英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー
英検

農民は農薬の利用をやめるか?

農民は農薬の使用をやめるか?

今度は反対意見です。

(農民は農薬の使用をやめるか:否定側)
More farmers will produce fruits and vegetables without chemicals in the future.

I do not think more farmers will produce fruits and vegetables without chemicals in the future for the following three reasons; efficiency, labor and cost.

First, when we think about efficiency, we had better use chemicals.

The pesticides we use are carefully examined by the government.

According to the Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries publishes in its website that the chemicals approved by the government are safe as long as the farmers observe the regulations.

The pesticides and other chemicals guarantee the amount of harvest and safety of products.

Second, the chemicals can save our labor.

For instance, our ancestors were busy taking off weeds and preventing their crops from being infected with some diseases.

Today, on the contrary, we should not take much time to weed out nor take care of our crops simply because the chemicals do these things.

Thanks to the chemicals, we can efficiently produce delicious fruits and vegetables.

Finally, the costs of these chemicals are getting cheaper.

Since the science developed greatly, they can make chemicals in great amount and inexpensive.

The cheaper we can grow products, the cheaper we can sell them to customers.

For the reasons mentioned above, I believe that farmers will not give up using pesticides and chemicals.

Posted at 2018年08月22日 10時29分51秒  /  コメント( 0 )

農民は農薬の利用をやめるか?

農民は農薬の使用をやめるか?

少し前の英検の問題で出題されたものです。

一応、1級のスタイルで書いてみました。

(農民は農薬の使用をやめるか;肯定側)
Farmers will stop using chemicals when they grow fruits and vegetables in the future?

I think farmers will stop using chemicals in growing fruits and vegetables in the future for the following reasons; safety, healthy and big potential.

First, I would like to mention safety.

We have already experienced a lot of serious diseases because of chemicals for farming.

For instance, we saw many diseases were caused by farming chemicals.

At first, they were considered as unknown diseases, but soon or later, it became clear that they were caused by pesticides.

Also, everybody knows how harmful these chemicals are.

Many homicides have been committed using these chemicals.

The most important thing is that these chemicals are toxins not only for insects, weeds, but also for human beings as well.

Second, people wish to be healthy all through their lives.

What we call organic food is produced without using chemicals and pesticide.

As a result, we can trust the quality of these foods.

We have used chemicals in farming for a long time.

Some experts claim that we have never suffered terrible diseases and other problems.

But look at some farming areas.

We do not see any insects and tiny animals. Why not?

It is simply because they were killed with pesticides.

I strongly claim that organic food without using chemicals are healthy.

Since more and more people began to be interested in growing organic foods and think about how to grow fruits and vegetables effectively.

In this way, we can make crops easier than ever.

I believe more people will start growing organic food together with the farmers today.

I conclude that more and more farmers will produce fruits and vegetables without chemicals.

Posted at 2018年08月21日 10時29分21秒  /  コメント( 0 )

準1級への基礎工事

準1級への基礎工事

2仔匹砲弔い匿┐譴討きます。

わたしたちがまだ子供だった頃には、中学校の英語の授業は、ほとんど読むことが中心でした。

わたしは、あまり英語が好きではなかったのですが、わかってもわからなくても、繰り返し音読させられた経験だけは覚えています。

幸か不幸か、わたしが初めて出会った英語の教材が、父の使っていたリンガフォンというレコード中心の教材でした。

屋根裏部屋(なんてのが昔はありました)で、レコードとプレーヤーを見つけ出して、わからないなりに毎日聞いていました。

学習指導書とテキストがありました。

学習指導書を見ると、何度も繰り返して聞け、と書いてありました。

暇だったこともあり、本当に何回も繰り返して聞きました。

レッスン1を、どのくらい聞いたら次に進めばいいかわかりません。

結局、飽きるまで聞きました。

お蔭で、いまだにレッスンワンについては、頭の中にナレーターの声が残っています。

レッスン2からは、さすがに飽きてきたせいもあり、繰り返しの頻度は減りました。

やがて、中学校の授業が始まると、リンガフォンの発音と、先生の発音とのギャップに嫌気がさしてしまうというおまけがつきました。

後になってみると、このことが重要な意味を持っていました。

中学校1年の始まりから、NHKラジオの英語学習番組を聞いていたのですが、自分の利いていた番組のすぐ後に始まる松本亨先生の「英語会話」という番組を一度耳にして、その見事な発音に驚きました。

リンガフォンと松本先生の発音を繰り返して聞いたことが、人生を大きく変えてしまいました。

Posted at 2018年08月04日 19時21分00秒  /  コメント( 0 )

準1級への基礎工事

準1級への基礎工事

英検準1級の試験は、大きく分けて、ボキャブラリー、長文、英作文、リスニング、そして2次試験の面接からできています。

ボキャブラリーは、それまでの勉強に対して、かなり負担の多いものになると言ってよいでしょう。

いままでに接してきた単語は、教科書のレッスンなどでもよく目にする、具体的なものでした。

これに対して、物の考え方に関する、やや抽象度の高い単語が出てきます。

具体的にこれはこうしたものだ、と指し示すことが難しいものですね。

こうした部分は、すこしずつ、こつこつと進めていくしかありません。

今までも何度かお話ししてきたことですが、英英辞典を通じて、より正確に、英語の意味をつかむことが大切です。

単語集を見ても、目新しい言葉が多いので、辞典を使って、例文も併せて覚えるようにすることを心掛けましょう。

この間も、エブリのレッスンを長らく受講してくださっている大学生の方と話す機会がありました。

この方は、いまアルバイトで、高校生の方を教えていらっしゃるそうですが、音読や暗誦を苦手だと考える人が多い、とおっしゃっていました。

学校でも音読の機会は数えるほどもないようです。

また、特に理系を目指す人に多いのですが、覚えるよりも、考えることによって、公式などを導き出すほうが便利、というタイプの人もいます。

ただ、英語はことばなので、わたしたち全員が、ほんの小さな幼児のころにやっていた丸暗記が有効なのです。

音読についても、また詳しく書きたいと思っています。

Posted at 2018年08月03日 19時00分00秒  /  コメント( 0 )

準1級への基礎工事

準1級への基礎工事

 ̄儻―1級は、学校英語から標準英語への橋渡しをするレベルの試験です。

標準英語とは、世の中で用いられている英語と言い換えてもよいでしょう。

わたしたちが、日本語で新聞を読んだり、テレビのニュース番組を見たりするときに必要となる英語力のことです。

週刊誌の記事を読んでいて、わからない語句や、表現にであっても、わたしたちは辞典を引いたりすることはまずありません。

それでいて、毎日、新しい情報に接して、その問題について、同僚と話し合ったり、意見を述べたりします。

これが、準1級の要求する「標準英語」といっていいでしょう。

もちろん、標準英語への橋渡し、のレベルであるわけですから、これで十分、ということではありません。

十分、どころか、これだけわかってくると、目の前には知識の大海原が広がってくるのです。

新聞を手に取れば、政治や経済の話になり、また宗教や科学の話になります。

政治では、問題に対する国の首長の対応の是非を問うことになり、経済では、最近のインターネットを通じての通過の存在が論じられます。

こうした話題にも、これから対応できるようになる。

これが準1級の目指すレベルだ、ということになります。

Posted at 2018年08月02日 18時57分57秒  /  コメント( 0 )

単語が分かれば英語はわかるか?

単語が分かれば英語はわかるか?

When he subsequently attempted to infect the other plant in each pair, those with mycorrhizae were far more likely to resist the blight,

「次に彼がそれぞれのペアのもうひとつの方に(べと病を)感染させてみたとき、菌根ネットワークにつながっている方は、病気に対する抵抗力が強いようだった。」

というところまで読んできました。

それにつづいて、

and the ones that did become infected exhibited less severe symptoms.

とつながります。

まず、and 以降の部分で、主語はどこからどこまでなのでしょうか。

一見、the ones that did かな、と思わせられますが、矛盾があります。

did のうしろに become があることです。

文全体が過去形で書かれているため、ここでの become は原形のはず。

だとすると、直前の did は、助動詞 do の強調で、強調されているのが become だと考えるのが妥当でしょう。

したがって、become infected を強調したものであって、ここまでが主語となります。

「そして、感染した方は」ということでしょうね。

それにつづいて、exhibited less severe symptoms. が VO だと考えれば筋が通ります。

つまり、後半部分の意味は、

「そして、感染した方は、対して深刻な症状は示さなかった」

と考えればよいでしょう。

このあたりの構造は、関係詞that そして、did become infected という動詞のつながりなどを読み解かなくてはなりません。

これだけが例ではありませんが、単語も難しいのですが、それだけではなく、かなりの文法理解力が必要であることはお分かり頂けたと思います。

Posted at 2018年07月10日 14時27分44秒  /  コメント( 0 )

英検1級・植物の隠された生活

英検1級・植物の隠された生活

菌根と植物の関係を描いた長文のお話です。

ある実験で、示されている事実とは?

「菌根ネットワークは、害虫の攻撃よりも、病気のウイルスなどに対して攻撃的である」

「病気の予防は、植物が菌根ネットワークとつながっていないほうが有利」

「菌根ネットワークは、トマトの木を病気から防ぐ能力があるが、他の種から害虫を引き寄せる」

「一つの植物を犠牲にして、ネットワークのほかの植物を病気から守る」

今まで見てきた事実と矛盾しているものもありますが、どれも、本当ならおもしろいことばかりですよね。

そこで、本文。

今度出てくる科学者は、トマトで実験をします。

ペアのトマトを2つのグループに分け、ひとつは菌根とつながり、もう一つはつながらないようにします。

そのペアの、それぞれひとつに病気を感染させる。

すると、菌根とつながっている方は、免疫が強くなっています。

さらに・・というわけで、もっとユニークな、特質が明らかになっていくのですが、このあたりが1級英語の醍醐味です。

ひとつひとつの文を正確に理解する作業は、辞典を引いて、意味を当てはめていくだけではうまくいきません。

ひとつは、意味を正確に取るための文法力。

そして、単語の意味の広がりを知るためには英英辞典が役にたちます。

さらに、文の全体像をつかむため、きっちりとメッセージをつかむことも大切。

また、選択肢の中から、一番大切な部分を取り出して、長文の問題文と比べてみることが、必要です。

1級って、本当に面白い試験なんですよ!!

Posted at 2018年07月07日 07時42分39秒  /  コメント( 0 )

Does the government spend taxpayers' money wisely?

Does the government spend taxpayers’ money wisely?


I believe the government spends taxpayers’ money wisely for the following two reasons; welfare system and protection of disasters.

First, let me point out a welfare system.

Though the widening gap between the rich and the poor is getting worse, still we have some systems to help people who are suffering from the lack of money and financial support.

When we have no money to support our life, the government has a system to offer job training and accommodation for the poor.

At least, Japan does not have so many people starving to death.

Next is the protection of disasters.

No wonder it is difficult to predict national disasters such as the earthquake, flood, storm, and so on.

What is important is how quickly the life will be normal.

Right after the earthquake, flood, storm and any other disaster, SDF and police immediately come to the devastated areas and help people and work hard to restore the system.

In fact, right after Osaka earthquake, electricity, gas, and transportation were quickly restored except a few places.

I believe citizens do not have much dissatisfaction about these quick reactions of local governments.

I conclude that the government is working hard to keep people safe and happy.

Posted at 2018年07月06日 14時18分23秒  /  コメント( 0 )

英検1級・植物の隠された生活

英検1級・植物の隠された生活

Mycorrhizae (しいて言えば、マイカライザ、というのが、読み方ですかね)が菌根にあたることばです。

さてこの菌根、興味深い性質を持っているのです。

まずは、右ページの問題です。

「Suzanne Simard (スザンナ・シマード)さんの「カバの木」「モミの木」に関する実験の表しているものは何か」

選択肢は「カバノキは年間を通じて菌根に(モミの木より)依存している」

「葉っぱがないと、菌根のネットワークがよわくなるので、モミの木は、カバの木よりも環境の有害な気体の影響を受けやすい」

「一つの種では、欠けてしまう栄養素が菌根のおかげで利用できる」

「菌根と植物の関係は、どれほど植物が、菌根に貢献できるかによる」

まるで、植物学者になったような気持ちですね。

二つ目の段落では、ある実験で、栄養素が、菌根経由で植物のあいだで移動するらしいことが分かります。

つまり、選択肢の三番目が、正解、ということになります。

この実験の説明が、詳しく書かれていて、非常に興味深いところがあります。

以前、1級には、カエルの生態の話も出題されていて、それによれば、病気などの広がりで、絶滅した、と思われていたカエルが、実は生存していた。

その理由は、カエルが、病原菌を打ち負かすために、たとえば、水温の高い池に住処を変えた例。

また、カエル自身が、体温を上昇させた例といったものが出されていました。

これも菌根の話と似ていて、生物たちが、わたしたちには想像できないような手段を使って、自然界で生き延びていくさまが描かれています。

おそらく英検1級の出題をされていらっしゃる方の中には、こうした話題に詳しい方がいらっしゃるのでしょう。

新しい知識を、百科事典などで手に入れるのにも似た、わくわく感がありますね。

Posted at 2018年07月06日 07時26分20秒  /  コメント( 0 )

英検1級・植物の隠された生活

英検1級・植物の隠された生活

2017年度第3回、つまり今年の1月に実施された英検1級の問題には、このような長文が出題されていました。

みなさんは菌根をごぞんじですか?

土に生えている植物の根元を掘ってみると、その植物の根っこに絡みつくようにして、糸というか、繊維のようなものができています。

これが、菌根です。

実はこの菌根と、植物の関係は、密接で、非常に興味深いものがあります。

最初の質問は次のようなものでした。

「どのような形で、菌根は植物にメリットを与えているか」

選択肢は、「周りの土壌の構成を変えている」

「光合成のスピードを速める」

「土からより効率的に栄養素が吸収できるようにする」

「植物が、そうでなければ失われてしまう栄養素をリサイクルできるようにする」

実際にパラグラフをよんでみましょう。

「植物の生えている土を掘ってみると、長くて糸のような菌類が根っこに絡まっています。

これが菌根で、植物と菌類の双方にとって有効なものです。

植物の根は、栄養を吸収しますが、この細い菌類は、植物の根だけでは作り出したり、利用できない土壌のあらゆる部分を活用します。

リンや窒素といった栄養素を植物に与えて、みかえり(?)に光合成でえられる糖分をもらうのです」

ここまで読んでくれば、答えは3つめ、「土壌から、効率的に栄養素を吸収できるようにする」

それでも、たとえば「菌根」とか、「土壌」「りん」「窒素」といった用語が、頻出するので、実際に書かれている意味を正確につかむのは、なかなか大変。

でも読んでいくと、知識の得られる喜びが、大きいですよね。

Posted at 2018年07月05日 07時25分44秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  | 次へ