、どのようなタイプの文を続けていくか、ということで、

さらに追加をする、and, next, too, also

物理的な動きを表す、above, below, around the corner

例証をあげる、for example, specifically

比較をする、also, likewise

逆、対照を書く、but, however, on the other hand, even though

まとめるための、in summary, therefore

時をしめす、finally, first, meanwhile

原因や結果を表す、for this reason, as a result, therefore

といった表現を出して、使うように言っています。

もちろん、実際にでている参考例は、内容そのものが面白く、上記のような表現がなくても十分楽しめるものなのですが。

The first time I age a jalapeno pepper, I though my mouth would explode. I knew the pepper would be hot, but I didn't expect the heat to linger for so long. Beads of perspiration formed on my forehead, trickled down my temples, and soaked the collar of my shirt. Even though I drank three glasses of water, it took a good five minutes before I was able to cool down. Despite the discomfort I experienced from that first pepper, I couldn't help but eat a second.

という具合で、多少わからない語があっても、躍動感があるので、一気に読めてしまいます。

私たちの書く文章は、意外性があまりなく、例も、どちらかというと、説明的なので、読んでいてエキサイティングではないですね。

やさしく、ぴったりの動詞を使って、読んでいるうちにわくわくしてしまうような、文を書けるようになりたいものです。

→冬のセミナーのお知らせ!
 2016年12月26日より、英文でテーマのある文を読み、ディスカッションして、さらに同一テーマでのエッセイを書く形式の、準1級、1級対策セミナーを開催します。
 やさしい語を使い、生き生きとしたエッセイの書き方を指導します。
 ぜひ、ご参加ください。

Posted at 2016年12月05日 21時14分50秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  4  | 次へ