英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー
2018-07-23 の記事

英検1級2次試験報告

英検1級2次試験報告

2次試験で要求されるのは、論理性のある、そして具体例のあるスピーチと、そのスピーチを支えるファクトによる質問への解答のようです。

日本は、経営不振に陥っている優秀企業を援助すべきである。

それは、優秀な企業であれば、国家を代表するような技術をもっているはずで、この技術が、他の国に持っていかれるようなことは望ましくないから。

また、こうした技術によって支えられている、日本のものづくり王国としての評判が、傷ついてしまうから。

でも、こうした技術が、不正な品質試験結果にもとずくものだとすれば、かえってそれを支援することで、日本の評判はもっと悪くなるかもしれない。

面接試験では、スピーチ準備の時間はわずか1分しかありません。

その間に、こうしたことまである程度考えておく必要があります。

そのためには、できるだけ、日常的に頭の体操をしておかないといけません。

おすすめするのは、過去問題集を開いてみると、今までに出題されたさまざまなスピーチタイトルが並んでします。

このタイトルについて、自分なりにスピーチを作ってみること。

もちろん、添削してもらえればそれに越したことはないのですが、それがなくても、工夫の使用はいろいろあります。

たとえば、いま、例として挙げたような事件は、にほんでも(ざんねんながら) おこってしまったことです。

したがって、少しさかのぼれば、日本の英字新聞でも、報道した記事があるはずです。

ジャパンニュースという日刊紙があります。

日本人向けに編集されているので、英語自体、それほど難解ではありません。

また、日本のニュースが中心に置かれています。

こういう新聞の記事を調べてみると、案外、使える表現が出てきたりします。

Posted at 2018年07月23日 19時47分03秒  /  コメント( 0 )