英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー
英語学習法

実戦英文法活用事典(西尾孝)

わたしが受験時代を迎えたのは、昭和40年代後半です。

このころは旺文社全盛で、多くの受験生が「大学受験ラジオ講座」を聴講していました。

当時、短波放送しかなくて、(そもそも短波放送、わかります?)音質の良さなどは、論外。

何とか聞こえるかどうか、という状態。

それでも、短波受信機を買ってもらって講座を録音していました。

高校在学性が予備校に行くのは、あまりないことでした。

「大学受験ラジオ講座」では、「まぼろしの」予備校の授業が聞けたのです。

代々木ゼミナールを中心とした予備校のそうそうたる講師陣が、30分番組を担当したのです。

英文法鉄則、とか実戦英文法、長文読解、そしてたまにはヒアリング講座。

もちろん褒賞されていたのは、英語だけではありません。

数学I やIIBなども授業がありました。

事前にテキストを読んで、予習をして、授業を聞き、録音したものを、繰り返し聞く。

これが、大学受験の平均的勉強法でした。

今、手元にあるのは先日ブックオフで見つけた、西尾孝先生の「実戦英文法活用事典」(財団法人 日本英語教育協会)です。

この西尾孝という先生は、もともと早稲田大学の教授だった方です。

退職された後、受験英語で覚えておくべき英文法の定量をまとめた「実戦英語水準表」をだして、ベストセラーとなりました。

(多分)代々木ゼミナールで教鞭をとっていらっしゃったようですが、英文法シリーズをいくつも出されました。

わたしは、以前、この活用事典をもっていて、わからない項目を調べては、問題を解いていました。

事典とうたっていても、これは項目別の文法書で、説明の後問題が付いていました。

最近は、文法書でも別冊で問題集が出ていたりするものですが、この本は、一冊やるだけで、文法の概念が分かり、さらに受験問題にも(量は多くないけれど)ふれられる、という意味で文字通り活用しました

先生の話し方は、いかにも受験の先生なのですが、リズミカルで、調子がよく、「べらんめい」の江戸弁の噺家さんのようでした。

なんだか、「英語なんで簡単さ、そんなに悩むことなんかじゃあねえよ!てな感じの話し方でした。

もちろん、そんなことは、西尾先生が口にされたわけではないのですけれど、ね。

と、いうわけで、受験当時の懐かしの一冊、でした。

Posted at 2011年09月22日 10時51分11秒  /  コメント( 0 )

英語で考えながら話すということ

わたしが高校生の頃、松本亨先生のNHKラジオ英会話が終わったばかりで、テレビでは、国広正雄先生がトークショーという、外国人の各界の専門家と英語で渡り合う番組がありました。

数年後には、松本道弘氏がそのあとをついで、インタビュー番組をスタートさせます。

このころ、英語学習者が集まると、「英語で考えることは可能か」という議論が起こりました。

英語で考える――これは松本亨先生が提唱した方法です。
英語での読み、書き、生活を続けることで、大量の英語を吸収し、それを覚えて使っていく。基本になるのは英語の発想だ。

先生は、この方法の紹介のために、たくさんの著作をあらわし、英作全集全10巻という不滅の名著も残されました。

それにたいして、同時通訳者としても知られる国広先生は、日本人として生まれ、育ってきた歴史がある以上、心底英語で考えることは不可能、ただ、膨大な量の英文ストックを生かして、ノンネィティブとして、英語の高みに到達する。と論陣を張りました。

さらに松本道弘氏は、英語と日本古来の道の思想とをドッキングさせて、「宮本武蔵が英語をやったら・・」と英語道を説きます。

まさに英語教育界は三国志さながらの戦国時代であり、それぞれの先生の影響を受けて、学習者たちは、「英語で考える」論争にうつつをぬかしたわけでした。

たしかに「英語で考える」というのは魅力的なことばです。

大学時代に東京、神田周辺で英語を教える学校を20校くらいたずねたことがあります。
10校近くが「英語で考える」をモットーの中に入れていました。

ただ、その英語で考える、のがどういう意味なのか、というと、ただ単に外人が、英語で説明するということだったり、難しい表現の英語はそのままの表現ですましてしまうものだったりしました。

エブリでも、上記の三人の先生方のお考えを参考にさせていただいている部分は大きいのですが、特に松本亨先生の「英語で考える」については、対象の文章の一文一文を別の表現で言い表すことができることが最低の基準だと考えています。

つまり「英語を理解する」というのは、その英語の表わしている内容を別のことばを使って説明できる、と定義しています。

是非、ご一緒に「英語で考えること」に挑戦してみましょう。

Posted at 2011年09月20日 23時10分08秒  /  コメント( 0 )

音読をおこなう方法

このブログでは、いままで何度となく、音読の重要性について、お話してきました。

今日は、音読をおこなう方法について少し詳しく述べてみたいと思います。

音読をする前に、まず、ターゲットになっている英文をくりかえし聞くことが大切です。
単数、複数、冠詞など、まちがって覚えてしまうと、あとで直すのが大変ですし、それ以上に自然なリズムを記憶しなくてはいけません。

つぎに、単語を一つずつ、発音練習していきます。
たとえば、The Internet is the largest of all computer networks. という文がある場合、まず、Internet や、largest という一語一語を練習します。
できれば、1語につき50回くらいは練習しましょう。

それから、すこしずつ、単語をくっつけていきます。
つまり、the と Internet とをむすびつけて the Internet にして発音し、つぎに largest のまえに the をおく。さらに computer と networks を続けて言えるようにしてから、all を足します。
The Internet / is / the largest / of all computer networks.
といった具合で、部分部分を言えるようにしてから、それを結びつけ、最終的に文として完成させる、というやり方です。
各部の読みも、つかえずにいえるまで、得意なところはすぐできますけれど、苦手な組み合わせは、何度も繰り返します。
回数ではなく、どれだけ読めるか、発音できるか、が問題です。

以前、テレビで新体操で毎年優勝している高校の練習風景を見ましたが、ミスをすると、そのあと立て続けに11回練習して、間違えないようにする。この間に間違えたら、さらにそこから11回。
英語の音読も同じです。「10回読んだからいいや」ではなく、できるまでやってください。

それでようやく、一つの文の完成です。

Posted at 2011年09月19日 22時20分56秒  /  コメント( 0 )

「星の王子様」で英語の美しさを実感

フランスの作家、サン=テグジュペリの遺した「星の王子さま」は、わたしにとって、英語の言葉としての美しさを教えてくれた作品です。

子供のころに、岩波書店から出ている愛蔵版を持っていました。

高校の時に、たまたま書店で「星の王子さま」のテープを見つけました。

映画『小さな恋のメロディー』で、人気の子役、マーク・レスターが、その妹や父親と一緒に、物語を朗読したものです。

父親が、語り手のパイロットを、マークが王子さま、妹が「バラ」を演じました。

淡々とした語りの中に、それぞれの登場人物たちの「気持ち」があふれる名作です。

朗読として、まるで舞台を見ているかのように、迫力のある音声表現でした。

原作は、フランス語で書かれています。

このテープは英語ですから、翻訳した物です。
だから、逆に聞きやすいということはありました。

もしオリジナルが英語で書かれたものであったとしたら、そこここにわかりにくい表現があって、当時、聞いていくにはつらかったかもしれません。

このテープは、翻訳なので、文法もわかりやすく、表現もそれほど難しくはありませんでした。

ほとんど毎日のように、くりかえしテープを聞いて、すりきれそうになったほどです。

聞きながら、口でも繰り返す、シャドーイングという練習もずいぶんしました。

英語を読む、ということに興味を持ったのも、このテープがきっかけでした。

特に、終わり近く、王子さまが、ふるさとの星に帰ろう、というあたりになると、もう悲しくて、声が震えてくるんです。

このテープがあまりにすばらしいので、書店などで探していたところ、数年前、リチャード・ギアがナレーションをしている別バージョンを見つけました。

各方面で活躍しているギアですが、残念ながら、この録音に関しては、マーク・レスター版にくらべたら、問題になりませんでした。

Posted at 2011年09月18日 22時18分11秒  /  コメント( 0 )

復習の難しさ

英語がことばである以上、くりかえしがもっとも大切な学習プロセスです。

もし「この表現は聞いたことがないから間違っている」と判断できるようであれば、ノンネイティブとしては、かなり自信を持っていいレベルでしょう。

このレベルを目指すためには、復習が絶対必要です。

私たちはついつい、新しい教材に目移りしてしまい、教科書でも参考書でも、ページを進めることに一生懸命になりがちです。

でも、もし、今までに扱ってきた教材を、ひと通り復習してから、次の段階に進むという学習習慣をつければ、効率はかなり良くなるように思います。

成人の方ですが、ある生徒さんと話をしていました。
大変優秀な方なのですが、その方が「いままでに、エブリで勉強した教材をすべて取っておいて、復習している」とおっしゃられるのを伺って、なるほど、と思いました。

私を含めて、学習者は、ついついよりレベルの高い方向へ進みたがります。

現在やっている教材を、早めに仕上げて、次の段階へ行くのが楽しい。

でも、そこで一歩立ち止まって、いままでの教材を見直してみると、意外なところに見過ごしとか、忘れてしまったことが眠っていたりします。

じつは、ここにも音読の効用があります。

音読をすることで、今までに学んだ表現をさっと復習することができます。
毎回のレッスンで音読しているときには1回しか口にしなくても、文を覚え込む過程で何度も練習しています。
なによりも、既出の文がそのまま言えるのですから、記憶は確実です。

今日も、つい本屋で見つけた高校生用の勉強の仕方の本で、音読を紹介していました。

もっとも簡単にできる復習の一方法としてぜひ、音読を活用していただきたいものです。

Posted at 2011年09月17日 23時32分42秒  /  コメント( 0 )

内容のある英語

英語は道具にすぎない。問題は何を語るか、つまり、内容だ。

これはよくいわれることばです。

わたしは、その道具である英語も、つきつめれば内容たりうる、と考えます。

書いていることが分かりにくいかもしれません。

説明します。

英語の勉強を、一生懸命にやって、かなりな実力を身につけたとします。

みなさんは、そういう人のお話を聞いてみたいと思いませんか。

どういう勉強をしたのか。

どんな工夫をして、苦手を克服したのか。

なによりも、あきてしまったり、英語が嫌になったときにどうやって軌道修正したのか。

「内容」ってなんでしょう。

その方のあるいてきた歴史であり、好きな物事にどう取り組んできたか、だと思います。

わたしは、若いころから、好きな著者の方に、できるだけ直接お会いする努力をしてきました。

おかげで、松本亨先生をはじめ、そうそうたるメンバーのお話を伺うことができました。

たとえば英語の勉強法についてのお話であっても、エピソードがあり、ご苦労がありました。

松本亨先生は、英語の本を読みながら道を歩いていて、特高という、戦前の警察につかまってひどい取り調べを受けたそうです。

職務質問のとき、相手の警官が、本の上下がわからない様子だったそうです。

先生は、結局、過酷な取り調べのせいで、片方の耳が聞こえなくなってしまいました。

色盲もあったため、アメリカで免許が取れず、たいへん苦労をされた、と伺いました。

長崎玄弥先生は、「奇跡の英単語」を書くにあたって、0.3秒で答えられなければ、知っているうちに入らない、という厳しいルールを課しています。

これも、ご自身の学習体験のなかからうみだされたものでした。

内容、などという前に、好きなことをとことんやる。ある映画が気に入ったら、英語でくりかえし聞いてみて、なんと言っているのか考えてみる。

エピソードや裏話をまとめた本を読んでみる。

そうするだけで、他の人の知らない、自分ならでは、の話の種が生まれてくるようです。

Posted at 2011年09月14日 23時20分41秒  /  コメント( 0 )

日本人に発音しにくい音

音読の指導をさせていただくと、思いがけない音が、発音しにくいことが分かります。

代表例が複数形や3人称単数の s です。

たとえば、residents というべきところを resident と単数にしてしまう方がとても多くいらっしゃいます。

これには、二つの問題があるようです。

ひとつは、音自体の性質の違い。

単数形 resident の場合には、末尾t 音は、軽く上の歯茎の後ろに舌先が当たるだけで、音自体も、聞こえないことがあるほどで、軽い。

複数形 residents では、さいごの ts は息がぶつかり合う感じで、けっこう強い音です。

この軽さと重さのコントラストを、わたしたち自身は意識していないようです。

ほとんどの方が、単数形の軽い言い方をしてしまっています。

まずいのは、この間違いについて、自分では問題だと思っていないこと。

ほとんどの方が、このことを注意されると驚かれます。

ふたつめが、どうしてこの違いに気づかないのか、という問題です。

おそらく、英語ということばでは、単数か複数か、という問題は重要なことです。

もともと狩猟民族であった彼らにとって、獲物が1匹か2匹以上かは大きな意味がありました。

したがって、聞いていても判別しやすい音の違いがあるのだと思います。

わたしたちは、その点にはあまりこだわりませんから、ついつい力が入らないということになるのでしょう。

ただ、実際にネイティブの方に伺ってみると、こうした違いはかなり気になるようです。

単数、複数の違いに着目することで、スピーキングやライティングの場合にも活かすことができると思います。

音読の練習をすることで、こうしたところまで、心が行きとどく、というのも、大変重要なことです。

Posted at 2011年09月13日 22時30分16秒  /  コメント( 0 )

関正生「世界一わかりやすい英語の勉強法」を読んで

関正生(せき・まさお)さんは秀英予備校の名物講師だそうです。

「世界一わかりやすい授業」というシリーズで、英文法、英作文などの著書があります。

この本を読んで、すばらしいな、と思った指摘がいくつかありました。

音読に関するものはそのひとつです。これは速読とのかかわりで出てきます。

「速読とは『急いで読むこと』ではなく『正しく読むこと』」である、と先生は説きます。

そして、正しく読むために必要な要素として、

1.単語の瞬発力(0.1秒で単語の意味が浮かぶか?)

2.英文解釈力(英文の構造を正しく把握できるか?)

3.音読力(日本語を介入させずに英語をそのまま理解できるか?)

をあげていらっしゃいます。

ここで挙げられていることは、たいへん重要なことです。

速読が、ことばとして独り歩きして、まるで「この単語さえ読めば意味はとれる」とか、「スピーディに飛ばし読みをする」という方法が強調されていたりしますが、それは決して正しい方法ではないと思います。

さらにつづけて、音読については、「英語アタマを作る作業」と定義しています。

「英語アタマ」というのは、聞き慣れない表現ですが、英語を読んだり聞いたりしたときに、いちいち日本語に直さなくても、英語のままに理解していくことができるようになることです。

わたしたちは、生まれたときから日本語を聞いていて、しかも、理解しないと生きていけない環境で学んできたわけです。

そのプロセスでは、それこそ何千回も同じものを聞き、話してきました。

音読は、いわばそれに代わるものとして、ことばに対してそのまま反応できる力をつけます。

関先生は、少なくとも50回、くりかえして読むように、と書かれています。

エブリでも、ある程度繰り返して言えるようになったら、その後は、レッスンごとに毎回くりかえすわけです。

関先生の「英語の学習法」は、わたしにとって、大きな励ましになる本でした。

Posted at 2011年09月11日 23時23分34秒  /  コメント( 0 )

英英辞典の使い方

次の英文を見てみましょう。

Japan is now facing a shortage of energy; therefore, the improvement of alternative energy sources such as solar, geothermal and wind power is urgent.

(訳;日本は今、エネルギーの不足に悩んでいる。したがって、代替エネルギー、たとえば太陽、地熱、風力などの開発が急務である)

この文章の中で、improvement があります。

improvement は「改良、改善」の意味ですから、ここではあまりふさわしくないように思います。
英英辞典を引いてみます。
The act of making something better; the process of something becoming better や、a change in something that makes it better といった表現が出てきます。(Oxford Advanced Learner’s Dictionary)

つまり、何かをよりよくする行動、何かがよりよいものになるプロセス、あるいは、あるもの自体をよくする変化、というような意味でしょうか。

でも、代替エネルギー開発は、いまのところ、とても実用化レベルとはいいにくいですから、ここでは、別の表現を使いたいところ。

発達、発展ということで思いついたのが、development でした。

これは、英和辞典を引くと、「発達、発展、開発、進化」という意味が出てきます。

オックスフォードを引いてみましょう。
the gradual growth of something so that it becomes more advanced, stronger, etc. (何かがより上級、強力になるような、何かの段階的な成長)

あるいは、the process of producing or creating something new or more advanced; a new or advanced product (何か新しいもの、あるいはより高度なものを作り出すプロセス;新しい、あるいは高度な製品)と書いてありました。

こうしてみると、improvement は、あくまでbecome better 、つまり現状に比べてよくなる、よくする、というニュアンスであるのに対して、development は、change でありsomething new or advanced 何か新しい、または高度なものを作り出すための変化、であるとわかります。

英英辞典を引いていく場合、何もかもを引こうとすると、時間もかかるし、大変ですから、少しずつ、こうした中心になる単語を一つ二つ引いてみるところから始めるといいでしょう。

Posted at 2011年09月08日 13時15分32秒  /  コメント( 0 )

英語力に結びつく音読

音読を、実際に利用できる形の英語力まで結び付けるにはどうすればいいのか。

音読には、大きく分けて三つの役割があります。

まず、第一に英語音を、自分の発する音として知ること。

ふたつめが、英語の表現の言い換え練習をして、いいなれること。

最後に、くりかえして意識的ではなく、表現をからだにしみこませること。

一つずつ、見ていきましょう。

英語音は、自分にはなじみがうすいので、ほっておいたのでは、言えるようになりません。

それなりの意識的な努力が必要です。

音読は、実際に自分のからだを使って、声として英語音を出すことで、これを達成します。

たとえばth を見たら、日本語にはない、英語独特の口や舌の動きができるようにする。

息の出し方、ことばの切り方、いずれも日本語とは違った音の動きですから、これはそういう音を出そうと思って工夫しないと出てきません。

音読は、そういう役割を果たすのです。

次にやっていただきたいのが表現練習。

I’m studying English. という文を習得したら、I’m studying French. とか He’s reading a magazine. といった文も合わせて言ってみる。

長崎弦弥さんという、むかし「奇跡の英単語」という本を出されていた方が実践された方法が次のようなものでした。

I study English. I studied English. I will study English. I’m studying English. I was studying English. ・・という具合で、一つの文を言ったら、その後に続けて、すべての時制で言い換えてみる、という方法でした。

大変ですが、役に立つやり方です。

3つめとして、繰り返し同じ文章を言うことにより、意識的に暗誦するのではなく、英文の流れも含めて覚え込んでしまいます。

特に英文を書いたりする時に、何を、どういう順番で書けばいいのか、がすぐに引き出せるようになります。毎日1回でもいいので、今までに覚えてきた英文を通して口にしてみましょう。

そうすることで、貴重な「暗記した英文」を忘れることなく、いつでも手早く引き出せるようになります。

この練習をしておくと、いつでも必要な時に、使いたい表現をとりだすことができます。
これが、実践に生かせる音読学習です。

Posted at 2011年09月08日 13時14分03秒  /  コメント( 0 )

前へ |  1  2  3  4  5  6  7  8  9  | 次へ