英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー
英語学習法

音読中心の学習(2)

音読で大切なこと、それは、次の3点です。

1、できるだけ、細かな部分まで注意しながら、きちんと練習すること。
 
  個々の単語の発音や、複数、時制などをいいかげんにしないで、できるだけ丁寧に読むことが大切です。

  わたしたちは、日本語に複数形がないせいか、つい、複数のsを抜かしてしまうことがよくあります。

  気がついてみると、複数形でいうことを、すっかりおこたってしまっていることも。

  と、同時に、ある程度のスピードで、省略すべき音は省略して読んでいくことが大切です。

  たとえば、can と can't とは「音調」が違います。

  こうした部分にも、気を配って、丁寧に読んでいかないといけません。

2、前回までにやった部分は、完全に言えるようになってから、次に進むこと。

  実は、これは、エブリの大きな特徴だと言えます。

  毎回のレッスンで、音読をしていただくのですが、そのとき、今までにやってきたすべての音読部分を繰り返します。

  つまり、レッスン1から、すべてやっていく、ということです。

  なかには、テキストをほとんど1冊ぶん、復習する方もみえます。

  そのばあい、くりかえすと30分くらいかかってしまいます。

  よほど長い時間がかかるのであれば、前の部分から省略していきますが、それでも、なるべく全体を言っていただくようにしています。

  それは、今までやった部分を、確実なものにしていただくためです。

  ストックが生きているので、必要なときにはいつでも引き出すことができます。

  1回やってできるようになったから終わりにしてしまっては、せっかくの知識が生きてきません。

  このことの大切さは、やっていただくとよくわかります。

3、一文ではなく、パッセージとして、あるいは作品として覚えていく。

  エブリで取り上げるのは、雑多な例文集ではありません。

  最低でも数行でまとまったニュースなり、数ページにわたるレッスンだったりします。

  なかには、長いストーリィを覚えている方もいます。

  これをすることで、初めて出てきた名詞が a という冠詞ではじまるのに、次には the ではじまるかたちとして登場し、さらに that poor bear などといった言いかえをされていくさまが、実体験できるからです。

  最初の項目で触れた、単数、複数の問題だけでなく、英語には、わたしたちが、ある程度、無意識レベルにまで落とし込まなければならない、日本語とは違った発想、考え方があります。

  一文一文の、それぞれバラバラな文の暗記では、あるところに登場した人物が、前に出てきた人と同一人物かどうか、さらにそれを受ける代名詞までの工夫が分かりません。

  それが、せめて数行のパッセージとしてまとまった内容の英文を覚えていただく理由なんです。

Posted at 2016年03月09日 19時45分36秒  /  コメント( 0 )

スピーディな音読の意味(3)

少しお年を召した英語学習者の方の中には、国弘正雄先生の名前を懐かしく思い出される方もいらっしゃるでしょう。

国弘先生は、以前、NHK教育テレビで、「テレビ英語会話中級」を担当されていた同時通訳者の草分けです。
アポロ月面着陸の同時通訳をされて一躍時の人になられました。
その後、参議院に出馬されて政治の世界に転身され、現在は悠々自適の生活をされていらっしゃるようです。
この方の著作にベストセラーとなった「英語の話しかた」があります。

その中に「只管朗読」(ただひたすら朗読)という学習法が出てきます。

これは、まさに何度も何度も繰り返し英文を読む、という私たちが今主張させていただいている方法です。

私も実際に英語を学ぶ人間として、音読を何度も行って、表現を身に付けてきました。

地道に暗誦して、英語を自分の中に入れていく作業をどこかで行わない限り、英語力は身につくものではない、と実感しています。

何らかの形で、英語というストックが頭の中にある程度できなければ、状況に合わせて表現を口にすることはできません。

国弘先生は「英会話・ぜったい・音読」の監修者でもあり、その冒頭に、なぜ暗誦が大切なのかをわかりやすくまとめてくださっています。

私もさまざまなレベルの学習者の方にお会いして、指導をさせていただくことが多いのですが、こうした場合に強く感じるのは、正確に英文を暗記することの重要さです。

しかも、ある程度まとまった英文であれば、それは記憶によって芋づる式に大量の文を頭の中から引き出すことが可能です。

現在、英検指導などで英作文も扱いますが、これも正しい英文記憶の蓄積がなければなかなか書けるものではありません。

だまされたと思ってぜひ挑戦していただきたいのが、この只管朗読なのです。

Posted at 2013年02月25日 09時56分28秒  /  コメント( 0 )

スピーディな音読の意味(2)

高校2年生までの方には「英会話・ぜったい・音読 標準編」(講談社)を音読用に使っています。

中学3年用のテキストをまとめたもので、基本的な文法事項はほとんど網羅されています。

このテキストを完全に暗記することで、英語の点数をぐっと上げた方も多くいらっしゃいます。
なにしろ、自分の知っている文章はすべて頭の中に入っているのですから、英作文などでも応用することでかなり容易になるのです。

ただ、一冊の本を完全に暗記することは言うは易く、行うは難しなのです。

エブリは、このお手伝いをさせていただきます。

毎回、授業のはじめに音読・暗誦を行ないます。
今までに学習した教材をすべて繰り返して暗誦するのです。

1行ごとの朗読の後について言っていただき、そのあとページ丸ごと暗誦します。

暗誦で一番大変なのは、一文終わった後で次の文を始めるとき。
どういう出だしだったかを思い出すのが難しいのです。

エブリ方式では、次の文の最初の数語をこちらが言いますから、スムーズに暗誦を続けていくことができます。

このように手早く暗誦することで、48セクションもある「英会話・ぜったい・音読」1冊を復習するのに20分程度で終わってしまいます。

今までに多くの先輩たちが「英会話・ぜったい・音読」と「ニュース英語のリスニング(基礎編)」(DHC)という教材を暗誦して、素晴らしい実績を築いてきました。

ぜひみなさんも試してみてください。

Posted at 2013年02月25日 09時54分51秒  /  コメント( 0 )

スピーディな音読の意味(1)

You tubeをご覧になった方は、なぜこんなに速いスピードで暗誦をするのか疑問を持たれる方も多いようです。

実際、私たちの音読を目の当たりにした方は、その速度に驚かれます。

私が目指しているのは、生の速度です。

DVDなどで、現実の英語を耳にしたとき、私たちには、何を言っているのかわかりません。

これは、3つの理由があります。

1つは用いられている単語・表現が難しいこと。
2つめはスピードが速いこと。
そして3つめ。
スピードを速いため、息の使い方、音の出し方が、通常の発音から大きく変化していること。

たとえば、th音と呼ばれるものですが、セオリー通りだと、上下の歯の間に舌を差し込む形で、流れてくる息をせき止めるような音を出します。

ところが、スピーディな動きをしているときには、舌で歯を叩く動きになり、前後の音の影響を受けて、t音に近くなります。
わたしたちの耳にはtと聞こえるのです。

日本語にはth音は存在せず、t音も強くはじく音ではないため、th音をzやsの音で代用する方が多いのです。
まるで違った音になってしまいます。

これは一例ですが、速く音読すると、こうした要因が加わってきます。

スピーディな音読を実践することで、より精確な発音を身に付けることができるのです。

Posted at 2013年02月25日 09時53分05秒  /  コメント( 0 )

スピーチにつながる音読

高校生のスピーチコンテストで審査員をさせていただくことがあります。
スピーチでは、テーマ、表現、演出、発音、練習など多くの要素があり、英語の勉強をしていくうえで、大変役に立ちます。

今日は、スピーチと音読についてお話ししたいと思います。

音読して、暗誦する場合、内容はすでに理解している必要があります。
ということは、メッセージは何か、がよくわかっていて、それに合わせた音の出し方をしなくてはなりません。
たとえば、疑問詞で始まる疑問文は通常、下降するイントネーションになります。
でも、感情的に激しているばあいには、上がることがあります。
ごく普通の平叙文であっても、その文に込められた感情によっては、疑問文のような読み方になったり、命令文のような言い方になったりします。

こうした文の読み方を作り上げていくためには、基本的な音読の技術がとても参考になります。
特に数行からなるまとまった文章を読んでいる場合にこれが大きい。
英作文などの教材で、文法中心の一文一文覚えていくタイプのものだと、全体を流れる感情の起伏などの表現方法を学ぶことができません。
教科書のような内容のものも、初期段階としては良いと思います。
必要な表現が、ある程度網羅されているからです。

こうした基礎的な教材がある程度、暗誦できるようになったら、ぜひやってみていただきたいのが、物語の音読です。
それもできるだけ感情のこもったものがよいので、劇的に話の流れが変わっていくようなストーリーをもった作品が望ましいように思います。

こうした、疑似的なストーリーで、英語による表現方法を経験していくことで、スピーチで描き出される世界をあらわすことがより巧みにできるようになります。

なかなかふさわしい教材を見つけるのは大変ですが、松本亨先生の「英語のイントネーション」は参考になるかもしれません。
(新刊では手に入りませんが、エブリでは在庫がございますので、ご希望であればお譲りできます)

他にも、本屋さんに行くと、昔のラジオドラマをCDにしたものや、映画のシナリオがDVDになっている教材があります。
くりかえし見ても飽きないものを選んで、ぜひチャレンジしていただきたいと思います。

松本亨先生「英語のイントネーション」はこちら


田口執筆「英検タイムズ」はこちら


エブリの中学生・高校生講座はこちら

Posted at 2012年06月01日 08時21分30秒  /  コメント( 0 )

TOEICリーディング対策の音読

今回はTOEICリーディング対策を音読で行うための講座です。

一見、リーディングと音読とは関係がないように思われますが、そんなことはありません。

実は、リーディングをするためには、二つの重要なポイントがあります。

ひとつは速度。

頭の中でも「翻訳」をしつづけていたのでは英語に対して、そのまま対応することはできません。

スピードも上がりません。

この問題を克服するための方法はひとつしかありません。

英語で考えること。

そして英語で考えるためには、一つ一つの表現を、日本語に訳さなくてもよいレベルまで、覚えこんで、英語に対して英語で反応できる脳を作り出す必要があります。

このための必須の方法が音読です。

すなわち、読むべき文を音読することで、次に同じような英文に出会ったときに、訳読しなくても、意味をつかむことができるようになります。

このためには、問題集で、わかりにくい英文、訳さなくては意味のとれない英文を、きちんと理解した上で、何回か音読することです。

こうすることで、訳さなくてはわからない文章が、だんだんと、英語でそのまま理解できる英文に代わっていきます。

つぎにリズムです。

英文を読むときに、たとえばラジオや他の人のスピーチを聞いているときのようなリズムを感じることができれば、与えられた文全体に目を通さなくてもメッセージをつかむことができます。

このことは、もちろんスピードを上げるのにも役立ちますが、それ以上に、英語の論理をつかむのにふさわしい方法です。

できればリズミカルな文章を何度も音読することがおすすめです。

たとえば、A.A.ミルンの書いた「クマのプーさん」という童話があります。
じつはミルンはそれ以前に、2冊、童謡集を書いていて、ベストセラーにしました。

その後、ミルンが童話集を書いている、と発表した時、周りの人たちは、童謡集を超える作品を書くことはできないだろう、といったそうです。

ところが、「プーさん」と、その続編「プー横丁に立った家」は2冊の童謡集をはるかに超える大ベストセラーになりました。

その秘密は、読み聞かせてあげると、子供が自然に踊り出す、と言われたその見事なリズムにあります。

同様に、「星の王子さま」ももともとフランス語で書かれたものですが、その英訳版は見事なリズムを持った文章になっています。

これまた英語を「呼吸」から学ばせてくれる素晴らしい本だと言えます。

今までにあげた作品をひとつでも良いですから、一部分、音読してみてください。

おそらく、英語、音読に対する認識が大きく変わるでしょう。

そしてそうすることによって、あなた自身の英語力も大きく伸びてくるはずです。

Posted at 2012年05月23日 10時49分31秒  /  コメント( 0 )

ビジネス英語への招待

大学入試に必要とされる英語と、ビジネス英語とは違う世界なのではないか、と考えられる方も多くいらっしゃいます。

もちろん、同じ英語の世界ですから、全く違うということはないのですが、ただ、使われている表現がそれまでに学習してきた単語と違っていたり、あるいは、同じ単語でも異なる意味で利用されたりということがあるせいだと思います。

おそらく、多くの方が戸惑う問題は、英字新聞などの読み方だと思います。

文法は同じでも、一つ一つの文が長くなり、修飾語が増えます。

したがって、文全体の主語動詞の関係が見づらくなります。

この見づらさは、英字新聞独特の表現の使い方と相まって、読みづらさを感じさせる結果になるのです。

ビジネス英語に対応するためには、まず、文法をもう一度確認したうえで、やさしめの英字新聞を、丁寧に読んでいくという方法が考えられます。

日本のことを扱った、日本で出されている英字新聞、特に学習者向きの週刊のものなどが望ましいでしょう。

この時に、一度読んで、意味内容がしっかりと理解できた記事については、できるだけ数回音読して、英文自体を記憶するようにするとよいでしょう。

内容のむずかしさもあると思います。

ビジネス英語では、取り上げられるトピック自体が経済や政治に関するもので、基礎的な知識がないと、わかりにくいものが多くあります。

こうした記事については、できるだけテレビや新聞、インターネットなどを通じて、周辺の知識を得るようにしておくと参考になります。

特に、経済や政治のお話というのは、当たり前の話ですが、人間が裏に隠れているお話なので、ある意味で、世間話とそれほど大きくかけ離れたものではありません。

たとえば、組閣人事などを考えてみても、いままでの友人関係や、力関係といった、会社の人事と同じ側面が隠れています。

どの首相の時に、だれが重用されたか、考えていくと、直接知らない国会議員同士の人間関係も透けて見えてくる場合があって、とても面白く思えます。

今回、ギリシャの総選挙では、左派が票を集めたようですが、特に極端な左派は、EUに対する借金は返済の必要はない、と言って、それで人気が高まったようです。

この対応は、第1次大戦の後に、戦勝国に対する莫大な賠償金を返済する必要はない、と叫んで、票を獲得したヒトラーの手法と似たところがあります。

歴史など振り返ってみても、人間の性質は、それほど大きく変わることはなさそうです。

そんなところを参考に、ビジネス英語に取り組んでいただければ、勉強も面白くなるのではないかと思います。

がんばりましょう。

田口執筆の『英検タイムズ』英検1級講座はこちら!

Posted at 2012年05月08日 10時08分27秒  /  コメント( 0 )

グーグル検索を辞書として利用する

最近、グーグルを使って、英語の表現をチェックする、という方法が脚光を浴びているようです。

迷っている英語表現をグーグルに打ち込めば、その表現がネイティブの使うものかどうかはヒット数でわかりますし、より良い表現も検索によって見つけだすことが可能です。

これはたいへん信頼性の高い方法だと思います。

いま、discuss about で検索してみましたら、1,010,000,000件のヒットがあり、かなりのヒット内容にdiscuss about はまちがい、という記述がありました。

(桐原書店のPeripatosには、discuss about がformerly used という記載が載っている辞典があり、以前は認められていた、という記述がありました。また準英語圏においては、discuss about は合理的な使用法として容認されている場合も多いとのこと。大変参考になりました)

時間が迫っているときの検索用には勧められないかもしれませんが、時間的に余裕がある場合には、興味のある単語など、検索してみると、印象に残るエピソードなどに遭遇することもあるでしょう。

ボキャビルはなかなか手間のかかるものですし、覚えようとしても、すぐに忘れてしまったりして大変です。

ただ、こうしたエピソードを探していく方法など利用することによって、単語の勉強も面白く感じられることが多くなるのではないでしょうか。

またsincere とhonest の違いに関する記述も見つけました。
事実に反することを言わないのがhonest で、自分の気持ちに反することを言わないのがsincere だそうです。


田口執筆の『英検タイムズ』英語検定対策講座はこちら!

Posted at 2012年05月02日 14時58分17秒  /  コメント( 0 )

「英検1級100時間大特訓」植田一三 ベレ出版

植田一三さんの新作です。
ある生徒さんから教えていただきました。

植田一三さんといえば、上級英語教材をたくさん出されている、関西の超有名なプロ養成のスクールAquaries School of Communication の学長さんです。

わたしもこの業界に入る時に一度、お目にかかったことがありますが、非常に学識にあふれた方で、当時から1級対策の書籍を何冊も書いていらっしゃいました。

その後、1級自体がリニューアルされて、試験の形式は少しずつ、変わってきていますし、また、いわゆるリニューアルだけではなく、リスニングテストはスピードが速くなったり、長文も難しくなったり、マイナーチェンジは多くみられます。

そのあたりを、くわしく述べている点で、この本は受験する方にとって、参考になると思います。

この本の中で、注目すべき点は、出題の内容がランキングとして出されているところです。

これは、実際に継続的に調査していないと書けないことで、わたしも大いに参考にさせていただこうと思っています。

英検1級は、本格的な英語の実力を判定する試験としては、最高レベルに位置するものだと思います。

試験内容も公開されており、勉強を続けていこうというものにとっては、とても参考になる試験だろうと考えています。
1人でも多くの方が1級に挑戦されることを祈っております。


田口執筆の『英検タイムズ』「英検対策講座」(第三回)はこちら

Posted at 2012年05月02日 13時06分41秒  /  コメント( 0 )

英検タイムズ原稿こぼれ話

英検タイムズの原稿を書いていて、気になることがあります。

この間も更新していただきましたが、現在の『英検タイムズ』の「英検対策講座」では、2011年度第2回の試験問題についての解説をしています。
この間、執筆した原稿では、この回のリスニング問題について取り上げています。

過去6回の試験問題の載っている、2012年度版過去問題集をご覧いただくとよいのですが、リスニングの問題に、イギリスのバウンティ号という軍艦で起こった反乱がでてきます。

冒頭に、歴史上もっとも有名な船員の反乱の1つ、と出てきます。
ところが、わたしもそうでしたが、まわりで【バウンティ号の反乱】自体、聞いたことのある人が一人もいませんでした。

あとで探してみたら、「戦艦バウンティ号の反乱」という映画があるようですが、では、どんなはなしなのか、ということになると?でした。

2010年度第3回の試験でも、ヒーラ細胞の話が出てきます。
これは、1951年にアメリカの病院を訪ねた女性のがん細胞で、医学の進歩に大きく貢献することになったものです。
ヒーラ細胞についての情報が、英検に出題された後、図書館に出かけたら、この細胞についての本が新しく入荷していました。

英検に出される問題は、いつも出典が何なのか気になっているのですが、このように、話題になる一歩前に登場しています。

今度の6月の試験でも、出題されるであろう問題はすでにできていると思うのですが、大体数か月後に話題になるようなトピックを、どうやって見つけ出しているのでしょうか。
もちろん、話題になるかどうかではなく、試験として妥当かどうかで選んでいるのだとは思うのですが・・。

田口執筆の『英検タイムズ』「英検対策講座」はこちら

Posted at 2012年04月20日 11時40分50秒  /  コメント( 0 )

前へ |  1  2  3  4  5  6  7  8  9  | 次へ