英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー
音読

こうして学ぶ音読!

音読しましょう。

そういわれても、何をどうすればよいのか、という方もいらっしゃることと思います。

わたしなりの、音読法をお話しさせていただきます。

基本的には、ご自分の必要に合った教材が必要です。

これは、以前、書かせていただいた、音読の教材選びのブログをご覧いただくとして、とりあえず、教材はある、としましょう。

まず、ご自分の知らない単語、読みづらい単語をピックアップして練習しましょう。

このとき、自分流にやってしまっては意味がないので、お手元に電子辞書なり、スマホがあれば、その音声を参考にしましょう。

何度か繰り返し聞いてください。

そのあと、音声に続いて、自分でも発音してみます。

できれば、それを録音して聞いてみるとよいでしょう。

案外、自分ではうまく言えているつもりでも、そうでないことが多いです。

松本亨先生は、50回、言ってみてください、とある教材で書かれていました。

すると、「50回も、ですか?」という読者の方からの投書が届いていました。

むしろ、何回と区切るのではなく、音声モデルの発音が、再生できるまで、というのが正しい練習方法だと思います。

その後、前後の単語を合わせて、ひとまとめにして読む、という練習をします。

station という単語であれば、当然文章にはat the station とか、go to the station といった表現が出ているはずです。

そうした、意味のまとまりで読んでみる、ということです。

これも50回くらい。

短いものなので、50回、実際にやってみても、1分くらいしか、かかりません。

そうしたら、次は、もう少し長いひとまとまり。

Tom went to the station. とか、We met at the station today. といった具合に、短い文、またはちょっとした節などに口を慣らすようにします。

これをやっておくと、後で全文を繰り返すときでも非常に言いやすくなります。

最終的に、それぞれの文の、細かな部分に対して自信が持てるようになってきたら、文全体を言ってみます。

これは、しっかり練習してください。

この訓練ができると、さらに2文、3文といった具合に続けていって、ある程度まとまったニュースストーリィや、ちょっとしたパッセージなどが、楽に言えるようになります。

そのあと、テキストを見ながら、くりかえしていって、全文が言えるようになれば、さらにくりかえすと、暗誦に近い状態で言えるようになります。

最終的には、テキストを見なくても、全文が言えるようになることが目標ですが、そこまでいかなくても、100パーセント、テキストに頼るのではなく、ある程度参考にしながらも、しっかり自分でくりかえすことができる。

これを目標にしていただけば、非常に力が付くと思います。

Posted at 2016年11月21日 17時46分36秒  /  コメント( 0 )

何をどう音読すればいいの?

エブリ創設以来、音読をお勧めしてきました。

確かに、今、書店で、英語学習法の欄を見てみると、以前よりはるかに音読を進める書籍が増えてきました。

でも、よくお尋ねを受けるのは、何を音読すればよいのか、という問題です。

エブリでは、お入りいただく際に、「何のために勉強されるのか」ということを、いろんな形でお伺いします。

中学、高校と英語の勉強はしてきたけれども、もうすっかり忘れてしまった。
基礎からもう一度勉強したい。

こういう方には、「英会話・ぜったい・音読」の標準編をお勧めしています。

これは、中学校のテキストから、興味深いレッスンを集めたもので、「インターネット」の話から英語教科書の定番、「マーチン・ルーサー・キング牧師」の物語まで、含まれています。

基本的なところから、ある程度、きちんとした英語を学んでいきたい方にふさわしい音読教材と言えるでしょう。

英会話を行いたい方には、まず、出会いそうな状況を含んだストーリィを繰り返し聞いていただいて、そのあと、この物語全体を覚えていきます。

この時に、質問の仕方、とか、答え方、また、起こりそうな誤解などもふくめて興味深いお話として、覚えていくと、利用の可能性が人がります。

また、あんがいとまどってしまうことがあります。

それは、会話が途切れたときの、つなぎのセリフだったりします。

ちょっとした次の情報を引き出すセリフとか知っていると、便利です。

たとえば、How are you? といわれて、fine, thank you. And you? とあらためて問われたり、
コーヒーなどを注いでいて、「どれぐらいか言って」の意味でSay when! などといわれたらどうしたらいいの?

こんな時に、何年か前に出されていた英会話系の本が役にたちます。

以前、三省堂で出されていた「松本亨 英会話活用辞典」という本があり、これは、実際に会話で使われるような表現をすべて A さんと B さんとのやり取りだけでまとめたものです。

実際、書かれた方が、「俳句を作るような苦労」をして生み出した、と書いてありますが、応用範囲が広くて、しかも、自然なやり取りになっているのは、すばらしい。

現在は、残念ながら絶版になっている本書ですが、一部、コピーさせていただいて、使ったりもしています。

もちろん、ある試験に合格したい、または、ある試験で目標の点数をクリアしたい、という方にはその試験に合わせた教材を音読・暗誦していただきたいものです。

Posted at 2016年11月16日 17時47分14秒  /  コメント( 0 )

音読中心の学習(1)

以前から何度も音読の効果について書いてきました。

エブリでは、毎回、レッスンの始めに、生徒さんに、決まったテキストを音読していただいています。

受講されている生徒さんお一人おひとりで、テキストは違います。