英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー
試験対策

2017夏のセミナー

エブリ・イングリッシュ・サービス2017年 夏のセミナー ご案内
例年同様、今年も英検1級、準1級、通訳ガイド試験をターゲットとする対策セミナーを実施します!

発信型!英検1級対策
内容:一つのテーマに沿って、リーディング、ディスカッショ
   ン、スピーチなどを行います。1次、2次の対策にピッ
   タリ!
日程:A.8月7日(月)午後2:30−4:30
   B.8月8日(火)午後1:00−3:00
   C.8月9日(水)午後3:30−5:30
   D.8月15日(火)午後7:00−9:00
   それぞれの日程で内容はすべて違います。
料金:1回(2時間)税抜8000円

実践型!英検準1級対策

内容:一つのテーマに沿って、リーディング、ディスカッショ
   ン、スピーチなどを行います。1次試験、2次試験両方
   に対応する実戦的な講座です!
日程:A.8月8日(火)午後3:30−5:30
   B.8月9日(水)午後1:00−3:00
   C.8月15日(火)午後2:00−4:00
   それぞれの日程で内容はすべて異なります。
料金:1回(2時間)税抜6000円

通訳ガイド直前対策
内容:過去問解説ほか。
日程:A.8月14日(月)午後2:30−4:30
   B.8月15日(火)午後4:30−6:30
   それぞれの日程で内容は異なります。
料金:1回(2時間)税抜7000円

いずれも要予約。定員3名で、定員になり次第締め切ります。
申込期限:2017年8月5日(土)
お問い合わせ、お申し込みはエブリ・イングリッシュ・サービスまで。
E-mail webmaster@every-es.jp
TEL (052)934−1030
地下鉄東山線「新栄町」駅1番出口より徒歩2分。セブンイレブンの入っているビルの6階605号室です。

Posted at 2017年07月17日 20時43分53秒  /  コメント( 0 )

英検準1級2017春の陣!

英検準1級セミナー 春の陣

昨年度より導入された自由英作文の影響は大きく、受験者数も、合格者数も変化しました。

今回のセミナーでは、こうした準1級の変化に対応した、読解、リスニング、ボキャブラリーに英作文を加えた、特定テーマに的を絞った画期的な構成で実施します。(それぞれの回でのテーマは毎回異なります)

(内容)当日の中心テーマに関するボキャブラリーの学習
→やさしいリーディングの読解→(関連リスニング)
→スピーチメイキング→英作文

(会場)エブリ・イングリッシュ・サービス

(定員)各回3名まで。定員に達し次第、申し込みを締め切ります。

(費用)1回120分 税込6,480円

(日程)
3月22日(水)午後2:45−4:45
3月23日(木)午後3−5時
3月25日(土)午後7−9時
3月27日(月)午後4−6時
3月28日(火)午後4−6時
3月29日(水)午後1−3時
3月30日(木)午後3−5時

お申し込み、お問い合わせはエブリ・イングリッシュ・サービスまで。
TEL&FAX (052)934-1030
〒461‐0004 名古屋市東区葵1丁目18−32 早瀬ビル605 
(1階がセブンイレブンのビル)
地下鉄東山線「新栄町」駅1番出口から北方向へ徒歩2分
E-mail:webmaster@every-es.jp
http://www.every-es.jp

Posted at 2017年03月13日 15時29分51秒  /  コメント( 0 )

英検1級セミナー2017春の陣!

英検1級セミナー 春の陣

前回の1級1次試験で、英作文(死刑制度)が的中しました。
今回も、英語のリーディング、ディスカッション、英作文を中心としたセミナーを
下記の通り実施します。

内容:教材に関する英文のリーディング(またはリスニング)→ボキャブラリー
→ディスカッション→英作文またはスピーチメイキング
(各回とも内容はすべて異なります)

費用:1回120分 税込8,100円

定員:3名(先着順、満席になり次第、募集締切)

会場:エブリ・イングリッシュ・サービス

日程:
3月21日(火)午後5−7時

3月22日(水)午後5−7時

3月25日(土)午後2−4時
 
3月25日(土)午後4:30−6:30

3月27日(月)午後7−9時

3月28日(火)午後1−3時

3月29日(水)午後4−6時

お申し込み、お問い合わせはエブリ・イングリッシュ・サービスまで。
TEL&FAX (052)934-1030
〒461‐0004 名古屋市東区葵1丁目18−32 早瀬ビル605 
(1階がセブンイレブンのビル)
地下鉄東山線「新栄町」駅1番出口から北方向へ徒歩2分
E-mail:webmaster@every-es.jp
http://www.every-es.jp

Posted at 2017年03月13日 15時26分33秒  /  コメント( 0 )

英検1級の単語たち

現在進行形の英検1級対策クラスで、取り組んでいる単語から。

impulsive = pulse が入っていますからね。
  脈拍のpulse = acting or done without forethought
    → They married as impulsive teenagers. He regretted his impulsive offer.

reticent = cent はラテン語で「静かにしている」という意味。
  = not revealing one's thoughts or feelings readily.
→ She was extremely reticent about her personal affairs.

flabbergast = 仰天した、astounding, very surprised というのがed がついた時の意味。
  = surprise (someone) greatly; astonish
→ This news has left me totally flabbergasted.

destine = 運命。前から決まっていたこと。= intend or choose for a particular purpose or end.
→ He was destined by fate to be a musician.
「音楽家になるべく運命づけられていた」
   → They were destined to meet rough weather.
「彼らは荒れた転機を経験する運命だった」

divine = 神の。= of or like God or a god, very pleasing, delightful.

→ heroes with divine powers.
「神の力をもつ英雄たち」

実は、このいくつかの例文はすべて、手元にある、英英辞典からとってきたものですが、こうして眺めてみると、ほとんどが同じような形で、意味もはっきりと解ってきます。

辞典を一冊だけではなく、何冊か同時に参考にしてみていくと、思いがけずに、あからさまに意味の使い分けや、単語の性質がはっきりと見て取れます。

このところ、英検1級のアタック法をいくつか書き並べていますが、いくつかの辞典を広げて、その例文を書き写してみるだけでも、何となく単語がおぼわってきたような気がしませんか?



英検1級を目指してみよう、と考えているキミ!ぜひエブリ・イングリッシュ・サービスに足を運んで、授業を覘いてみよう!

エブリ・イングリッシュ・サービスは、地下鉄東山線「新栄町」駅より歩いて3分。

連絡はメール、または電話で052−934−1030.ご連絡をお待ちしています。

Posted at 2017年03月04日 20時03分44秒  /  コメント( 0 )

面接1級対策ぅローン人間

1級の面接によく登場する「科学物」のトピックです。

果たして、人間のクローンを作ることは認められるべきなのか。

実際にこの問題を考える場合に、陥りやすい危険は、「神」の意志を認めてしまうことです。

「神の意志」に反する行いだ、と言い切ってしまえば、話は単純です。

ところが、これを英作文してみても、なかなか説得力のある意見になりません。

だとすれば、それなりの工夫が必要になります。

Should human cloning be banned?

まず結論を出しておきます。

I do not think human cloning should be accepted for the following reasons.

そして、ひとつひとつ、可能性を考えてみます。

親が、自分の子供の資質を良くするために、スポーツ選手のDNAを利用するということができないように、クローン操作は認められない。

First, controlling genes will create an ethical problem. For instance, some parents will use some great athlete's gene to make a gifted child or a designer child. This is against the ethics because we should not control life. Suppose you have a human clone which has the same DNA, the same potential of body, you may have a storehouse of any of your body part. This is not a human being, but a controlled robot!

ふたつめに、クローンには生まれながらの脆弱性があるようです。

Secondly, vulnerability of clone humans is a serious matter. Some experiments have already show that cloned humans are rather weak. For instance, they are rather weak even when they were born. According to some scientists, clones lack homeopathy. This proves that cloned humans are not exact copy of the original. In fact, they are, somewhat lower level of copy. We should not let parents have such a child.

そして最後、三つ目です。

Finally, human clones are the inferior copy of the original. Several years ago, the International Herald Tribune featured Dolly, a cloned sheep. Then it was proved that clones were lower-level copy. They have color-blindness, and are easy to catch cold.
The unchangeable fact is that we should not control clones.

そこで、簡単にまとめておきます。

For the reasons I mentioned above, I strongly claim that we should not manipulate parts of our body.

調べてみて、クローンが、意外に多くのミスコピーを生み出してしまうのだ、ということは驚きでした。

まだ、形としてはっきりした事実は現れてきていませんが、「遺伝子組み換え」食品も、こうした秘められた「問題」が隠れているのかもしれません。

Posted at 2017年02月16日 16時27分53秒  /  コメント( 0 )

英検1級面接対策へそまがりなスピーチ!

2月18日まで、英検2次試験対策のレッスンを実施しています。
1級=60分、6000円(別途消費税がかかります)
準1級=60分、5000円(同上)
2級=60分、4000円(同上)

今回は、英検1級の面接試験の対応のスピーチ作りで、こんなトピックを選んでみました。

「核兵器は世界をより不安定にする」
(Do Nuclear Weapons Make The World Less Secure?)

当然、普通のかたでしたら、そのとおり!とお答えになる問題です。

そこで、今日は、「そんなことはない!」という英文を考えてみました。

Do Nuclear Weapons make the world less secure?

No, I don't think so. In fact, nuclear weapons will keep the world peace.

As we have seen in Hiroshima and Nagasaki, nuclear weapons will do terrible damage to the city, people and the nation.

Nobody wants to use it.

Still, there are a lot of nations owing the weapon.

Why?

It is because they are quite useful in protecting your nation.

When a nation is attacked, nuclear missiles will be launched and destroy your country.

Who than can have courage to attack your country?

One good example is North Korea.

This nation announced that it had a nuclear weapon several years ago.

The UN, neighboring nations, China, America, and any other nations repeatedly warned that they will start sanction against the nation.

In fact, some economic embargo against the nation have been done, but not effective attack against the nation has never been done.

Why not?

Nuclear weapons are fearful and no nation want to be attacked with them.

It means nation with nuclear weapons will get a safer position.

Producing nuclear weapon will guarantee your nation's safety and the world safety.

とりあえず、このような考えを組み立ててみるのも面白いものです。

→面接指導、そのほか、スピーチやディスカッションを楽しむコースもあります。お問い合わせはエブリ・イングリッシュ・サービスまで。

→エブリ・イングリッシュ・サービスは地下鉄「新栄町」下車、北へ徒歩2分。セブンイレブンのビルの6階、605号室です。

Posted at 2017年02月14日 16時01分03秒  /  コメント( 0 )

英検1級面接対策⊃洋爐悗龍式劼魯謄蹐飢餓か?

英検1級2次面接のセミナーを開催しています。(60分6000円。2月18日まで)

前回取り上げた、「テロと飢餓、どちらが人類にとってより大きな脅威か?」を手直しました。

ご覧いただいた、前回の英文は、2分でアウトラインを作ったので、まとまりに欠けていました。

そこで、メッセージを明確にして、リライトしてみました。

テロリズムがより大きな脅威、というスタンスは変えていません。

テロは憎悪を、飢餓は協力的な態度を生み出す、というラインも同じです。

話すことに的を絞って、工夫してみました。

Which is the greater threat to humankind, terrorism or world hunger?
by NT

I think terrorism is the greater threat for us.

World hunger will create international cooperation, while terrorism hatred.

Let me explain in detail.

In order to help the starving people, we have to contribute surplus food, such as rice, wheat and leftovers. Each nation thinks carefully and develop better food distribution system. As a result, each of us develop the cooperative spirit. World hunger has some potential to create chances for nations to hand in hand together.

Terrorism, on the contrary, creates hates among different religions, races and nations. Basically, the difference of thoughts, discrimination, and interpretation of God will trigger the violence feelings. Terrorists will realize their aim at the sacrifice of a lot of innocent people's lives.

I know today far more people are victimized by world hunger, still terrorism will do more damage to us. That's why I say the latter is the greater threat to us.

量は少ないですが、これなら、2分間でのべることができます。

面接試験のスピーチは、1次の英作文と違って、完全に整ったものでなくても大丈夫です。

「理由は3つあります」と言って、実際には、二つしか触れなくても、大切である、と試験官が受け取れば、スピーチの後に、相手が質問してくれます。

冒頭で、語る内容を、おおざっぱにまとめると、質問する側にとって、とてもわかりやすい。

というわけで、スピーチの始めに、自分が何を言いたいのかを言っておくことにしましょう。

聞きやすいスピーチ、メモの取りやすいスピーチというのは、実は、きちんとまとめてあるスピーチです。

→英語で語るレッスンがあります。火曜日午後6時ー7時30分。「英語の視点で世界を見る」お問い合わせはエブリ・イングリッシュ・サービスまで。このホームページからのメールでも、お電話(052−934−1030)でも結構です。エブリ・イングリッシュ・サービスは、地下鉄「新栄町」駅下車、“崕亳から北へ徒歩2分。セブンイレブンの入っているビルの6階、605号室です。

Posted at 2017年02月14日 15時27分51秒  /  コメント( 0 )

英検1級面接対策/洋爐砲箸辰討龍式劼蓮

いよいよ次の日曜日に迫った英検2次試験です。

1級の2次対策のスピーチを考えてみました。

植田一三先生の著作からのテーマです。

"Which is the greater threat to humankind, terrorism or world hunger?"

「テロと世界飢餓、人類にとってより大きな脅威はどちらか?」

です。

飢餓とされる方が多いだろうと考えて、テロを解答とするほうで組み立ててみました。

I think terrorism is the greater threat to us for the following reasons.

It is true that world hunger has created far more victims. According to UN report, more than 8 million people die because of hunger. I think, however, terrorism is the greater threat because it creates hatred among people while world hunger develops friendship. Let me explain this in detail.

Let's think about the cause of world hunger. Famine, the gap between the poor and the rich, conflict, and so on. In order to decrease the number of victims, we have to cooperate. We put together extra food, leftovers, then divide them into groups of hungry people. We need the spirit of cooperation and working together.

On the contrary, the cause of terrorism is difference of race, religion, and political matters. These differences will create misunderstanding and hatred among people. For instance, it is said that IS consists of extreme group of religious people. They will not get together with people with other ideas. They cannot see eye to eye. Hatred continues and terrorism will not stop.

That's why I say, terrorism is the greater threat to us. Thank you very much.

テーマとしては、非常に単純で、テロは憎悪を生み、飢餓は協力を生み出す、というものです。

さらに、詳しくテロについて述べることもできますが、できるだけ限られた時間内に話すことを考えてみました。

英検1級2次試験に臨もうというみなさんは,ぜひ、英字新聞を読み、その要約と、英語によるスピーチ作りを心掛けてください。

→英字新聞の記事を読み、そのあとディスカッションするコースを実施しています。毎週火曜日
午後6時ー7時30分「世界を英語で読む」ぜひお問い合わせください。
お問い合わせは、メールまたは電話052−934−1030エブリ・イングリッシュ・サービスまで!

Posted at 2017年02月13日 22時32分09秒  /  コメント( 0 )

1級面接対策◆

英検1級の面接対策のつづきです。

4.聞いている人にわかりやすいスピーチ!

エブリではよく、まとまった英語のスピーチを要約する勉強をします。

要領のいい人は、こんな話し方をします。

「いまから○○の話をします。○○には3つの分野があります。△△と、××と、□□です。
 では、まず、△△についてです。△△は・・」

こういう話し方をしている人のスピーチは、わかりやすい。

わかりやすい、というのは、「メモが取りやすい」ということです。

全体の地図が、最初に示されるので、今がスピーチのどの部分なのか、よくわかります。

2分間スピーチなら、試験官も、頭の中で、メモを取っているので、流れがつかみやすい。

質問も楽で、

「最初に△△について伺います。あなたは、△△は・・だ、とおっしゃいましたが、そうでない場合もあるのではありませんか。たとえば・・・」

スピーカーも、全体像を考えて話していますから、聞かれているポイントがすぐわかります。

質問に対して、的確に答えることができるかどうか、が重要なのは言うまでもありません。

ディベートでは、質問がなされなかった点は、承諾されたものと考えてゲームを進めていきます。

これほど、質問は大切です。

また、質問に対する答えも、イエスかノー、あるいは「わからない」のか、明確にすることです。

時には、「その質問は、このスピーチの本題とは関係ありません」という答え方も可能です。

(「でもお答えすると・・」と、自分の得意な分野に持ち込んだ剛の者もいますから、一概にはいえませんが・・)

5.試験官の役割?

,任發佞譴泙靴燭、準1級までと違って、試験官が二人いらっしゃいます。

この役割はどうなっているのでしょうか。

正確にはもちろんわかりません。

内容について、主に質問されるのがおひとり、もうおひとりはメモを取っていることが多いようです。

あまり質問をされない方が、発音や文法をチェックしているのではないでしょうか?

内容に集中すると、細かな発音や文法ミスはあまり気にならなくなってしまうことがあります。

他の級は、スピーチほど、即興的なものではなく、発音、文法、内容を確認することは、それほどむずかしくありません。

これに対して、1級では、どのトピックを選ぶか、によって、質問も大きく変わってきます。

そういう点で、1級は難しいですが、即興スピーチの力を磨くには最高の試験でもあります。

試験を受けられた方が、口をそろえて、やりがいのある、受けてよかった試験だとおっしゃいます。

こんな試験は珍しいと思います。

みなさんも、ぜひチャレンジしていただきたいと思います。

→より詳しく英検1級2次試験について知りたい方、また面接指導を受けたい方は、2月18日まで、セミナー実施中。1級は、1回60分プライベートレッスンで、6480円です。要予約。

→お問い合わせ、お申し込みは、エブリ・イングリッシュ・サービスのホームページ、または電話あるいはファックスで、052−934−1030 まで。

Posted at 2017年02月04日 19時59分52秒  /  コメント( 0 )

英検1級面接対策!

英検の2次試験がせまっています。

今日は、1級の2次対策の重要ポイントについてまとめておきます。

試験の手順を簡単に説明します。

受付を済ませて待合室で順番を待ちます。

番が近づくと試験会場の前にある椅子に腰かけて待ちます。

呼ばれたら、会場のドアをノックして、入室します。

3人、座っている方たちがいます。2人が試験官、残りの人がタイムキーパーです。

気持ちを和らげるためのあいさつ、ちょっとした会話があり、試験がスタートします。

5つのトピックの書かれた紙が渡されます。

1分間の準備時間の間に、一つ選んで、スピーチを組み立てます。

2分間スピーチをします。

スピーチに関連する質問が7分程度なされます。

試験官から終了の指示があり、退出します。

それでは、大切なポイントを見ていきましょう。

1.トピックを一度選んだら、迷わない。
  
5つあるので、準備してきたものが2つ以上ある場合もあります。大切なことは、迷わないこと。

準備時間が1分なので、2つのトピックを考えてよい方を、などと思うと、時間がなくなります。

一度、タイトルを決めたら、ゆるがない。たとえ、他に「いいかな?」というタイトルがあっても、捨てる。

2.主張した立場は変えない。

賛成、反対のどちらかをえらぶものの場合、立場を決めたら、基本的には変えない。

ディベート的な質問をする試験官の方もいて、逃げ場がなくなってしまう場合もあります。

こうした場合は、ある程度自分なりの説明をして、最終的にギブアップするのは構いません。

要は、相手に言われたから、と言って簡単にあきらめてしまわない。

実生活でも、自分の主張を通すため、できるだけはっきりと意見を伝えようとするはずです。

3.スピーチとエッセイのちがい

エッセイだと時間が決まっていて、試験では完成作品を提出しないと点が下がります。

スピーチは即興ですから、ある例の説明が長くなってしまって、時間が無くなることがあります。

これでだめだとは思わないでください。

試験官のなかには、持ち時間が無くても、"Please explain more."と言ってくださる方もいます。

試験官の方に興味を持って聞いていただけるようなスピーチをすることが何よりも大切です。

→1級面接対策△砲弔鼎!

Posted at 2017年02月04日 19時30分19秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  | 次へ