英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー
辞典

英検1級への道・英英辞典

松本亨という先生は、もう亡くなってからずいぶん経っていますが、いまでも非常に役に立つ書作をたくさん残されています。

今回はジャパンタイムズから出版されていた、「松本亨 ジュニア英英辞典」(Toru Matsumoto's Junior English Dictionary)をご紹介します。

私たちが、本格的に英語を学び始めたときに、先生たちは、[英英辞典を使いなさい]と何度も言われました。

当時、そのことの意味があまりわかっていなかったのと、実際に手に入るのが、Oxford's Advanced Learners English Dictionary しかなかったため、自分の学力から言って、とても追いつけるようなものではありませんでした。

松本先生が、この辞典を書かれたのは、昭和48年ですから、1973年のことです。

出版された後、すぐに買ったのですが、残念ながら、この価値がよくわかりませんでした。

いま、中学生の生徒さんを教えたり、高校生の生徒さんに、一歩高みに上がっていただくために、できるだけ英語だけを使った授業をしたりしていると、この辞典のありがたみがよくわかります。

This is a dictionary for beginner's, edited by a Japanese. By a Japanese? Yes, I am the Japanese.

I have been teaching Japanese people English for a long time, and many people asked me to create an easy English dictionary for us.

What is the difference between English dictionaries published in other countries and one in Japan?

One example is this; The former goes like this; Japan is an island empire off East Asia.

The latter, this dictionary goes this way; Japan is our country.

Let me give you another example. a living room is, according to the one published in a foreign country, a sitting room.

For us, however, it is hard to imagine what a living room is like.

I put it this way; a living room is the big room in your home and you and your family do things together there like watching TV.

以上は、松本先生が書かれた「はじめに」を英訳したものです。

さらに、この辞典は、中学校の教科書に出てくる、ほとんどすべての単語を、優しい、中学レベルの単語を使って説明しています。

基本的には多くの辞典が、その辞典に載っている言葉で、各語の意味を説明しています。

ところが、初級者の辞典でそれをするのは極めて難しい。

なぜなら、初級者用の辞典では、使える英語がとても限られているからです。

この英英辞典は、その難しい問題を、実際に読者に話しかけるつもりで書き上げて解決した、珍しい本なのです。

松本先生は、むしろ高校生や大学生がこの辞典を利用して、英語で英語を説明するという習慣の基礎を身につけてほしい、と書いています。

わたし自身も、改めてこの辞典を利用して、若い人たちに、やさしい英語で授業をする方法を作り上げていきたいと思っています。

そして、力のある方たちにこそ、「やさしい英語で、内容のあるメッセージを発信してほしい」と思っています。

→英英辞典を活用して、実際に英語の腕を上げていくレッスンに参加しませんか?第1、第3水曜日は、ニュース英語を使って、英語を英語で説明するレッスンを、また、第2、第4水曜日にはタイムの記事をいったん日本語で理解したうえで、英語で説明する、というレッスンを実施しています。
時間はいずれも午後1時〜2時30分。お問い合わせは、このホームページから、またはお電話で、052−934−1030.会場は、地下鉄「新栄町」駅徒歩3分のエブリ・イングリッシュ・サービスです。

Posted at 2017年03月08日 18時44分27秒  /  コメント( 0 )

英検1級どう攻めるか?

現在では、電子辞書が主流になりましたが、わたしたちが学生だった頃は、もちろん紙の辞典でした。

紙の辞典は、電子辞書に比べると、欠点だらけに思えます。

いわく、重い。

あるいは、英和は英和だけ、国語は国語だけ。用途の幅が狭い。

さらに、分厚い。少なくとも、英和辞典一冊で、電子辞書3〜4個分はある。

カバンが辞典でいっぱいになる。

いまでは、わたしも電子辞書を使うことが多い。

多いのですが・・紙の辞典の良い点も、いろいろあります。

わたしは、高校のころから、英英辞典を引くようになりました。

たとえば、bland をひくと、lacking strong features or characteristics and therefore uninteresting と書いてあります。

lacking とは、「欠けている」ということ。features は「特徴」characteristics は「性格」

したがって、「強い特徴、性格に欠け、そのため興味が持てない」という意味です。

例文を見ると、"bland, mass-produced pop music"とあったりします。つまり「特に明らかな特徴のない、大量生産のようなポップミュージック」です。

じつは、紙の辞典のいいところは、「意味がすぐに見られないところ」なのですね。

英和辞典から、英英辞典へ切り替えたときに、一番大変だったのは(当然予想のつく通り)意味が英語で書かれていること。

意味の部分を読んでも、書いてあることの意味が解らない。

いまなら、該当のところからジャンプすれば、あっという間に、意味が表示されます。

でも、当時はそんなわけにはいかない。

しかもそれだけの覚悟をして、切り替えたわけですから、features が分からなければ、それを、またlacking が分からなければ、という具合に、それぞれを引くわけです。

lacking = not available or in short supply

feature = a distinctive attribute or aspect of something

こうして引き続けていくと、なんとなく、わかるような意味を持つ語が出てくるのですよ。

おかげで最近では、英英辞典でもあまり苦労がなくなりました.

もうひとつ、これだけ苦労したので、あまり同じ単語は引きたくないなあ、と思って、引いた単語の横にちっちゃな星印を書いておくことにしました。

☆、やがて、また引いて☆、さらに☆、involve という単語の横に☆☆☆☆・・と7つ並んだ時にはかなり凹みました。

そんなわけで、英英辞典〈もちろん電子辞書でいいですよ!〉への切り替えを体験してみてください。3か月辛抱すると、それなりの上達が、感じられますよ!

英検1級受験は、エブリ・イングリッシュ・サービスへ。名古屋地下鉄「新栄町」駅下車、徒歩で北へ3分、セブンイレブンのあるビルの605号室です。お問い合わせは、ホームページから、または052−934−1030へ!

Posted at 2017年03月04日 19時17分10秒  /  コメント( 0 )

The General Basic English Dictionary

今日、取り上げるのは、表題の通り、The General Basic English Dictionary です。

Basic English というのは、リチャーズ・オグデンが提唱した、英語の膨大な単語のうち、わずか850語を、エッセンスとして抽出し、これで、日常的なコミュニケーションの全てを行おう、という画期的な試みです。

これは、ある意味でとても魅力的な提案です。

英単語は、どれだけ覚えても限りがないほど、数多くあります。

それを、あっさり、850語で全て表現してしまおう、というのですから。

そして、それを実践したのが、「英語を書くための辞書」として出版されている、和英辞典と、このThe General Basic English Dictionary なのです。

もちろん、この辞典は、英英辞典なのですが、その説明が、850語のBasic English だけでなされているわけです。

たとえば、朴大統領の弾劾(だんがい)で有名な impeach を引いてみましょう。

impeach = v.t. Make attack questioning (person's good qualities, etc.)

他動詞で、(ある人物のよい性質などに)攻撃的な質問をすること、と出てきます。

さらに[Law]の記載もされていて、

make statement before certain court that (person) has done crime against the nation etc.

「法律用語」(ある人物が)国家、国民に対して犯罪を行ったということを法廷において明言する

とまとめられています。

拳銃のrevolver を引いてみます。

revolver = n. Gun for use with one hand which may be fired a number of times without new firing material having to be put in.

リボルバー=片手で用いることのできる拳銃で、新しく火薬〈弾薬〉を装填することなく何回も発砲することができる

walk だとこうなります。

walk = v.i. & t. (Of person) go on foot, putting one foot down before taking the other up

長いので、人間だけにしましたが、ここでrun も引いておくことにします。

run = Go on foot at rate quicker than walking; go quickly

こうして見ていくと、英語の考え方に基づいて、とてもわかりやすく、でも英語的に表記されていることが分かります。

こんな辞典を使っていると、難しい単語が、だんだんとやさしく思えてきますね。

Posted at 2016年12月12日 23時55分37秒  /  コメント( 0 )

紙の辞典と電子辞書

むかしは、高校で入学するときに、本屋さんが学校に来ていて、指定の辞典を販売していたものです。

最近は、紙の辞典ではなく、電子辞書が主流になってきていますから、学校でも指定のメーカーの辞典を販売するようになっています。

このこと自体は、一つの事態の流れなので、やむを得ない事だと思いますが、残念なのは、電子辞書に入れてもらえない辞典は、たぶん急速に姿を消してしまうだろうということです。

たとえば、英英辞典でも、オクスフォードとロングマンは、いろんな電子辞書に入っているので、よく知られていますが、それ以外のコリンズとか、ランダムハウスといった、特徴のあるものが、あまり電子辞書に採択されないため、ポピュラリティを失ってしまっている、ということです。

また、少し昔の作品になりますが、齋藤秀三郎の「英和中辞典」とか「和英辞典」も 旧字旧かなであるため、また扱っている内容がやや専門的であるため、おそらく、多くの人を対象とする電子辞書では、取り上げられないことになるでしょう。

これも大変に残念なことです。

もう一つ、大きな問題があります。

電子辞書の「利用の仕方」です。

もちろん、分厚い冊子になって、辞書といっしょに箱に入っているのですが、実際には、ほとんどの利用者が読んでいない。

十分に活用していれば、読む必要はないと言ってよいのですが、実際に使っているのを見ていると、例えば、発音とか、あるいは例文、または詳しい文法解説といった項目が活用されていないのです。

まだ、発音の項目は、ボタンが独立しているものが多いので、すぐわかるのですが、例文とか熟語になると、探し方が分かりにくくなってしまうようです。

学校生活に必要な時点の全てが、コンパクトに手帳サイズに収まっていて、重くもなく、かさばりもしない電子辞書は、とても重宝なものだと思いますが、たぶん、死蔵されている情報がものすごく多いのではないかと考えると残念です。

特に、英英辞典に関しては、私たちのころには、いくら引いても、意味が分からない、ということが多くありました。

電子辞書があれば、英英を引いて、わからなければすぐに英和を引くことができます。

さらに、例文なども併せて検索することで、どのようなときに使えばよいのかもよくわかります。

世の中が便利になればなるほど、実際に利用する私たちが怠け者になってしまって、その便利さを十分に理解して使いこなしていないような気がします。

さいきん、できるだけ授業で、英英辞典を使うような企画をしています。たぶん、英語のニュアンスを理解することに関していえば、英英辞典を利用することが一番の近道です。

細かな単語の意味の違いも、正確につかむことができます。

英和から英英への切り替えにな高校生くらいなら2か月から3か月でできます。

ぜひ、みなさんも一度チャレンジしてみてください。

Posted at 2016年10月15日 18時10分59秒  /  コメント( 0 )

「英語辞書の知識」佐藤弘・著

小説そのものも好きだけれど、その解説も好き!
辞典もおもしろいと思いますが、その解説書ももっと好き、なのです。

古本屋さんで手に入れた本ですが、出版された1977年ごろの辞典事情がわかってとてもおもしろい。

特に斎藤秀三郎「熟語本位英和中辞典」に関する記述は情熱的で、実際に辞典を手に取りたくなる力があります。

ここは、「英語青年」に掲載された文の引用なのですが、

「Hornby によれば、真に日本人の手になった英和辞典と言えるのは斎藤秀三郎氏の『熟語本位英和中辞典』と、この『英和活用事典』(勝俣銓吉郎・著)だけだそうである。」(佐藤佐市「辞書編集者の生活」『英語青年』(研究社、1959)

こちらは、別の書物からの引用。
 「わが大正時代の終わりごろ、お隣の中華民国で『総合英漢大辞典』という詳細な辞書が刊行された。・・・その中の「例解」の項で、つぎのようにわが斎藤秀三郎とその著『熟語本位英和中辞典』とを激賞し、『総合英漢大辞典』の編集にあたり、『熟語本位英和中辞典』のよい点はすべて採り入れたとのべている」
とのこと。」(町田俊昭『三代の辞書』三省堂1971)

もちろん、「斎藤英和中」は持っていて、おもしろい辞典だと思っていましたが、こうした評価があることは全く知りませんでした。

このような知識を蘊蓄(うんちく)というのかどうかわかりませんが、こうした関連知識によって、その本を読んでみたいとか、その辞典を使ってみたいと思わせれば、この解説書の意義はおおいにあると思うのです。

「英語辞書の知識」佐藤弘・著 八潮出版社

Posted at 2012年02月19日 23時06分17秒  /  コメント( 0 )

実戦英文法活用事典(西尾孝)

わたしが受験時代を迎えたのは、昭和40年代後半です。

このころは旺文社全盛で、多くの受験生が「大学受験ラジオ講座」を聴講していました。

当時、短波放送しかなくて、(そもそも短波放送、わかります?)音質の良さなどは、論外。

何とか聞こえるかどうか、という状態。

それでも、短波受信機を買ってもらって講座を録音していました。

高校在学性が予備校に行くのは、あまりないことでした。

「大学受験ラジオ講座」では、「まぼろしの」予備校の授業が聞けたのです。

代々木ゼミナールを中心とした予備校のそうそうたる講師陣が、30分番組を担当したのです。

英文法鉄則、とか実戦英文法、長文読解、そしてたまにはヒアリング講座。

もちろん褒賞されていたのは、英語だけではありません。

数学I やIIBなども授業がありました。

事前にテキストを読んで、予習をして、授業を聞き、録音したものを、繰り返し聞く。

これが、大学受験の平均的勉強法でした。

今、手元にあるのは先日ブックオフで見つけた、西尾孝先生の「実戦英文法活用事典」(財団法人 日本英語教育協会)です。

この西尾孝という先生は、もともと早稲田大学の教授だった方です。

退職された後、受験英語で覚えておくべき英文法の定量をまとめた「実戦英語水準表」をだして、ベストセラーとなりました。

(多分)代々木ゼミナールで教鞭をとっていらっしゃったようですが、英文法シリーズをいくつも出されました。

わたしは、以前、この活用事典をもっていて、わからない項目を調べては、問題を解いていました。

事典とうたっていても、これは項目別の文法書で、説明の後問題が付いていました。

最近は、文法書でも別冊で問題集が出ていたりするものですが、この本は、一冊やるだけで、文法の概念が分かり、さらに受験問題にも(量は多くないけれど)ふれられる、という意味で文字通り活用しました

先生の話し方は、いかにも受験の先生なのですが、リズミカルで、調子がよく、「べらんめい」の江戸弁の噺家さんのようでした。

なんだか、「英語なんで簡単さ、そんなに悩むことなんかじゃあねえよ!てな感じの話し方でした。

もちろん、そんなことは、西尾先生が口にされたわけではないのですけれど、ね。

と、いうわけで、受験当時の懐かしの一冊、でした。

Posted at 2011年09月22日 10時51分11秒  /  コメント( 0 )

英英辞典の使い方

次の英文を見てみましょう。

Japan is now facing a shortage of energy; therefore, the improvement of alternative energy sources such as solar, geothermal and wind power is urgent.

(訳;日本は今、エネルギーの不足に悩んでいる。したがって、代替エネルギー、たとえば太陽、地熱、風力などの開発が急務である)

この文章の中で、improvement があります。

improvement は「改良、改善」の意味ですから、ここではあまりふさわしくないように思います。
英英辞典を引いてみます。
The act of making something better; the process of something becoming better や、a change in something that makes it better といった表現が出てきます。(Oxford Advanced Learner’s Dictionary)

つまり、何かをよりよくする行動、何かがよりよいものになるプロセス、あるいは、あるもの自体をよくする変化、というような意味でしょうか。

でも、代替エネルギー開発は、いまのところ、とても実用化レベルとはいいにくいですから、ここでは、別の表現を使いたいところ。

発達、発展ということで思いついたのが、development でした。

これは、英和辞典を引くと、「発達、発展、開発、進化」という意味が出てきます。

オックスフォードを引いてみましょう。
the gradual growth of something so that it becomes more advanced, stronger, etc. (何かがより上級、強力になるような、何かの段階的な成長)

あるいは、the process of producing or creating something new or more advanced; a new or advanced product (何か新しいもの、あるいはより高度なものを作り出すプロセス;新しい、あるいは高度な製品)と書いてありました。

こうしてみると、improvement は、あくまでbecome better 、つまり現状に比べてよくなる、よくする、というニュアンスであるのに対して、development は、change でありsomething new or advanced 何か新しい、または高度なものを作り出すための変化、であるとわかります。

英英辞典を引いていく場合、何もかもを引こうとすると、時間もかかるし、大変ですから、少しずつ、こうした中心になる単語を一つ二つ引いてみるところから始めるといいでしょう。

Posted at 2011年09月08日 13時15分32秒  /  コメント( 0 )

英英辞典への招待

英語の勉強に関するアドバイスで、定番のように言われることばがあります。

いわく、英英辞典を使いましょう。

問題は、何を、どう使うか、です。

日本の辞典でも、学生用と一般用がありますが、もちろん英英辞典でもおなじです。

英英辞典では、多くの場合、利用者に、外国人学習者も想定していますから、選択肢はもっと広いことになります。

つまり、英語を母国語として使っている人のうち、学生をはじめとする学習者と、一般の利用者。さらに外国人として英語を学習しているひと、という3つのカテゴリーがあるわけです。

現在、ベストセラー英英辞典の代表格である、オックスフォード現代英英辞典(Advanced Learner’s Dictionary of English Language)も、もともとはホーンビィという、長らく日本で教えていた英語の専門家が、経験を生かして書きあげた辞典です。

したがって、わたしたち外国人にとっては、とりつきやすい辞典と言えます。

たとえばdecay も become bad という風に記述されていました。

これは、現在も開拓社からだされている「新英英大辞典」(でもコンパクトサイズ)が、現代英英辞典の、いわば元版です。

ただ、おなじ出版社だから、といって、ほかのオックスフォードの英語辞典は、母国語として英語を使っている人向きなので、かなり感じが違います。

Oxford Concise English Dictionary は、かなり大きな辞典ですが、まったく初心者を想定していません。

むしろ、英語の辞典としては、一つのことばに対応して、まさにどんぴしゃりの一語を追及している感じ。

分からない単語を引いてみたのに、その単語の意味をあらわす単語の意味がわからない、という繰り返しの連鎖に落ちてしまいます。

ですから、英英辞典については、ぜひとも書店で実際にいくつかの単語の意味を調べてみて、間違いないときにだけ、買ってください。

最近では、さらに研究の進んだ、使いやすい英英辞典がたくさんあります。

Cobuild というシリーズがあって、これは、話しかけてくるような書き方で、単語の意味が書いてある、という点で評判の良い辞典です。

では、どのように使うのか。これはまた別の機会に。

Posted at 2011年08月23日 23時05分28秒  /  コメント( 0 )