英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー
英語学習法

英検1級への道・英英辞典

松本亨という先生は、もう亡くなってからずいぶん経っていますが、いまでも非常に役に立つ書作をたくさん残されています。

今回はジャパンタイムズから出版されていた、「松本亨 ジュニア英英辞典」(Toru Matsumoto's Junior English Dictionary)をご紹介します。

私たちが、本格的に英語を学び始めたときに、先生たちは、[英英辞典を使いなさい]と何度も言われました。

当時、そのことの意味があまりわかっていなかったのと、実際に手に入るのが、Oxford's Advanced Learners English Dictionary しかなかったため、自分の学力から言って、とても追いつけるようなものではありませんでした。

松本先生が、この辞典を書かれたのは、昭和48年ですから、1973年のことです。

出版された後、すぐに買ったのですが、残念ながら、この価値がよくわかりませんでした。

いま、中学生の生徒さんを教えたり、高校生の生徒さんに、一歩高みに上がっていただくために、できるだけ英語だけを使った授業をしたりしていると、この辞典のありがたみがよくわかります。

This is a dictionary for beginner's, edited by a Japanese. By a Japanese? Yes, I am the Japanese.

I have been teaching Japanese people English for a long time, and many people asked me to create an easy English dictionary for us.

What is the difference between English dictionaries published in other countries and one in Japan?

One example is this; The former goes like this; Japan is an island empire off East Asia.

The latter, this dictionary goes this way; Japan is our country.

Let me give you another example. a living room is, according to the one published in a foreign country, a sitting room.

For us, however, it is hard to imagine what a living room is like.

I put it this way; a living room is the big room in your home and you and your family do things together there like watching TV.

以上は、松本先生が書かれた「はじめに」を英訳したものです。

さらに、この辞典は、中学校の教科書に出てくる、ほとんどすべての単語を、優しい、中学レベルの単語を使って説明しています。

基本的には多くの辞典が、その辞典に載っている言葉で、各語の意味を説明しています。

ところが、初級者の辞典でそれをするのは極めて難しい。

なぜなら、初級者用の辞典では、使える英語がとても限られているからです。

この英英辞典は、その難しい問題を、実際に読者に話しかけるつもりで書き上げて解決した、珍しい本なのです。

松本先生は、むしろ高校生や大学生がこの辞典を利用して、英語で英語を説明するという習慣の基礎を身につけてほしい、と書いています。

わたし自身も、改めてこの辞典を利用して、若い人たちに、やさしい英語で授業をする方法を作り上げていきたいと思っています。

そして、力のある方たちにこそ、「やさしい英語で、内容のあるメッセージを発信してほしい」と思っています。

→英英辞典を活用して、実際に英語の腕を上げていくレッスンに参加しませんか?第1、第3水曜日は、ニュース英語を使って、英語を英語で説明するレッスンを、また、第2、第4水曜日にはタイムの記事をいったん日本語で理解したうえで、英語で説明する、というレッスンを実施しています。
時間はいずれも午後1時〜2時30分。お問い合わせは、このホームページから、またはお電話で、052−934−1030.会場は、地下鉄「新栄町」駅徒歩3分のエブリ・イングリッシュ・サービスです。

Posted at 2017年03月08日 18時44分27秒  /  コメント( 0 )

英検1級どう攻めるか?

現在では、電子辞書が主流になりましたが、わたしたちが学生だった頃は、もちろん紙の辞典でした。

紙の辞典は、電子辞書に比べると、欠点だらけに思えます。

いわく、重い。

あるいは、英和は英和だけ、国語は国語だけ。用途の幅が狭い。

さらに、分厚い。少なくとも、英和辞典一冊で、電子辞書3〜4個分はある。

カバンが辞典でいっぱいになる。

いまでは、わたしも電子辞書を使うことが多い。

多いのですが・・紙の辞典の良い点も、いろいろあります。

わたしは、高校のころから、英英辞典を引くようになりました。

たとえば、bland をひくと、lacking strong features or characteristics and therefore uninteresting と書いてあります。

lacking とは、「欠けている」ということ。features は「特徴」characteristics は「性格」

したがって、「強い特徴、性格に欠け、そのため興味が持てない」という意味です。

例文を見ると、"bland, mass-produced pop music"とあったりします。つまり「特に明らかな特徴のない、大量生産のようなポップミュージック」です。

じつは、紙の辞典のいいところは、「意味がすぐに見られないところ」なのですね。

英和辞典から、英英辞典へ切り替えたときに、一番大変だったのは(当然予想のつく通り)意味が英語で書かれていること。

意味の部分を読んでも、書いてあることの意味が解らない。

いまなら、該当のところからジャンプすれば、あっという間に、意味が表示されます。

でも、当時はそんなわけにはいかない。

しかもそれだけの覚悟をして、切り替えたわけですから、features が分からなければ、それを、またlacking が分からなければ、という具合に、それぞれを引くわけです。

lacking = not available or in short supply

feature = a distinctive attribute or aspect of something

こうして引き続けていくと、なんとなく、わかるような意味を持つ語が出てくるのですよ。

おかげで最近では、英英辞典でもあまり苦労がなくなりました.

もうひとつ、これだけ苦労したので、あまり同じ単語は引きたくないなあ、と思って、引いた単語の横にちっちゃな星印を書いておくことにしました。

☆、やがて、また引いて☆、さらに☆、involve という単語の横に☆☆☆☆・・と7つ並んだ時にはかなり凹みました。

そんなわけで、英英辞典〈もちろん電子辞書でいいですよ!〉への切り替えを体験してみてください。3か月辛抱すると、それなりの上達が、感じられますよ!

英検1級受験は、エブリ・イングリッシュ・サービスへ。名古屋地下鉄「新栄町」駅下車、徒歩で北へ3分、セブンイレブンのあるビルの605号室です。お問い合わせは、ホームページから、または052−934−1030へ!

Posted at 2017年03月04日 19時17分10秒  /  コメント( 0 )

台湾をとりかこむ危険な暗雲

ブルームバーグ誌のコラムニスト、ノア・フェルドマン氏が、ジャパンタイムズに寄稿しています。

興味深い、トランプ氏と、中国との軍事、政治をめぐるやりとりが主題です。

The world's most dangerous flash point got much more dangerous last Wednesday when China sent its lone aircraft carrier into the Taiwan Strait and Taiwan scrambled fighter jets in response.

世界の最も危険な発火点は、先週水曜日に、ますます危険が高まる状態になった。それは、中国が航空母艦を台湾海峡に送り、台湾がそれに対して戦闘機を緊急発進させたことによる。

This is how accidental wars start: provocation and counter-provocation in an environment with too much uncertainty.

こうして偶発的に戦争は勃発する。挑発とそれに対する相手側の挑発が、不確定要素の多い場面で起こった時である。

The uncertainty arises from not knowing the incoming Donald Trump administration's answer to a pressing foreign policy question: Would the United States defend Taiwan from a Chinese attack?

不確実性は、今後のトランプ政権が、緊急性の高まる外交問題、「米国は中国の攻撃から台湾を守るのか」に対する回答が、わからないことから生じている。

ここで、従来のアメリカの政策は、日本や韓国が攻撃を受けたときに守るのと同様、台湾が攻撃を受けても精力的に防御するだろう、というものだった。

つまり、ここで台湾を防衛しないと、アメリカは、公式な友好国の信頼を失ってしまう可能性があるからだ。

こうした考え方を、トランプ政権はひっくり返す可能性がある、とフェルドマン氏は論じている。

On the one hand, Trump's secretary of state nominee, Rex Tillerson, took a tough line at the beginning of his Senate confirmation hearings Wednesday.

一方で、トランプ氏の国務長官候補である、レックスティラーソン氏は、上院のヒアリングにおいて厳しい態度をとってきた。

On the other hand, Trump himself was dismissive of a recent Chinese military provocation, the seizing of a water-borne U.S. drone from near a naval warship in December, commenting that China could keep it.

逆の点て、トランプ氏自身が最近の中国の軍事的挑発に対して、軽蔑的に受け止めている。たとえば、水中推進型ドローンが中国海軍によって、捕獲されたときには、中国がそれをもっていればよい、と言い放った。

これに台湾新総統の祭英文氏が介入してくることでどのような政治的な問題が生じてくるのかわからない。

2013年に、中国と、台湾の戦争リスクは高まった。

今後のリスクについては、トランプがこの問題についてどう行動するかによっている。

The answer is much more important for the world than anything in the disputed dossier
that's dominating the headlines.

その答えは、ヘッドラインに踊るその他の論争の書類ファイルに入っているいかなるものよりも重要だろう。

ノア・フェルドマン氏は、こうして、この長文のエッセイを締めくくっています。

→こうした最新の時事問題を読み、そして論じるクラスが、名古屋英語クラブです。英文記事を翻訳し、さらに英語による解釈を進めて、ディスカッションを実施します。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

Posted at 2017年01月16日 18時03分03秒  /  コメント( 0 )

The General Basic English Dictionary

今日、取り上げるのは、表題の通り、The General Basic English Dictionary です。

Basic English というのは、リチャーズ・オグデンが提唱した、英語の膨大な単語のうち、わずか850語を、エッセンスとして抽出し、これで、日常的なコミュニケーションの全てを行おう、という画期的な試みです。

これは、ある意味でとても魅力的な提案です。

英単語は、どれだけ覚えても限りがないほど、数多くあります。

それを、あっさり、850語で全て表現してしまおう、というのですから。

そして、それを実践したのが、「英語を書くための辞書」として出版されている、和英辞典と、このThe General Basic English Dictionary なのです。

もちろん、この辞典は、英英辞典なのですが、その説明が、850語のBasic English だけでなされているわけです。

たとえば、朴大統領の弾劾(だんがい)で有名な impeach を引いてみましょう。

impeach = v.t. Make attack questioning (person's good qualities, etc.)

他動詞で、(ある人物のよい性質などに)攻撃的な質問をすること、と出てきます。

さらに[Law]の記載もされていて、

make statement before certain court that (person) has done crime against the nation etc.

「法律用語」(ある人物が)国家、国民に対して犯罪を行ったということを法廷において明言する

とまとめられています。

拳銃のrevolver を引いてみます。

revolver = n. Gun for use with one hand which may be fired a number of times without new firing material having to be put in.

リボルバー=片手で用いることのできる拳銃で、新しく火薬〈弾薬〉を装填することなく何回も発砲することができる

walk だとこうなります。

walk = v.i. & t. (Of person) go on foot, putting one foot down before taking the other up

長いので、人間だけにしましたが、ここでrun も引いておくことにします。

run = Go on foot at rate quicker than walking; go quickly

こうして見ていくと、英語の考え方に基づいて、とてもわかりやすく、でも英語的に表記されていることが分かります。

こんな辞典を使っていると、難しい単語が、だんだんとやさしく思えてきますね。

Posted at 2016年12月12日 23時55分37秒  /  コメント( 0 )

こうして学ぶ音読!

音読しましょう。

そういわれても、何をどうすればよいのか、という方もいらっしゃることと思います。

わたしなりの、音読法をお話しさせていただきます。

基本的には、ご自分の必要に合った教材が必要です。

これは、以前、書かせていただいた、音読の教材選びのブログをご覧いただくとして、とりあえず、教材はある、としましょう。

まず、ご自分の知らない単語、読みづらい単語をピックアップして練習しましょう。

このとき、自分流にやってしまっては意味がないので、お手元に電子辞書なり、スマホがあれば、その音声を参考にしましょう。

何度か繰り返し聞いてください。

そのあと、音声に続いて、自分でも発音してみます。

できれば、それを録音して聞いてみるとよいでしょう。

案外、自分ではうまく言えているつもりでも、そうでないことが多いです。

松本亨先生は、50回、言ってみてください、とある教材で書かれていました。

すると、「50回も、ですか?」という読者の方からの投書が届いていました。

むしろ、何回と区切るのではなく、音声モデルの発音が、再生できるまで、というのが正しい練習方法だと思います。

その後、前後の単語を合わせて、ひとまとめにして読む、という練習をします。

station という単語であれば、当然文章にはat the station とか、go to the station といった表現が出ているはずです。

そうした、意味のまとまりで読んでみる、ということです。

これも50回くらい。

短いものなので、50回、実際にやってみても、1分くらいしか、かかりません。

そうしたら、次は、もう少し長いひとまとまり。

Tom went to the station. とか、We met at the station today. といった具合に、短い文、またはちょっとした節などに口を慣らすようにします。

これをやっておくと、後で全文を繰り返すときでも非常に言いやすくなります。

最終的に、それぞれの文の、細かな部分に対して自信が持てるようになってきたら、文全体を言ってみます。

これは、しっかり練習してください。

この訓練ができると、さらに2文、3文といった具合に続けていって、ある程度まとまったニュースストーリィや、ちょっとしたパッセージなどが、楽に言えるようになります。

そのあと、テキストを見ながら、くりかえしていって、全文が言えるようになれば、さらにくりかえすと、暗誦に近い状態で言えるようになります。

最終的には、テキストを見なくても、全文が言えるようになることが目標ですが、そこまでいかなくても、100パーセント、テキストに頼るのではなく、ある程度参考にしながらも、しっかり自分でくりかえすことができる。

これを目標にしていただけば、非常に力が付くと思います。

Posted at 2016年11月21日 17時46分36秒  /  コメント( 0 )

何をどう音読すればいいの?

エブリ創設以来、音読をお勧めしてきました。

確かに、今、書店で、英語学習法の欄を見てみると、以前よりはるかに音読を進める書籍が増えてきました。

でも、よくお尋ねを受けるのは、何を音読すればよいのか、という問題です。

エブリでは、お入りいただく際に、「何のために勉強されるのか」ということを、いろんな形でお伺いします。

中学、高校と英語の勉強はしてきたけれども、もうすっかり忘れてしまった。
基礎からもう一度勉強したい。

こういう方には、「英会話・ぜったい・音読」の標準編をお勧めしています。

これは、中学校のテキストから、興味深いレッスンを集めたもので、「インターネット」の話から英語教科書の定番、「マーチン・ルーサー・キング牧師」の物語まで、含まれています。

基本的なところから、ある程度、きちんとした英語を学んでいきたい方にふさわしい音読教材と言えるでしょう。

英会話を行いたい方には、まず、出会いそうな状況を含んだストーリィを繰り返し聞いていただいて、そのあと、この物語全体を覚えていきます。

この時に、質問の仕方、とか、答え方、また、起こりそうな誤解などもふくめて興味深いお話として、覚えていくと、利用の可能性が人がります。

また、あんがいとまどってしまうことがあります。

それは、会話が途切れたときの、つなぎのセリフだったりします。

ちょっとした次の情報を引き出すセリフとか知っていると、便利です。

たとえば、How are you? といわれて、fine, thank you. And you? とあらためて問われたり、
コーヒーなどを注いでいて、「どれぐらいか言って」の意味でSay when! などといわれたらどうしたらいいの?

こんな時に、何年か前に出されていた英会話系の本が役にたちます。

以前、三省堂で出されていた「松本亨 英会話活用辞典」という本があり、これは、実際に会話で使われるような表現をすべて A さんと B さんとのやり取りだけでまとめたものです。

実際、書かれた方が、「俳句を作るような苦労」をして生み出した、と書いてありますが、応用範囲が広くて、しかも、自然なやり取りになっているのは、すばらしい。

現在は、残念ながら絶版になっている本書ですが、一部、コピーさせていただいて、使ったりもしています。

もちろん、ある試験に合格したい、または、ある試験で目標の点数をクリアしたい、という方にはその試験に合わせた教材を音読・暗誦していただきたいものです。

Posted at 2016年11月16日 17時47分14秒  /  コメント( 0 )

紙の辞典と電子辞書

むかしは、高校で入学するときに、本屋さんが学校に来ていて、指定の辞典を販売していたものです。

最近は、紙の辞典ではなく、電子辞書が主流になってきていますから、学校でも指定のメーカーの辞典を販売するようになっています。

このこと自体は、一つの事態の流れなので、やむを得ない事だと思いますが、残念なのは、電子辞書に入れてもらえない辞典は、たぶん急速に姿を消してしまうだろうということです。

たとえば、英英辞典でも、オクスフォードとロングマンは、いろんな電子辞書に入っているので、よく知られていますが、それ以外のコリンズとか、ランダムハウスといった、特徴のあるものが、あまり電子辞書に採択されないため、ポピュラリティを失ってしまっている、ということです。

また、少し昔の作品になりますが、齋藤秀三郎の「英和中辞典」とか「和英辞典」も 旧字旧かなであるため、また扱っている内容がやや専門的であるため、おそらく、多くの人を対象とする電子辞書では、取り上げられないことになるでしょう。

これも大変に残念なことです。

もう一つ、大きな問題があります。

電子辞書の「利用の仕方」です。

もちろん、分厚い冊子になって、辞書といっしょに箱に入っているのですが、実際には、ほとんどの利用者が読んでいない。

十分に活用していれば、読む必要はないと言ってよいのですが、実際に使っているのを見ていると、例えば、発音とか、あるいは例文、または詳しい文法解説といった項目が活用されていないのです。

まだ、発音の項目は、ボタンが独立しているものが多いので、すぐわかるのですが、例文とか熟語になると、探し方が分かりにくくなってしまうようです。

学校生活に必要な時点の全てが、コンパクトに手帳サイズに収まっていて、重くもなく、かさばりもしない電子辞書は、とても重宝なものだと思いますが、たぶん、死蔵されている情報がものすごく多いのではないかと考えると残念です。

特に、英英辞典に関しては、私たちのころには、いくら引いても、意味が分からない、ということが多くありました。

電子辞書があれば、英英を引いて、わからなければすぐに英和を引くことができます。

さらに、例文なども併せて検索することで、どのようなときに使えばよいのかもよくわかります。

世の中が便利になればなるほど、実際に利用する私たちが怠け者になってしまって、その便利さを十分に理解して使いこなしていないような気がします。

さいきん、できるだけ授業で、英英辞典を使うような企画をしています。たぶん、英語のニュアンスを理解することに関していえば、英英辞典を利用することが一番の近道です。

細かな単語の意味の違いも、正確につかむことができます。

英和から英英への切り替えにな高校生くらいなら2か月から3か月でできます。

ぜひ、みなさんも一度チャレンジしてみてください。

Posted at 2016年10月15日 18時10分59秒  /  コメント( 0 )

ボキャビル天国(1級)(◆

2016年度第1回英検1級の長文 Arguing about Prohibition に出てきた単語たち。

repeal = revoke or annul (a law or act of parliament) cf: The legislation was repealed five months later.

founder(v) = fail or come to nothing cf: The scheme foundered because of lack of organizational backing.

decimate = severely damaged, kill, destroy, or remove a large proportion of cf: The
inhabitants of the country had been decimated.

stem(v) = stop or restrict (the flow of something) cf: A nurse did her best to stem the bleeding.

excise = a tax levied on certain goods and commodities produced or sold within a country and on licences granted for certain activities. まあ、消費税ですな。an excise tax on alcohol (アルコールに対する消費税)ということになります。

decimate の例文を見つけました。

We do more to decimate our population in automobile accidents than we do in war.
(戦争で失う命よりも多くの命が交通事故で失われている)

英英辞典の定義、あるいは言い換えを載せていますが、なかなか凝っていて面白い。

いかがでしょうか?

Posted at 2016年09月03日 20時08分36秒  /  コメント( 0 )

音読中心の学習(1)

以前から何度も音読の効果について書いてきました。

エブリでは、毎回、レッスンの始めに、生徒さんに、決まったテキストを音読していただいています。

受講されている生徒さんお一人おひとりで、テキストは違います。

久しぶりに英語を勉強される方や、中学生の方、あるいは英語が苦手な方には、中学の教科書レベルの文章を音読していただきます。

以前は、NHKから「英語の文型と文法」という、基本的な文法事項を網羅したすばらしいテキストが出ていたのですが、残念ながら絶版になってしまいました。

単色印刷で、イラストもなく、本文と文法解説、練習だけ、というとても地味な本でしたが、実際に使ってみると、とてもよい参考書でした。

実際に、このテキストを、30レッスン以上暗誦していただいて、現在はネパールをはじめ、各国にお友達ができて、世界からのお客さんを招いたり、あるいは逆に出かけたりされている元の生徒さんもいらっしゃいます。

わたしたちが、英語を話すことが苦手なのは、「話す方法」つまり表現をおぼえていないからで、繰り返し音読して、暗記してしまうことで、コミュニケーションが取れるようになります。

現在は、中学校のテキストのレッスンを選んで編集された教材を利用しています。

これも、主張のある英語なので、いざ、言いたいことを発信しようとするときには、とても役に立ちます。

高校生になると、高校用のテキストをまとめたものか、ニュースを中心とした教材になります。

さらに、関心のある方には、アニメ映画のストーリィを覚えていっていただく場合もあり、また、サスペンス・ストーリィを覚えていただく場合もあります。

いずれの場合にも、あるルールを守っていただきます。

それは・・(2)につづく

Posted at 2016年03月12日 19時11分59秒  /  コメント( 0 )

音読中心の学習(2)

音読で大切なこと、それは、次の3点です。

1、できるだけ、細かな部分まで注意しながら、きちんと練習すること。
 
  個々の単語の発音や、複数、時制などをいいかげんにしないで、できるだけ丁寧に読むことが大切です。

  わたしたちは、日本語に複数形がないせいか、つい、複数のsを抜かしてしまうことがよくあります。

  気がついてみると、複数形でいうことを、すっかりおこたってしまっていることも。

  と、同時に、ある程度のスピードで、省略すべき音は省略して読んでいくことが大切です。

  たとえば、can と can't とは「音調」が違います。

  こうした部分にも、気を配って、丁寧に読んでいかないといけません。

2、前回までにやった部分は、完全に言えるようになってから、次に進むこと。

  実は、これは、エブリの大きな特徴だと言えます。

  毎回のレッスンで、音読をしていただくのですが、そのとき、今までにやってきたすべての音読部分を繰り返します。

  つまり、レッスン1から、すべてやっていく、ということです。

  なかには、テキストをほとんど1冊ぶん、復習する方もみえます。

  そのばあい、くりかえすと30分くらいかかってしまいます。

  よほど長い時間がかかるのであれば、前の部分から省略していきますが、それでも、なるべく全体を言っていただくようにしています。

  それは、今までやった部分を、確実なものにしていただくためです。

  ストックが生きているので、必要なときにはいつでも引き出すことができます。

  1回やってできるようになったから終わりにしてしまっては、せっかくの知識が生きてきません。

  このことの大切さは、やっていただくとよくわかります。

3、一文ではなく、パッセージとして、あるいは作品として覚えていく。

  エブリで取り上げるのは、雑多な例文集ではありません。

  最低でも数行でまとまったニュースなり、数ページにわたるレッスンだったりします。

  なかには、長いストーリィを覚えている方もいます。

  これをすることで、初めて出てきた名詞が a という冠詞ではじまるのに、次には the ではじまるかたちとして登場し、さらに that poor bear などといった言いかえをされていくさまが、実体験できるからです。

  最初の項目で触れた、単数、複数の問題だけでなく、英語には、わたしたちが、ある程度、無意識レベルにまで落とし込まなければならない、日本語とは違った発想、考え方があります。

  一文一文の、それぞれバラバラな文の暗記では、あるところに登場した人物が、前に出てきた人と同一人物かどうか、さらにそれを受ける代名詞までの工夫が分かりません。

  それが、せめて数行のパッセージとしてまとまった内容の英文を覚えていただく理由なんです。

Posted at 2016年03月09日 19時45分36秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  4  5  6  7  | 次へ