英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー
考え方

音読で身につける英語力(7)TOEIC編

TOEICはビジネスパーソンの英語力を図るためのものである。

この原則を思い出していただくと、TOEICの特徴がわかります。

ビジネスによく用いられる用語、表現、状況が用いられているということです。

リスニングでは、会議用の書類をどこかに置き忘れてしまった担当者が、思い当たる場所を同僚と話し合っている状況。

あるいは、30年間、誠実に勤務し続けて、業績を残した退職者への記念品の贈呈。

または、新しい技術の発表に臨む、新人社員の緊張。

筆記テストにおいては、ヘッドハンティングを受けているある人物が、新しい職場における不安や、条件などについて問い合わせている手紙。

このような状況がビジネスシーンでは起こりますよ、どう対応しますか。

これが、TOEICからのメッセージなのです。

ある試験を受験する場合、「誰を対象として、何を求め、何を測る試験なのか」を考えずに本番に臨むことは、もしかしたら、時間の無駄かもしれません。

その立場に立って、TOEICを眺めると、この試験に対する対策の立て方がはっきり見えてきます。

ビジネスシーンを描いた、英語参考書を使ってください。

やるべきことは次の3つです。

1、過去問の研究
   (過去問題を眺めずに試験に挑戦することは、時間とお金の無駄遣いです。既出問題、
   あるいは対策問題集を研究することで、効率よく解答する方法が見つかります)

2.過去問の暗唱
   (同様の理由から、過去問題で、自分が失敗したものを覚えていくことは、効果があり
   ます。それが重要な問いであればあるほど、繰り返し類似問題が出題される可能性は高
   まります)

3.ビジネス分野に関する基本書研究
   (特に学生の方などは、現実に会社勤めをしたことがないわけですから、ある程度、
   意識的に働く状況を学ぶ必要があります。ビジネス英語といわれる分野の優しい参考書を
   使ってみてはいかがでしょう?)

1−3までのどの項目を学ぶにせよ、まず押さえていただきたいのは、表現をおぼえること。

音読→暗記→暗唱のプロセスです。

これに励むことで、ある程度の時間はかかりますが、成績はきっと上昇します。

Posted at 2016年03月31日 22時12分17秒  /  コメント( 0 )

音読からの英語力増強(3)高校生編

音読をする、という作業は、脳のいくつかの部分を同時に活用することを意味します。

まず、英文を見る、という行動。

音読しながら、英文を眺めるわけです。

始めのうちは、完全に憶えきっているのではないから、文字を見ながら、音読していくわけです。

でも、エブリ方式であれば、毎回レッスンごとに音読しますから、3-4回のレッスンを終えたころには、だんだんと、英文が頭に残り始めます。

さらに、レッスンは続きます。

やがては、テキストの一部を見ただけで、文全体が言えるようになり、さらにはレッスン全体を言うことができるのです。

このとき、テキストの内容は、繰り返しのおかげで、記憶されていますから、テキストに書かれているメッセージを表現するための表現が、同時に頭に残っていることになります。

じつは、このとき、文法をするのが一番良いです。

先日まで、小学校6年生の方が、エブリに来てくれていましたが、この子は、最初は「英会話・やっぱり・音読」という本の標準編を終了して、大体中学2-3年生程度の表現を身に着けていました。

この後、文法の問題集をやりましたが、かなりのスピードで、あっという間に問題をこなしていきました。

これは、もともと、頭の中に収められていた英文が、文法ルールを学ぶことで、きっちりと整理された結果です。

わたしたちの多くは、高校で本格的な英文法を学びますが、それまでに暗記した英文がとても少ないので、ルールを覚えてから、実例を学ぶ形になってしまいます。

これだと、とても時間がかかり、そのうえ、効果があまり上がらないのです。

Posted at 2016年03月31日 11時18分43秒  /  コメント( 0 )

音読からの英語力増強(2)高校生編

高校生編の2回目です。

前回、高校生の方の音読活用法についてお話ししました。

このとき、すこしずつ、英文の意味が、訳さなくても理解できるようになる、と書きました。

さて、ここです。

わたしたちが、英会話に対して、苦手意識を持っているのは、この「訳さなくても理解できる」レベルの英語に達していないためです。

よく言われることですが、日常的に話している表現自体はそれほど難しいものではありません。

ところが、私たちの多くは、言いたいことが、うまくいえないまま、相手の言っていることも十分に聞き取れない。

なぜでしょう。

英文を覚えていないからです。

簡単な例でお話しします。

たとえば、「わたしはコーヒーが飲みたい」という場面。

I want coffee. でも、I want to drink a cup of coffee. でも、すぐに思いつけば、それを口にすればよい。

ところが、残念ながら、ある程度文法的な発想をしないと、なかなか作文ができない。

わたしたちは、英会話というものを、「瞬間的英作文」と考えています。

つまり、「じぶんがいいたいこと」を、瞬間的に、文法を考え、単語を当てはめ、発音チェックをして声に出す、ということです。

もちろん、詳しく分析すれば、そうなるのでしょうが、実際には、「言いたい内容」に該当する表現を知っているかどうか。

もっといえば、該当する表現を何度も口にして、覚えこんでいるか。

これにつきます。

この練習が音読なのです。

なぜ、それが可能なのが、次回お話ししましょう。

Posted at 2016年03月30日 11時07分13秒  /  コメント( 0 )

音読からの英語力増強(1)高校生編

音読に対する注目が高まっています。

エブリでは、以前から、音読をレッスンの冒頭に取り入れ、英検や、TOEIC、あるいは高校生の英語学習などで効果を上げてきました。

今回は、この音読をどのように活用するのか、特に高校生の方たちを対象にお話しします。

思春期になると、なかなか声を出して英語を読むことに抵抗が生まれます。

授業などでは、先生が声を出しても、ほとんどの生徒は唇を動かすだけ、という状況が多くみられます。

お勧めするのは、一人で学習しているとき、または少人数で学んでいるときの音読です。

この時、注意していただきたいのは、1回読んで終わり、ではない、ということ。

あるサイトでは、30回程度音読することを勧めている方もいらっしゃいました。

教材は、ご自分のレベルに合わせた英語長文。

一文一文が独立した「暗誦文例集」ではなく、ストーリィです。

いまは、音声が附属になっている教材がとても多いので、ぜひ、音声を聞きこんでほしい。

そのあと、できれば、1行ずつ音読していきます。

これも、最初は、一部分ずつ、かっちり言えるようになったら、次の部分に取り掛かるようにします。

ある程度、練習を続けると、一文がスムーズに読めるようになりますから、そうしたら、次の文でも同じ作業を続けていきます。

これを、家庭学習をするたび、毎回続けてください。

そして、毎日、数行でいいので、前にやったところをおさらいして、2-3回読んでみて、その後、同じプロセスで新しい部分を読んでいきます。

教科書とか、自分の学力に合ったレベルがよい、と言いました。

これは、意味内容が頭に入ってきやすいためです。

英語の意味を取っていくとき、はじめは訳を考える事からスタートするのはやむをえません。

でも、この作業を重ねていくと、頭の中で、わざわざきちんとした和文に直さなくても、ある程度、意味が取れるようになってきます。

もっと続けると、英語がそのまま、頭の中に入ってくるようになってきます。

つまり、英語のパターン(文型)がある程度整理されて、記憶されたことを意味します。

これが、音読の持つ、大きな効能です。

Posted at 2016年03月29日 11時06分49秒  /  コメント( 0 )

The Media Is Useful in Our Daily Life

I strongly believe the mass media, such as newspapers as well as TV and radio programs, is essential in our daily life because of the following three reasons--advertisement, enlightenment and educational contribution.

First, advertisements provide us with significant information about our daily necessities. For instance, we are able to figure out what the recent trends are like. Recently, we have seen a lot of ads of computer games, which means people get attracted to these things.

Enlightenment is another important role the media plays in our lives. Many people have been swindled with ‘It’s me fraud.’ Since TV programs and newspapers report a variety of cases, ordinary citizens succeeded avoiding being victimized.

Finally, the media contributes a lot to school education. Especially junior high students have NIE--News in English--program, through which the youngsters learn what kind of things take place in the real world. This knowledge will make them ready to go into business world.

For these reasons mentioned above, I claim that the media is advantageous to us in many aspects.
(184 words)

Posted at 2014年04月23日 21時44分31秒  /  コメント( 0 )

The Cost of Chasing Cancer

2014年3月10日号のタイムの記事です。

ここで取り上げられているのは、過剰なまでの「医療検査」に関するもの。

執筆者Marty Makaryさんは外科医で、いままで多くの患者さんのガンと取り組んできました。

Martyさんは最近、ある患者さんからショッキングな訴えを聞きました。

それは・・・

この患者さんは、腫瘍を探すため、全身のCTスキャンを受けたそうです。
すると、すい臓に腫瘍が発見されました。

3%の人は、このような腫瘍を持っていることがあります。
ただ、この腫瘍が大きな問題になることは稀です。

この腫瘍の大きさと特徴から考えて、医者は、はたして良性のもので放置しておいていいのやら、除去してしまわなくてはならないものやら、結論が出せないまま、彼に丸投げしてしまいます。

決断を任された彼には、不安な日々が続きます。

おぞましい想像で眠られない夜もあります。
家族の中もぎすぎすし始め、仕事にも集中できません。

とうとう決心して、除去手術を受けます。

「良性だったよ、よかったね」
医師や看護婦は声をかけてくれますが、この患者さんにとってはとても気楽には受け取れません。

手術費用25000ドルをはじめ、8週間にわたって、仕事を休む羽目になりました。

それだけではありません。

身体を弱らせてしまう、合併症まで併発してしまったのでした。

Martyさんは、CTスキャンが彼を病気にしてしまったのだ、と判断します。

「犠牲」にはいろんなことばがあります。

記事のタイトルになっているThe costもそうですし、the priceもこの仲間です。

たとえば、You have to pay the price because you have done too much.
(やりすぎたんだから、その埋め合わせはしなくちゃな。)

さらにここでは、the quest to seek and destory cancer can produce collateral damage.という文もあります。

collateral damageは映画にもなりましたが、戦争などで、一般の人が犠牲になってしまうことですね。

かくのごとく、既知の単語のいろいろな使い方に注目すると面白いと思います。

ちなみにこの記事は、アメリカでは60の医療学者の集団に対して、過剰に実施されている無駄な医療検査を5つ上げるように要請していて、そうした検査を減らす方向に持っていこうとしているようです。

日本でも、ぜひ同じような調査をしていただきたいものですね。

Posted at 2014年04月09日 22時38分49秒  /  コメント( 0 )

Can Money Buy Happiness?

I think money can buy happiness for the following three reasons.

First, money can attract people. We often think that money attract only those who are interested about money, but that is not the case. Among them, there must be some ambitious ones, and you can be friends with them to create something new. The point is whether you can be a good judge of people or not.

Second, money can give you the best medical service. There are a lot of diseases we can cure with a lot of money. In this sense, we can say money can buy health. The longer and healthier you live, the more chances you can be happy.

Finally, with money, you will be able to get things necessary to be happy. For instance, if you love comics, you can get valuable comic books drawn by Mr. Osamu Tezuka, or other well-known comic creators. If you love vehicles, you may buy Volkswagen or other famous classic cars. Purchasing these things will make you happier.

For the reasons I mentioned above, I believe money can make you happier.
(188words)

お金で幸せが買えるか、というのは、さまざまな答えが考えられるトピックだと思います。
自由英作文に挑戦しよう、という方たちに書いていただくことの多い題材でもあります。
もちろん、実際に自分の意見がどちらであってもかまいません。
ディベートのように、それぞれの側に立って、相手を説得するつもりでディスカッションなり、トークをしたうえで、あらためて書いていただくと、より内容の深い作文になると思います。
基本としては、まず自分なりの結論を書き、そのあと、できるだけ具体的にその結論が導かれた理由を書きます。具体例があるとより説得力が出てきます。  最後にまとめとして、序論で書いたものと同じ結論を書きます。
自分でも一度試してみてください。

Posted at 2013年06月04日 21時49分33秒  /  コメント( 0 )

Story No. 6

When George became thirty-five years old, he finally decided to realize his childhood dream; Owning a small plane. After getting one, he started to take lessons on how to fly his plane. Surprisingly, he was very good at it and soon became a very good pilot. He could make his plane do a lot of tricks up in the sky.

He asked one of his close friends, Michael to go up in the sky together. He was a business person and often went abroad. Michael thought for a second and finally said, “I would be glad to do with you.” Michael thought that he had had many experiences of flying in a big plane, but that he had never gone up in the sky in a small plane. And he concluded that he would go with George.

One day, they met and got into George’s plane. For about half an hour, George showed his beautiful tricks in the sky. When they returned, Michael looked pale. “Are you all right?” said George. “I hope you enjoyed the trip.” Michael, then, said, “Well, I really enjoyed those two trips.” Surprised to hear this, George asked his close friend, “Two trips?” Then Michael answered, “My first and last.” Which means Michael would never go up again with George.”
(215 words)

以上は、もともと英語で書かれた物語を、少し作者の書き方にアレンジを加えて書き直したものです。
わたしたちは、なかなか自然な英語を書くことができません。
そこで、できるだけ英語らしい英文を書くために、短めの教材の文章を活用して、すこしでもわかりやすい英語に直していければ、と考えたものがこの文章です。
ためしに書いてみたものですが、日本語でオリジナルに書き始めるよりも、もう少しスムーズに書くことができるような気がします。

Posted at 2013年03月31日 16時15分46秒  /  コメント( 0 )

フォーマットによる論理的思考(3)

論理的思考は、ふたつの側面から見ることができます。

ひとつは、素朴な疑問からスタートして、一歩一歩問題を解決していく段階的な思考。もうひとつがここで取り上げているフォーマットに基づく考え方です。

公式にあてはめることで、順序良く考える習慣を身に付けていくのです。

(1),(2)で述べてきましたが、公式は、パラグラフのレベルでも利用できます。

一つのパラグラフ(段落)は次のように構成されます。
1.パラグラフ自体のテーマの提示。
2.その重要性。
3.具体的な例。

具体例を見てみましょう。
Let’s discuss the usefulness of examinations. Tests are a good measure for teachers to evaluate students’ understanding. For instance, without examination, instructors can hardly realize how far their students see what they have explained.
という文であれば、上の図式の通りの構造です。

少なくともパラグラフを書く場合に、このような形式に従って書いていく方法をとれば、なんどか論理的な文章を物することができそうです。

Posted at 2013年03月11日 12時51分42秒  /  コメント( 0 )

フォーマットによる論理的思考(2)

英検1級の自由英作文には、定められたフォーマットがあります。
序論、本論、結論で、この3つは次の法則に従って書かれるべきです。

序論は、テーマ(タイトル)に対して、どのような立場をとるか、つまり賛成か反対かを示すこと。そして(できれば)いくつの理由でそう主張するのかをのべます。
1級の場合、ポイントが定められているため、通常は3点になることが多いと考えられます。

本論では、序論に挙げたポイント(論点)に関して、それぞれの内容を述べます。
理由であったり、具体例であったりします。

結論は、序論と同じく、「以上の点から私はこう考える」という立場を繰り返します。

この法則に従えば、それだけである程度論理的な文章としての体裁を整えることができます。

たとえば、
日本は海外に対して援助を増加すべきである、というテーマの場合を考えてみましょう
 
序論では、
「私は、このテーマに対して賛成する。人的な援助を増やすべきだ。その理由として、1、日本が現在恵まれた国であること、2、日本人の中には実際に行動を起こすことで生きがいを感じる人が多くいること、3、貧しい国や恵まれない人たちを目の当たりにすることで、日本自体の豊かさを客観的に感じることができること、があげられる」とのべます。

本論において、
「日本は豊か」=GDPが世界で2位であること。餓えなどで亡くなる人の数が少ないこと。
「やりがい」=やるべきことがない、退屈であると訴える若者が多いこと。
「幸福を実感」=健常者とされる人が、障害者の方をお世話することで、自分が健常者であることのありがたみを改めて実感できるように、人は、実際に苦労をしている人を見ないと、自分の幸運を実感できない場合が多い。

結論として、
「実際に世界的にみれば豊かな国である日本が、海外に若い人材を送って、戦争の悲惨さや、医療不足の現実を学ぶことで、今後の生き方に大きな影響を及ぼすことが考えられる」とまとめることができます。

フォーマットに基づく考え方をすることで、論理的に思考を進めることができるといってよいでしょう。

Posted at 2013年03月04日 13時16分59秒  /  コメント( 0 )

前へ |  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  | 次へ