英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー
読書/映画/ドラマ

「グッドガールの反乱」

アメリカで、10月28日に放送をスタートしたドラマがあります。

タイトルは「グッドガールの反乱」Good Girls Revolt 。

どんな話かというと、ある有名な雑誌社で、実際に起こっていた、セクハラというより、女性蔑視をある女性の目で見たもの。

この雑誌社は、ニューズウィーク。タイムとならぶ、天下の一流週刊誌。

時は1960年代から70年代にかけて。

当時、ニューズウィーク社(ドラマの中では、仮名のニューズ・オブ・ザ・ウィーク社)では、有名大学でジャーナリズムを専攻した女性でも、一切記事を書くライターに指名することはなかったと言います。

では、彼女たちはどうしていたのか。

たとえば、郵便物の仕分けであったり、新聞の切り抜き、運が良くても、予定された記事の下調べの取材だったとのこと。

メリル・ストリープの娘である、グレース・グマーが、ノラ・エファロンという人物を演じています。

ノラは、編集長から、「女には、ニュース原稿は書かせない」という発言を聞いて、同社を退社してしまいます。

この雑誌社の女性の扱いが、不法なものだと知って、同じような境遇だった女性たちは、「ライターになりたい」という夢を持つようになります。

同時に、女性の手洗いで、同僚たちに話をして、味方を増やしていきます。

また、法律家のエリノア・ノートンにも助言を求めます。

エリノアは、彼女たちに、「本気で戦うつもりにならなきゃだめよ」(You gotta take off your white gloves, ladies.)と檄を飛ばします。

「あなたたちは、もう立派な大人の女性なんだから、パパのところへ行って、わたし、どうしたらいい?、なんていってちゃだめ」

この雑誌社で、調査員(取材担当)を務めていたパティ(ジェネビーブ・アンジェルセン)が運動を推進していきます。

二つの訴訟を経て、ニューズウィークは、1974年末までにライターの3分の1は女性にする、という約束をします。

この本の原作者である、リン・ポビッチは、上級編集者になります。

しかし、男女間の給与差は依然として残り、これが新たな問題になります。

このドラマがベースにしているのは、実際にニューズウィーク社で働いていて、訴訟にかかわった、リン・ポビッチの書いた同じ題名の本だそうです。

原作者は、このドラマが作られたことに対して、こう評しているそうです。

トランプのアドバイザーのアイリスと、トランプ自身のセクハラ疑惑が選挙の大きな関心事になることは恐ろしい事だけど、こうした問題を、公の場で話せるのは、よい事でもあるわ」
「それにしても、タイミングは最高みたいね」

タイムの記事からの要約です。

Posted at 2016年11月10日 23時25分31秒  /  コメント( 0 )

「フランケンシュタイン」は生物学理論を予想していた?

「フランケンシュタイン」は、メアリ・シェリーによって書かれた、SF、怪奇小説の走り、と言ってもよいと思います。映画化もされましたし、世界でも非常によく知られたキャラクターで、ハロウィーンのメインの1人といってもよいかもしれません。

もっとも、私たちの良く知っているキャラクター「フランケンシュタイン」は、怪物ではなく、それを作った科学者のことで、原作小説には、怪物には名前は与えられておりません。

さて、この小説「フランケンシュタイン」が、どういう風に生物学の理論と結び合ってくるのか、というのが、今日、取り上げる記事です。

'Frankenstein' foretold key evolution concept
(「フランケンシュタイン」は、重要な進化の内容を予言していた)

まさにこのタイトルの通りの研究が発表された、というのです。

The study, which is titled "Frankenstein and the Horrors of Competitive Exclusion" and was published in BioScience, takes its inspiration from a pivotal scene in the 1816 Gothic story, when the monster identified only as the "Creature" asked its creator Victor Frankenstein, to create him a mate and allow the two to go live in "the vast wilds of South America."

少し長いのですが、
(この研究は、「フランケンシュタインと競争的排除の恐怖」といい、バイオサイエンス誌に発表されたが、これは、1816年に出版されたこのゴシック物語の魅力的なシーンである、怪物、作中では「怪物」とだけ書かれているそれが、そのつくり主である、ヴィクター・フランケンシュタインに対して、彼に連れ合いを作ってほしい、そして二人が南アメリカの広い荒野で過ごすことを許してほしい、と頼む場面からインスピレーションを得た、と言います)

このCompetitive Exclusion というのが、「競争的排除」と言って、「生活要求、つまり、生活に必要な環境と、物質が似た種は、長らく共存することはできない」という生物学の考え方だそうです。

1933年の映画、「フランケンシュタインの花嫁」では、フランケンシュタイン博士は、このリクエストを承諾して、怪物に妻を作ってやるのですが、原作では、ある程度作ってみるものの、最終的には、こうなります。

Frankenstein's decision anticipated a concept that scientists in the 1930s defined as "competitive exclusion," which illustrates the limits of life's expansion when species need to compete for the same limited resources.

(フランケンシュタインの、最終的に「怪物の相方」を完成させず、破壊してしまう、という決心は、科学者が1930年代に「競争的排除」と定義したものを予想していた。つまり、他の種が、同じ限られた資源を争いあう必要がある場合には、生命の拡大を制限してしまう、ということを示している。)

それが原因で、フランケンシュタイン博士は、怪物に殺されてしまうのですが、ここで怪物の増加を食い止めるのです。

さらに記事では、ダートマス大の人類学者、ドミニィ教授の口を借りてこう言っています。

"People have a fundamental understanding of concepts like the ecological niche and that species will do well in some habitats and not so well in others."

(「人々は、生物学的なスキマの概念の基本的な理解を持っている。これは、ある種は、ある場所ではうまく生きていくが、別の場所では、そうではない、ということだ」)

昨年、「100分で名著」というNHKの番組でも取り上げられていましたが、このゴシックホラーには、単なる怪物物語、恐怖小説といった枠組みを超えた魅力がいっぱいあるようです。

Posted at 2016年11月03日 20時19分33秒  /  コメント( 0 )

歎異抄の衝撃

NHKの「100分で名著」今月の名著は「歎異抄」でした。

全く知らない名著で、興味を持って聞きました。

おどろいたのは、タイトルの「歎異抄」というのは、親鸞の弟子、唯円というひとが、亡くなっている師、親鸞の教えと異なった教えが世に広がっていることに対して、嘆いたことからきている、ということでした。

仏教は、もともと修行して、苦行して、悟りに達するものであったのですが、法然、そしてその弟子、親鸞は、これに対して疑問を持っていたそうです。

つまり、家を捨て、修行に明け暮れて、悟りに達する人たちのものではあってはならない、むしろあるはずがない、というものでした。

そこで、南無阿弥陀仏ととなえることで、成仏できる、というのが、本当の仏教のあり方ではないか、と新しい考えを教えとして打ち出した、というものでした。

ただただ、南無阿弥陀仏と唱えるだけで、誰もが救われる、というのは、修行している人たちから見れば、「そんなばかな」ということであり、「俺たちの修業はどうなるのか、何の意味もないということか」とむかしながらの考えを持つ人たちからの攻撃を受けてしまいます。

法然や、親鸞は、僧でもなければ、民でもない、というポジションに落とされて、いわば、仏教界における異端児になってしまいます。

それでも、「誰でもお経を唱えるだけで、救われる」という「他力本願」の魅力はとてもあります。

どのようなものでもそうだと思いますが、世の中には、苦労して成功した人と、苦労したけれど、成功しなかった人がいます。

修行して、自力本願で、悟りに達した人は、おそらく、努力なくして、悟りなし、と考えているでしょう。

でも、苦労したけれども、悟りに達することのできなかった人もいて、こうした人たちは、だから駄目なのか、とは言えないのではないか。

こうしたところを、歎異抄は救ってくれる。

人間は弱い生き物です。

常に努力を心掛けていても、時として、気の緩むときもあれば、怠け心に負けてしまうこともある。

こんな時の人を救ってくれるのが、歎異抄に述べられた他力本願なのかもしれない。

Posted at 2016年05月18日 22時47分44秒  /  コメント( 0 )

新版 論理的思考

「新版 論理的思考―論説文の読み書きにおいて」宇佐美寛・著 (株)メチカルフレンド社

論理を指導する、という職業柄、「論理的思考」といたタイトルのついた本にはできるだけ目を通し、興味深いものは購入することにしています。

この本は、宇佐美さんが実際に教室で「論理的思考」を教えている内容を再現したもので、わかりやすく記述されています。

とくに、論理的思考は、説明できない、繰り返し練習を積み、そのコメントを通じて体験して身に付けるしかない、というところは、共感できるところがあります。

ある文章を見て、それに対して不審に思うところを取り上げ、どこが自分の納得のいかないところなのかを考えていく。

基本的にはこれが、この本のスタンスです。

たしかに、論理的な考え方に関する本は世の中にあふれています。

そのほとんどが、フォーマットに基づく考え方に関するものであったり、論理学の解説書なり、実践的問題集であったりします。

なかなか、こうして一歩一歩論理を進めていく、という形で書かれているものはないのです。

そうした意味では、自由英作文の本に似ています。

考え方を明示されても、それを「論理」であるかどうか、という判断を下すことができないこともあります。

そういう基本的な部分から解説されているこの本は、基本的な意味で、きっちり論理でとらえていく訓練を積む意味で参考になります。

アマゾンでのコメントとして、「ビジネスで使えるロジカル・シンキングとは違う」という発言がありました。たしかにビジネス書によくみられる、パターンを理解して、それで割り切っていく形のものではないかもしれませんが、わたしにとっては、そうしたものよりずっと胸に落ちる考え方の本でした。

Posted at 2013年03月04日 13時34分28秒  /  コメント( 0 )

MUSASHI

吉川英治・作の「宮本武蔵」は、日本で最も人口に膾炙した小説の一つであるといってよいでしょう。

実際には、あまり歴史的記録としては残っていない新免武蔵という人物に仮託して、吉川氏が、自分の日本人としての生き方の理想を注ぎ込んだこの小説は、版を変え、またTVドラマ、映画、コミックなどの形式をとりつつ、脈々と私たちの間に根っこを広げています。

最近では、「バガボンド」というコミックの形式で、多くの読者を獲得しているようで、その不死鳥のような作品の生命力には目を見張るものがあります。

英語の達人として知られる松本道弘氏も「宮本武蔵」に大きな影響を受けた方の一人です。

松本氏の初期の著作である、「入門英語道場」(のちにあらため「英語道場」創元社)を読むと、武蔵と又八という「武蔵」のなかで重要な役割を占める2人の登場人物が活躍しています。

今回、表題に挙げた「MUSASHI」はCharles S. Terryという方が全訳した吉川英治版「宮本武蔵」です。アマゾンで調べてみましたが、残念ながら現在は絶版になってしまっているようです。

実は2−3日まえに昔の愛読書を引っ掻き回して、ようやく見つけ出しました。

原文と比較してよくわかるのは、直訳というより、メッセージを伝えることを中心に訳された英文で、非常に読みやすいということです。

しかも、原作は、新聞に連載されていたものですから、次々と小さな山場があって、飽きさせません。

こうした本を読むことで、英語の力が身についていくなら、非常に楽しいことで、ぜひ復刊を望みたいものです。

Posted at 2013年02月27日 22時54分16秒  /  コメント( 0 )

恋文の技術

このタイトルを見て、何の話だろうと思ってもらえれば、作者の勝利。

森見登美彦さんの小説のタイトルですが、そう考えると、さまざまな内容が連想できますね。

これが、作文や、スピーチ作りのコツだといえます。

よく、タイトルで中身の分かってしまうスピーチがあります。

たとえば、「本当の美しさとは」。

これで美容整形の話が出てきたら、まずもって、手を加えない、美しさについて述べているのだと思っていいでしょう。

スピーチの大きなポイントはタイトルにあります。

インパクトのある、それでいて「何を話すのかな」というタイトルがあれば、聞いている人も楽しみにしながら耳を傾けることができます。

意外性、サスペンスが、お話を盛り上げるのはどのような場合でもいえることで、そうしたサービス精神にあふれたスピーチをすることが、自分の英語力や、コミュニケーション能力を高めることにもつながります。

もちろん、テーマは「いじめ」とか「体罰」で構わないのですが、それをどういう切り口で話そうとしているのか、それによってタイトルのつけ方も大きく変わってきます。

思いついたものをもう一ひねりすることで、意外な化学変化が起こってくることもありますね。

もうすぐ2次試験。
みなさんの健闘を祈っております。

Posted at 2013年02月21日 23時57分28秒  /  コメント( 0 )

もらい泣き

冲方丁(うぶかた・とう)さんの新作です。

連作するコラムで「怒り」か「泣き」をテーマに書きたい、という企画自体、非常にユニークなのですが、一つ一つのお話が、わずか数ページの中に、ギュッとエッセンスが詰め込まれている感じです。
これは冲方さんがいろんな方に聞いて回ったお話を、アレンジされたものですから、全部が完全な実話というわけではないのですが・・。

たとえば、こんな話があります。

念願の子供が視力薄弱だったそうです。

手術すれば治るかもしれないけれど、生まれたばかりの子供に、そんなことをしてくれる医者はいるのか。
新しく起業したばかりの父親は、毎日、仕事で疲れて帰ってきては、母親とこの話に明け暮れて、疲れるばかり。

「父親としてはもっと強くなって、自分の子供なんだから、どんな状況でも強く愛してやろう、と思うんだけど、がっくりしちゃうの」

しかも男の子なのに、とがっていたり、硬いオモチャが買えないので、どうしてもぬいぐるみばかりになってしまう。

夫婦そろってぽっきりと折れそうな気持を抱えて寝てしまう日々。

そんなある日、目覚めてみると、自分たちの周りにぬいぐるみがずらりと並んでいた。

3歳になるこの息子が、疲れ果てた父親を励まそうとしたに違いない。
夫婦はそう信じた。

「思ったよ。この子は光を奪われたんじゃない。この子の中に光があるんだ、と」

この事件から、彼の人生はがらりと変わる。
子供の目は治療でよくなり、仕事も順調に回りだす。

非常に良い話の集まった、心に残るお勧めの本です。

冲方丁「もらい泣き」集英社

Posted at 2012年09月08日 09時22分04秒  /  コメント( 0 )

ちきりん「自分のアタマで考えよう」

わたしたちは自分の頭で考えているつもりでいながら、実は「他人の頭で考えている」つまり他の方の考えたことを無意識に自分の考えのように思ってしまっていることがよくあるのだ、ということを教えてくれた本です。

副題は「知識にだまされない思考の技術」とあり、まさにぴったりのことばだと感心しました。

たとえば、プロ野球の将来。
冒頭に挙げられているグラフを見ると、ファンの年齢層が上昇していることが分かります。
これは架空のデータなので、そういうつもりで聞いていただきたいのですが、1970年と2010年のファン年齢が示されています。
前者では40代以上が、後者では30代以上がファンであることを示しています。

これを見て、わたしたちは、プロ野球の将来に対して悲観的になってしまいます。

ファンは大人ばっかりだ。
将来はこの人たちの数が減れば、野球人気は先細りだ・・。

でもこれを見た外国の方の反応は違います。

高齢者は経済的に余裕のある人たち。
だからプロ野球の将来は明るい。
つまり、この後は企画の問題で、過去の名勝負のDVDやラジオの録音を出版することで、リッチなファンを取り込むことができる。

プロ野球の将来は明るい!というわけです。

わたしたちは、つい自分がすでに身につけている「どこかで読んだ知識」や、「だれかの言っていた意見」を自分の考えとして誤解してしまうことが多いのです。

ダイヤモンド社「自分のアタマで考えよう」ちきりん著 1400円+税

検1級講座 現在新しくなってふたたび登場!(英検タイムズ)

Posted at 2012年08月17日 08時52分38秒  /  コメント( 0 )

幽女の如き怨むもの

ホラーミステリーです。

遊郭の花魁が、何人も身を投げていきます。
朋輩たちに止められるものもあり、また亡くなるものも当然います。
誰もいないはずの、特別室のなかで足跡がしたり、誰もいないはずの行き止まりの廊下を歩く花魁の姿が見えたり・・。

4部構成になっています。
1部では、若くして遊郭に売られた少女が花魁になっていくまで、そして、戦前の遊郭での身投げ事件が描かれます。
2部では、遊郭を引き継いだ若いおかみの描く、戦中のやはり身投げ事件。
3部は小説家の記録した事件という構成になっていて、4部が一応の決着がつく、という形式です。

もちろん、ホラーとはいえミステリーなので、おおむねの謎は解答が与えられ、作品の中に立ちこめていた、恐怖感はほぼ払しょくされます。

それでも、恐ろしさは消滅してしまうのではなく、物語のそこここに残ったままです。

三津田信三さんの「刀城言耶シリーズ」の最新作で、一部では最高傑作との評判もあるようです。

この二日間、暇さえあれば手に取ってしまった本でした。

三津田信三「幽女の如き怨むもの」原書房

田口執筆「英検タイムズ」英検1級講座はこちら

Posted at 2012年07月23日 09時55分15秒  /  コメント( 0 )

森博嗣「すべてがFになる」

1996年に出版されたミステリ小説です。
現在、久しぶりに読み返していますが、初めて手に取った時に感じた、独特の雰囲気は、全く変わりません。

それは、なにか。

一言でいえば、理系ミステリ。

わたし自身は、根っからの文系で、論理性というのは、あくまで後付けでくっついてきている思考法であることがよくわかります。
本質は、感情が支配しています。

たとえば、この本の中で、
「機械にのせて死体を運搬するために、身体の一部を切断した」
という考え方が出ています。

これを感情を交えずに、淡々と論じることができるのは、理系だな、という感じ。

わたしだと、横溝正史の描くところのおどろおどろしい世界が想像されてしまいます。
もっとも、横溝さん自身はロジカルな方で、金田一耕助シリーズが、案外からっとしたイメージなのは、やはり理系的な発想に支えられているからかもしれません。

でも、横溝世界は、基本的には残酷絵巻なのです。

この森さんのミステリには、なぜか、そうした情緒的なものはあまり見えてきません。
この「なぜか」はおそらく、森さんの世界が純粋に理系的な発想の基盤に基づいているからだろうと思います。
不思議な小説なんです。ぜひご一読ください。

Posted at 2012年06月27日 23時47分10秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  4  5  6  | 次へ