英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー
報道/ニュース

戦争が家にやってきた

戦争が家にやってきた

今週のタイムの表紙は、ある家族の写真です。

この家族写真には、爆弾で足をなくしてしまった子供たちが写っています。

まさに、家に戦争がやってきてしまった家族の物語。

この記事は、写真も豊富なのですが、いずれも子供たちが、淡々と運命を受け入れている様が、映し出されていて、何とも言えません。

最初は、この悲惨な状態を招いてしまったある事件から、記事は始まります。

The Ibrahim Khil Family spent the night of April 28 unable to sleep as bullets cracked and rockets exploded outside their home.

イブラハム・キール家は4月28日の夜を眠れないで過ごした。それは弾丸が響き、ロケット弾が家の外で爆発したからだ。

By 6 a.m., the fighting had stopped and some of the children began walking through the dry wheat fields to school.

朝6時までに戦争は終わっており、何人かの子供たちは、学校に向かって乾いた麦畑を歩いて行った。

One came across a sleek, dull-green object, about the size of a police baton, picked it up and turned for home to show the others.

一人が、すべすべして、濃い緑色のものを見つけた。それは警察の警棒ほどの大きさだったので、拾い上げて、他の子供たちに見せびらかすために家に向かった。

Accounts of what happened next vary from child to child, but after nearly a dozen children had gathered, the rocket-propelled grenade (RPG) fell to the ground.

次に起きたことの説明は子供一人一人によって違う。しかし、10名以上の子供たちが集まった後、ロケットで推進する手榴弾(RPG)は地面に落ちた。

(武器の名称にかんしてはじしんがありませんが・・)

Hamisha Gul, 60, heard the explosion over the noise of his tractor, half a mile away.

ハミシャ・ガル(60)は0.5マイル離れた場所で、彼のトラクターの音を上回る爆発音を聞いた。

When he turned, a cloud of dust billowed outside his home.

彼がふりかえると、埃の雲が彼の家の外に舞い上がっていた。

ここまで読んでくるだけで、まるで映画のワンシーンのように、映像が浮かんできます。

やはり、タイムの書き方は、生き生きしています。

Posted at 2018年11月01日 18時44分22秒  /  コメント( 0 )

独裁者、暴走す!

独裁者、暴走す!

サウジアラビアの皇太子が、アメリカに脱出して、トルコ在住のジャーナリストを殺害したのではないか、とされる事件。

まだ、揺れ動いて、どのように決着がつくかわからない事件ですが、タイム誌は、次のように報じていました。

独裁者、暴走する。Autocrats grow bolder(TIME)

Jamal Khashoggi wanted to get married.

ジャマル・カショーギは結婚したかった。

The self-exiled Soudi Arabian journalist walked into his country's consulate in Istanbul on Oct. 2 to obtain the paperwork for his wedding.

この、自分で国外に逃れたサウジアラビアのジャーナリストは、10月2日に、イスタンブールの彼の国の領事館に歩いて入っていった。結婚のための書類を手に入れるためだった。

He has not been seen since.

彼はそれ以後、誰にも目撃されていない。

As of Oct. 10, the assumption is that the Saudi regime took the opportunity to silence one of its more prominent critics.

10月10日の時点で、考えられることは、サウジの政権がこの機会をとらえて、その国の目立つ批判家を黙らせようとした、ということだ。

この衝撃の記事は、タイムらしからぬ、実にやさしい英語で書かれています。

短い文であれば、あるほど、強さがにじみ出るものですが、この、高校生でもわかりやすい文章には、タイムの主張が、出てきているように思えます。

さらにつづけて、

The mystery is how.

なぞは、その方法だ。

Turkish authorities, albeit not the most trusted bunch themselves, believe Khashoggi was murdered inside the building by a team of 15 operatives, his corpse dismembered and transported outside in boxes.

トルコ当局は、自分たち自身が、きわめて信頼の厚い集団というわけではないが、カショーギ氏が、15人のサウジの工作員チームによってこの建物の中で殺害され、その遺体は、バラバラにされて、箱に詰められたまま、国外に出されたと信じている。

おそらく、ワイドショーでは、微にいり、細にいり、説明しており、しかもトルコ政府か、警察からの情報も、詳しくでているので、読んでいても、まるでスパイ小説のような、わくわく感があります。

まあ、そんなことを言っていてはいけないのですが。

10月23日には、トルコのエルドアン大統領から、もう少し詳しい説明があるはずなので、それを聞くと、かなりはっきりしたことが分かってくるのかもしれません。

Posted at 2018年10月23日 22時38分27秒  /  コメント( 0 )

世界で最も古い絵?

世界で最も古い絵?

ニューヨークタイムズの記事から。

Oldest known drawing is found in South Africa

「世界で最も古い絵?南アフリカで見つかる」

Nine red lines on a stone flake found in a South African cave may be the earliest known drawing made by Homo sapiens, archaeologists reported last week.

stone flake = 石片

cave = 洞窟

Homo sapiens = ホモ・サピエンス。現人類ですね。

archaeologist = 考古学者

南アフリカの洞窟で発見された石の破片にひかれた9つの赤い線は、ホモサピエンスにより作られた最も早い時期に書かれた絵なのかもしれない、という発表が考古学者からなされた。

The artifact, which scientists think is about 73,000 years old, predates the oldest previously known modern human abstract drawings from Europe by about 30,000 years.

artifact = 芸術品

which scientists think is about 73,000 years old =
scientist think を1回、取り去って考えるとわかりやすい。
 つまり、「7万3千年まえのものだ、と科学者たちの考えている」

predate = 時間をさかのぼる、記録を塗り替える

abstract = 抽象的な

この芸術品は、科学者たちが7万3千年前のものだと考えているが、約3万年前いヨーロッパから見つけられた今まで最も古いと考えられていた現代人の祖先の抽象画として知られているモノに比べて、大きくさかのぼるものである

何だかわくわくしますね。

Posted at 2018年09月18日 21時36分03秒  /  コメント( 0 )

樹木希林さん、亡くなる

樹木希林さん、亡くなる

女優の樹木希林さんがなくなりました。

昨日(9月17日)のジャパン・タイムズの1面に、次の記事が載っていました。

国内ニュースであり、訃報なので、英語としては、わかりやすいと思います。

ここでは、その一部をご紹介させていただきます。

Veteran TV, movie actress Kirin Kiki dies at 75

「ベテランのテレビ、映画女優の樹木希林さん、75歳で亡くなる」

1段落は、このヘッドラインとほぼ同じ内容、2段落では、歌手の内田裕也さんとの結婚と、2回、
日本アカデミー賞女優賞を取られたことがかかれています。

そこで、3段落。

known for her work both in cinema and on television, she had recently won international acclaim for what would be her final film--Hirokazu Kore-eda's "Shoplifters" ("Mnbiki Kazoku"), which won the coveted Palme d'Or at this year's Cannes Film Festival.

acclaim = 称賛

coveted = 熱望されていた

「映画とテレビの仕事で有名だった樹木さんは、最近、最後の作品ということになるであろう、是枝監督の『万引き家族』で、今年のカンヌ映画祭において、待望のパルムドール賞を獲得した」

最後の段落では、

"There is no point in comparing myself now to my old healthy self and feeling miserable...Rather than fighting reality, I choose to accept what's in front of me and go with the flow."

「過去の健康であった自分と、いまとを比べて、悲しく思っても仕方がない。現実と戦うのではなく、流れに任せて生きていくことを選んでいます」

と語っていらっしゃったそうです。

Posted at 2018年09月18日 08時59分49秒  /  コメント( 0 )

北海道地震

北海道地震

インターネットでよく見かける、The Guardian 誌の

Japan earthquake; death toll rises in Hokkaido の記事からです。

「日本の地震;北海道で死亡者の数、ふえる」

Dozens missing after tourist hotspot hit by landslides during Thursday's 6.7-magnitude quake

これがリードになります。

「木曜日のマグニチュード6.7の地震のさいちゅうの土砂崩れによって、旅行者の人気スポットが被災した後、数十人が行方不明」

The death toll from a powerful earthquake that hit Hokkaido has doubled to at least 16, according to Japan's prime minister, Shinzo Abe, with more than half the island's 5.3 million residents still without power.

death toll = 死亡者数

doubled = 倍増する

resident = 住民

power = ここでは「電力」、「エネルギー」

「北海道を襲った強力な地震による死者の数は、二倍になり、少なくとも16名に達した。これは日本の総理大臣、安倍晋三氏によるもので、この島の530万の住人の半分以上が、いまだに停電状態でいる」

現時点で、北海道の3分の2の地域が、電力が復活した、との情報が入っています。

The 6.7-magnitude quake, which hit before dawn on Thursday, triggered landslides that buried houses and paralysed Hokkaido with widespread power and transport cut.

trigger = 引き起こす

bury = 埋める

paralyse = 麻痺させる

「マグニチュード6.7の地震は、木曜夜明けまえに起こり、家屋を埋め尽くす土砂崩れを引き起こし、北海道の広い地域にわたり、停電と交通機関の停止を引き起こした」

まさに、台風の後に直撃した、ひどい災害でした。

Posted at 2018年09月10日 16時55分40秒  /  コメント( 0 )

CNNEnglish から

CNNEnglish から

いつも愛読している雑誌が、CNN English という朝日出版社からでているリスニング専門誌なのですが、10月号は、おもしろい記事がのっています。

アンダーソン・クーパーという「ニューズ深読み」系のトーク番組です。

ヘルシンキで、米ロ首脳会談のあと、CNNによると、ロシアの諜報機関が、西側への活動を強化する情報を得たそうです。

トランプ氏は、大統領選挙に関するロシアの介入について、プーチン氏の主張を信じる、と言いました。

その部分の英文がこれ。

My people came to me. Dan Coasts came to me, and some others. They said they think it's Russia. I have President Putin. He just said it's not Russia. I will say this. I don't see any reason why it would be.

people = 部下たち

Dan Coats = アメリカ情報局長

「部下たちがやってきた。ダン・コーツと他の連中だ。彼らは、ロシアがやったと思っている。
私はプーチンを迎えた。彼は、そうではない、といった。だから、私はこう言おう。ロシアである理由は、見当たらない」

先日、タイムは、どのようにロシアが、大統領選挙に介入したか、かなり詳しい記事を載せています。

この発言のあと、トランプ氏はこう言いました。

In a key sentence in my remarks I said the word would instead of wouldn't. The sentence should have been 'I don't see any reason why it wouldn't be Russia.

a key sentence = 重要な文

should have been = 〜であるべきだった

「私の発言の重要な文で、わたしは wouldn't とすべきところを would といってしまった。この文章は、わたしは、ロシアがやったのではない理由を見つけることはできない、というべきものだった」

でも、この訂正は、発言の翌日になされています。

そして、また、トランプ氏は奇妙な発言をするのです。

Posted at 2018年09月03日 17時38分25秒  /  コメント( 0 )

積極的な子供を育てる

積極的な子供を育てる

最後のアドバイスがこれ。

Involve yourself in your community

自分のコミュニティにかかわろう。

Following the "big scary" news can not only leave us feeling helpless and distraught, it can also distract us from the smaller issues where knowing the facts and then acting might make a difference.

big scary news = 大きな、恐ろしいニュース

distraught = 困惑させられる

distract = 気持ちをそらす

make a difference = 違いを生み出す=大きく変えることができる

「大きな恐ろしいニュースにばかり注目していることは、わたしたち自身を無力で、困惑させられた状態においてしまうばかりではない。私たちは、そうしたニュースよりも小さな、わたしたちが事実を知って、行動すれば、事態を変えられるような問題からも、目をそらさせてしまう」

So put your energy toward making sure you and your family are a part of the world immediately around you.

「だから、あなたのエネルギーを、あなたやあなたの家族が、すぐ周りにある世の中の一部になる方向に向けなさい」

(中略)..it might also mean simply joining and being part of local institutions and clubs that feed our natural human need for connection (not of the digital kind).

「このことは、また、わたしたちの自然な人付き合いの必要性を満たしてくれる、地元の組織やクラブに参加して活躍することを意味するかもしれない」

より身近な活動に積極的に参加することが、豊かな人間関係、そして、活動的な子供たちを生み出すのですね。

Posted at 2018年09月02日 12時40分47秒  /  コメント( 0 )

誰がイギリス王室を必要としているか?

誰がイギリス王室を必要としているか?

タイムのイギリス王室に関する記事の最後の部分です。

7段落には、こう書かれています。

The discussion about the value of the monarchy misses the most important point of all; the damage it does to our democracy.

value = 価値

monarchy = 君主制

「君主制の価値についてのディスカッションは、最も重要なポイントに触れていない。それは、君主制が、わたしたちの民主主義に与えるダメージだ」

The Crown is the centerpiece of Britain's rotten constitution, giving us a head of state who lacks independence or purpose, who can do only what she's told by our Prime Minister.

The Crown = 小文字なら『王冠』。ここは、大文字なので、『国王』

rotten = 腐食した、腐敗した、ふるびた

constitution = 憲法、国体

「国王は、古びたイギリスの体制の中心核であり、わたしたちに、独立性や目的を持たない、総理大臣の言うことに従うだけの『国主』を与えている」

かなりシニカル(皮肉っぽい)言い方になっています。

The costs of monarchy are considerable, the gains fleeting,mythical or the stuff of PR fantasies.

considerable = かなりの金額

the gains = 得られるもの。このあとに are が省略されていると考えるとわかりやすい。

fleeting = はかない

mythical = 神話的な、想像上の

stuff = ものごと。何やかや。

「王制維持の費用はかなりなものだ。それに対して得られるものと言えば、はかない、想像上の、あるいは、PRの生み出した幻影にすぎない」

そして、最後の文はこうなります。

イギリスはいまだ共和国ではないのかもしれないが、間違いなく、もうすでに、イギリスは王党派の国ではないはずなのだ。

Posted at 2018年09月02日 09時20分49秒  /  コメント( 0 )

積極的な子供を育てる

積極的な子供を育てる

タイムの記事です。

二つ目のヒントはこれ。

Change how you explain current events

「時事的な問題についての説明方法を変えなさい」

 楽観主義は開発できる。研究者たちは、次のことを見つけた。より悲観的な見通しを持った人でさえ、自分たちがトラウマだと思っている状況を、肯定的な言葉で説明すれば、彼らのその状況に対する気持ちが、肯定的なものになる。そして、彼らのより一般化された肯定感覚が大きくなる。これは、自分の家で、すぐ試すことのできることだ。ニュースになれば悪い出来事がおきても、わたしは子供達に、それについて何かをしようとする人々すべてのことを書くように言う。私たちの悲観主義は、おおむね、わたしたちならよりよくできる、という私たちの多くが持つ期待感から生まれてくるようだ。それは、同時に肯定主義の源でもありうる。

要は、悪い出来事があっても、それに取り組んでいる人たちの取り組み方についても目を向けなさい。

誰もが悪い人ばかりではないよ、というメッセージですね。

3つ目。

ニュースを取り入れるときにはできるだけ中立的に。

 どんな日でも、嫌なことは言われるし、なされる。正義は行われない。まとまった力のおかげで、私たちはその瞬間を見過ごさない。しかしこうした不安な瞬間は、要領がつかみにくいことが多い。私は世界で何が起きているのかを知りたいし、知る必要がある。しかし、こうして届けられるニュースは、情報というより恐怖を呼び起こし、子供たちを不安にさせる。子供が見ることのできない外部の出来事について私たちがいつも恐怖を感じているのを見せると、子供たちは安心感を感じられなくなる。だから私は自分がニュースについて語るのをやめた。

確かに毎日のニュースを聞いていると、暗い気持ちになることもあります。

だからと言って、そういうニュースばかりについて語っていても、みんなが暗くなってしまうだけ。

ちょっと思い切った選択かもしれませんが、ニュースを断ち切る。

あるいはそうでなくても、残念なニュースについてはあまりコメントしない、というのも、一つのあり方かもしれません。

(でも、そういうニュースこそが面白い、というのも事実なのですが)

Posted at 2018年09月01日 12時33分24秒  /  コメント( 0 )

誰がイギリス王室を必要としているか?

誰がイギリス王室を必要としているか?

タイムのイギリス王室に関する記事です。

4段落目です。

This rebranding effort has allowed royalists to justify the cost to the public purse on the grounds of "value to the economy."

rebranding = 評判の立て直し、ブランドを再び確立すること。

royalists = 王制擁護者

justify = 正当化する

the public purse = 大衆の財布。つまり税金のこと。

on the ground of = 〜という理由で

「この王室の評判を立て直す努力のおかげで、王制擁護者たちは、経済効果がある、という理由で、税収入における(王制維持のための)負担を正当化させることができた」

現実には、我々タイムの調査によると、イギリスの納税者は、国主を持つためだけに、年間4億6千8百ドルを失っている。これはバッキンガムパレスが公式に発表している数字(昨年は5千8百万ドル)よりかなり多い。
実際、我々の君主は、ヨーロッパ各国の最も費用の掛かる非政治的な国主たちの中でも最も金のかかっている一人であり、アイルランドの選んだ、同じような地位の人物にかかる費用の12倍のコストを支払っている。

まあ、この数字を見ると、王室費用が、かなりなものであることが分かります。

5段落では、イギリス王室の運営費用が、いわゆるチェックアンドバランス、つまり厳密な会計検査を経ていないことを問題にしています。

6段落は、次のように始まります。

Any claim about how the royals boost British tourism, trade and retail sales needs to be set against the high costs.

tourism = 観光

trade = 商取引、ビジネス。

retail sales = 小売。一般の人向けの土産物販売など。

set against = 比較する

「いかに王室というものが、イギリスの観光、貿易、小売を盛んなものにしているか、という主張は、それにかかっている高い費用と比べてみる必要がある」

まあ、王室にかけている金を思えば、売上増進は当然でしょ?

かけた費用対効果が上がるほど、売り上げは伸びているの?

こういった言い方ですよね。

Posted at 2018年09月01日 09時04分58秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  | 次へ