英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー
2018-04-10 の記事

テーマ英作文の書き方...

9.短く言い切る勇気

  英検の英作文に限ったことではありません。

  文章を書く際につい、実生活における、コミュニケーションと同じように、自分とは違った意見を持つ人たちの気持ちを考えてしまうことがあります。

  そういった気遣いは、日常生活においては欠かせません。

  でも、英作文の場合は、主張を明確にするためには、割り切った書き方をすることが大切です。

  作文を書き始める場合に、自分はこの問題の専門家ではないから、とか、英文を書き慣れていないから、と言い訳することもおなじです。
 
  主張を明確にするためには、言いたいことをはっきりと、わかりやすく、すっきりした形で述べる必要があります。

  I disagree with the capital punishment. Let me tell you why. 最後の文は不必要です。最初の文のあと理由を述べるのは当然です。

  Let me give you an example.と書く方もいます。For example.と書けば十分です。

  短く。そしてはっきり。

  それが英文を書く際の要注意事項です。

Posted at 2018年04月10日 16時34分57秒  /  コメント( 0 )