英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー
2018-04-06 の記事

テーマ英作文の書き方...

6.接続詞がなくても通じますか

  ある実験をします。

  生徒さんの書いてきた英作文から接続詞を消してみます。

  I would like to go abroad because I like English.

  これをI would like to go abroad. I like English.

  すると、どうでしょう。

  いままで、なんとなく、ごく当たり前だと感じていた文章が、妙につながらなくなりませんか。

  これを「接続詞に頼った文章」といって、接続詞があるから、関連があるように思いますが、それを省いてしまうと、あまり関係のないものになってしまう例です。

  I like to study English. In the future, I would like to join an international trading business.という文であれば、接続詞がなくても、つながりがあるのはよくわかります。

  英作文を書いては、先生に見せていたころに、よく言われたのはこの点で、もし、接続詞がなければつながりが明確でないとしたら、考えがあまいのだ、と指摘されました。

  逆に言うと、接続詞がなくても通じるのが、本当に言いたいことが密接に関係しあっている文章だ、ということです。

  英語の文章を書いてみたときに、接続詞を消してみると、あまり意味のすっきりしない文になってしまうことがあります。

  そうした時には、もう少し説得力を増す方法がないものかと考えてみるのも、一方法かもしれませんね。

  エブリ・イングリッシュ・サービスでは、英作文指導のクラスをご用意しています。
もしご興味をお持ちでしたら、ぜひご一報ください。

  

Posted at 2018年04月06日 22時40分36秒  /  コメント( 0 )