英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー
発音

コンピュータの声が示す隠れた差別意識

ニューヨークタイムズの記事から。

Computer voices expose a strong set of biases
(コンピュータ音声が、強い差別意識を表面化させる)

副題は How machines sound can change or harden how we see each other つまり、「機械の音は、どのようにして、私たちが互いを意識しているかを変え、または強めるか」となっています。

これだけで入っている意味がよくわからないので、本文を読んでみましょう。

Jason Mars is an African-American professor of computer science who also runs a tech start-up.
「ジェイソンマースさんはアフリカ系アメリカ人(いわゆる黒人ですね)の教授であり、また新しく立ち上げた、技術系の会社を持っています」

When his company's artificially intelligent smartphone app talks, he said, it sounds "like a helpful, young Caucasian female."

彼の会社の人工知能を持つスマートフォンのアプリが話すと、それは、まるで、役に立つ、若い白人の女性のような話し方をする、と彼は言う。

”There's a kind of pressure to conform to the prejudices of the world”when you are trying to make a consumer hit, he said.

「消費者にはヒットしても、世の中の偏見を確認するようなプレッシャーがある、と彼は言う」

"It would be interesting to have a black guy talk, but we don't want to create friction, either. First we need to sell products."

「黒人が話しているように作っても面白いだろう。でも摩擦を生みたくないんだ。まずは製品を売る必要がある」

Mr. Mars's start-up is part of a growing high-tech field called conversational computing, which is being popularized by programs like the Siri system in Apple's iPhone, and Alexa, which is built into Echo, Amazon's artificially intelligent home computing device.

「マース氏の企業は、会話するコンピュータといわれる、アップルのアイフォーンの、Siri  system や、アマゾンの人工知能ホームコンピュータのエコーに組み込まれているものだ」

こうしたアプリで、自動的に組み込まれていってしまう「声」の質が、白人の女性とかイギリス人執事のものなのだ、という。

はたして、われわれは、役に立つ声というと、イギリス人執事を連想してしまうのか?

たしかに、利用者の要求に合わせて、声の質も変更できるようになっているのだろうけれども、実際には、万人向けのプログラムでは、白人を優先するシステムになっている。

そこが差別の表れてくる点になってしまっている。

ここのところで登場する表現Caucasian ですが、relating to one of the traditional divisions of humankind, covering a broad group of peoples from Europe, western Asia, and parts of India and North Africa. また、white-skinned; of European origin
ということになっています。

「人類の昔からある分類の1つにかかわり、ヨーロッパ、西アジア、インド、北アフリカの一部の幅広いグループの人々を含む。」とあります。さらに、「白い肌の人々、ヨーロッパ起源の」ということにもなります。

私たちがあまり日頃気付いていない、隠された考え方として、こうした受け取り方もあるのですね。

Posted at 2016年10月18日 17時50分32秒  /  コメント( 0 )

気を付けたい発音

英検1級2次試験は、スピーチ+質疑応答ですが、ここで重大な結果に結びついてしまうのが、基本的な単語の発音です。

workとwalk、warなどは、案外、わかっているようでいて、区別ができていない方がいらっしゃいます。

一度、ある方が2次試験後にお越しになり、「発音」の部分がずいぶん低くて納得がいかない、とおっしゃられました。
たしかにとてもよく勉強されている方でしたが、warの発音が「ワー」になっていて、(本来は「ウォー」のような感じです)このあたりが敗因だな、と思ったことがあります。

work, walk, warといったレベルの単語は、中学校で学ぶものですから、長年の英語学習を通じて、間違った発音が完全に身についてしまっていて、修正するのもなかなか大変です。

わたし自身、walkとworkの区別ができなかった頃、ずいぶん一生懸命、英語の発音を聞いて、くりかえして録音し、矯正した思い出があります。

からだが覚えこんでしまうと、無意識で発音してしまうため、自分の英語の欠点が見えてこないのです。

他にもallowとか、employerとemployeeの末尾の部分とか、自分でも驚くようなところに間違った発音は潜んでいます

ときどき、模範とされるような英語を聞いて、自分の音声感覚を正常に保つように努力したいものですね。

Posted at 2013年02月27日 22時53分13秒  /  コメント( 0 )

音読レッスンの具体的な方法

4月から英語を始めよう、エブリに通って英語を得意科目にしよう、という方からの問い合わせで、よく音読のことを尋ねられます。

実際に、見ていただくのが手っ取り早いのですが、具体的な音読レッスンの仕方を簡単にまとめておきます。

教材については、「音読レッスンの教材」という記事がありますので、そちらをご覧になってください。

あなたがエブリの初めてのレッスンを受けるとしましょう。
お手元には「英会話・ぜったい・音読」が置かれています。

最初のページにはThe Internet is the largest of all the computer networks. と書かれています。
まず、ページの最後に挙げられている単語を読んでいきます。1語について5−10回くらい読みます。
今度は本文を、少しずつ切って読んでいきます。
The Internet…The Internet…the Internet…という具合です。
こういう形で、英文の一部分ずつをそれぞれ5−10回ほど読んで、それぞれの部分を組み合わせて、さらに読んでいきます。

英文1行が、テキストを見ながら言えるようになったら、今度は、くりかえして英語なしでもいえるようにします。

そしてその次は、できるだけ本文を見ないで言えるようにする。

これを一通り済ませたら、音読レッスン終了となり、その日の課題に移ります。

決して簡単なことではありませんが、これを毎回、エブリにお越しいただくたびに実施することによって、不思議なことに、だんだんと口が英語を言うのに慣れてきます。

ぜひ一度、エブリにお越しいただいて、この音読練習を体験してください。どんなレベルの方でも、あなたに合わせた教材をご用意しています。

Posted at 2012年03月26日 22時48分53秒  /  コメント( 0 )

音読レッスンの教材

本校では、ほとんどすべてのレッスンの冒頭に、音読を行っています。

音読する教材は、大きく分けて3つあります。
英語が苦手という方には、講談社の「英会話・ぜったい・音読」(標準編)です。
これは中学3年生用の英語の教科書のレッスンを選んだもので、インターネットに関するレッスンからはじまり、自然破壊などについてのものなどがあり、さいごはキング牧師のI have a dream で締めくくります。
英語が苦手な受験生の方も、これを読み込むことでなかり英語嫌いが改善して、最後は自信を持って取り組む科目にすることができました。

TOEIC上級や、英検1級、準1級、大学受験生といった方たちにおすすめなのが、DHCの「英語ニュースのリスニング」(基礎編)で、これは、実際に放送された英語ニュースをアレンジした、スピーディな英語です。
特にありがたいのは、同じニュースを、スピードを変えて読む編集になっていることです。もっとも「ゆっくり読み」の音声でも、十分速いので、「速い」方はかなり慣れないと使えない、という声もあります。
ただ、大人の受講者の方の中には、毎週ニュースをひとつずつ上げていらっしゃる方も見えます。
かなりやりがいのある、音読教材だと言えます。

3つ目は、英友社「英語のイントネーション」です。もともと「英会話・ぜったい・音読」に続くものとして利用を決めました。これは以前、NHKでラジオ英会話の講師をされていた松本亨先生が、日本人が英語を話した時に、ダイナミズムが感じられない(早い話、生き生きしていない)という友人のコメントに一念発起した経験をもとにした作品です。
感情的な起伏の多い恋愛物語を、セリフだけのストーリィ進行で読んでいく、という、ラジオ英会話講師ならではの話の進め方です。
これ以後、松本先生は、「ナンシーとジョージ」など英会話テキストスタイルの英文小説をいくつか書かれますが、残念なことに、音声付の作品はほとんど絶版になってしまっていますし、音声がなければ、こうした英会話スタイルの一番のポイントが発揮されないままになってしまいます。

もちろん、これ以外にも、それぞれの学習者に合わせたテキストを使用します。ぜひチャレンジしてみてください。

Posted at 2012年03月26日 22時46分29秒  /  コメント( 0 )

英語の発音とアクセント

わたしたちは、英語の音読をする場合に、まず、教科書の単語からとりかかることがよくあります。

このとき、単語の横に発音記号が書いてあり、([ai]などですね)当然、アクセントの位置も書かれています。

一語一語を読んでいるときには、それぞれの単語にはアクセントがおかれます。

ところが、この単語たちが集まって、文を作り上げると、発音やアクセントに面白い変化が起こります。

各文には、強めるべきところがあります。
The rain is causing the water canals to rise to the dangerously high levels. という文があるとします。
Rain と water canals、さらに dangerously を強めるとします。

強められた4つの単語は、もともとの位置にアクセントがおかれて、発音も最初に練習したのと変わりません。
文の中心になる言葉だからです。

ところが、その他の単語たち、たとえば causing であるとか rise などは、脇役になってしまいますから、ほとんどアクセントの置かれない、目立たない言葉になってしまいます。それどころか、隣の言葉とくっつきあって、存在自体、わかりにくくなってしまうことさえあります。

このあたりの発音の仕方は、徹底的にモデル音を聞きこむ方法でしか、マスターできません。
これは、わたしたちの言語、日本語が、隣接する音との融合をほとんどしないため、なかなかわかりにくいところです。

また、英語の歌を日本人が歌うと、リズムがずれたり、最後に歌詞が「あまってしまう」原因でもあります。

Posted at 2011年09月21日 19時41分39秒  /  コメント( 0 )

英語の標準音

音読指導について、インターネット上には、さまざまな意見があります。

最近、目を通したものを私なりに要約をしてみます。

「各種教育機関は、英語が発音記号に記載されている通りに発音されているかのように指導している。実際にはそうではない。辞典についている発音どおりに発音する人もいるが、そうでない人の方が多い。発話者の住んでいる地区、教育環境、経験、教養などによって、標準的な音とかけ離れた発音をしている人たちが多い。したがって、標準的な発音を、CDなど利用して学ぶことはあまり意味がない」

たしかに、辞典の標準的な発音と、同じように発音しているネイティブは少ないかもしれません。だからといって、標準的な音を学ぶことに意味ないわけではない、と考えます。

日本語でも、程度は違っても同じような問題はあります。

日本語は子音と母音を組み合わせるので、大きなずれが生じてしまう可能性は低いでしょう。

でも、地区、教養、経験などにより、本来の発音(と考えられている音)とは違った話し方をしている人は決して少なくないはずです。

標準的な発音、というのは、理論的にはこうなりますよ、といった考え方です。

すくなくとも、学習者であるなら、標準をまず学んで、そのあと、同じことを別の(ずれた)発音で言うネイティブを見て、こういう発音も許容範囲なのか、と学んでいく方が現実的です。

発音記号も、基本的には、こうした音が一般的に認知されやすい発音ですよ、という理解でいいと思います。

もちろん、初心者のレベルで、このことを認識するのはおそらく不可能です。

ですから、音読などでこうした発音を覚えていく際には、ある程度の経験を積んだ人たちの指導がぜひとも必要です。

I don’t like it. という英文の末尾、like it の部分は、おそらくほとんどのネイティブが、「ライキッ」のようないい方をするはずです。カタカナ表記では正確には書けませんが、「カイキッ」の「ッ」のあとにはごくわずかなit のtのなごりが残っています。

このあたりの「音変化」は、外国人であるわたしたちにとってはなかなか正確に記述することが難しく、聞き取ることも大変です。

こうした英語発音をマスターしていただくためにも、ぜひ、良き指導者の下、発音・音読の勉強をしていただきたいと考えています。

Posted at 2011年09月07日 00時29分55秒  /  コメント( 0 )

聞き分けられないcan と cannot

日本に来て間もなくのネイティブの方たちから、日本人はYes とNo の区別ができない、と何度か言われました。

たしかにDon’t you like me? と質問されたときに、「好き」ならYes だっけ、No だっけ?と迷うのはわかります。
(正解はYes。英語ではDon’t you と聞いても、Do you と尋ねても答え方は同じです)

そこで、状況を詳しく尋ねてみると、こういうことでした。

自己紹介などで、「わたしは車を運転することができます」というような場合、I can drive. となります。

できなければ I can’t drive. です。

この時の発音の仕方ですが、can drive というのは、can の n の音と、drive の d がくっついた感じでcan drive と一続きのまとまった音の連鎖として出されます。

これに対して、can’t drive の場合、わたしたちの耳には、can drive をゆっくり言ったように、can // drive という具合に聞こえてしまいます。

なぜでしょう。

英語では、一息で、まとまった情報グループを一気に発声してしまう、という性質があります。

I can drive. などはごく短い文ですから、発音する場合には、当然一息でなされる単位です。

I can’t drive. も同じような短文なので、一息文であることは同じですが、ここにcan’t という流れを止めることばがあります。

not というのは、それ一語を発音してみればよくわかりますが、t という音は、連続して他の音を出せない独立した音なのです。

舌をあげて、流れを止めるわけです。

具体的には、英語慣れしていない方が話すような、I can// drive. のような言い方になる。

わたしたちはネイティブではないため、英語を話すときには少しゆっくりした話し方になります。
その状態でI can drive. というと、まるでI can’t drive に聞こえてしまうわけです。

ですから、この問題はYes か No の問題ではなく、息で話すか、声で話すか、という問題なのですね。

Posted at 2011年09月06日 23時46分47秒  /  コメント( 2 )

聞き取れないbefore の謎

「分かち書き」というものがあります。

これは、「分けて書く」という意味で、たとえばローマ字などでは、
okaasan ga kyou dekake mashita
(お母さん が 今日 でかけ ました)
という具合に、読みやすくするために、細かく分けて書くことです。

絵本などでは、こう書かれていますね。

英語では、単語ごとに分けて書きますから、分かち書きという方法自体はありません。

日本語には、漢字やひらがな、カタカナがありますから、通常の文では分かち書きをしなくても、十分意味を通じさせることができます。

この「分かち書き」が、英語と日本語との音声の違いを、はっきりと示していると考えています。

He took the money out of his pocket and left the shop before the surprised shop owner thought of something to say. 

(おどろいた店主が言うことを思いつく前に、彼はポケットからお金を出すと店を出て行った)

この文で、接続詞のbefore が聞き取りにくい。

..left the shop の後に b 音が来ていることはわかるので、but とか、b で始まる単語を言ってみるものの、正解にたどりつかない。

さらにfore の f 音もとれるのだけれど、この二つがなかなか結びつかなくて、before を思いつかない。

わたしたちは、ことばを発音するときにできるだけ意味単位で区切ろうとします。

この文でも、早口に一気に読んでしまおうとはしません。

極端にいえば、分かち書きのようないい方をしようとする、ということです。

ネイティブの方なら、先ほどの例文ならHe took the money までは、ほとんど切れ目なしに一気に読んでしまいます。

次の部分でもleft the shop be..あたりまで突っ走ります。

そうすると、before がbe と fore とが分離してしまったような印象になる場合があるのです。

その場合、ついbe で始まる一つの単語と、fore に近い響きのことばを探してしまって、先のエピソードのような事態がおこってしまうわけです。

わたしたちの考えでは、一語であるbefore が分離して読まれること自体、考えられないことですが、英語を発音していくうえでは、よく起こる現象なのですね。

Posted at 2011年09月05日 23時06分37秒  /  コメント( 0 )