英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー
2018-10-20 の記事

英検1級2次対策

英検1級2次対策

それでは、さいごのまとめについて、考えましょう。

基本的には、「序論」で述べたことの繰り返しになります。

もう、大事なことは全て語り終えていますから、ごく簡単にまとめましょう。

For the reasons I mentioned, I believe the consumption of meat should be morally justified.

Thank you very much.

「今までに述べてきた理由のために、わたしは、肉食が倫理的に正当化できると考えています」

ここまでの全文を振り返ってみましょう。

I believe that the consumption of meat should be justified for the following two reasons; meat contains protein which is necessary for us to live, and hunting for meat is not entertainment, but fight for living.

First, meat is necessary for good health, because it gives us protein.

Protein makes muscles, organs and other parts of our body.

Without protein, we cannot live, I mean cannot keep our body healthy and strong.

Mr. Matsumoto, my English teacher, told me that he eats meat in the morning before having an important talk or negotiation, for he needs energy.

Meat is, according to him, the source of energy and power.

Next, I would like to claim the reason why hunting for meat should be justified.  

This hunting is not for entertainment.  

For instance, fox hunting among British people is mainly for entertainment.  

Hunters make dogs chase foxes just for fun.

Bullfighting in Spain, too, is another form of entertainment.

Bullfighters stir the bull to attack them.

Then the fighters pierce the bull with their swords.

They take a long time to kill the bull to entertain their spectators.

For the reasons I mentioned, I believe the consumption of meat should be morally justified.

Thank you very much.

ここまでで、205語です。

おそらく、2分ぎりぎり、というところでしょうか。

実際には、お話を考えながら話さなくてはなりませんから、よほど慣れている人でなければ、全文は言いにくいかもしれません。

それでも、面接試験はこれで終わりではありません。

質問が続きます。

この厳しい1級2次試験を乗り切るための対策レッスンをマンツーマンで実施しています。1回55分6000円(税込)。入会金不要。11月11日の試験まで、何回でも受講できます。詳しくは、電話またはメールでエブリまで。

Posted at 2018年10月20日 20時18分47秒  /  コメント( 0 )

英検1級2次対策

英検1級2次対策

つぎに、本論の二つ目のポイントである、肉食するために動物を狩ることは、娯楽のためではなく、必要に迫られての行動だから、正当化できる、というくだりです。

Next, I would like to claim the reason why hunting for meat should be justified.  

This hunting is not for entertainment.  

For instance, fox hunting among British people is mainly for entertainment.  

Hunters make dogs chase foxes just for fun.

Bullfighting in Spain, too, is another form of entertainment.

Bullfighters stir the bull to attack them.

Then the fighters pierce the bull with their swords.

They take a long time to kill the bull to entertain their spectators.

「次に、肉食のための狩猟は正当化されるべきかの理由をのべます。

この狩りは、娯楽のためではありません。

たとえば、イギリスの人々が行うキツネ狩りは、主として娯楽のためです。

狩りのために、犬に狐を追いかけさせます。

スペインの闘牛も娯楽です。闘牛士は牛を煽って、自分たちを襲わせます。

そして牛に剣を刺すのです。

見物客を楽しませるために長い時間をかけて牛を殺します」

このスピーチの主題である、morally justifiedの部分の中心になる論なので、できるだけ力を込めて訴えたいところです。

もし、時間が足らなくなって、この部分が生かせないと、もったいないので、冒頭の部分で、はっきり、この予告をしておきました。

話せなかったときでも、できれば質問してほしい、という気持ちの表れでもあります。

この時に、自分の気持ちを込めて話をすることが大切です。

声は少し大きめで、はっきりと言いましょう。(もちろん、英語的ないみでのはっきりと、です)。

さらに、審査員の方の目を見て、感情を込めて話します。

イントネーションも明確に。

少しゆっくり目が良いくらいです。

エブリでは、2次対策用に、直前のスピーチ指導を行っています。1回55分、6000円(税別)です。入会金は不要です。ここで書いていることをすべて実践を通じてマスターできます。マンツーマンでのレッスンです。ホームページ、またはお電話で。

Posted at 2018年10月20日 20時01分22秒  /  コメント( 0 )

英検1級2次対策

英検1級2次対策

では、そのつぎの本論に入りましょう。

First, meat is necessary for good health, because it gives us protein.

Protein makes muscles, organs and other parts of our body.

Without protein, we cannot live, I mean cannot keep our body healthy and strong.

Mr. Matsumoto, my English teacher, told me that he eats meat in the morning before having an important talk or negotiation, for he needs energy.

Meat is, according to him, the source of energy and power.

「肉は健康維持に必要です。なぜなら、たんぱく質を与えてくれるからです。

タンパク質は筋肉や身体の組織を作ります。

タンパク質がなければ、私たちは、健康で強い身体を維持することができません。

私の英語の先生である、松本さんは、重要な話をしたり、交渉をするときには、朝から肉を食べると言いました。

エネルギーが必要だからです。

松本先生によれば、肉は、エネルギーとパワーの源だということです」

最初の部分で、必要なことは言ってしまいます。

これをトピックセンテンスといって、ここさえきちんと言えば、重要なことは伝わります。

続いて、具体例を挙げます。

このスピーチの場合、松本先生の例がそれにあたります。

専門家ではないので、弱いところかもしれませんが、例をだすことで、説得力が生まれてきます。

の回でのべた、「肉食は人類の歴史とともにあった」というポイントも、ここで簡単に述べることができます。

Human beings have been eating meat for a long time.

We cannot count how long we have been eating meat.

Our body is wired to eat meat.

Our stomach is trained to eat meat.

「人間はとても長い間、肉食を続けています。

どれほど続けているか、わからないほどです。

私たちの身体は、肉食するようにできているし、胃は、肉を食べるように訓練されています」

こうした言い方でも、肉食に向いていることは説明できるでしょう。

エブリでは1級2次試験対策レッスンを実施します。1回55分、6000円(税込)。入会金は必要ありません。11月11日まで。何回でもお申込みできます。
詳しくは、メールまたは電話でお問い合わせください。電話は052−934−1030です。

Posted at 2018年10月20日 19時54分29秒  /  コメント( 0 )

英検1級2次対策

英検1級2次対策

実際に、出題された英作文を検討してみることにします。

Can the consumption of meat be morally justified?

「肉食は倫理的に正当化されるか」

理由としては、次の3つを考えてみることにします。

1.肉を食べることで、必要なタンパク質を得ることができる。タンパク質は、わたしたちにとって必要不可欠なものである。

2.肉を食べる習慣は、長期にわたって、人類の歴史とともに続いてきたため、人類の身体は肉を食べるようにできている。

3.肉を食べるために狩ることはやむをえない。闘牛や、キツネ狩りのように娯楽として行うものではない。

英文を考えるためのプランを立ててみます。

言いたいことは、肉食は正当化される、というメッセージですから、一番最初の部分で、このことを述べます。

理由としては、肉に含まれるたんぱく質は、人間の生存に必要である。

そして、肉食のために狩ることは、娯楽ではなく、生存のためのやむを得ない行動である。

スピーチですから、まずこの部分を考えてみましょう。

I believe that the consumption of meat should be justified for the following two reasons; meat contains protein which is necessary for us to live, and hunting for meat is not entertainment, but fight for living.

このように、冒頭に理由を出す理由は、二つあります。

ひとつは、これからのスピーチの流れをはっきりさせること。

聞いている人にとって、スピーチの流れがつかみやすくなります。

もうひとつは、万一、時間切れになってしまって、スピーチが途中で切れてしまっても、とりあえず、自分が何を言いたいのかを試験官に伝えることができる、ということです。

1級2次試験対策のレッスンを実施します。1回55分6000円で、11月11日まで、何回でも受講できます。お電話もしくはメールでご希望の日時、時間帯をお知らせ下さい。マンツーマンのレッスンですので、それぞれの方の段階に合わせて、必要なレッスンを行います。メールはこのブログのホームページから。お電話は052−934−1030

Posted at 2018年10月20日 19時48分55秒  /  コメント( 0 )