英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー
2018-07-31 の記事

日本のカジノ

日本のカジノ

先週、ジャパンタイムズに、国会でのカジノ施行法を受けての記事が載りました。

Green light for casinos offers jackpot to Japan Inc.

「カジノ建設にゴーサインがでたことで、日本株式会社は大当たり」

さらにリードによれば、

Variety of industries stand to benefit from infrastructure projects

「様々な産業が、基礎設備計画から甘い汁を吸おうと、立ち上がる」

というわけで、日本のカジノが、いかに「儲かりそうか」をにおわせています。

Let the competition begin.

「さあ、競争を始めよう」

Now that Japan has enacted a law outlining a road map for casino resorts, foreign operators from Las Vegas Sands Corp.to MGM Resorts International can start to seek out partners in their bid to tap a gaming market that may be worth as much as $25 billion.

Now that は「〜したいま」

outlining は「輪郭を描く」「概説する」

「日本が、カジノリゾートの概略を示す法律を成立させた今」

operators は「操作員」「仲買人」というような意味ですが、ここではむしろ、「業者」でよいでしょう。

seek out は「求める」「手に入れようとする」

bid は「(〜を得ようとする)努力、企て」

tap は、「栓を抜いて出す」「コツコツ叩く」ですが、「引き出す」「チャンスを得る」

「ラスベガズサンド株式会社、MGMリゾートインターナショナルといった、海外の業者が250億ドル程度の価値のある、ギャンブル市場でのチャンスを得るべく、協力会社を求め始めた」

すざまじい市場競争がスタートしたのですね。

Posted at 2018年07月31日 10時45分36秒  /  コメント( 0 )