英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー
2018-04-27 の記事

wreak という単語

wreak という単語

このところ、いくつかの単語について書いています。

今回はwreak。これはわかりやすいです。

Oxford Dictionary of English いわく、cause (a large amount of damage or harm) で、例文は

torrential rainstorms wreaked havoc yesterday.と、

the environmental damage wreaked by ninety years of phosphate mining.

二つ目の定義としては、inflict (vengeance) が上がっています。

さらに例文としては、He was determined to wreak his revenge on the girl who had rejected him.

3つ目の意味は、avenge (someone who has been wronged) です。

そして例文は、Grant me some knight to wreak me for my son.

一つずつ見ていきましょう。

最初の定義は「(大きな損害や、負傷を)引き起こす」ということですね。

例文は、「激しい豪雨が、大きな破壊を引き起こした」

ふたつめの例文は、「90年にわたるリン酸塩発掘により引き起こされた環境的破壊」ということで、文ではなく、名詞句ですね。

二つ目の定義;「(復習を)して、悩ませる、苦しめる」

例文は、「彼は、彼を振った女の子に復讐することを決意した」

うわ、この例文は、最近よく見るケースを説明するのにぴったりの英文ですね!

三つ目の定義。これまた、「(間違ったことをした人に)かたきを討つ」

例文。「息子のかたきを討つために、だれか騎士をつかわせてくれ」

Posted at 2018年04月27日 10時27分10秒  /  コメント( 0 )