英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー
日々の出来事

ヤバイ話!ハムスターが共食い??

こんな話が、ジャパンタイムズの科学欄に載っていました!

A diet of corn is turning wild hamsters in northeastern France into deranged cannibals that devour their offspring, alarmed researchers have reported.

ぞっとしますね?

訳は次の通り。

「トウモロコシのエサを与えられているフランス、北東部の野生のハムスターが、自分の子供まで食べてしまう狂った共食い生物に変わってしまった!という衝撃の報告が研究者からなされた」

というわけで、この情報を提供しているのは、Alsaceにある、「環境保護研究センター」の所長さん。ヨーロッパのハムスターの専門家の方らしい。

「我々のハムスターの生息地は、ひどくなっているようだ」

さらに東に行くと、被害は多いようです。

The findings, reported in the British Royal Society journal Proceedings B, finger industrial-scale monoculture as the culprit.

「Proceeding B という雑誌を出しているイギリスの王立の組織では、産業でうみだされた単一の種が問題の原因らしいと報告している」

昔は、いろんな穀物や、根っこ、あるいは昆虫などを食べて生活しいた、穴に住むげっ歯類ですが、最近では、次の代まで続かない、一代かぎりの(遺伝子調整済みの)トウモロコシを餌にしているらしい。

このおかげで、ハムスターたちは、他の種類の食べ物を食べる機会がなくなってしまっているそうです。

すると、ビタミンB3,つまりナイアシン(ニコチン酸といわれる)が不足してしまうらしい。

実験室で、穀物や、トウモロコシを主体とするエサを食べさせているハムスターと、クローバーや、芋虫を食べているハムスターとを比べた記録もあります。

子供の生まれる数には変わりがないですが、生存率が全然違うらしい。

穀物とクローバー、あるいは穀物と芋虫で育った親の子供のうち、5分の4は、離乳している。

ところが、コーンを食べているほうは、わずか5パーセントしか、生存していない。

ここからは、筆者の意見ですが、遺伝子組み換え食品のような感じがあるのかもしれません。

それにしても、生存率があまりにも違いすぎるし、それも共食いの結果、というのでは、救われません。

→このような、びっくり記事をはじめとして、日本語の新聞にはなかなか載らない、英語情報や、日本の事象に関するユニークな見方を紹介して話し合うクラスがあります。

毎月第2、第4水曜日は、「タイムを読む」と題して、英文雑誌タイムを利用して、和訳、英語での解釈をするクラス、

第1、第3週は英字新聞の記事を和訳、そのあと、ディスカッション(英語)するクラスを実施しています。

時間は、毎週午後1時ー2時30分、料金は3000円で、入会金はいりません。

ご興味ある方は、ぜひお問い合わせください。(電話 052−934−1030)

Posted at 2017年01月30日 20時39分43秒  /  コメント( 0 )

日本人がバランスを取るのに役に立つ

ニューヨークタイムズから。

Helping Japanese students find balance. まさに「日本人学生がバランスを取るお手伝い」ということになりましょうか。

「自宅では、日本の学童たちは、家族の昔からの期待と、現代社会での現実とのバランスを取っています。」

「学校では、数学や漢字などの科目のバランスを取っています。」

何となく、何をこれから語るのだと思わせますが・・

But it is at recess where they really balance--on unicycles.
(しかし、休み時間になると、彼らは本当のバランスを取るのです--つまり一輪車に乗って)

というわけで、現在、子供のバランス感覚を育てるために、文科省が推奨している、一輪車のお話が始まります。

The Ministry of Education, as part of its recommendations for physical development, recommends that schools supply unicycles, bamboo stilts, hula hoops and other equipment that promotes balance and core strength.
(文科省は子供のバランス感覚と体幹の増進のために、各学校が、一輪車、竹馬、フラフープといった器具をすすめている)

宝くじ協会が、公立学校に対して、2000台の一輪車を寄付したことも相まって、現在、日本では、全小学生対象の、一輪車選手権まであるそうです。

そこで、方かになって校庭に飛び出してきた小学生たちが、どのように一輪車で遊んでいるのか、が描かれています。

Some children were just learning, clinging to monkey bars or the shoulders of friends.
(子供たちの中には、まだ覚えているさいちゅうの子たちもいて、ジャングルジムにつかまったり、友達の肩につかまっている子もいた)

Others sped fluidly across the playground for more than 20 yards at a time.
(そのほかの子たちは、すばやく走って、一気にグラウンドを7メートルくらい進んでしまう)

Pairs of girls twirled around, arm in arm and perfectly balanced.
(友達といっしょに、手をつないて、完全にバランスを取ってくるくる回っている少女たちもいる)

No one wore a helmet or kneepads, and the few adults on the playground left the children alone.
(誰もヘルメットやニーパッドはしていない。グラウンドの大人たちは数人しかいなくて、子供たちは自由に走り回っている)

One of the school nurses, Kumiko Hatanaka, said that in three years of working at the school, she has treated only one or two injuries caused by unicycle riding.
(学校の看護師のハタナカ・クミコさんによると、3年間、この学校で勤務しているけれど、一輪車が原因のけがを治療したのは、わずか1,2回のけがだという]

さいごに、富山大学の付属中学で教えているアメリカ人教師、マシュウさんのコメントが載っています。

「わたしは、アメリカでは見たことのないもの(一輪車のこと)をすることに、子供たちが挑戦し、また奨励されているのを見ました。いろんなものが危険だと考えられるので、私の国では奨励していないのですが」

Posted at 2016年11月23日 10時24分46秒  /  コメント( 0 )

いざ、という時の心がけ

高校生だった頃に火事を経験しました。

当時、通っていた学校では石油ストーブが使われており、たまたまその日は、風が強く、ガラスが何かの拍子で割れてしまったのでした。

たまたまある先生が授業のとき、寒いから、窓をベニヤでふさいでおけ、と指示されました。

先生としては、その時だけの応急処置のつもりだったでしょう。

でも、男子生徒の多いクラスで、だれも応急処置を丈夫な形にはせず、そのまま、放置しておりました。

休み時間になると、みんな気にせず、ストーブの周りに群れて、プロレスごっごのようなものに興じておりました。

こちらは早弁をしておりました。

放火時間です。

突然ガシャンという音がして、足元に油がつつっと走りました。

そしてそれを追いかけるように炎が・・・。

振り返ると、クラスの後ろの生徒たちはすでに教室の外に飛び出しており、一人だけ(たぶん彼がぶつかってストーブを倒したのです)必死になって火を消そうとしています。

すでに学生服にも火がついて、消せる状態ではないのですが、本人は必死になっていました。

目がつりあがってしまって、別人のようです。

仕方がないので、友人と彼を引きずるようにして教室の外へ。

そこへ、次の授業の先生がやってきましたが、この先生が、とっても怖い先生だったため、みんな「火事だ!」と知らせることもできず、静かに校舎を出て行ったのでした。

自分たちは、ある意味、危なく助かったわけですが、そうした自覚もなく、成長しました。

のちに教員になり、9月の消火訓練を担当するようになって、この教訓を生かせたらな、とよく雑談に取り上げるようになりましたが、改めて考えてみないとなかなかこうしたときの対処はわからないものです。

火災でもそうですし、その他の災害でもそうだと思いますが、頭で知っていることでも。実際にそうした状況に置かれると案外体は動かないものです。

一度は頭の中でシュミレーションをしておきましょう。

Posted at 2014年04月14日 19時24分18秒  /  コメント( 0 )

100分de名著「老子」

「上善如水」(じょうぜんみずのごとし)という言葉があります。
手元にある「マンガ老荘の思想」(講談社+α文庫)によると、
「徳のある人はまるで『水』のようである。
水には3つの特性がある。
第一に水は万物を育て養う。
第二に水の性質は柔くて弱い。自然に従い争うことはない。
第三に水は人々の嫌がる低いところへ流れる。水は低いところへ流れ、徳のある人は人の下に甘んずる」

このことばは、「老子」の一節だそうです。

水曜日の夜11時から25分間放送される「100分de名著」は、4回がワンセットになって、一つの古典を読み解く番組です。
5月は中国古典の「老子」でした。
老子は楚で公務員だったらしいのですが、楚が政治的に不安定になると、国を出て、ある関門に通りかかったそうです。このとき、関門の担当官だった人物が老子の弟子だったらしい。去ってしまうなら、先生の教えを書き私に残してください、ということで、5,000字ほどの文章を書いて、姿を消してしまったとのことです。
これが、「老子」の原文とされます。

融通無碍、というか、とらえどころのない、楽な生き方のすすめです。l
聞いていくと、「逆転の発想」というか、ゲストの方が言っていたように「バカボンのパパ」的な発想のある本だとわかりました。
たとえば、「こだわらない」ということについて、むずかしい言い回しも使いつつ書かれているのですが、ゲストのドリアン助川氏(詩人)によれば、「これでいいのだ!」というあの名文句になる、といいます。

さきほどの「上善水のごとし」もそうですが、こだわらず、飄々としたい着方を勧める「老子」のあり方は、ああしなくては、こうあらねば、と規範の多い現代にはまれな、おもしろいあり方だと思います。

こんな風な気持ちで英語に取り組めば、少し気が楽になるかもしれません。

Posted at 2013年06月02日 23時35分49秒  /  コメント( 0 )

Powerful message for women

TIME magazine (March 18) published an essay by Sheryl Sandberg claiming that the writer wanted her fellow women to work powerful in their workplace.

Sandberg points out that women are always getting the message that they have to choose between succeeding at work and being a good wife and mother. By the time they enjoy lives in college, they think about balancing those two things. According to a survey done in Princeton’s class in 2006, more than six out of ten women predicted the balance of work and family while only 33 % of men expected a conflict. Because of this gap, the predictable results are produced; only 40 % of professional women return to work full time after taking time off for their family.

But, says Sandberg, women do not a big decision to leave the workforce. Instead, they make small decisions throughout the life. For instance, many women, thinking of having a family, do not try hard to involve themselves with important tasks in the workplace. These attitudes, however, sometimes make them feel unfulfilled when they return to the former working place.

Her suggestion to all the working women is that; Stop trying to have it all. When she was working in an office, she could not leave the office while others were working. Then one day, she decided to leave without caring so much about her co-workers except when they had important meetings. She found that done is better than perfect. If you want to be perfect all the time, you will get tired. So don’t want to be perfect all the time. That is an impossible illusion. Take a rest before you fall down under the pressure.

Workplace is still biased and women have to work hard to overcome these discrimination. For those people who work hard, this essay will encourage
and empower you.

Posted at 2013年04月04日 14時08分09秒  /  コメント( 0 )

手持ちの英語を発信型に変える

TOEIC式の聞いたり読んだりする英語力をいかにTOEFL型の発信型英語力に変えていくか。
これは私たちにとって大きな課題です。

私がおすすめする方法は次の通りです。

まず、正しい英語をきちんと覚える。
ネイティブの英語の音源は山ほどありますから、どれでも自分がある程度分かって、面白いと思えるものを選択する。
これを繰り返し音読し、ある程度まで自分のからだに定着させる。
定着という言葉の意味は、いつでも再現できる、ということです。

次に、ある文を自分が今までに学んだことのある英文で言い換えてみる。
たとえば、When George became thirty-five, he bought a small plane and learned to fly it. (Elementary Anecdotes in American English) という文があったとします。
これを聞いて理解できるところまでいったら、次に繰り返し読んで、何も見ないでもいえるようにします。できれば情景を思い浮かべながら言ってみるとよいでしょう。
で、この文を言い換えます。Georgeの立場で言い換えてみます。
Finally, I turned thirty-five. I decided to make my long-time dream come true. In fact, I worked hard for 15 years to realize this dream; owning a small plane. Then I took lessons on how to control a plane. To my pleasure, I was very good at it and soon I became a skillful pilot.

いくつかアレンジした部分はありますが、この練習によって、間違った英語を使ってしまう可能性は減りますし、英語的な考え方をある程度維持しながら英文を作り出していくことができます。

ここまで凝らなくても、最初の文に質問をしていくことはできます。
What is the name of the main character?
How old is he? What did he do when he became thirty-five?
After buying a plane, what did he do?
こうした質問に自分で答えていくだけでも発信型の英語が身に付きます。

Posted at 2013年04月04日 10時39分04秒  /  コメント( 0 )

TOEICからTOEFLへ

中日新聞が3月23日、24日に国家公務員試験にTOFELが導入されることや、大学受験でTOEFLが検討されていると報道しました。

最近、TOEFLという英語の試験が注目されています。
TOEICと違い、この試験では、特に発信力に力点を置いています。
TOEICは、写真の情景を描写した4つの文から正しいものを選ぶ形式の出題をします。TOEFLでは、情景を英語で説明することを要求されます。
TOEICでは英文の記事など読んで、それに対する質疑応答に選択肢で答えます。
TOEFL受験者は英語のレクチャーを聞き、その要約や、反論をします。

TOEFLはアメリカ留学を希望する人たちが受験する試験で、以前は形式的にはTOEICに近い出題の仕方をしていました。たとえば、文法的に正しい表現を選んだり、長文を読ませて、内容にふさわしい選択肢を選ぶ、というものです。

9/11以降、TOEFLはそのスタイルを大きく変えて、先ほど説明したスピーキング、ライティング重視のものに生まれ変わりました。その原因としては、正確な受信力(理解力)を重んじる従来の形式に比べ、発信力には、多かれ少なかれ個人の考え方が反映されるものだからでしょう。
アメリカ政府のやり方に対して肯定的であれ、否定的であれ、文法問題の解答は変化しません。でも発言となると、ワインやシャンペンがいっぱい並んだ食卓に批判的なとらえ方をする人もいるでしょうし、そういうニュアンスが、いくつかの場所ではっきり出てくることが多くなります。

皮肉なことに、日本では以前の文法重視のTOEFLが、個々の大学生の英語単位修得の必要性を判断する目安として用いられているという情報もあります。
日本で英語を学んだ学生にとっては、自由な発言を求められるスタイルの試験よりも、文法重視の答えの決まっている問題のほうが取り組みやすいのかもしれません。たまたま大学側の要求する英語力判定にぴったりあったのが理由かもしれません。

いずれにしても、わたしたちにとっては、どちらかというと苦手とするタイプのTOEFLが受験戦線に登場してきたことは、ますます英語の学習を確固としたものにする必要があることを意味していると思います。

Posted at 2013年04月04日 10時37分41秒  /  コメント( 0 )

さよならドビュッシー

思いがけない火事によって、仲の良かったいとこと、祖父を失ってしまった高校生の少女の物語。

自分も全身に大やけどを負ってしまい、意識が戻るまで、何日もかかります。
はじめは、おなかの部分に母親が、指で文字を書いて、現在の状態を教えてくれます。
やがて、目が覚めて、説明を受けますが、状況は悲劇的です。
ピアニストになりたいと思っていましたが、指をあげて鍵盤をたたくだけでも、拷問のような時間を乗り越えなくてはなりません。

もちろんフィクションではあるのですが、このリハビリの苦労ぶりは、本当にうまく描かれていて、感動的です。

ピアノを教えてくれる先生がいます。
岬というこのピアニストが、理想的なリハビリ環境を作ってくれます。
通常の理論とは一味違った考え方に基づいて指導をしてくれるのですが、自分もこうした教授法を考え出すことができれば、と思うほど見事なものでした。

ある分野の常識からかけ離れた指導法といわれるものは、「何のためこのような作業が必要なのか」を考え直す必要があります。
英語の世界でも同じことは言えるな、と強く感じました。
そういう意味で、作者の中山七里というひとは、ピアノや音楽教育についてずいぶん勉強されたのだろうと思います。
また、努力の方向性や、どういうときにどんな励ましがありがたいのか、わかりやすく書かれていて、感心しました。

「さよならドビュッシー」は、推理小説としてのサスペンスを楽しんでもらうために書かれた小説です。
「このミステリーがすごい!」大賞の第8回大賞受賞作であり、見事な構成で書かれていて、先ごろ映画化もされました。

私は、ピアニストという大きな目標に向かって進んで行く少女の熱血物語としておもしろく読みました。このリハビリの大変さを、自分に対する叱咤激励としてもう一度、落ち着いて読んでみたいと思っています。

Posted at 2013年03月31日 16時13分50秒  /  コメント( 0 )

4月に備えて各講座開講準備中!

現在、エブリ・イングリッシュ・サービスでは、次の各講座の開講準備を実施しています。
いすれも4月開講、全13回(一部14回)を予定しております。

英検1級対策講座 (6月の英検をめざして、ボキャビル、長文読解、リスニング、英作文の学習を進めていきます。90分×13回)

英検準1級対策講座 (6月の英検を目指して、ボキャビル、長文読解、リスニング、英作文の勉強を進めていきます。また英文法も確認します。90分×13回)

TOEIC900点突破コース (現在750点以上の方を対象に、900点突破の即戦力となる文法、リスニング、読解の学習をします。90分×13回)

TOEFL S&W実力アップコース (見たり聞いたりしたものをすぐに英語化して発信できる状態にする訓練を行います。60分×14回)

英文エッセイを書こう!会話にも英検にも役立つ英作文コース(毎回、課題を出して書いてきていただいた英作文を添削してお返しします。必要に応じでリライトなどをしていただくことで、英文の書き方を身に着けていただきます。60分×14回)

スピーチ&ディスカッション (最新のテーマを英語で話し合うことで、さまざまな事象について自由にトークできる実力を身につけます。60分×14回)

このほかにもご要望に応じてプライベート・レッスンを実施することができます。
また遠方の方や、時間がとりにくい方には、スカイプによる受講も可能です。

それぞれのコース、実施内容などについてのお問い合わせはエブリ・イングリッシュ・サ
―ビスまでご連絡ください。

Posted at 2013年03月26日 15時37分58秒  /  コメント( 0 )

TOEFLが大学入試、国家公務員試験に採用か?

3月下旬、中日新聞は大学入試、国家公務員試験にTOEFLの採用が検討されていることを報じました。

TOEICとTOEFLの最大の違いは、スピーキングとライティングにあります。現行のTOEICでは、リスニングとリーディングのみの通常のTOEICとスピーキング、ライティングに焦点を合わせたS&Wテストとがあります。現行のTOEFLは、写真を見せてその情景を描写させるとか、講義を聞かせて意見を書かせるといった高度な発信力が要求されるものが多くみられます。

いままで、わたしたちは、英語で発信されたものに対して、反応していく、つまり聞き取って理解する、書いてあるものを読み取っていく、という力に力点を置いて学んできました。でも、それでは、TOEFLのようなより積極的に、こちらから意見を発信して批判を受け止めるには十分とは言えません。

エブリ・イングリッシュ・サービスでは以前から、英検1級合格者を始め、自由英作文を中心とした大学受験対策、TOEICはもちろん、TOEFLにおいても高得点者を輩出してきました。
特に、総合的な英語力の問われる英検1級において、毎回、合格者を出しております。

わたしたちの提唱してきた方法は、英語を繰り返し音読し、暗誦することで、ことばとしてわたしたち自身のからだに覚えさせていくことからスタートして、そのことばをすこしずつ応用して発信に用いていこうというものです。

実際には、毎回の単語テスト、十分な時間をかけた暗誦、綿密な英文理解、全体の内容をつかむためのリスニング、そして細かな添削による英作文指導を実践しています。英検1級でも、多くの方が作文において、コンスタントに20点を獲得できるようになりました。

英検1級、準1級、TOEIC、TOEFLに関しては、プライベートレッスン、コースで、それぞれのご要望にお応えしています。

何人もの先達が、希望を達成したエブリの方法をぜひお試しください。

Posted at 2013年03月26日 15時36分31秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  4  5  6  7  | 次へ