英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー
2018-05-08 の記事

英語の授業はすべて英...

英語の授業はすべて英語で、は可能か?

現在、英語教育の改正が進んでいます。

その目玉は、実用英語。

早い話が、英語を話せるようにする、ということです。

そして、そのために打ち上げられている方法が、英語の授業はすべて英語で実施する、というもの。

少し考えれば、これがいかに暴挙なのか、すぐわかると思うのですが、なぜ、誰の反対もなく、スルーされているのかが、謎です。

なぜいけないか。

当たり前の話ですが、初心者のひとに、いくら海外ドラマの英語バージョンを、字幕なしで見せても、英語はできるようになりません。

多くの方は、幼児教育の英語を想定されているかもしれません。

歌や、踊りで楽しく学ぶ。

そこまでは良いです。

ただ、果たしてそれで、総理大臣が政治問題を大統領と話すことができるのでしょうか。

「中学、高校で6年もやっているのに、ちょっとした日常会話さえできない」

とおっしゃる人は多い。

でも、「日常会話」が、どれほどの話題を含むものか、お考えいただきたい。

韓国と北朝鮮の首脳会議。

テレビや新聞は、この記事一色です。

ということは、この話題が、さしあたり今日の「日常会話」です。

決して簡単なことではありません。

まず、わたしたちが実現したい目標が、実現可能性のどのくらいあるものなのか、考えるところからすべては始まります。

Posted at 2018年05月08日 12時00分54秒  /  コメント( 0 )