英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー
英語学習法

音読の効用

英語の学習法の一つである音読が優れている点は次の3つだと思います。

第1はやりやすさ。
単語集の表紙のことば。「それぞれの英文を100回ずつ読んでマスターしよう」

文を100回音読することには、それほどの時間はかかりません。
英文に慣れてくるまで時間がかかりますから、効率は良くないように思われますが、どんどん速くなります。
「ニュース英語のリスニング(基礎編)」でも、とりあげる英文は、せいぜい一文あたり20語もありません。
口慣らしでは、20秒ほどもかかることもありますが、10−15回ほどで一文数秒(もう少し短い文だと2−3秒)でできるようになります。
1分もあれば15−20回は言えるわけで、5分で100回クリアできます。

第2に、身体が覚える点。
100回音読すると、もう一度同じ英文を読むときもすらすら読めるものです。
英文を見ながら音読すると、数回(15秒くらい)でカンが取り戻せます。
エブリでは、受験時代の後また英語の必要があって受講する生徒さんが多くいらっしゃいますが、学習を再開すると、すぐに学生時代に暗誦した文がすらすら言えるようになっています。
時間がたった分、却って前より言いやすい、と感じる方がたくさんいます。

最後に、記憶に長く残る点。
繰り返し言って身体が覚えてしまうレベルに達すると、記憶が頭の中だけではなく、いろんな部分に定着します。
街を歩いていて、聞こえてきた英語とか、ふとした事で反応します。
試験で同じ表現が出てきただけで、意味や音などが頭の中によみがえります。このおかげで、思っていたより多くの表現が記憶されていたことに気づきます。

エブリでの本格的な繰り返し練習は、こうした記憶の定着を助けてくれます。
英語の勉強を数ヶ月間休んでいても、何度か読みをくりかえすことで、簡単に以前の状態をよみがえらせることができます。

この素晴らしい体験をぜひご自身でなさってください。

Posted at 2012年03月29日 15時17分14秒  /  コメント( 0 )

Solar Eclipsed (TIME)(その1)

少し古い記事になりますが、タイム2月27日号に載った記事からの難訳部分です。

第1段落 
It seems like boom times for U.S.solar.「アメリカの太陽光パネル業界にとっては書き入れ時のように思われます」
With demand skyrocketing, about $11 billion worth of solar power is set to be installed this year, and more than five times that amount is coming down the pike.
skyrocket は「急上昇する」five times で「5倍」pike は「高速道路の料金所」のことですがcome down the pikeで「現れる」「需要が急上昇し、約110億ドルの太陽光パネルが今年中に取り付けられる予定で、さらにその5倍以上の取り付けが希望されている」

第2段落
But even as solar power thrives in the U.S., many think the business could be growing faster—and creating more American jobs—if it weren’t for alleged foul play by China, the country’s biggest solar rival.
thrive は「すくすく育つ」要注意はcould で、ここでは仮定法として用いられている。if it weren’t for は「もし〜がなければ」という意味でWithout やBut for と同じ。
「しかし、アメリカではソーラーパネル業界が大きく成長しているものの、この業界はもっと速やかに成長し、アメリカ人の雇用も作り出すことができるはず、ソーラー業界におけるこの国の最大のライバル中国による、不正と思われる行為がなければ、と考えている人は多い」
どういう意味で不正なのか、はさておき、まずは何が起こっているのか。

第3段落
But if you make solar modules—especially in the US—your balance sheet looks ugly.
「(あなたが購入者だったり、サービス業ならうまくいっているだろう、に続いて)しかしもしソーラーパネルの部品を作っているなら、(それもアメリカで)あなたの貸借対照表は悲惨なものだろう」つまり部品は中国産が安く、そのためパネルの価格が下落しているわけである。

第4段落
But some U.S. manufacturers believe cheap imports from Chinese panel-makers, which receive billions of dollars in aid from Beijing, are causing the nosedive in solar prices.
しかしアメリカの製造業者は次のように考えている。つまり、北京政府から何十万ドルもの援助を受けている中国のパネル製造業者が、パネルの料金の下落を引き起こしていると」
そこで、アメリカの業者は、政府に対して中国の製造業者に対して、手厳しい関税をかけるように要請する、というわけです。
ところが、オバマ政権はなかなかその方向に動こうとはしません。
それはなぜなのでしょうか。

Posted at 2012年03月27日 17時32分05秒  /  コメント( 0 )

Solar Eclipsed (TIME) (その2)

第5段落
Obama Administration has punted on the issue in the past, partly out of fear of igniting a trade war with Beijing, which has already threatened retaliatory action.
最大の問題はpunted on でした。「ボールを蹴りだす」「過去の問題などに賭ける」などが出てきて、ぴったりの意味が出てきません。結局、インターネットでいくつかの文章をあたって「先送りにする」に近い意味だとわかりました。「オバマ政権は以前この問題を先送りしたことがあった。すでに報復的な対応をほのめかしている中国政府との貿易戦争の口火を切ってしまうかもしれなかったからである」

第6段落
A recent study (中略)found that a 100% tariff on imported modules would result in a net loss of as many as 50,000jobs in the U.S. over the next three years (以下略)
「最近の研究によれば、輸入した部品に100パーセントの関税をかけると、これから3年の間に5万人の職がアメリカで失われるという結果になるだろう」
おなじみ、仮定法のwould です。
これは、関税に反対するグループの研究です。これに対して、関税支援グループは、次のように言って関税導入を支持します。

第7段落
・・・the study was “highly speculative” and depended on optimistic projections for solar growth in the years ahead. 「speculative」は「投機的な」という意味ですから、「リスクを伴う」ことになります。そこで、「研究は、とても投機的なもので(=実際にそうなるかどうかが当てにならない)これからす年間のソーラー業界の発展に関して楽観的な見通しに基づいています」そして次のように述べます。
The jobs in this industry are increasingly found outside of manufacturing.(引用)
「この業界の仕事はますます製造業以外の分野で増えていくようになる」

第8段落
The question is whether China’s protections, if left unchecked, would give it a leg up in other areas of solar in which the U.S. remains competitive.
if left unchecked 「そのままチェックしないでおくなら」give it a leg up が二つ目の曲者。
「人を助けて困難を乗り越えさせる」のような意味が出ていましたが、それではなさそうで、ここではむしろ文字通りにとって、「足を踏み入れる」くらいかな、と思います。
「問題は、中国の保護主義的な対応で、もしチェックしないままでおけば、それは、アメリカが現在、主導権を握っているソーラー分野のうち別の領域に踏み込んでくるかもしれない」これまた仮定法です。
というわけで、タイムを読んでみました。難しいけれど読みがいのあるタイムにぜひ一緒に挑戦しましょう。
エブリの「タイムを読む」はこちら 

Posted at 2012年03月27日 17時28分27秒  /  コメント( 0 )

実用的な英語

受験生として、取り組んでいる時期には、合格するための英語が「実用的」な英語になります。
でも、実生活で英語がどういうときに必要かというと、書く英語の重要性を上げざるを得ません。

最近では、大学入試の英語でも自由英作文を要求するところが増えてきました。
この風潮に合わせて、英作文の参考書も、一昔前には考えられないほど充実してきました。

自由英作文を書くためにはいくつか重要な条件があります。

第1に主張。
あることが良いか悪いか、改革を進めるか、これだけの情報を伝えなくてはならない。試験だったら、この部分はおおむね課題として与えられています。

第2に論理性。
自分の主張を、相手に理解してもらえるように、具体例や説明をする力です。
下書きが、他の人に理解してもらえるかどうか。
このプロセスで、自分の論理の弱さに気づくこともよくあります。

第3に表現力。
ひとつひとつの説明や具体例を正確に説明する英語力。物語などを英語で説明することから始めるとよいでしょう。言いたいことがなかなか伝わらないのは驚くほどです。

第4に構成力。
わたしたちは、一読してわからなければ、つい英語が難しい、自分の力がないせいだと思ってしまいますが、実は作者の構成が良くないことも多いのです。
というわけで、パッと見て全体像がつかめるような構成力を身に着けることも大切です。

英語を書くと、それは証拠としていつまでも残ってしまいます。ある程度のミスはやむを得ないかもしれませんが、あとで読んで何が言いたいのかわからないような英文を書いてしまう事態はできるだけ避けたいものですね。

Posted at 2012年03月27日 10時11分29秒  /  コメント( 0 )

英語が苦手な人たちへのエール

ある教科が得意な人たちは何かしら似通っているが、苦手な人たちはそれぞれに苦手である。

英語も例外ではありません。

入会を申し込みにいらっしゃった方と話していると、英語が苦手な方の場合、それを自覚するまでに1−2年ほどの時間がかかっていることが多いのです。

つまり、関係代名詞で英語がわからなくなった場合、実際にわからないという気持ちになっても、それまでの貯金があるせいで、あまり事態は深刻にならない。

ただ、関係代名詞の問題についてはよくわからないため、その後、長文でも、文法でも関係代名詞が出てくると、説明されても霧が晴れない状態になってしまいます。

このため、病状は少しずつ重くなってしまい、やがては何が原因かはわからないけれど、英語が苦手、という状況に陥ります。

多くの方はこの時点で、私たちのもとにいらっしゃるため、どの部分がわからないことで、今の状況が生まれているのかを判断することが、かなり厳しくなってしまっています。

つまり、こうなってしまうと、最初に引っかかった部分の上に載っている知識はどれもぐらついているわけで、こうしたぐらつきを、一つ一つ取り去っていくと、ようやく、問題部分が見えてくるわけです。

原因を見つけ出すためと、現状を少しでも向上させるために行うのが、音読・暗誦と教科書の訳読です。

ただ、はじめのころは本人にしても、説明に使われる文法表現がわからなかったりして、勉強している自覚がわきにくいし、また点数が上がりにくいということから充実感のなさに結びついて行ってしまいます。
まずはやさしいものでいいので、わかる実感を知ることが第一だと思います。

Posted at 2012年03月20日 22時53分22秒  /  コメント( 0 )

「書く英語(基礎編)」

2000年ごろから大学入試の英作文が変わってきました。

手元にある「東大の英語25ヵ年【第4版】」を見てみると、1990年代には課題英作文で、「直接話法をつかって」などの約束事が多くみられます。
これに対して、2000年代に入ると、「説明せよ」のように自由裁量の部分が多くなります。

英作文を教えていて思うのは、お一人お一人、ポイントとなる部分が違っていて、なかなか中心となる部分が定めにくいことです。

たとえば、ある程度基本的な英文構造を覚えるところから始めたほうがいい方もいます。
どちらかというと、論理的な文章の書き方が苦手な方も見えます。

具体例を出す場合に、実際の物事を描写することが不得意であることが、自覚されることもよくあります。

自由英作文に入る前にぜひやっていただきたい英作文の参考書が、「書く英語(基礎編)」です。

この本は、NHKのラジオ英語会話の放送を20年以上にわたって続けられた松本亨先生が、日本人の苦手とする英作文について基礎から一歩一歩積み上げていけるように書かれた本です。

最近、より大きな活字で改訂されて一段と見やすくなりました。

基本的には和文英訳なのですが、最初は、すごく基本的なところから入っていきながら、実は、英語の書き方の中核に関することが触れられています。

最後には、こんなことまで書くことができるのか!と驚かれるほど、「世界観」のある英語が書けるようになります。

難しい表現を使うことがよいのではなく、やさしい英語で誰にでも誤解なく通じる英語が良い英語だ、という主張のある、おすすめの英作文の参考書です。

Posted at 2012年03月08日 22時39分54秒  /  コメント( 0 )

「英語辞書の知識」佐藤弘・著

小説そのものも好きだけれど、その解説も好き!
辞典もおもしろいと思いますが、その解説書ももっと好き、なのです。

古本屋さんで手に入れた本ですが、出版された1977年ごろの辞典事情がわかってとてもおもしろい。

特に斎藤秀三郎「熟語本位英和中辞典」に関する記述は情熱的で、実際に辞典を手に取りたくなる力があります。

ここは、「英語青年」に掲載された文の引用なのですが、

「Hornby によれば、真に日本人の手になった英和辞典と言えるのは斎藤秀三郎氏の『熟語本位英和中辞典』と、この『英和活用事典』(勝俣銓吉郎・著)だけだそうである。」(佐藤佐市「辞書編集者の生活」『英語青年』(研究社、1959)

こちらは、別の書物からの引用。
 「わが大正時代の終わりごろ、お隣の中華民国で『総合英漢大辞典』という詳細な辞書が刊行された。・・・その中の「例解」の項で、つぎのようにわが斎藤秀三郎とその著『熟語本位英和中辞典』とを激賞し、『総合英漢大辞典』の編集にあたり、『熟語本位英和中辞典』のよい点はすべて採り入れたとのべている」
とのこと。」(町田俊昭『三代の辞書』三省堂1971)

もちろん、「斎藤英和中」は持っていて、おもしろい辞典だと思っていましたが、こうした評価があることは全く知りませんでした。

このような知識を蘊蓄(うんちく)というのかどうかわかりませんが、こうした関連知識によって、その本を読んでみたいとか、その辞典を使ってみたいと思わせれば、この解説書の意義はおおいにあると思うのです。

「英語辞書の知識」佐藤弘・著 八潮出版社

Posted at 2012年02月19日 23時06分17秒  /  コメント( 0 )

自動詞と他動詞

最近、生徒さんから受けたご質問です。

英文法の問題集を解いていると、I (arrived/reached)at the station. という文で、正しいものを選ぶ問題がありました。
答えはすぐわかったのですが、解説を見ると、arrive は自動詞で、reach は他動詞だから、という説明でした。

ここで思ったのは、こうした他動詞、自動詞といったことはどこまで暗記しなくてはならないのか、ということでした。

実際に、これは自動詞か、他動詞か、を尋ねる質問はまず出題されることはありません。
でも、それがわかっていないと、上のような問題は解けないのではないでしょうか。

なかなか説明するのが難しい質問でした。
私の答えは次のようなものです。

自動詞、他動詞といった区別が生まれる前から、arriveにはat がついていたし、reachにはついていなかったはずです。

つまり、動詞の後ろに前置詞がつくものを自動詞と呼び、すぐに目的語の来るものを他動詞と呼ぶ、という法則は、おそらく実態が先にあって、それを説明するために考えられたと思われます。

ですから、単語を覚える際に、自動詞、他動詞ということを覚えていく、というよりも、例文と一緒に記憶していくと、役に立つはずです。

そうすれば、それぞれの動詞の使い方が、例文を通じでよくわかりますから、作文などの際にも、迷うことが少なくなるはずです。

単語より例文、というのは負担が多くなるように思われますが、長い目で見るとかえって楽になるもののようです。

Posted at 2012年02月18日 22時32分49秒  /  コメント( 0 )

なつかしの「英語の文型と文法」

数年前、高校生の時にエブリに通ってくれていた方が、訪ねてきてくださいました。
現在は、大学で勉強されているそうですが、英会話はなかなか得意で、エブリで覚えた英語が役に立ったとおっしゃってくれました。

当時は、安田一郎先生の「英語の文型と文法」を暗誦教材として使っていました。
この教材はNHKから出ていたもので、当時放送されていた「続基礎英語」をベースにしたものです。
この番組では、中学校2年生向けの文法を、すべて会話の形にして、だいたい7,8行のやり取りで覚えこませる、というスタイルの本でした。

カラー印刷でもなく、内容も、会話があって、次のページに文法事項がまとめてあるというシンプルな構成だったため、CD化されることもなく、絶版になってしまいました。

私は、同番組が放送中、毎日聞いていて、繰り返し練習も行っていました。

エブリをはじめたときも、初心者の方にぜひ使ってほしいと考えたのが、この本でした。
おかげさまで、たいていの方が気に入ってくださり、ストックとして買い込んでいたものも使い切ってしまいました。
さらに購入しようとしたら、すでに手に入らない状況になっていました。
良い本なのに、残念です。

この方のように、一生懸命この本を覚えて、今でも役に立っているよ!といっていただくと、改めていい本だったのだな、と思わせられます。

復刊ドットコムなどにも送ってみましたが、なにしろあまり有名な本でないためか、票数が伸びていません。

お一人お一人にこうした隠れた名作参考書があるのかもしれません。

Posted at 2012年02月15日 10時29分45秒  /  コメント( 0 )

『日米会話手帳』のふりがな

孫引きになりますが、晴山陽一さんの「英語ベストセラー本の研究」によると、朝日新聞社から「『日米会話手帳』はなぜ売れたか」が出ているそうです。
この本には、戦争直後のベストセラー、『日米会話手帳』が全ページ、コピーされているそうで、貴重な資料と言えるようです。

注目は、この『日米会話手帳』の英語に添えられたふりがなです。

今日は。 How do you do?  ハウ ディ (ハウ ディ ドウ)

今晩は。 Good evening!  グ・ディーヴニン(グ)

当時、一世を風靡した平川唯一先生の「みんなのカムカム英語」でも

Come on, kitty. Come here.
カ モァン キリー カメーァ

というふりがながついているそうです。

これは驚くべきことです。

オードリー・ヘップバーンと同じ名字を明治のころはヘボンと記述していました。

英語のつづりが入ってきたことで、却って英語の本当の音そのままの記述が消滅してしまったように思えます。

書かれたふりがなに忠実に音を出してみると、本当に英語らしい発音になります。

昔の日本人が生み出していた歴史的な教材を見ていくと、驚かされることがたくさんあるものです。

Posted at 2012年02月05日 00時18分54秒  /  コメント( 0 )

前へ |  1  2  3  4  5  6  7  8  9  | 次へ