英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー
音読

こうして学ぶ音読!

音読しましょう。

そういわれても、何をどうすればよいのか、という方もいらっしゃることと思います。

わたしなりの、音読法をお話しさせていただきます。

基本的には、ご自分の必要に合った教材が必要です。

これは、以前、書かせていただいた、音読の教材選びのブログをご覧いただくとして、とりあえず、教材はある、としましょう。

まず、ご自分の知らない単語、読みづらい単語をピックアップして練習しましょう。

このとき、自分流にやってしまっては意味がないので、お手元に電子辞書なり、スマホがあれば、その音声を参考にしましょう。

何度か繰り返し聞いてください。

そのあと、音声に続いて、自分でも発音してみます。

できれば、それを録音して聞いてみるとよいでしょう。

案外、自分ではうまく言えているつもりでも、そうでないことが多いです。

松本亨先生は、50回、言ってみてください、とある教材で書かれていました。

すると、「50回も、ですか?」という読者の方からの投書が届いていました。

むしろ、何回と区切るのではなく、音声モデルの発音が、再生できるまで、というのが正しい練習方法だと思います。

その後、前後の単語を合わせて、ひとまとめにして読む、という練習をします。

station という単語であれば、当然文章にはat the station とか、go to the station といった表現が出ているはずです。

そうした、意味のまとまりで読んでみる、ということです。

これも50回くらい。

短いものなので、50回、実際にやってみても、1分くらいしか、かかりません。

そうしたら、次は、もう少し長いひとまとまり。

Tom went to the station. とか、We met at the station today. といった具合に、短い文、またはちょっとした節などに口を慣らすようにします。

これをやっておくと、後で全文を繰り返すときでも非常に言いやすくなります。

最終的に、それぞれの文の、細かな部分に対して自信が持てるようになってきたら、文全体を言ってみます。

これは、しっかり練習してください。

この訓練ができると、さらに2文、3文といった具合に続けていって、ある程度まとまったニュースストーリィや、ちょっとしたパッセージなどが、楽に言えるようになります。

そのあと、テキストを見ながら、くりかえしていって、全文が言えるようになれば、さらにくりかえすと、暗誦に近い状態で言えるようになります。

最終的には、テキストを見なくても、全文が言えるようになることが目標ですが、そこまでいかなくても、100パーセント、テキストに頼るのではなく、ある程度参考にしながらも、しっかり自分でくりかえすことができる。

これを目標にしていただけば、非常に力が付くと思います。

Posted at 2016年11月21日 17時46分36秒  /  コメント( 0 )

何をどう音読すればいいの?

エブリ創設以来、音読をお勧めしてきました。

確かに、今、書店で、英語学習法の欄を見てみると、以前よりはるかに音読を進める書籍が増えてきました。

でも、よくお尋ねを受けるのは、何を音読すればよいのか、という問題です。

エブリでは、お入りいただく際に、「何のために勉強されるのか」ということを、いろんな形でお伺いします。

中学、高校と英語の勉強はしてきたけれども、もうすっかり忘れてしまった。
基礎からもう一度勉強したい。

こういう方には、「英会話・ぜったい・音読」の標準編をお勧めしています。

これは、中学校のテキストから、興味深いレッスンを集めたもので、「インターネット」の話から英語教科書の定番、「マーチン・ルーサー・キング牧師」の物語まで、含まれています。

基本的なところから、ある程度、きちんとした英語を学んでいきたい方にふさわしい音読教材と言えるでしょう。

英会話を行いたい方には、まず、出会いそうな状況を含んだストーリィを繰り返し聞いていただいて、そのあと、この物語全体を覚えていきます。

この時に、質問の仕方、とか、答え方、また、起こりそうな誤解などもふくめて興味深いお話として、覚えていくと、利用の可能性が人がります。

また、あんがいとまどってしまうことがあります。

それは、会話が途切れたときの、つなぎのセリフだったりします。

ちょっとした次の情報を引き出すセリフとか知っていると、便利です。

たとえば、How are you? といわれて、fine, thank you. And you? とあらためて問われたり、
コーヒーなどを注いでいて、「どれぐらいか言って」の意味でSay when! などといわれたらどうしたらいいの?

こんな時に、何年か前に出されていた英会話系の本が役にたちます。

以前、三省堂で出されていた「松本亨 英会話活用辞典」という本があり、これは、実際に会話で使われるような表現をすべて A さんと B さんとのやり取りだけでまとめたものです。

実際、書かれた方が、「俳句を作るような苦労」をして生み出した、と書いてありますが、応用範囲が広くて、しかも、自然なやり取りになっているのは、すばらしい。

現在は、残念ながら絶版になっている本書ですが、一部、コピーさせていただいて、使ったりもしています。

もちろん、ある試験に合格したい、または、ある試験で目標の点数をクリアしたい、という方にはその試験に合わせた教材を音読・暗誦していただきたいものです。

Posted at 2016年11月16日 17時47分14秒  /  コメント( 0 )

音読中心の学習(1)

以前から何度も音読の効果について書いてきました。

エブリでは、毎回、レッスンの始めに、生徒さんに、決まったテキストを音読していただいています。

受講されている生徒さんお一人おひとりで、テキストは違います。

久しぶりに英語を勉強される方や、中学生の方、あるいは英語が苦手な方には、中学の教科書レベルの文章を音読していただきます。

以前は、NHKから「英語の文型と文法」という、基本的な文法事項を網羅したすばらしいテキストが出ていたのですが、残念ながら絶版になってしまいました。

単色印刷で、イラストもなく、本文と文法解説、練習だけ、というとても地味な本でしたが、実際に使ってみると、とてもよい参考書でした。

実際に、このテキストを、30レッスン以上暗誦していただいて、現在はネパールをはじめ、各国にお友達ができて、世界からのお客さんを招いたり、あるいは逆に出かけたりされている元の生徒さんもいらっしゃいます。

わたしたちが、英語を話すことが苦手なのは、「話す方法」つまり表現をおぼえていないからで、繰り返し音読して、暗記してしまうことで、コミュニケーションが取れるようになります。

現在は、中学校のテキストのレッスンを選んで編集された教材を利用しています。

これも、主張のある英語なので、いざ、言いたいことを発信しようとするときには、とても役に立ちます。

高校生になると、高校用のテキストをまとめたものか、ニュースを中心とした教材になります。

さらに、関心のある方には、アニメ映画のストーリィを覚えていっていただく場合もあり、また、サスペンス・ストーリィを覚えていただく場合もあります。

いずれの場合にも、あるルールを守っていただきます。

それは・・(2)につづく

Posted at 2016年03月12日 19時11分59秒  /  コメント( 0 )

音読中心の学習(2)

音読で大切なこと、それは、次の3点です。

1、できるだけ、細かな部分まで注意しながら、きちんと練習すること。
 
  個々の単語の発音や、複数、時制などをいいかげんにしないで、できるだけ丁寧に読むことが大切です。

  わたしたちは、日本語に複数形がないせいか、つい、複数のsを抜かしてしまうことがよくあります。

  気がついてみると、複数形でいうことを、すっかりおこたってしまっていることも。

  と、同時に、ある程度のスピードで、省略すべき音は省略して読んでいくことが大切です。

  たとえば、can と can't とは「音調」が違います。

  こうした部分にも、気を配って、丁寧に読んでいかないといけません。

2、前回までにやった部分は、完全に言えるようになってから、次に進むこと。

  実は、これは、エブリの大きな特徴だと言えます。

  毎回のレッスンで、音読をしていただくのですが、そのとき、今までにやってきたすべての音読部分を繰り返します。

  つまり、レッスン1から、すべてやっていく、ということです。

  なかには、テキストをほとんど1冊ぶん、復習する方もみえます。

  そのばあい、くりかえすと30分くらいかかってしまいます。

  よほど長い時間がかかるのであれば、前の部分から省略していきますが、それでも、なるべく全体を言っていただくようにしています。

  それは、今までやった部分を、確実なものにしていただくためです。

  ストックが生きているので、必要なときにはいつでも引き出すことができます。

  1回やってできるようになったから終わりにしてしまっては、せっかくの知識が生きてきません。

  このことの大切さは、やっていただくとよくわかります。

3、一文ではなく、パッセージとして、あるいは作品として覚えていく。

  エブリで取り上げるのは、雑多な例文集ではありません。

  最低でも数行でまとまったニュースなり、数ページにわたるレッスンだったりします。

  なかには、長いストーリィを覚えている方もいます。

  これをすることで、初めて出てきた名詞が a という冠詞ではじまるのに、次には the ではじまるかたちとして登場し、さらに that poor bear などといった言いかえをされていくさまが、実体験できるからです。

  最初の項目で触れた、単数、複数の問題だけでなく、英語には、わたしたちが、ある程度、無意識レベルにまで落とし込まなければならない、日本語とは違った発想、考え方があります。

  一文一文の、それぞれバラバラな文の暗記では、あるところに登場した人物が、前に出てきた人と同一人物かどうか、さらにそれを受ける代名詞までの工夫が分かりません。

  それが、せめて数行のパッセージとしてまとまった内容の英文を覚えていただく理由なんです。

Posted at 2016年03月09日 19時45分36秒  /  コメント( 0 )

スピーディな音読の意味(3)

少しお年を召した英語学習者の方の中には、国弘正雄先生の名前を懐かしく思い出される方もいらっしゃるでしょう。

国弘先生は、以前、NHK教育テレビで、「テレビ英語会話中級」を担当されていた同時通訳者の草分けです。
アポロ月面着陸の同時通訳をされて一躍時の人になられました。
その後、参議院に出馬されて政治の世界に転身され、現在は悠々自適の生活をされていらっしゃるようです。
この方の著作にベストセラーとなった「英語の話しかた」があります。

その中に「只管朗読」(ただひたすら朗読)という学習法が出てきます。

これは、まさに何度も何度も繰り返し英文を読む、という私たちが今主張させていただいている方法です。

私も実際に英語を学ぶ人間として、音読を何度も行って、表現を身に付けてきました。

地道に暗誦して、英語を自分の中に入れていく作業をどこかで行わない限り、英語力は身につくものではない、と実感しています。

何らかの形で、英語というストックが頭の中にある程度できなければ、状況に合わせて表現を口にすることはできません。

国弘先生は「英会話・ぜったい・音読」の監修者でもあり、その冒頭に、なぜ暗誦が大切なのかをわかりやすくまとめてくださっています。

私もさまざまなレベルの学習者の方にお会いして、指導をさせていただくことが多いのですが、こうした場合に強く感じるのは、正確に英文を暗記することの重要さです。

しかも、ある程度まとまった英文であれば、それは記憶によって芋づる式に大量の文を頭の中から引き出すことが可能です。

現在、英検指導などで英作文も扱いますが、これも正しい英文記憶の蓄積がなければなかなか書けるものではありません。

だまされたと思ってぜひ挑戦していただきたいのが、この只管朗読なのです。

Posted at 2013年02月25日 09時56分28秒  /  コメント( 0 )

スピーディな音読の意味(2)

高校2年生までの方には「英会話・ぜったい・音読 標準編」(講談社)を音読用に使っています。

中学3年用のテキストをまとめたもので、基本的な文法事項はほとんど網羅されています。

このテキストを完全に暗記することで、英語の点数をぐっと上げた方も多くいらっしゃいます。
なにしろ、自分の知っている文章はすべて頭の中に入っているのですから、英作文などでも応用することでかなり容易になるのです。

ただ、一冊の本を完全に暗記することは言うは易く、行うは難しなのです。

エブリは、このお手伝いをさせていただきます。

毎回、授業のはじめに音読・暗誦を行ないます。
今までに学習した教材をすべて繰り返して暗誦するのです。

1行ごとの朗読の後について言っていただき、そのあとページ丸ごと暗誦します。

暗誦で一番大変なのは、一文終わった後で次の文を始めるとき。
どういう出だしだったかを思い出すのが難しいのです。

エブリ方式では、次の文の最初の数語をこちらが言いますから、スムーズに暗誦を続けていくことができます。

このように手早く暗誦することで、48セクションもある「英会話・ぜったい・音読」1冊を復習するのに20分程度で終わってしまいます。

今までに多くの先輩たちが「英会話・ぜったい・音読」と「ニュース英語のリスニング(基礎編)」(DHC)という教材を暗誦して、素晴らしい実績を築いてきました。

ぜひみなさんも試してみてください。

Posted at 2013年02月25日 09時54分51秒  /  コメント( 0 )

スピーディな音読の意味(1)

You tubeをご覧になった方は、なぜこんなに速いスピードで暗誦をするのか疑問を持たれる方も多いようです。

実際、私たちの音読を目の当たりにした方は、その速度に驚かれます。

私が目指しているのは、生の速度です。

DVDなどで、現実の英語を耳にしたとき、私たちには、何を言っているのかわかりません。

これは、3つの理由があります。

1つは用いられている単語・表現が難しいこと。
2つめはスピードが速いこと。
そして3つめ。
スピードを速いため、息の使い方、音の出し方が、通常の発音から大きく変化していること。

たとえば、th音と呼ばれるものですが、セオリー通りだと、上下の歯の間に舌を差し込む形で、流れてくる息をせき止めるような音を出します。

ところが、スピーディな動きをしているときには、舌で歯を叩く動きになり、前後の音の影響を受けて、t音に近くなります。
わたしたちの耳にはtと聞こえるのです。

日本語にはth音は存在せず、t音も強くはじく音ではないため、th音をzやsの音で代用する方が多いのです。
まるで違った音になってしまいます。

これは一例ですが、速く音読すると、こうした要因が加わってきます。

スピーディな音読を実践することで、より精確な発音を身に付けることができるのです。

Posted at 2013年02月25日 09時53分05秒  /  コメント( 0 )

TOEICリーディング対策の音読

今回はTOEICリーディング対策を音読で行うための講座です。

一見、リーディングと音読とは関係がないように思われますが、そんなことはありません。

実は、リーディングをするためには、二つの重要なポイントがあります。

ひとつは速度。

頭の中でも「翻訳」をしつづけていたのでは英語に対して、そのまま対応することはできません。

スピードも上がりません。

この問題を克服するための方法はひとつしかありません。

英語で考えること。

そして英語で考えるためには、一つ一つの表現を、日本語に訳さなくてもよいレベルまで、覚えこんで、英語に対して英語で反応できる脳を作り出す必要があります。

このための必須の方法が音読です。

すなわち、読むべき文を音読することで、次に同じような英文に出会ったときに、訳読しなくても、意味をつかむことができるようになります。

このためには、問題集で、わかりにくい英文、訳さなくては意味のとれない英文を、きちんと理解した上で、何回か音読することです。

こうすることで、訳さなくてはわからない文章が、だんだんと、英語でそのまま理解できる英文に代わっていきます。

つぎにリズムです。

英文を読むときに、たとえばラジオや他の人のスピーチを聞いているときのようなリズムを感じることができれば、与えられた文全体に目を通さなくてもメッセージをつかむことができます。

このことは、もちろんスピードを上げるのにも役立ちますが、それ以上に、英語の論理をつかむのにふさわしい方法です。

できればリズミカルな文章を何度も音読することがおすすめです。

たとえば、A.A.ミルンの書いた「クマのプーさん」という童話があります。
じつはミルンはそれ以前に、2冊、童謡集を書いていて、ベストセラーにしました。

その後、ミルンが童話集を書いている、と発表した時、周りの人たちは、童謡集を超える作品を書くことはできないだろう、といったそうです。

ところが、「プーさん」と、その続編「プー横丁に立った家」は2冊の童謡集をはるかに超える大ベストセラーになりました。

その秘密は、読み聞かせてあげると、子供が自然に踊り出す、と言われたその見事なリズムにあります。

同様に、「星の王子さま」ももともとフランス語で書かれたものですが、その英訳版は見事なリズムを持った文章になっています。

これまた英語を「呼吸」から学ばせてくれる素晴らしい本だと言えます。

今までにあげた作品をひとつでも良いですから、一部分、音読してみてください。

おそらく、英語、音読に対する認識が大きく変わるでしょう。

そしてそうすることによって、あなた自身の英語力も大きく伸びてくるはずです。

Posted at 2012年05月23日 10時49分31秒  /  コメント( 0 )

音読の効用

英語の学習法の一つである音読が優れている点は次の3つだと思います。

第1はやりやすさ。
単語集の表紙のことば。「それぞれの英文を100回ずつ読んでマスターしよう」

文を100回音読することには、それほどの時間はかかりません。
英文に慣れてくるまで時間がかかりますから、効率は良くないように思われますが、どんどん速くなります。
「ニュース英語のリスニング(基礎編)」でも、とりあげる英文は、せいぜい一文あたり20語もありません。
口慣らしでは、20秒ほどもかかることもありますが、10−15回ほどで一文数秒(もう少し短い文だと2−3秒)でできるようになります。
1分もあれば15−20回は言えるわけで、5分で100回クリアできます。

第2に、身体が覚える点。
100回音読すると、もう一度同じ英文を読むときもすらすら読めるものです。
英文を見ながら音読すると、数回(15秒くらい)でカンが取り戻せます。
エブリでは、受験時代の後また英語の必要があって受講する生徒さんが多くいらっしゃいますが、学習を再開すると、すぐに学生時代に暗誦した文がすらすら言えるようになっています。
時間がたった分、却って前より言いやすい、と感じる方がたくさんいます。

最後に、記憶に長く残る点。
繰り返し言って身体が覚えてしまうレベルに達すると、記憶が頭の中だけではなく、いろんな部分に定着します。
街を歩いていて、聞こえてきた英語とか、ふとした事で反応します。
試験で同じ表現が出てきただけで、意味や音などが頭の中によみがえります。このおかげで、思っていたより多くの表現が記憶されていたことに気づきます。

エブリでの本格的な繰り返し練習は、こうした記憶の定着を助けてくれます。
英語の勉強を数ヶ月間休んでいても、何度か読みをくりかえすことで、簡単に以前の状態をよみがえらせることができます。

この素晴らしい体験をぜひご自身でなさってください。

Posted at 2012年03月29日 15時17分14秒  /  コメント( 0 )

なつかしの「英語の文型と文法」

数年前、高校生の時にエブリに通ってくれていた方が、訪ねてきてくださいました。
現在は、大学で勉強されているそうですが、英会話はなかなか得意で、エブリで覚えた英語が役に立ったとおっしゃってくれました。

当時は、安田一郎先生の「英語の文型と文法」を暗誦教材として使っていました。
この教材はNHKから出ていたもので、当時放送されていた「続基礎英語」をベースにしたものです。
この番組では、中学校2年生向けの文法を、すべて会話の形にして、だいたい7,8行のやり取りで覚えこませる、というスタイルの本でした。

カラー印刷でもなく、内容も、会話があって、次のページに文法事項がまとめてあるというシンプルな構成だったため、CD化されることもなく、絶版になってしまいました。

私は、同番組が放送中、毎日聞いていて、繰り返し練習も行っていました。

エブリをはじめたときも、初心者の方にぜひ使ってほしいと考えたのが、この本でした。
おかげさまで、たいていの方が気に入ってくださり、ストックとして買い込んでいたものも使い切ってしまいました。
さらに購入しようとしたら、すでに手に入らない状況になっていました。
良い本なのに、残念です。

この方のように、一生懸命この本を覚えて、今でも役に立っているよ!といっていただくと、改めていい本だったのだな、と思わせられます。

復刊ドットコムなどにも送ってみましたが、なにしろあまり有名な本でないためか、票数が伸びていません。

お一人お一人にこうした隠れた名作参考書があるのかもしれません。

Posted at 2012年02月15日 10時29分45秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  | 次へ