英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー
英作文

Get Wise! でよむ「英語の書き方」

英語で書かれた「英語の書き方」Get Wise! を読んでいくシリーズの3回目です。

第3章でようやくパラグラフが登場します。

ガイドラインとして示されているものを上げておきます。

Always start a new paragraph when it's time to discuss a new idea.
(新しい考えを論じるときには、新しいパラグラフを始める)

Break up a long paragraph into two or more smaller paragraphs.
(長い段落は、いくつかの段落に分ける)

Combine paragraphs of closely related ideas when they are too short to stand on their own.
(段落が短すぎる場合には、関連のある考えの段落を合わせる)

Keep all paragraphs about the same length. Otherwise, your reader might subconsciously believe a longer paragraph is more important simply because of its length.
(すべての段落は同じくらいの長さにする。そうでないと、読み手は、長い段落がほかのものより長いから重要なのだと考えてしまう]

というわけで、英文を書くときの一番のポイント、段落の書き方が示されます。

英語での作文の本では、このパラグラフから始めている本もあるくらいですから、英語による作文では、パラグラフが絶対に欠かせない要素であることが分かります。

そして、そのパラグラフの中でも、最も重要な文、つまりトピックセンテンスについて、このように書かれています。

A topic sentence needs to do one important thing; Catch the reader's attention.
(トピックセンテンスは、ある重要な仕事を担っている。読者の関心を引く、という仕事を)

そこで、悪いトピックセンテンスの例が出されています。

This paragraph examines a vegetable.

では、Chiの書いた、よりよいトピックセンテンス。

The most intense vegetable I've ever eaten is a jalapeno pepper.
(今まで食べたうちで一番刺激的な食べ物はjalapeno pepper)

このjalapeno pepper がどんなものなのかはわかりませんが、少なくとも、興味は感じます。

さらに続けて、
The other day, I ate an intense vegetable.
があまり、おもしろいトピックセンテンスではない、と説明します。

もう一つ、How intense is a jalapeno pepper?

これだと、この後、書き手は、jalapeno pepper の説明をしていくことになります。

そしてさらに、サポーティングセンテンス、つまり、後に続く文章の書き方を指導してくれます。

ただ、ある程度、読み手の関心を引くようなトピックセンテンスで始めれば、どのようにintenseだったのか、説明していけば、おもしろいパラグラフになりそうです。

Posted at 2016年11月30日 21時33分07秒  /  コメント( 0 )

Get Wise! でよむ「英語の書き方」

英語で読む「英語の書き方」のつづきです。

Get Wise! Mastering Writing Skills の第2章には、何が書いてあるのでしょう。

タイトルは、Sentences that zig and zag (or how to make your words move!)

zig、zagする文、あるいは、どうやってあなたの文を生き生きさせるか。

このGet Wise!の本のおもしろさは、こうした対象の取り上げ方で、これはこの本の著者だけなのかもしれないけれど、これからどうなるのかな、という工夫が、いろいろあります。

さて、move! とはどうすることなのか。

いろんな語りかけ型のことなのです。

つまり普通に文を書けば、これは主張していることになるので、declarative。

あげてある例は、次のようなものです。

My brother is a pain in the buff. He's always trying to tag along when I go out with my friends. Once, he hid in the trunk of my car so he could go to the mall with us.

ちょっとホラーな弟さんですが、これだと、事実を淡々と述べていく感じ。

次にexclamatory。これは、上の主張文に似ているのですが、文末に感嘆符!をつけることで、もっと力強い感じが出ます。

I screamed when he popped out of the trunk! He's lucky I didn't strangle him!
(弟がトランクから出てきたときには悲鳴を上げたわ。首を絞めなかったことを感謝してほしいわ!)

さらに imperative sentence は、「命令文」

Don't blame me for not liking my brother. You'd hate him, too, if you ever met him.
(私が弟のことが大嫌いなのは無理もないでしょ。会えば、あなたも彼のことが嫌いになるわ)

interrogative sentence は疑問文。

What alternatives do I have to hating my annoying little brother? Should I just ignore him? Or should I sell him to the circus and be done with it?
(嫌う以外にどうしろっていうの?無視する?それともサーカスに売り払って忘れちゃう?)

このように、さまざまな文を使い分けることで、文章に躍動感を与えよう、というのが、2勝の考え方。

なんといっても、chi が書いた英文がたのしいですね。

私たちが英文を書くと、つい、主張するタイプの平叙文になって、おもしろ味がなくなって、すごく単調な文になってしまいます。

そんなときに、ZIG ZAG ZIG ZAG と、唱えながら、違った種類の文を使うように心がけると、生き生きした作文が書けるかもしれません。

Posted at 2016年11月29日 17時13分50秒  /  コメント( 0 )

英語で読む「文章の書き方」

私の趣味の一つは、英文で書かれた「英語関係書」を読むことです。

Get Wise! Mastering Writing Skills もそうしたことから手に取った、中学生、高校生向けの「英語の書き方」です。

若い読者の関心を引き付けるため、Chi「知」という名前の女の子を主人公に設定して、著者が、この少女に英文の書き方を説明する、というスタイルで書かれています。

おもしろいのは、この女の子、けっこうパンクな子で、すぐぶうぶう文句を言います。

これを何とか、作者の望む方向に向かわせつつ、「英語の書き方」を指導する、というのが、一番のミソといえるでしょう。

各chapterは、ほかの同系列の本とはかなり、趣をちがえています。

たとえば、1章は、Words That Stick (or How to Make Word Magnets)というタイトル。

いかに人目を引くか。

こんな例を挙げています。

There is a tree in my backyard.

これでは面白くない。

そこで、それぞれの語に「味付け」をします。

There is a weeping willow in my backyard.

こうなると、文が絵になるので、イメージがわきやすくなります。

あるいは、

Dishes covered with food were in the sink.

これだけでは、ただ汚れている、ということにすぎません。

そこで、

Plates and glasses encrusted with spaghetti sauce and milk were piled in the sink.

と書くと、生き生きした文になってくる、というわけです。

key word は Get sticky (or specific) ということで、より具体的、よりはっきりと、よりいきいきと!ということです。

こうした文章は、私たちにはなかなか書くことが難しいのですが、作者は、「知」ちゃんの書いた文を例に出すことによって、巧みに、独特の世界に引き込んでいってくれます。

この続きの章については、別の機会にお話ししましょう。

Posted at 2016年11月28日 17時24分45秒  /  コメント( 0 )

「わたしはタヌキ」はただしいか?

うどん屋に行って、「わたしはタヌキ」はあるか?

実はこれ、英作文の参考書からとったものです。

旺文社の出している、「よくわかる英作文」(水谷信子・著)の出だしの部分に、このエピソードが紹介されています。

さて、英語で「わたしはタヌキ」が通じるのか?

もちろん、状況そのものがとても限られていて、「たぬきうどん」や「きつねうどん」というものがあって、それに対して、注文する際に「わたしはたぬき」「ぼくはきつね」というわけです。

まあ、その状況で、そのセリフなら通じるだろう、という表現ですよね。

では、これを英作文ではなんというか。

まあ、「たぬきうどん」を何というかは置いておいて。

I am Tanuki. が通じるのか?

水谷先生は、当然のことながら、I will have Tanuki. なり、I eat Tanuki. なりでないと、いいたいことはつうじない、と書かれています。

たしかに、アメリカに行ってうどん屋さんへ行き、タヌキうどんを注文すること自体、英会話なり、英作文なりの状況としては考えにくいですね。

ところが、昭和47年3月に出版された、数研出版の「チャート式英作文」(鈴木進・著)では、74ページに、
(飲食店で、注文したものがテーブルに来た時)「コーラ、僕だよ」の英訳として、
I am the Coke.があげられています。

そこで、イギリス人の講師に尋ねてみたところ、
That is strange, but we use it. ということでありました。

ちょっとびっくり。

残念ながら、現在では手に入りにくいこの「チャート式英作文」ですが、あちらこちら見てみると、けっこうびっくりする表現が載っていて面白いんです。

この間から、すこしまえの英語参考書を見ているのですが、へえ、っと思わせる表現が結構あります。

"I'll show you my etchings."なんてのもあって、実は30年代〈1930年代ですよ!〉に流行った言い方で、女性を自分の寝室に連れ込む定番の表現だったらしい。

でも"I'll show you my painting."にはそういう感じはない、と書いてあります。実際にそういう表現を使って、怪しからん事をしたやつがいたのかな。

もっとも受験用の参考書に、この例文を載せるのもなんなんだろう、と思わないでもないですが。

Posted at 2016年10月18日 15時47分10秒  /  コメント( 0 )

英作文の考え方(1)

「男性が育児休暇を取るべきか」

このお題について考えてみましょう。

まず、よい点と悪い点に関して整理をしてみます。

良い点としては、育児休暇を取ることによって、奥さんの負担が軽減する事がまず挙げられるでしょう。

また、ある程度、家事の分担が徹底する、ということも言えるかもしれません。

より良い協力体制ができる。

悪い点としては、日本の伝統的価値観と対立する、ということがあげられるかもしれません

収入を得る人物、稼ぎ手がいなくなってしまうという考え方も、現状ではできるでしょう。
(産休などでは、休みは確かにありますが、収入補てんはないですよね)

社会的に家庭が取り残されてしまう。つまり、外部社会(世の中ですな)と接触する人が、家庭内に一人もいなくなる。こうなると、家庭内で、暗い雰囲気になってしまうと、それを変えることが難しくなってしまう、ということもあるかもしれない。

まあ、お題として、どちらかというとよい点を重視したものなのですけれども。

そこで、よい点について、もう少し考えてみることにします。

賛成論を出す場合には、もし、実施しないとどんな悪いことが起こるか、ということも考えておくとよいです。

したがって、ここでは、旦那さんが休暇を取らない、取れない場合にどんなデメリットが生じるかを考えてみるとよい。

最近、テレビなどのニュースをにぎわせることの多い、児童虐待。

特に、奥さんのストレスがたまって、子供にひどい扱いをしてしまうケースを考えてみると、よい論点になるかもしれません。

どうしてそんなにストレスがたまっちゃうのか。

ひとつには、子供の数か少なくなっているので、お母さんは、初心者であることが多い。子供が発熱したり、おっぱいを吐いてしまったりするだけで、おたおたしてしまったりする。

確かに重病の場合もあるけど、そうでない場合でも、すごく不安になってしまう。

こんなときに、協力してくれる人や、助言者がいたら、ありがたいと思います。

まあ、若いお父さんも未経験者だから、助言者にはなれないかもしれないけれど、すくなくとも、いろんなところへ電話したり、病院に連れていったりという協力はできます。

だから、男性が育休をとれないと、女性が精神的に参ってしまうこともあるよ、という例になる。

こんな風に考えると、英文が書きやすくなりますね。

Posted at 2016年05月18日 22時47分29秒  /  コメント( 0 )

The Media Is Useful in Our Daily Life

I strongly believe the mass media, such as newspapers as well as TV and radio programs, is essential in our daily life because of the following three reasons--advertisement, enlightenment and educational contribution.

First, advertisements provide us with significant information about our daily necessities. For instance, we are able to figure out what the recent trends are like. Recently, we have seen a lot of ads of computer games, which means people get attracted to these things.

Enlightenment is another important role the media plays in our lives. Many people have been swindled with ‘It’s me fraud.’ Since TV programs and newspapers report a variety of cases, ordinary citizens succeeded avoiding being victimized.

Finally, the media contributes a lot to school education. Especially junior high students have NIE--News in English--program, through which the youngsters learn what kind of things take place in the real world. This knowledge will make them ready to go into business world.

For these reasons mentioned above, I claim that the media is advantageous to us in many aspects.
(184 words)

Posted at 2014年04月23日 21時44分31秒  /  コメント( 0 )

Can Money Buy Happiness?

I think money can buy happiness for the following three reasons.

First, money can attract people. We often think that money attract only those who are interested about money, but that is not the case. Among them, there must be some ambitious ones, and you can be friends with them to create something new. The point is whether you can be a good judge of people or not.

Second, money can give you the best medical service. There are a lot of diseases we can cure with a lot of money. In this sense, we can say money can buy health. The longer and healthier you live, the more chances you can be happy.

Finally, with money, you will be able to get things necessary to be happy. For instance, if you love comics, you can get valuable comic books drawn by Mr. Osamu Tezuka, or other well-known comic creators. If you love vehicles, you may buy Volkswagen or other famous classic cars. Purchasing these things will make you happier.

For the reasons I mentioned above, I believe money can make you happier.
(188words)

お金で幸せが買えるか、というのは、さまざまな答えが考えられるトピックだと思います。
自由英作文に挑戦しよう、という方たちに書いていただくことの多い題材でもあります。
もちろん、実際に自分の意見がどちらであってもかまいません。
ディベートのように、それぞれの側に立って、相手を説得するつもりでディスカッションなり、トークをしたうえで、あらためて書いていただくと、より内容の深い作文になると思います。
基本としては、まず自分なりの結論を書き、そのあと、できるだけ具体的にその結論が導かれた理由を書きます。具体例があるとより説得力が出てきます。  最後にまとめとして、序論で書いたものと同じ結論を書きます。
自分でも一度試してみてください。

Posted at 2013年06月04日 21時49分33秒  /  コメント( 0 )

Story No. 6

When George became thirty-five years old, he finally decided to realize his childhood dream; Owning a small plane. After getting one, he started to take lessons on how to fly his plane. Surprisingly, he was very good at it and soon became a very good pilot. He could make his plane do a lot of tricks up in the sky.

He asked one of his close friends, Michael to go up in the sky together. He was a business person and often went abroad. Michael thought for a second and finally said, “I would be glad to do with you.” Michael thought that he had had many experiences of flying in a big plane, but that he had never gone up in the sky in a small plane. And he concluded that he would go with George.

One day, they met and got into George’s plane. For about half an hour, George showed his beautiful tricks in the sky. When they returned, Michael looked pale. “Are you all right?” said George. “I hope you enjoyed the trip.” Michael, then, said, “Well, I really enjoyed those two trips.” Surprised to hear this, George asked his close friend, “Two trips?” Then Michael answered, “My first and last.” Which means Michael would never go up again with George.”
(215 words)

以上は、もともと英語で書かれた物語を、少し作者の書き方にアレンジを加えて書き直したものです。
わたしたちは、なかなか自然な英語を書くことができません。
そこで、できるだけ英語らしい英文を書くために、短めの教材の文章を活用して、すこしでもわかりやすい英語に直していければ、と考えたものがこの文章です。
ためしに書いてみたものですが、日本語でオリジナルに書き始めるよりも、もう少しスムーズに書くことができるような気がします。

Posted at 2013年03月31日 16時15分46秒  /  コメント( 0 )

フォーマットによる論理的思考(2)

英検1級の自由英作文には、定められたフォーマットがあります。
序論、本論、結論で、この3つは次の法則に従って書かれるべきです。

序論は、テーマ(タイトル)に対して、どのような立場をとるか、つまり賛成か反対かを示すこと。そして(できれば)いくつの理由でそう主張するのかをのべます。
1級の場合、ポイントが定められているため、通常は3点になることが多いと考えられます。

本論では、序論に挙げたポイント(論点)に関して、それぞれの内容を述べます。
理由であったり、具体例であったりします。

結論は、序論と同じく、「以上の点から私はこう考える」という立場を繰り返します。

この法則に従えば、それだけである程度論理的な文章としての体裁を整えることができます。

たとえば、
日本は海外に対して援助を増加すべきである、というテーマの場合を考えてみましょう
 
序論では、
「私は、このテーマに対して賛成する。人的な援助を増やすべきだ。その理由として、1、日本が現在恵まれた国であること、2、日本人の中には実際に行動を起こすことで生きがいを感じる人が多くいること、3、貧しい国や恵まれない人たちを目の当たりにすることで、日本自体の豊かさを客観的に感じることができること、があげられる」とのべます。

本論において、
「日本は豊か」=GDPが世界で2位であること。餓えなどで亡くなる人の数が少ないこと。
「やりがい」=やるべきことがない、退屈であると訴える若者が多いこと。
「幸福を実感」=健常者とされる人が、障害者の方をお世話することで、自分が健常者であることのありがたみを改めて実感できるように、人は、実際に苦労をしている人を見ないと、自分の幸運を実感できない場合が多い。

結論として、
「実際に世界的にみれば豊かな国である日本が、海外に若い人材を送って、戦争の悲惨さや、医療不足の現実を学ぶことで、今後の生き方に大きな影響を及ぼすことが考えられる」とまとめることができます。

フォーマットに基づく考え方をすることで、論理的に思考を進めることができるといってよいでしょう。

Posted at 2013年03月04日 13時16分59秒  /  コメント( 0 )

エブリの英作文指導

現在、エブリ・イングリッシュ・サービスの英作文の指導は次の3つのタイプがあります。
クラス、プライベート、そして通信教育です。

英作文のクラスでは、英検1級対策として、トピックについて、クラスでディスカッションします。
そして翌週までに作文を書いて、メールで、またはプリントアウトされたものをご持参いただくというものです。
これは、通常の英検1級クラスでの指導のうち、英作文指導を特化させたもので、他の分野についての勉強はありませんが、即興的にまとまった量の英文を書くことを目的にしています。

プライベートでは、それぞれ英検準1級、1級、TOEFL、受験、コミュニケーションなどの目標に合わせて、英作文の勉強を行います。
おひとりおひとりの生徒さんの現状に合わせて、英文の暗唱を通じて使いこなせる表現を増やしたり、時事問題を読み解くことで、書くべきネタをふやしていくような工夫もしています。

通信教育では、英検受験の対策が中心になります。
最初に課題をお送りして、その課題について200語程度(あるいは100語程度)の英文を書いていただきます。
提出していただいた作文を、こまかく添削して、さらに2回リライトを予定しています。
(リライトが不要、あるいは1回のみで終了の場合には、さらに別のトピックを書いていただくことになります)

英作文には大きなカギがあります。

一つは表現です。
自分の言いたいことを、いかにわかりやすく表現するか。
そのために和文英訳をしていただいたり、やさしめの英文の要約練習などをします。

もうひとつは論理的な記述です。
英語らしい考え方に立脚した書き方をしていく必要があります。

さいごに内容。
自分の言いたいことがはっきりしていなくては、相手にテーマをつかんでいただくことはできません。
言いたいことを、いかに明確に打ち出していくのかが、大きなぽインドになります。

こうしたことをじっくりと踏まえつつ。英作文指導をさせていただいております。

田口執筆の「英検タイムズ」はこちら!

エブリ・イングリッシュ・サービスのホームページはこちら!

Posted at 2012年06月28日 13時57分20秒  /  コメント( 0 )

前へ |  1  2  3  4  5  6  | 次へ