英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー
2018-08-08 の記事

テーマ英作文への挑戦!

テーマ英作文への挑戦!

英検では、数年後のセンター試験への参入を念頭に置いてだと思いますが、各級において、テーマ英作文導入が進んでいます。

そこで案外知られていないのが、テーマ英作文の書き方です。

実際に、学生の方たちに書いていただくと、何となく奇妙な作文が増えてしまいます。

その理由は、基本的な書き方の指導を受けていないせいだと思います。

そこで、ここでは、やさしい2級程度の作文を通じて、テーマ英作文の書き方を学んでいきたいと思います。

2級あたりだと、質問は、Do you think the Japanese waste too much water? (日本人は水を無駄遣いしていると思いますか?)というパターンのものが多いです。

基本は、イエスかノーでこたえて、その後、理由を述べます。

このとき、Yes, I do. または No, I don't. ではシンプルすぎるので、次のように書く方が良いです。

Yes, I think the Japanese waste too much water. とか No, I don't think they use too much water. などです。

要は、タイトルを知らない人が見ても、これから何を書こうとしているのかがよくわかること。

つぎに理由です。 

これも For example, ... といった具合に書き始める人がいるのですが、そうではなく、

I have two reasons why I think so. とか、There are two reasons why I do not agree with the idea.

こんな具合で、いくつの理由があるのかを説明していくとわかりやすいです。

そして、その具体的な理由に入るのです。

(この項、つづく)

Posted at 2018年08月08日 17時43分52秒  /  コメント( 0 )

食品アレルギー(英作文)

食品アレルギー

これも、準2級用の「文で覚える英単語」からとりました。

112ページの『食品アレルギー』という文章です。

これは、ご自分や、あるいは家族のどなたかがアレルギーを持っている場合に説明するのに、便利な文章だと思います。

必要に応じて、コピーを取って、説明すると、失礼にならなくてよいと思います。

わたしも、家族にアレルギーを持っているものがいるので、お食事などにお招きいただいた折に、この文を利用して説明することにしています。

ご参考までに、挙げておきます。

食品アレルギー

We have many people around us who are allergic to many things.

For instance, Ken has to be very careful when he goes to a restaurant.

If he eats some allergenic foods by mistake, he will have a strong reaction.

For instance, he will become short of breath and have difficulty breathing.

After a while, he will be dizzy and a rash will appear on his skin.

Ken tries to avoid going to restaurant as possible and usually eats at home.

こうしたことから英語を書く勉強をされると、使う機会も多いですし、役に立つと思います。

Posted at 2018年08月08日 14時41分50秒  /  コメント( 0 )