英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー
2018-04-24 の記事

死刑肯定論

死刑肯定論

死刑肯定論で、前回は、「再犯が起こりえない」をあげました。

ほかには、「生活費の問題」があげられます。

これは、データを調べておらず、オフハンドの状態で書いていますので、その点、ご了承ください。

死刑は、「刑の執行」=「死」ですから、国家がいつ刑を執行するか、決定することになります。

日本では、死刑判決が出ても、実際に執行されるまでにはずいぶん時間がかかるようですから、次の論は成立しないかもしれません。

つまり、懲役であれば、自分の生活費(居住費、食事、医療、管理費用)などは全て、税金で賄われます。

死刑の場合、刑の執行が、判決の後、速やかに行われれば、費用はあまりかからない、といえるでしょう。

再審請求をしている間、刑の執行はされないのが、慣例になっているようです。

それ以外にも、刑の執行までに時間がかかるのは事情があるらしい。

ただ、ある方によると、アメリカでの計算では、懲役も、死刑もかかる費用はあまり変わりがない、とのことです。

このブログでは、そこまで調べていないので、何とも言えません。

Posted at 2018年04月24日 22時11分11秒  /  コメント( 0 )

テーマについてどう考...

テーマ別英作文の考え方

基本的には、肯定側なら、どんなメリットがあるのか。否定なら、デメリットはなにか?

こういうことになります。

最近、ある生徒さんが書いてきてくださったテーマはこういうものでした。

「日本政府は、個人の拳銃所有を認めるべき」

このテーマは、アメリカでの学校での射撃事件もあり、否定論は出やすいのかな、と思うのです。

そこで、肯定側で考えてみることにしましょう。

たとえば、自宅に泥棒が入ったとします。

怖いですね。

でも、相手も多分、どんな人が家にいるのか分からないので、やはりおびえているはずです。

もし、私たちが奥から出てきて、銃を持っていたら、相手も驚くでしょう。

「出て行け、さもないと撃ち殺すぞ!」

おそらく、たいていの強盗は逃げてしまうでしょうね。

こちらは、家族を守ったり、財産のことを考えたりしていますから、必死です。

それに比べれば、相手のほうが真剣味は少ないかもしれません。

ここまでの考えをまとめると、「拳銃は、安全を保障する」ということになりますね。

Handguns guarantee our safety.

When someone tries to sneak into your house to take your money, you may go there and show your gun.

Then, the burglar will be surprised and run away.

こんな風にまとめると、ごく簡単な話になってしまいますけど。

Posted at 2018年04月24日 14時07分37秒  /  コメント( 0 )

英英辞典の冒険

英英辞典の冒険

電子辞典を買うと、英英辞典がついているものが案外多い。

でも、持っている方に尋ねてみると、実際に利用している方はかなり少ない。

実は、英英辞典を使うことで、ボキャブラリーがより身につく、というメリットがあります。

the dean of the collegeという表現があります。

deanというのは、the top person of a college or a departmentという意味ですから、大学の学長なり、学部の部長、ということがわかります。

mountainも、引いてみると面白いのは、high hillと出てくること。

それでは、hillはどうだろう、と調べてみると、low mountainだとわかりました。

もう少し難しい言葉だとどうでしょう。

irresoluteということば。

Oxford Advanced Learner’s Dictionaryだと、not able to decide what to doとでてきます。「決めることができない」

Oxford Dictionary of Englishだと、showing or feeling hesitance; uncertainと書いてありました。「ためらいを示す、感じる」「よくわからない」

日本語だと、優柔不断、と書いてあります。

気が弱く、決断力に乏しいこと、また、そのさま。「−な態度」

よく考えてみると、irresoluteという言葉は、resolution 「決意」 ということばに、「〜でない」をあらわす、ir-がついているのですね。

こんな風に、一つの単語にも時間をかけて調べてみると、いろいろとわかってくることがたくさんありますね。

Posted at 2018年04月24日 13時27分11秒  /  コメント( 0 )