英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー
全般

秘術!TOEICの学習方法

今や、ビジネスマンだけではなく、学生にも必須となったTOEIC。

でも、特に学生の人たちが、有利な就職先に合格するために取り組む場合、TOEICには厳しいハードルがあります。

それは、なにか。

まず、ビジネス表現の出題が多い事。

学生にとっては、ビジネス界で常識になっていることでも、理解するのが難しい事柄が多くあります。

二つ目には、スピード。英語も速いして、問題を解かなくてはならない時間もきわめて短い。

いままでの試験慣れしたスピードでは、なかなか対応できないことが多い。

最後は、リスニングが、冒頭にあり、しかも問題数があまりに多いこと。

エブリでは、こうした問題を克服するために、次の方法を取り入れています。

ビジネス表現について。

最新の問題に多くあたって、どのような状況を表す表現が多いかを検証していきます。

本来、TOEICという試験自体、海外に出かけて仕事をしようというビジネスピープルのための試験ですから、当初は、受験を考える人たちの中で、学生の占める割合は至って少なかったのです。

そのため、ある程度、経験者なら知っているが、学生には全く(といってよいほど)わかりにくい表現がよく出てくる結果になりました。

そこで、取り組んでほしいのは、問題だけではなく、訳文にも目を向けて、まず日本語で、与えられているのがどういったシチュエーション七日、しっかりと考えてほしい、ということです。

たとえば、リスニングなどでは、長い年月、会社で勤め上げた人物に対する記念品の贈呈式などがよく取り上げられます。これなどは、実際の英語をまず聞くより、どんな場面なのかきちんと理解すれば、ぐっと理解度が上がります。

次にスピードですが、この克服のためには、音読が大きな役割を果たします。

大切なことは、実際に出題されている音源を利用して、音読すること。

TOEICの問題集などで、リスニングの部分を、繰り返し聞き、どんな状況下が分かったら、離されている表現を、同じようなスピードで再現できるように、自分の口で言ってみることです。

こうした訓練をすることで、スピードに慣れ、今まで聞き取れなかった表現が自分のものとなり、ひいては、全体の成績が向上します。

そして最後がリスニングのウェイトが高いこと。

これに対応するためには、TOEICはスポーツのようなものだと割り切って勉強することです。

先ほども触れましたが、TOEICの問題は、状況が分かると、あとはかなり飛ばし読みをしても、正解を導くことはそれほど難しい事ではありません。

ですから、自習をするときでも、常に時間を測って、かならず既定の時間をはみ出さないようにすること。

こうした形の実践を、自分一人で行うことはとても難しい。

それをお手伝いして、実際に目標達成のお手伝いをさせていただいているのが、エブリのTOEIC講座です。

コースと個人レッスンと二つの方法があります。

もしご興味がありましたら、ぜひ一度、講師の説明と体験レッスンを経験してください。

Posted at 2016年10月07日 22時44分47秒  /  コメント( 0 )

音読で身に着ける英語の実践力(3)TOEIC編

何より大切なことは、、自分の体の中に、英語の音を保存すること。

子供の時に見たテレビ番組の主題歌って、頭の中に鮮明に残っていませんか。

その残っている音、歌はオリジナルを記憶してますよね。

英語も同じです。

英語の音を思い浮かべたときに、自分の声が出てきてしまう人が多いのです。

これだと、自分の声がモデルなので、なかなかうまくなりません。

練習していても、何がモデルなのかよくわからなくなります。

オリジナルの音声が頭に残っていれば、それを再生して聞けば、いつでもオリジナルに触れられるわけで、頭の中でくりかえし、口で言ってみるだけで、発音練習ができるのです。

このためには、まずオリジナルを繰り返し聞くこと。

頭の中に、CDを吹き込んだネイティブの息遣いまで、とらえられるようになったらしめたものです。

私も子供時代に、くりかえしある語学教材を聞いていました。

イントロの曲、日本語のあいさつとナレーション、そして実際の英語のやり取りまでが、頭によみがえってきます。

これができるようになれば、かなり英語は聞き取りやすくなります。

少しずつ覚えていくと、頭の中に、英語のかたまりができてきます。

この英語のかたまりは、文法が分かるようになると、きちんと分類されて、簡単に取り出すことができるようになります。

この「簡単に取り出して、いつでも言える」というのが英会話をする状態です。

毎週、英会話クラスに通っても、表現をきっちり覚えないと、なかなか使えるようになりません。

ネイティブの先生のクラスでも、もちろん繰り返し練習はします。

ただ、ネイティブの先生は、ご自分の中に、生まれてから今日までに蓄えた膨大なストックがありますから、そのストックの一部だけ入れ替えた新しい表現を身につけることにそんなに努力は要りません。

わたしたちは、そうしたストックがないので、慣れるまでは、ずいぶんくりかえさないといけない。

だから、レッスンごとに、同じ文を繰り返すことをお勧めするのです。

Posted at 2016年04月01日 10時33分26秒  /  コメント( 0 )

音読で身につける英語の実践力(2)TOEIC編

冒頭に「音読で」と書きました。

現在の受講される方の実力と、希望する達成レベルによって、音読で挑戦する領域は変わってきます。

でも、考え方は同じです。

説明しましょう。

もしあなたが、いままで、音読を活用して勉強してきたことがなく、英語にも自信があまりない、というのであれば、とりあえず、TOEIC問題集のリスニング問題。

特に、Part 2 Question=Response の部分に力を入れて、暗誦してください。

暗誦の方法は、つぎのとおり。

まず、該当の問題の英語を聞きます。

おそらく、英語の苦手なあなたには、瞬間的に終わってしまって、何が言われたのかすらわからないかもしれません。

とりあえず、集中して5回ほど聞いてみます。

これでわからないようなら、テキストの英語を見てみます。

一部分が聞き取れなかった場合には、これでたいてい解決する(つまり何が分からなかったかのあたりがつく)でしょう。

それなら、モデルと同じように速くいってみる練習をします。

できれば、自分の声を録音してみて、(つらいけど)オリジナルの英語と比べてみると効果があります。

もし、テキストの英文を見ても、どうしてそういう音になるのかわからない場合。

この場合には、わりきって、「こういう英文は、そういう音に聞こえるものなのだ」とあきらめて、その音と同じように、発音できるように練習する。

毎日5分でよいので、これをやってください。

大切なことは、必ず前にやったものを復習すること。

復習だけでその日は終わってしまうかもしれない。

ぜんぜんかまいません。

身体に音を植え込むのが目的なので、すこしずつでよいので、言えるようにしていくことが大切なんです。

こういう形で、毎日、復習の読みをしてから、次にはいるやり方で続けてください。

Posted at 2016年03月31日 10時16分25秒  /  コメント( 0 )

音読を使って身につける英語力(5)TOEIC編

現在、エブリでおすすめしているテキストは次の二つです。

ひとつはDHCから出ている「ニュース英語のリスニング」で、これは5-7行程度の実際のニュース英語を使っているもの。

関心を持てる話題が、大体1日で覚えられるコンパクトさで、全部で48のニュース・ストーリィがついていますが、完全にマスターされた方も何人かいらっしゃって、「大変だったけれど、後になって考えるととても役に立った」といっていただきました。

TOEICに関しても、大学受験を控えた女子高校生の方で、週2回、毎回、話を一つずつ覚えてくることという厳しい課題を課して、3か月の間に180点上昇、希望の一流大学への入学を決めた方も見えました。

この本の素晴らしいのは、音声が普通と速いの二つのバージョンがあって、どちらも速い。

これをやり続けていただくと、実際のニュースが、どんどん聞こえやすくなります。

当然です。

だって、日々のニュースって、そんなに大きく変わったことは報道されません。

天変地異にしても、テロ攻撃にしても、たいていはどこかで似たようなことが起こったことがあります。

固有名詞は変わっても、内容そのものはそれほど大きく変わらないので、繰り返し勉強していると、かなり知っていることが出てき始めるのです。

もうひとつは、以前、旺文社から出されていた「英語ではたらく人のための場面別ビジネス英会話」という本です。

これは、ビジネスの世界で、出くわすようなことを、15行程度の会話でまとめているもので、特に今までビジネスに慣れていない人たちにとって、常識的なことを教えてくれる良いテキストでした。

残念ながら、いまではなかなか手に入りにくくなってしまっていますが、本屋さんをまわられると、このタイプのテキストは何冊かあります。

なるべく、自分のレベルに合わせたもので、音声のついたものを選んで、繰り返し練習してみてください。

まとまったものがよいのは、ある程度、学習を進めると達成感が出てくることと、今までに覚えてきたものがすべて一冊の本に入っている便利さです。

この本についていることは全部知っている、というのは、実戦で英語を使う場合に大きな自信につながります。

憶えるもの自体はやさしいものでも良いので、確実に吸収するように努めましょう。

Posted at 2016年03月30日 11時13分45秒  /  コメント( 0 )

音読で身につける英語の実践力(4)TOEIC編

もちろんTOEICのテキストでの暗誦は役に立ちます。

ただ、せっかく暗誦するのであれば、次の要件に当てはまるものを選んでいただくとより有効です。

 嵶稱現検廚里茲Δ1文1文独立した内容のものではなく、あるていどまとまったストーリィのあるもの。

▲咼献優垢砲かわるもの。

自分が読んでいて楽しめるタイプのもの。

なぜでしょう?

,亡悗靴討いΔ函∋笋燭舛蓮大学受験の準備などで、こうした英文集をずいぶん覚えてきたはずです。

ところが、あまり役に立っていない。

ひとつひとつバラバラな文だと、なかなかそうした表現を使う状況に出合えない、ということがあります。

また、覚えにくい。

つまり、ある文を覚えたら、その後、まとまった話が芋づる式に続いて出てくる、というのが理想なんです。

それができると、自分一人でいるときに、まとまった内容を復習できるし、他の人と、その話をしているときには関連した表現を使って話を進めていくことができます。

さらに、大きな特典として、代名詞や冠詞、さらにはもっと難しい表現なども、流れの中でどう使うのかがよくわかってくるということが言えます。

ビジネス系ではないのですが、エブリの生徒さんで、「クマのプーさん」を暗誦教材に使っていた方がいます。

「プーさん」の話は子供っぽいけれど、英語そのものはちっとも子供っぽくないので、生き生きとした描写がとても上手になりました。

また、家の中のものや、森の中に出てきそうなものなどの言い方もずいぶん覚えたようです。

「星の王子様」の英訳版(原語はフランス語)を使っていらっしゃったかたもいます。童話ですが、人生の教訓に満ちた話なので、深い意味合いの英語が身についた、と言っていらっしゃいます。

音読を使うと、こうした効果も期待できるわけです。

Posted at 2016年03月30日 10時58分38秒  /  コメント( 0 )

音読で身に着ける英語の実戦力(1)TOEIC編

TOEICは日本人ビジネスマンが、海外に出たときに使うことのできる英語力をはかるのがもともとの目的でした。

現在では、学生の英語力を測るのにも用いられているのですが、本来はビジネス系。

これをよく表しているのは、実際の出題スタイルです。

写真を見て、正しい描写を選ぶ問題はそうでもありませんが、そのあとの会話返答選択問題、リスニングの出題内容を見れば、企業内でのコミュニケーションを想定しているのは明らかです。

今回、新形式導入で、改訂されますが、実際の出題がビジネス系コミュニケーションを中心としたものであることは、変化がありません。

したがって、TOEICで点数を取っていくためには、それなりの方法が必要になります。

TOEICの教材の難しさはそこにあります。

通常の試験であれば、文法問題は高校などの文法問題集を見ておけば済むのですが、TOEICの場合には、試験の出し方に、今まで述べてきたような偏りがあるため、文法の使われ方も、題材に慣れておかないと、勘違いをしてしまうことになります。

例を見てみましょう。

おなじみの文法問題です。

あたらしく改訂された公式問題集からの問題ですが、

AIZ Office Products offers businesses a ( ) way to send invoices to clients online.

(A) secure (B) securely (C) securest (D) secures

Secure ということばをみなれているビジネスパーソンであれば、解答を見つけ出すことはそれほど大変ではないかもしれません。

AIZオフィスプロダクト(会社名)はbusinesses (高校生ならほぼ引っかかります。仕事、ではなく企業という意味です)に対して、顧客に対して請求書(invoiceも、普通に勉強しているとあまり遭遇しない単語です。日常生活ではお目にかかることもよくありますが。。。)をオンラインで送る安全な方法を提供している。

というわけで、(A)は「安全な」という形容詞。これが正解。

(B)はlyでおわっているので副詞ですから名詞の直前には使えない。

(C)はestなので、最上級で、aとはそぐわない。

(D)はsでおわっているので、動詞の3人称単数現在形。

たしかに、仕事などでは頻出することばでもあり、知っているのが当然だ、といえるかもしれません。

ただ、実際に、高校生の学力試験として使われるのにふさわしいかというと???と思ってしまいます。

そこで、どうすればよいのか。

Posted at 2016年03月30日 10時16分09秒  /  コメント( 0 )

TOEIC受験のための参考書

「英語で働く人のための場面別ビジネス英会話」をご紹介します。

これは旺文社から出されているCD付の英語会話教本なのですが、実際に使ってみると、TOEICの点数を挙げるのに効果があることがわかりました。

この本の特徴を一言でいうと、ビジネスの各場面で一般的に必要とされる英語による会話が、一通り想定された教材である、ということです。

NHKラジオで評判の杉田敏さんの「実践ビジネス英語」はたいへん良い教材なのですが、内容が高度に過ぎて、ひとつひとつのお話がかなり長いのです。
もちろん、TOEICで900点以上を目指している方にとっては、大いに参考になります。

それと比べて、こちらの教材は、むしろ基本的なビジネスというものの考え方と身に着けるのに向いています。

それぞれ2−3行の文章が、二人の登場人物の間で数回やり取りされる、という形式ですから、量的にもそれほど多いものではありません。
それぞれの英会話レッスンのあとには、必須の単語が挙げられていますが、これも特殊なものではありません。
ビジネスでなくとも、日常的な会話でよくお目にかかることばです。

特に参考になるのは、履歴書をはじめ、スピーチの仕方といった、実用的な知識がコンパクトにまとめられているところ。
もちろん、こうした内容は、専門的な書物が多く出されているのですが、一通り、そのようなものかを知っておくには欠かせないと思います。

この本が向いているのは、まずビジネスに疎い高校生や大学生で、TOEICを受けなくてはならない人。それから、業務でまったく英語を使う必要のない人で、TOEICに挑戦しようという人。こうした方にとっては、手早く最低限の必要事項を身につけられる点で、お勧めの一冊です。
「英語で働く人のための場面別ビジネス英会話」旺文社 1800+税
田口執筆の英検タイムズ「英検対策講座1級」はこちら

Posted at 2012年04月06日 22時49分07秒  /  コメント( 0 )

TOEIC対策(part3&4)

高校や大学の学生がTOEICに取り組むときに、大きな障害になるのはビジネス用語です。
読めばわかる言葉でも、聞きなれていないと想像がつきません。
TOEICを例にとると、リスニングのPart 3とPart 4 とがそれにあたります。
初めて聞いた時には、何が言われているのかさっぱりわからず、途方に暮れてしまうという人も少なくありません。

ここでお勧めの勉強方法は、ディクテーションです。

わたしたちは、どんな試験でも受験前に問題集を買って準備をします。

問題集をやって、答え合わせをするのは、だれでもやるレベルです。

ぜひ利用してほしいのは、一度やって、うまく答えられなかったところ。

リスニングの場合、試してほしいのは、イージーリスニング的に問題を聞くこと。

毎日、少しずつでもよいですから、わからなかったところを繰り返し聞きます。

こうしているうちに、だんだんとわかるところが増えてきます。

もちろん、いくら聞いてもわからないところは残りますし、音が聞き取れる場合でも意味が分からない場合もあるでしょう。

こうしたときには、ある程度繰り返したら、あきらめて覚える。

「こういう音の時にはこういう意味なんだ」と考えることにしましょう。

現在、高校生の方にTOEICを教える機会があるのですが、実は、TOEICに関しては、ある程度自習していただくしかないところがあります。

経験的に学習せざるを得ないところがあります。
大変ですが、がんばりましょう。

Posted at 2012年03月10日 19時40分29秒  /  コメント( 0 )

JAPAN: One Year Later

タイム3月12日号の記事から。訳しにくい部分です。
1段落。Cars no longer dangle from the upper floors of tottering buildings.
車は、ぐらついたビルの上の階からもうぶら下がってはいない。
2段落。The extraordinary resilience and cohesion of Japanese society helped the nation cope with the unprecedented triple disaster (…) that struck a year ago.
日本の社会の並外れた復元力と団結力は一年前に襲った前例のない3つの災害にこの国民が対処するのに役立った。
3段落。Yet, a year on, 3/11 has not been that hoped-for catalyst.
しかし1年たってみると、3/11はそうした、期待されていた刺激にはなっていなかった。
5段落。Postcrisis Japan seems no more willing than precrisis Japan to confront three deep-rooted—and interrelated—cultural challenges.
震災後の日本は震災前と同じ程度にしか3つの根の深い、しかも連動した文化的な難問に立ち向かう意思を持っていないようである。
(この後、少子化、女性が職場で重要視されてこなかったこと、そして英語に対する苦手意識から海外進出する日本人の少なさについて言及していきます)
6段落。The number of children born per Japanese woman is 1.39, far below the replacement ratio.
日本の女性1人当たりの子供の数は1,39人で、人口を維持するには程遠い。
8段落。Japan’s failure to integrate women into the workplace, fused with its aversion to immigration, compounds the economic consequences of a shrinking labor force.
日本が、女性を職場における主戦力として扱ってこなかった事実は、移民に対する嫌悪感とともに、労働力の縮小という経済的に重大な結果を生み出した。
9段落。Japan’s biggest corporations once sent their best recruits to top U.S. universities to obtain M.B.A.s. Hardly any do so now.
日本の大企業は出来の良い新入社員をアメリカの一流大学に送り出してMBAを取らせた。
今では、ほとんどそうするものはない。
10段落。Manufacturers have shifted production to weekends to ease strain on the grid.
製造業者は生産活動を週末に移動して、電力の負担を減らしてきている。
11段落。Japan (…) is like the literary genre zuihitsu, “following the brush”:random, abstruct, with no clear narrative.
日本は、随筆という文学の分野に似ている。「筆の運びに従う」つまり原則がなく、抽象的で、はっきりとした説明はない。

果たして、タイム誌の「日本診断」は的を得ているのでしょうか。

Posted at 2012年03月08日 21時52分45秒  /  コメント( 0 )

TOEICにおける英文法

TOEICの受験を考えている人たちで、あまり文法を重要視していない方がいらっしゃいます。
でも、それでは、なかなかあと一歩の向上に結び付きません。

リーディングの部分の最初のpart 5 の101−140が文法的要素をかなり含んでいるのは、よく指摘されることです。

たとえば、both A and B であるとか、either A or B といった表現が出てきます。
これは、接続詞をやっておけば、必須で登場する表現です。

時制の問題もよく出ます。現在形、過去形、現在完了、過去完了といった選択肢の中から正しいものを選びます。

よく出るのは品詞の問題です。動詞、形容詞、名詞、副詞と、品詞によって変わる同一語源の単語が出てきます。

141−152までのpart 6の問題もpart 5同様、文法色は濃い。

153以降の長文でも、文法力は役に立ちます。

もちろん、ここでは、文法の知識だけで処理できるわけではないのですが、同じ意味を別の表現で言い換えたり、少し遠回しな表現で言ってみたり、という中から選択肢に共通する部分を探し出すには、ある程度、瞬間的に意味を理解する文法力が必要です。

もちろん、日ごろから英語に親しむことも大切ですが、高校生向け、受験向けの文法問題集(本格的なものでなくても、薄いもので十分ですから)取り組んでおくと、意外なところで助けられることが多いのです。

英語のボキャブラリーについても言えることですが、ひと通り勉強したあと問題を見てみると、先ほど学んだことが出ているのに気づくものです。
TOEICの準備のプロセスに、ぜひ、文法の勉強も加えてください。

Posted at 2012年03月07日 23時26分39秒  /  コメント( 0 )

 1  2  | 次へ