英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー
受講生の声

今日から1級(長文編)

今日から1級(長文編)

1級の長文は、むずかしい。

どういう点で難しいのか、というと、作者の言わんとしていること、つまりメッセージをとらえることが難しい。

具体例として、2018年第1回の試験を挙げてみたい。

A matter of taste という文である。

「好みの問題」というタイトルで、何を言おうとしているのか、というと、

ピエール・バルデューというフランスの社会経済学者の著書、Distinction: A Social Critique of the Judgement of Taste は、社会科学の分野における、道標となるべき作品である。

Based on surveys of people from a wide range of socioeconomic backgrounds regarding their taste in things like music, fashion, and books, Bourdieu confirmed the stereotype that there is a significant correlation between social class and cultural preferences.

a wide range of = 広い範囲の

socioeconomic background = 社会経済的な背景;要は、裕福な上流階級かそうでない人か。

stereotype = 紋切り型の考え、定型の考え方

correlation = 相関関係

社会のさまざまな階層の人々に対する好み、例えば音楽、ファッション、書物の好き嫌いに関しての調査をもとに、バルデリューは、社会における階級と、文化的な事物に対する好みとの間の相関関係に関する紋切り型の考え方が正しいことを確認した。

つまり、社会の上流層にいる人たちは、たとえばクラシック音楽や、正装、古典文学、哲学書を好み、下層階級の人たちは、ヒップポップや、Tシャツ、ジーンズ、ミステリを好む、といったことは事実だ、といったわけですね。

そして、それが、実際にどうなのか、ということを長い文章で説明しているわけです。

Borrowing from the discipline of economics, Bourdieu theorized that, just as humans derive much of their social status from acquiring financial capital, they may also improve their positions by amassing "cultural capital."

discipline = 分野

theorize = 理論化する

drive = 見出す、引き出す

amassing = 集める、蓄積する

経済学の言い方を借りると、バルデューは、次のことを理論化した。すなわち、人は、資産を集めることで、社会的な地位を見出すのと同じように、文化的な資産=技能、教養を集めることによって、自分たちの地位を向上させていく。

金をあつめることで地位が上がる。同様に文化的な活動でも、技能なり知識なりが向上することで地位が上がる、ということである。

ただ、ずいぶん、難しげな言葉遣いであることは間違いない。

Posted at 2018年09月19日 12時49分26秒  /  コメント( 0 )

英語を話す秘訣

英語を話す秘訣

教科書に書いてある、トピックについて、1分くらいで話すことも考えてみると、力がぐんぐんついてきます。

Many teenagers today are tired of learning traditional subjects like biology.

Why not? It is because they can hardly find it exciting to learn these subjects.

However, recently, some publishers found out a new way of editing biology books.

One is comparison.

For example, we see a lot of pictures of whales, but we do not imagine how big it is.

We cannot compare the size of us and that of whales.

A biology picture book focused on the comparison of the sizes of animals.

We see how big a whale is and how small we are!

Many children were excited to see these pictures.

And they say that these books are exciting!

if we can find a new way of looking at things, the world will change.

We can find something enjoyable anywhere.

一つ発見したことでも、こんな形で言ってみると、楽しいですね。

英語を話すことは簡単です。

難しいのは、何を言うか、を見つけ出すこと。

一度、英語で話すネタを見つけてしまえば、その後の勉強は楽しいです。

子供のころに、英語を教える仕事につきたかったので、わたしも、英語の勉強法とか、こんな風に英語をやったら、というテーマで、いっぱい英語を話してきました。

こうすることで、英語の勉強自体が、自分にとって面白いテーマになったのです。

あなたの話す英語に、他の人たちが耳を傾けてくれるかどうか。

それは、あなたのお話が面白く感じられるかどうかにかかっています。

より多くの人が耳を傾けてくれれば、英語の勉強にも一層力が入りますものね。

Posted at 2018年09月02日 14時14分34秒  /  コメント( 0 )

英語を話す秘訣

英語を話す秘訣

こんな形で、練習を進めていけば、中学1年生のテキストだけでも、十分いろいろ話すことができます。

Do you study English at school?

Yes, I do.

I study English at school.

How often a week do you study English?

I study it four times a week.

Do you study it at home?

Yes. I study it almost everyday.

How do you study?

I read the textbook loudly. Then I write down.

That's great!

Then, I try to memorize all the sentences of the lesson.

Excellent. I believe soon you will be a good speaker of English.

Oh, really, I am glad to hear that.

次の段階では、こんな具合に、自分一人でも会話をしてみます。

わからないところが出てきたら、メモに取っておいて、わかる人に聞いてみましょう。

大切なことは、全て声に出して言ってみること。

話の途中で、何について話していたか、忘れてしまったら、気にしないで、また初めから違った話をすればよいです。

こうした練習をしていると、もう少し変わったことを言ってみたくなります。

What did you do during your summer vacation?

I went to see a movie.

What was that?

Mission Impossible: Fall out. It was really interesting.

That's good.

What part did you enjoyed most?

さて、お気に入りの映画を見てきたわけですが、どんなところが良かったですか。

こうした話題になってくると、わからない表現がいろいろ出てきます。

そうしたら、インターネットや、辞典、あるいは周りの人に聞いてみましょう。

英語の先生と書いたら、大いに役に立ってもらいましょう。

Posted at 2018年09月01日 14時05分40秒  /  コメント( 0 )

英語を話す秘訣

英語を話す秘訣

英語を話すためには、たくさんの量の英語の文をストックしておく必要があります。

英語をストックする、ということはどういうことでしょうか。

要は、生活に必要なレベルの文章を、たくさん読み、繰り返して練習しておくことです。

どのレベルの文章?

あなたのレベルより少しやさしめからスタートすることが望ましいでしょう。

たとえば、中学校の教科書。

あまり自信のない人は、1年生の教科書から。

最初のページから、何度も繰り返して音読します。

I want to speak English.

I have to study English.

Mrs. Kato, would you teach me how to speak in English?

How long do I have to learn English every day?

And what should I learn?

English grammar or conversation or reading?

Conversation.

I see.

Then where shall I start?

Memorizing English textbooks.

How often do I memorize the book?

I will practice one sentence 70 times.

まあ、こんな具合で、少しずつ進めていくだけでも、あなたはすぐに英語が話せるようになります。

だって、いまでも話しているのですから。

ほらね。

Posted at 2018年08月31日 13時58分28秒  /  コメント( 0 )

英語を話す秘訣

英語を話す秘訣

英語を話す秘訣。

それは、話すテーマを持つことです。

日常英会話、とよくいわれます。

それにしても、何らかのメッセージがあるから、話すことができるのです。

たとえば、海外に留学するとしましょう。

当然のことながら、

「空港までどうやっていけばいい?」

How can I get to the airport?

「どこで食べるものを買ったらいい?」

Where can I get something to eat?

「パスポート、忘れた!」

Oh, I left my passport!

これらはすべて、メッセージです。

日本にいたら、話すことができない。

これは嘘です。

朝から晩まで、わたしたちは、日本語でメッセージを発信し続けているのですから。

「彼女がテレビで言ったことは嘘なんじゃないかな?」

I suspect that she is telling lies on TV interview.

「本当にその組織はパワハラしてるの?」

I wonder if the members of that organization are doing power harassment.

英語でどう言ったらいいのかわからないことがあれば、その時に調べて、繰り返し口にすれば、すぐに覚えられます。

英会話、とよく言われますが、実は英作文を素早く行っているだけです。

そして、その英作文というのは、今までに学んできた多くの英語の知識、そして、繰り返し練習があれば、それほど難しい事ではないのです。

Posted at 2018年08月30日 13時58分03秒  /  コメント( 0 )

英検1級を目指す

英検1級を目指す

では1級ではどうか。

最近出てきたものはこうした話でした。

フエルミの逆説。

フェルミというのは、ある科学的な数値の単位です。

地球の属する太陽系、そして太陽系の属する銀河系。

この時間、空間共に巨大な星の集団の中に、果たして知的生命体は存在するのか。

いろんな要素から考えると、知的生命体が存在している可能性は結構高い。

であるのに、私たちは、その痕跡さえ見つけてはいません。

知的生命体がいれば、ある程度の時間がたてば、人類がそうであったように、文明を築き始める。

したがって、この文明レベルを、3つに分けた人がいます。

第1レベルの文明では、自分の属する「太陽系」の中心になる恒星のエネルギーを活用するレベル。

第2レベルは、その「系」全体のエネルギーをコントロールするレベル。

さらに第3レベルは、「太陽系」ではなく「銀河系」全体のエネルギーを扱うレベル。

もし、こうした文明が存在するなら、なぜ我々の文明との交渉をしようとしないのか。

・・

こうしたお話です。

想像がつくと思いますが、かなり英文が難しい。

そして、語られている内容をつかむのもかなりしんどい。

でも、同じ英文を繰り返し読むことで、この難しさは、「理解する」という快感にとって代わられてきます。

ぜひ、この快感を共有したいと思います。

Posted at 2018年08月04日 09時51分21秒  /  コメント( 0 )

英検1級を目指す

英検1級を目指す

準1級の勉強をしていて役に立つことは、「英語そのものの実力で英文を理解しなくてはならない」ということです。

なにをいっているの?

そう思われる方も多いでしょう。

2級までの長文は、「今まで聞いたことのある話」だったのではありませんか。

たとえば、日常生活のエピソード。

ある親切な夫婦が、ギターの練習場所に苦労していた若者に場所を貸してあげた。

やがて、それが有名になって、そういう若者たちがよくその場所を借りに来るようになった。

そこで、その夫婦も、お金の十分にない若者たちのために楽器を用意してあげるようになる。

さらには、類を友が読んで、大きなムーブメントになっていった。

おかげで、この夫婦の家から巣立っていたバンドのメンバーがたくさんいる。

いまでは、こうした若者たちが、自分たちの後を継ぐ青年たちに、使える場所を提供している。

こういう話。

でも準1級では、

あるホテルの改築工事をしていたら、地下から巨大なドームが出てきた。

このドームは、かなり堅牢なつくりで、かなりの数の人を収容できるようになっていた。

じつは、このドームは、第2次世界大戦当時、国家の要人が非難するための特別な場所として準備されたものだった。

もちろん、極秘扱いだった。

このため、ホテルの現在の関係者も、知らなかった。

しかし、出てきた資料から、空爆などの情報が入ったら、一刻も早く国会議員を家族とともに、運び込む予定の場所だった。

という感じの話題が登場するのです。

聞いたことがなかったでしょう?

Posted at 2018年08月03日 09時43分01秒  /  コメント( 0 )

英検1級を目指す

英検1級を目指す

英検の上級級をめざすための方法論です。

英検準1級は、中学校、高校で教鞭をとられている英語の先生方に、取得してもらいたい資格として、文科省も推奨しています。

単語については、おそらく、毎日の生活の中で、英字新聞なり、インターネットによるニュース関連の記事を読まれると、このレベルの単語がよく出てきます。

この時、おすすめは英英辞典です。

高校レベルの単語が、おおむね確実なものになっていれば、日常的な表現にはそれほど困りません。

ただ、英字新聞の記事あたりにでてくるものだと、わたしたちがおなじみと考えるものではない語がでてきます。

「禁止する」は、forbidden ではなく、ban を使われることが多い。

「安い」でも cheap と inexpensive とでは意味合いが違ってきます。

こうした言葉の意味の違いについては、英英辞典が分かりやすい場合があります。

準1級レベルの単語を覚えていると、どうしてこちらの馴染みの単語じゃいけないの?という素朴な疑問が生じます。

これは準1級ではありませんが、「時計の針」がなぜ hand であって、needle ではないのか、という質問が生徒さんから出たことがあります。

hand = the movable parts at the end of the human arm, including the fingers.

2番目の意味として、

hand = a pointer or needle on the clock or on the machine がありました。

さらに例文として

The minute hand is bigger than the hour hand というのがありました。

「分針は時針よりも大きい」という意味ですね。

Posted at 2018年08月02日 09時31分28秒  /  コメント( 0 )

英検1級をめざす

英検1級を目指す

今回も英検は無事終了しました。

英検の各級の中でも、1級といえば、まさに高嶺の花です。

問題をちらっと見ただけで、単語も難しいし、長文やリスニングも厳しそう。

そして何より、1次の作文、2次のスピーチ。

こうした要因から、準1級の合格を手にしても、すぐに1級を標準にする方は少ないようです。

事実、3級→準2級→2級とつづく坂に比べて、準1級はぐっとレベルが高くなります。

いうなれば、2級までは、高校までで学習する、学校教育レベルであるのです。

ところが、準1級は、ボキャブラリーも長文も、超高校、というか、1流高校入試レベル、といってもよいでしょう。

そういう意味では、一筋縄でいく試験ではなさそうです。

実際、準1級を目指していても、なかなか希望を達成できない方も多いのです。

ボキャブラリーを見てみても、準1級の既出単語は、どちらかというと、日本で出されている英字新聞によく出るものが多い。

また、長文でも、今まで聞いたことのない話がでます。

出典はどこなのか、よくわからないけれど、今まで知らなかった、興味深い話です。

実際に調べてみると、事実なのですが、インターネットなどで見ても、あまり関心を持つことのなかった分野のものが多い。

このあたりの選び方は、興味深いものがあります。

リスニングにしても同じで、それまでの会話や、日常的な話題に比べて、科学や歴史に関する題材は、それなりに練習をしないと聞き取れません。

準1級からは、本腰を入れて勉強する必要があるのです。

それでは、1級は?というのが、このコラムの狙いです

Posted at 2018年08月01日 09時31分11秒  /  コメント( 0 )

英検1級2次試験報告

英検1級2次試験報告

実際に面接の場に行ってみて、困ったこととして、「頭にアイディアはあっても、それをどういう英語にすればよいかわからない」という方もいらっしゃいます。

おすすめするのは、「ショートスピーチ練習」

毎日、わたしたちはいろんな事件や、ニュースに遭遇します。

それをごくやさしい2−3行の英文で表現する練習です。

The day before yesterday, a newspaper reported a tragedy.

One boy, who was 9th grade, was walking along the platform.

The bad thing was he was looking at his smartphone.

When a train came to the station, he slipped off and was run over by a train.

Don't walk looking at your smartphone!

こんな例でも、いざ、というときには役に立つこともあります。

こうした作文を1日、一つずつ作っていくだけでも、ことばのストックがたまります。

そして、自分の表現力も増していきます。

以前、見たことのある表現も、ふっと浮かんできて、「そうか、こんなときにはこのひょうげんをつかえばいいんだ!」ということもあります。

もちろん、余裕のある日は、過去問を参考に、スピーチを作ってみればよいのですが。

Posted at 2018年07月24日 19時57分42秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  | 次へ