英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー
2018-05-07 の記事

音読の効用

音読の効用

エブリの主要な学習法のひとつが音読です。

わたしも、できるだけいつも、覚えようという文をコピーして持ち歩き、何度も口にして、自然に口から出てくるように努力しています。

今日、持ち歩いていた分は、こんなものでした。

Two great dangers are facing the people of the world's highly developed industrial countries. The first of these is air pollution, that is dirty air, the second is water pollution, that is dirty water.

この文が気に入ったのは、The first..以下の部分で、こうした簡略化が、わたしのお気に入りなのです。

他にも覚えなくてはならない文章はいくつかあります。

今まで活用してきたニュース英語のテキストが、改訂されて、内容がすっかり変わってしまったので、また覚えなおさなくてはならなくなったこと。

また、アニメーションフィルムのナレーションのセリフが気に入って、あるクラスで使っているので、これも覚えないといけません。

それはともかく。

この間、機会があって、英語で授業をしました。

いわゆる英会話、は、あまり勉強したことはありませんが、それでも、英文を作って覚える、あるいは、今までお話ししてきたような、【気になる英文】を暗誦しているだけで、ある程度、お話ができるようになっていることは事実です。

おそらく、「英会話」の最大のネックは「声の大きさ」で、高校生や中学生の方は、ほとんど声が出ない、というケースが多い。

声が届かなければ、聞き取ってもらえない。

もう一つは、相手の話す英語について行けない。

これは、スピードと語彙(ボキャブラリ)の問題です。

せっかくCDや、音声ダウンロードのできる教材が多いのですから、それを利用して、できるだけ大きな声で練習するだけでも、かなり「英会話」に自信が持てると思います。

それでも、やり方に不安があるなら、ぜひ、エブリ・イングリッシュ・サービスに来てください。

こう音読すれば、英語はできるようになる、という方法をお教えできると思います。

Posted at 2018年05月07日 20時17分53秒  /  コメント( 0 )