英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー
受講生の声

2010年度第2回英検1級2次試験・合格体験記

2010年度第2回(10月実施)の1級2次面接に合格されたTさん(21歳・女性・学生)の合格体験記です。

1級の1次試験に合格するまでに4回挑戦しました。
ようやく合格して、2次対策を始めましたが、何しろ情報がなく、困りました。
しかも、社会問題に対する関心がほとんどなく、意見も特になかったため、こうした問題について英語でスピーチし、質疑応答しなくてはならない2次面接は、突破不可能に思われました。

インターネットで検索して見つけ出したエブリでは、2次試験に1回落ちた後、その次の試験に備えての2ヶ月間、6回ほどプライベート・レッスンを受けました。

レッスンでは、さまざまな分野のテーマについて、スピーチの添削をしていただきました。
スピーチで、論点を絞り込むことの大切さや、的確な語彙を選ぶこと、文法の使い方といったことを学びました。
作成したスピーチを、音読して覚えることにより、試験本番にのぞんだときに生きてくるといったことや、明るく、ポジティブな態度で試験に臨むことというアドバイスも受けました。

ただ、こうしたレッスンを受けている間、自分はどちらかというと受動的で、「なるほどなあ」という程度の関心で聞いていました。
正直なところ、こうした内容が、身をもって実感するところまで行っていませんでした。

この後、2回目の2次試験にも落ちてしまい、自分でコツコツ勉強するしかない、と思いました。
そのあと、さらに2回、2次面接を受けることになるのですが、そのとき、ようやく、田口先生がおっしゃっていた「音読で覚えたフレーズが、面接試験で生きてくる」とか、「ポジティブに試験に取り組むことで合格の可能性が高まる」ということばの意味が、はっきり分かってきました。

日本語、英語といったことばの問題とは関係なく、メッセージが重要でした。
レッスンを通じて、2次試験対策だけにとどまらず、合格には近道はなく、自分なりに考えて、自分の勉強方法を確立していくことが大切だということに気づかせていただきました。

本当にありがとうございます!

Posted at 2010年10月30日 10時15分40秒  /  コメント( 0 )

2009/8/14 英検1級合格体験記

2009年7月には、本校から2名の方が英検1級に合格されました。下記は、プライベートレッスンにて1級1次および2次対策を受講された、Sさん(会社員・女性)の合格体験記です。

【私のやった1次・2次対策】
単語
先生の授業で毎回出される単語テストに対応するため、単語とその英英辞書の意味をICレコーダーに録音して、通勤途中に聞いて覚えました。

長文
もともと好きなせいもありますが、音読をしました。

リスニング
Part3は10秒であらかじめ問題文を読んでおかなければならないので、タイマーを使って練習しました。また、CNNニュースを毎日聞きました。固有名詞の英語発音に慣れる点で特に有効だったと思います。

英作文
家で考える時は、2次対策も兼ね、単語ポツポツでもいいので、とにかく英語を口に出しながら作文するように心がけていました。2か月くらい前になったら、一作目(最終的に清書したものではなく、先生の指摘事項が書かれているもの)から順に書き写しました。トピックやキーワードを思い出すためと、文法・つづりの間違いをもう一度確認するためです。英作文を田口先生に教えていただいたからこそ、1級に合格できたと思います。論理的に考えて書く練習は英検のためだけでなく、英語全般の実力アップにも大きく貢献します。
また、当たり前ですが、ケアレスミスには注意してください。最初に受けた時はlegalのつづりを間違えました(2,3回使いました)。合格した時は、つづり間違いではないですが、crops をfoodと書いてしまいました。減点されたかどうかはわかりませんが、やはり避けるべきだと思います。

二次
田口先生から、英語で要約する練習がよいと聞き、授業で使う長文を口頭で要約する練習をしました。パラグラフ単位でも難しいので、2,3文単位でやりました。記事で使われている単語をつなぎあわせて要約しがちですが、それは自分の言葉ではないので、すぐに言葉に詰まってしまいます。自分の言葉で表現できないと、読解済み長文の要約さえ2分もちません。先生からは、選んだトピックをできるだけ自分の目線に持ってくる、というか、個人的な体験とか身近な出来事に関連づけて話すようアドバイスされました。
当日は、先生のことばを胸に、沈黙をだけは作らない、できるだけ自分に近付けて話そうということだけ考えて面接に臨みました。

Posted at 2009年08月14日 10時13分45秒  /  コメント( 0 )

2008/4/2 英検1級☆合格体験記

2008年2月には、本校から3名の方が英検1級に合格されました。

下記は、1級クラスを受講されて、今回は作文添削と二次面接対策を受けられた、Kさん(40代、主婦)の合格体験記です。


一次試験をふりかえって私がほとんど準備もしないまま、1級を受験したときには、当然、不合格。
試験の厳しさを知り、本格的な学習を続けていくにつれ、すこしずつ点数は上がっていきましたが、問題はエッセイでした。

おもいきって、エブリの添削指導を受けることにしました。
与えられた課題に対して、自分なりに作文し、メールします。
各段落ごとに丁寧なコメントをいただき、そのアドバイスを参考にしてリライト。
それをさらに、添削していただきました。

そして最後に、私の書いたエッセイに基づいたモデル・エッセイを送っていただきました。
お願いした時期が試験直前であったため、見ていただいたエッセイは2題だけであったにもかかわらず、わかりやすく、的確な指導のおかけで、テストでは22点、5回目の挑戦で合格できました。

喜びとともに、もっと早くから指導していただいていれば、と強く思いました。
二次試験対策について一次合格の喜びもさることながら、二次試験の不安も大きくなってきました。結果を知って、2週間後には面接試験が迫っています。
一次準備で精一杯だったため、二次についてはまったく準備をしていませんでした。

そこで、二次試験の1週間前に、田口先生にプライベート指導をお願いしました。
参加するまでに、インターネットで調べたほかの合格者の方の体験記を参考にしつつ、3つの原稿を用意してのぞみました。

ところが、すべて書き直しになりました。

先生の、「面接は、あなた自身を前面に出すこと」の意味がわからず、落ち込みました。
こまったあげく、「先生なら、このトピックをどうスピーチしますか」と尋ねました。
ここがプライベート・レッスンのいいところです。田口先生のスピーチを聞いていくうちに、だんだんとおっしゃられていることが、頭の中で形になってきました。

当日は、先生の教えを忠実に再現して、1回目の挑戦で合格することができました。

このレッスンがなければ、今回合格を手にすることはできなかったと感謝しています。

Posted at 2008年04月02日 10時15分23秒  /  コメント( 0 )

前へ |  1  2