英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー
考え方

英検1級の英作文(クローン)

昨年末のセミナーでは、「死刑廃止」の作文を書いていただいて、2016年3回の英検1級で、同じ問題が出ました。

そんな快挙は続かないとは思いますが、今回はクローンを取り上げてみました。

英検1級の文単に、Generating New Organs and Body Parts という、再生医療のエッセイが載っています。

趣旨としては、米軍と大学、バイオテクノロジー企業が協力して、さまざまな体の臓器や身体部位を創り出すのに成功している、という内容。

切断手術を受けた人、事故などで手足を失った人、麻痺などに悩む人、こうした方たちにとっては福音である、という論調で、再生医学をたたえる、というもの。

そこで、今回は、反対論で書いてみました。

I don't think we should work further in the field of regenerative medicine for the following three reasons; ethics, the gap between the rich and the poor, and military use.

For one thing, the matter of regenerative medicine is closely related with ethical problems, because it controls longevity and clone humans.

This enables us to make organs to replace problematic ones.

It means that the one with new organs can live longer.

And some want to have "stocks" of organs, which means cloned human.

We have to think about this matter ethically.

臓器移植で利用することは、自分の臓器のストックを作っておきたい、という人たちを生み出すだろう。ストックとは、つまりクローン人間だ。

Secondly, the cost of creating organs is high. Only the rich can make use of it and live longer. The gap between the haves and the have-nots will get bigger.

臓器を作るだめには費用がかかり、裕福な人だけがその利益を受けることができる。したがって、貧富の格差は拡大する。

Finally, we have to think about alternative use. For instance, cloned humans can be used as solders. When a nation developed a skill of clone technology, the country can make a lot of copy humans, then it will send the solders to the battlefield. In this way, that rogue nations can invade other countries.

また、クローン人間は兵士などに応用がきく。たくさん作って、戦場に送り出せば、効率的に他国を侵略できる。

As we mentioned above, I strongly feel that development of regenerative medicine is risky. I conclude that we should think twice before going further.

リスクが多いので、クローン人間の研究を進める前に考え直すべきだ。

このような形で、1級の作文の構成について考えてみました。

セミナー、コースのお問い合わせは→エブリ・イングリッシュ・サービスtel 052-934-1030 まで!

Posted at 2017年03月28日 15時10分38秒  /  コメント( 0 )

英検1級こう攻める!

stupendous という言葉を英英辞典で引いてみます。

stupendous = extremely impressive → the most stupendous views

たとえば、こんな文を作ることができます。

The pyramids have long been a (stupendous) sight for tourists.

I have never seen such a stupendous view.

This is the most stupendous view I have ever seen.

別の英英辞典だと、

stupendous = extremely large or impressive, especially greater or better than you expect
→ stupendous achievements/ stupendous costs

さらに例文ですが、
The stupendous dimensions of the Grand Canyon impressed me so much that I decided to draw some pictures to reproduce the scene.

などが考えられます。

別の例を見てみましょう。

unanimous 「満場一致で」という意味の単語です。= (of two or more people) fully in agreement, (of an opinion, decision, or vote) held or carried by every one involved.

では例文。

The doctors were unanimous in their diagnoses.
「医師たちは、その見立てについては全員一致していた」

They are practically unanimous in declaring that ...
 「彼らは、事実上、・・を宣言するについては一致している」

The meeting was unanimous as to the policy to be followed.
 「会議のうえでは、従うべき方策については一致していた」

People were unanimous in their wish for peace.
「人々は平和を願う点においては意義がなかった」

The representatives were unanimous that the cease-fire should be extended.
 「代表たちは、停戦の延長に関しては、意見が一致して、延長すべきだと考えていた」

こうして細かく例文を並べながら見ていくと、だんだんとその単語に愛情が感じられるようになってきます。

英検1級を目指しての勉強は、こうしたすこしずつの進歩がまとまってきたときに、突然、どしん!とやってきます。

がんばりましょう!

英検1級受験のためのコースは2017年4月(一部3月末)よりスタート!
レベルチェックのための無料お試しレッスン、全部英語で授業を行うフルイングリッシュ・コース、さらに過去問を中心に、英検1級の傾向と対策を身に着ける通常コースまであります。

お問い合わせはホームページメール、またはTEL052−934−1030まで!
エブリ・イングリッシュ・サービスは、地下鉄「新栄町」駅下車3分、コンビニのビル6階です!

Posted at 2017年03月04日 19時41分33秒  /  コメント( 0 )

実践的英語力をどうやって身につけるか?

今日は、新しく英語のクラスを導入される、というある教育機関の方とのお話をしてきました。

Today, I met three people. They came from a certain educational institute.

This institute has a plan to introduce English class for junior high students.

The point is what kind of activities they should put into the class.

Asked about this, I told them that reading aloud is essential.

In fact, for junior high students, very basic sentences, such as "I study English at school," and "How often do you study English?"

Probably, many of you feel disappointed.

"That's too easy!"

Yes, it is. But don't forget that they are going to teach junior high students!

And what they want is to make them feel at home when they speak in English.

It is often said that we should avoid Grammar.

I do not think that is the case.

Since we are non-native speakers, we need grammar.

Then why grammar is criticized?

They may misunderstand our problem.

We cannot speak in English not because we spend too much time on grammar, but because we do not practice speaking sentences.

In classroom, usually we say the sentences two or three times.

People think reading aloud is just a small part of study.

This is a wrong idea!

Why we can hardly speak in English?

Because we do not pronounce English sentences.

Remember how we mastered Japanese language.

We repeated what mother said, father said, brother and sister said over and over again.

Then we spoke out. Mother corrected me when I made some mistakes.

When we learn English, we should do the same thing.

Listen to good English, repeat it over and over again, and correct when we make mistakes.

So oral practice should be stressed.

I explained almost an hour, and three people finally understood what I said.

I expect their English class.

Posted at 2017年03月01日 21時24分53秒  /  コメント( 0 )

英検準1級FULL-ENGLISH コース

Those who wish to prepare for pre-1st English Step test all in English!

英検準1級対策のレッスンをすべて英語で実施します!

毎回、1級、準1級で合格者を輩出しているエブリ・イングリッシュ・サービスの英検講座英語版です。

授業内容

|姥譽謄好函畚爍欝藉出単語を、英語で意味を説明した問題を通して、英語の定義とともに身につけます。

(出題具体例)
 cui( ) = a style of cooking, food cooked in a certain way
ある調理法、または特定の方法で調理された食べ物、ということで、正解は「料理」cuisine

para( ) = an absurd or contradictory statement or proposition
ばかげた、または矛盾した発言、提案 正解は「逆説」でparadox です。

音読、暗唱=準1級程度の英文を、繰り返し音読して、暗唱できるところまでスラスラ読めるようになることを目標とします。

 エブリで使う音読の文章は、内容的にまとまったものなので、英作文を書いていくうえでも、参考になります。

F媛髻甕冓犬琉嫐も、一文一文、正確に内容を取ったうえで、全体としての理解を目指します。

通常、よく使われる「英語で考える」ということばは、実際には、本当に難しいところをとりあげないことがあります。

こうした、「わかった気にさせる」のではなく、「一文一文を別の英語に置き換えて理解する」ことにより、正確な理解を心掛けます。

(具体例)
Her warm and outgoing personality soon won her many fans, but her fame also threw the spotlight on another issue.

She was kind and socialized person and many people liked her. At the same time, since she was a famous woman, many people began to be aware of another fact about people like her.

上が原文で、下が、英文解釈の例です。

ご覧いただくと、原文だと、英語らしい、(つまり日本語としてはわかりにくい)状態の文が、意味の取りやすいものに変えられていることに気が付かれると思います。

ぅ螢好縫鵐

これは、通常のリスニングと同じです。ただ、解説が英語でなされるということです。

ケ兀酳

英検準1級では、あたらしく、テーマ英作文が導入されました。もともと英検1級では、ずでに導入されていたものですが、それが準1級の受験者にも要求されるようになりました。

いままで、非常に多くの英作文の添削をおこなってきました。

きっと参考にしていただけるアドバイスを差し上げることができます。

3月中は、無料見学を実施しています。お問い合わせは、エブリ・イングリッシュ・サービスまで。(地下鉄「新栄町」駅より、徒歩3分。セブンイレブンのビルの6階です。ご連絡、お問い合わせは、052−934−1030(電話)またはこのホームページから。

Posted at 2017年02月28日 10時11分58秒  /  コメント( 0 )

英検1級フルイングリッシュコース

帰国子女、留学生、あるいは、英検1級レベルを徹底的に英語で学びたい方むけに、全部英語のクラスを開始します。

We are going to start Full-English Step 1st Course!!

For those who wish to study "Eiken 1 kyuu" in English, the instructor speaks all in English.

The course consists of the following activities;

First, the class begins with a vocabulary test. We focus on the words and phrases in the previous examinations.

The style is like this;
ren( ) = a performance or interpretation, esp. of a dramatic role or piece of music

The answer is rendition, which means a visual representation or reproduction.

In this way, we try hard to memorize the meaning of the words in English.

Second, reading aloud and recitation.

We pick up the 1st grade level reading material and read it aloud over and over again, until we will be able to recite.

In this way, we feel into the material and will be able to use the expression we memorized.

Third, interpretation. English teachers often use the expression, "Think in English," but it often means that pick up some sentences easier to understand and summarize the whole.

We think what thinking in English means to make clear the message of each sentence and then understand the whole.

We check all the meaning of difficult words, and see what the writer wishes to say.

In so doing, we use English dictionary (Not English Japanese Dictionary).

Finally, we cover listening test.

During this March, we demonstrate how the class will be organized.

Those who wish to take the class please contact us; Tel 052-934-1030 or Mail!

全部英語で実施する、英検1級対策講座です。ご希望の方はぜひ、お試しを体験してください。

電話052−934−1030 会場は、地下鉄新栄町より徒歩3分、エブリ・イングリッシュ・サービスです!

Posted at 2017年02月28日 09時45分28秒  /  コメント( 0 )

Think Fast! Speak Fast!!

やさしい英語で、日常的な問題を話してみると、いかに自分がThink Fast できないかが、よくわかります。

実際に、試してみましょう。

Before telling people about how to learn English, I would like to tell you how I acquired this language.

Our Japanese deep rooted in our brain and in our daily life.

How then did we learn our language?

We learned Japanese listening to my parents speak it.

When my father said, "Good morning!" I said the same thing over and over again.

I began to think that this was the phrase I would use when I met someone in the morning.

In this way, we mastered our mother tongue.

When I entered Junior High School, first of all, I learned ABC.

Nothing wrong with it, but we have to remember that people in America, in England, and other English speaking countries do not learn English with ABC.

Then my teacher told me that ABC is just a sign representing a sound or sounds.

"In fact, A has several ways of pronouncing, like "a" in "lake,""a book," and so on."

This was quite new to me.

自分としては、英語にかなり興味があったつもりでしたが、おなじ文字が、いろんな読み方をされる、というところが、わからなくなりました。

あとになって、英語を学んでいくうえで、何より大切なことは、英語そのものを覚えていくことだ、と教わりました。

英語に関しては、松本亨先生(お年を召された方なら、ご存じだと思いますが、ラジオの英語会話を長年にわたり担当された、英語の巨人といってもよい方です)に大変お世話になりました。

そのお話は、また別の機会に。

Posted at 2017年02月11日 20時45分15秒  /  コメント( 0 )

紙の辞典の有効利用

書店でもすっかり影の薄くなってしまった、紙の英語の辞典。

私たちの青春時代には、英語の勉強は、辞書を覚えていくこと、という神話もありました。

教室では、一人一人の生徒が、自分で見つけてきた辞典を見せ合って自慢していました。

「手ざわり最高!」とか「こんなことまで書いてあるんだ」なんて。

授業中に単語を調べる場合、他の辞典には書かれていない情報があると、鬼の首を取ったようなもの。

やがて、辞書は各学校の指定のものになりました。

たぶん、授業で「辞典の使い方」を指導するからでしょう。

いまは、学校指定の電子辞書になっていますからね。

本屋さんに聞くと、高校や中学の入学式では、教科書・参考書の販売があります。

そこでよく売れるのは電子辞書だそうです。

紙の辞典は重い。科目によって何冊も持っていかなきゃならない。検索も速い。

ページをめくって探さなくてはならない紙の辞典に対して、必要な語をクリックするだけですぐ、目的の単語が飛び出してくるのはありがたい。

そのうえ、単語の発音も教えてくれる。

ボタンひとつで、音声が出ます。

古い世代の私などは、ちょっとさみしくなります。

苦労して覚えた発音記号も、いらなくなりそうだけど。

でも、紙の辞典じゃないと、できないことがある。

電子辞書ではわからないけれど、紙の辞典だと、同じ単語を何回も引いていると気付きます。

一度単語を引くと、横に小さく、コンマのような印をつけておきました。

おぼえられなかった単語は involve で、横にはコンマが10個以上、ずらっと並んでいました。

この単語と自分は「相性」が悪いんだ、と思ってあきらめたものです。

(意識しなくなったら、覚えました)

古本屋さんに出かけると、安くなっている英和辞典や和英辞典を買ってしまうときがあります。

売れないせいなのかな。とても安く売っている場合があります。

使われていない、きれいな状態のものが結構あります。

持ち主にかわいがってもらえなかった(らしい)辞典にもう一度チャンスを与えてあげるのが、好き。

辞典君もちょっと喜んでいるようにも思えます。

みなさんも、たまには古本屋で辞典を探してみてください。思いがけない出会いがあるかも。

Posted at 2017年02月09日 15時06分47秒  /  コメント( 0 )

Think Fast! Speak Fast!!

わたしたちがめざすべき目標は、まさにこのThink fast, Speak Fast だと思います。

現在、英検1級のプライベート指導をしていますが、これが達成できるかが中心になります。

Think Fast するためには、かなりのスピードで「英語を理解する」必要があります。

私たちは、よく「英語は読める」といいます。

実際には「訳せる」にとどまっている方が多いのです。

「訳す」には、時間がかかります。

文章の骨組みを理解し、単語もチェックする必要があります。

「英語が読める」とは、英語の語順を変えず、書かれた通り理解できることです。

英語を眺めているだけでは、この状態にはなりません。

「音読」して、意味を体感し、そのうえで、[暗誦]できるようになることが欠かせません。

音読することで、英語そのものの順番で、英語を受け入れることができるようになります。

音読して、描かれている状況を想像することで、内容をそのまま英語で理解することができるようになってきます。

このためには、ひとつひとつの単語の意味を日本語で考える作業をしていては追いつきません。

ひとまとまりの英語、at the station などは、すっと画像が浮かぶようにならないといけません。

そうした文を一行ずつ増やしていく作業が、暗誦です。

暗誦できる英語は、頭の中で映像化できる英語です。

こうすれば英語は、自分の中に浸み込んで、言葉を変えることで自分の考えていることを表現できます。

音読のすごさは、こうした「自分の中に浸み込んだ英語」を定着させることができるところです。

すると英語で発信するときに、最初から英語で考えをまとめていくことができるようになります。

これが、Think Fast であり、Speak Fast の状態に近づいていきます。

Posted at 2017年02月06日 22時36分43秒  /  コメント( 0 )

最新ニュースを英語でトーク

「中国がいよいよ世界のリーダーとしての役割を演じる準備!」

トランプ氏がアメリカの大統領となり、中国政府が動いた!というちょっと違った視点の記事がジャパンタイムズに載りました。

China is calmly mapping out global leadership aspirations from trade to climate change, drawing distinctions between President Xi Jinping's steady hand and new US president Donald Trump, whose first days have been marked by media feuds and protests.

「中国が静かに地球のリーダーになる日を準備している―貿易から異常気象まで。習主席の着実な前進と、アメリカの新大統領トランプ氏のメディアとの対立と戦いの日々の違いを際立たせつつ。」

この書き出しで始まった、長文の記事。

着実に地歩を固めつつある中国の習近平氏が、いよいよ「世界」を視野に入れて、ますますその強健ぶりを発揮していく、と予想しています。

こうした、最新ニュース、それも日本語の新聞ではなかなか報じられないニュースを取り上げます。

「世界の見る日本」「世界から見た世界」を学んでいこう、というのが、エブリ・イングリッシュ・サービスの姿勢です。

先日も、「工場で加工したトウモロコシをたべて、ハムスターが、自分の子供を共食いするようになってしまった」という衝撃の報道がありました。

わたしたちは、インターネットや、テレビ、新聞を通して、さまざまなニュースに触れています。

でも、それは、私たち(日本人)が関心をもつであろう、とそれぞれのメディアの編集担当者が考えたニュースです。

英字新聞では、読者が日本人でない人たちを多く想定しているせいか、取り上げるトピックが、私たちのなじんだものではないことが多くあります。

上に挙げたのは、ほんの1例にすぎません。

エブリ・イングリッシュ・サービスのクラスでは、こうした、「一味変わった」視点からのニュースを取り上げます。

英語で読んで、ディスカッションなど、さまざまなアプローチで、ナマの英語に触れていきます。

→時事英語クラス(月曜夜6−7時2000円)など、実施中。
お問い合わせください。電話052−934−1030 あるいはホームページの問い合わせフォームをご利用ください。

→このほか、英検2級、準1級、1級コース、TOEICコース、自由英作文添削などのコースや、プログラムがあります。

Posted at 2017年01月31日 23時49分22秒  /  コメント( 0 )

即興英作文対応!英検2級講座

英語の音読、暗誦、そして英作文を中心とした講座を体験していただくのに最適なのが、エブリの英検2級講座です。

2級というと、やさしい、というイメージがあるかもしれません。

実は、2016年度から、英検2級には、大きな改革が導入されました。

自由英作文です。

従来、2級では、単語、単語の並び替えによる英作文、長文読解、リスニングという内容でした。

ところが、1級、準1級の英作文のリニューアルに合わせて、2級でも英作文が登場しました。

しかも、与えられたテーマに対して、2つの理由をつけて、自分の意見を80−100語でのべる、という、本格的なものです。

ある意味では、従来の準1級にたいしても、あまり変わらない難しいものです。

実際、このリニューアルのために、2級受験を見合わせる受験生も出るほど。

確かに今までの単語並び替えに比べると、難易度はかなり上がってしまったようです。

英作文は、自分の意見を英語でまとめる力が必要です。

エブリでは、この、「英語で意見を書く」という指導で、多くの実績を上げてきました。

もともと、英検1級、準1級を中心としたコースを開講していました。

これを、より分かりやすい形で展開しているのが、現状の2級講座ということになります。

もちろん、単語力がなければ、試験に合格することはできませんから、毎週、ある程度決まった数の英単語は覚えていただきます。

こちらでは、英検○級文で覚える英単語(通称「文単」)を利用しています。

「文単」を選んだ理由は、単語を含んだ「まとまった文章」が例文として出されているから。

そこで、毎回、レッスンごとにこの「文章」を音読していきます。

本当は、暗誦まで持っていけると一番良いのですが、「音読」だけでも十分、その効果は上がってきます。

英文を書くとき、一番大切なのは、自分の頭の中にある「アイディア」をどうやって、他の人に理解できる文にするか、ということです。

通常の音読・暗誦のように、文法的に大切な文を一文一文、読んでいくのではありません。

あるトピックに関する、数行の文からなる段落を音読するのです。

この練習によって、英文の書き方、代名詞の使い方、いくつかの状況を説明する方法が、身についてきます。

そして過去の出題された問題をじっくりと解答しつつ、英検の試験の性質を理解していきます。

試験を受けるためには、過去問に目を通しておくことが絶対に必要です。

試験には、「受験する相手」試験を通じて「測りたい実力」身につけてもらいたい「考え方」があります。

過去問には、こうした情報がいっぱい詰まっています。

ぜひ一度、エブリ・イングリッシュ・サービスの講座をご覧になってください。

→エブリの英検2級講座は、毎週水曜日午後7時30分からの開講です。事前にメール、またはお電話でご予約いただいたうえで、ぜひご見学ください。
 エブリ・イングリッシュ・サービスは、地下鉄「新栄町」駅下車、駅から北へ徒歩3分、セブンイレブンのあるビルの6階605号室にあります。TEL 052−934−1030 です。

Posted at 2017年01月30日 23時50分10秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  | 次へ